私は焼かない派!海外リゾートでも役立つ慣れない海遊びの乗り切り方って? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY大人の枯れ肌今いまレスキュー

2019.09.05

私は焼かない派!海外リゾートでも役立つ慣れない海遊びの乗り切り方って?

日焼けを恐れている私が、この夏、子どもたちとサーフィンに挑戦することに。そこで気になるのが日焼け問題…。どう対策すべき?ヘアメイクはどうしよう…など、慣れない海をどう乗り切ったのかまとめてみました!

Tags:

初めてのサーフィン。”絶対焼きたくない”私の日焼け対策をご紹介!

長かった夏休みも終わり、やっとひと息…と思いきや、展示会シーズンの今月は準備に追われる毎日…。そんなわが家も、夏休みは子どもたちと思いっきり遊ぶべく、海水浴へ行くことに。実は、以前から仲良しのファミリーのパパに誘われていたのですが、日焼けを理由に躊躇していた私…。この機会を逃したら次はいつになるか分からなかったので、「今年こそ!」と意を決して行ってきました!

そんな私が当日の様子をインスタグラムにアップしたところ、日焼け対策についての質問が殺到!「そんなに需要があるんだ〜」なんて内心驚きましたが、嬉しかったです…♡海でのおしゃれも楽しみたいところでしたが、今回はとにかく後悔しないため、日焼け対策に集中(笑)。みなさんの参考になれば嬉しいです!

1. 顔の日焼け対策は3重に!

やはり1番気になるのは顔の日焼け。当日はいつも下地に使っている”ランコム”のUVエクスペール XL CCCをベースに、さらに”ALLIE”のエクストラUV パーフェクト 日焼け止め乳液を重ね、最後に”エスティーローダー”のダブルウェア ステイインプレイスメイクアップ のリキッドファンデーションを重ねて、あとはいつも通りのメイク。すべてSPF50で、3度重ね塗りをして、とにかく後悔のないように万全の対策をしました!

2. ボディの日焼け対策

今回の海水浴は初めてのサーフィンにトライ!ということで、トップスはサーフィンをする際はラッシュガードに着替えましたが、浜辺ではビキニの上に長袖のラッシュガードを重ねました。サーフィンをするので、ボトムに関しては水着のみと言う訳にはいかず、手持ちのランニング用スパッツ+ショートパンツ(ナイキ)を使用。日焼けを気にしてずっとテントにこもるよりも、子どもたちと遊びたかったので、身体は出来るだけ素肌を出さないことに気を配りました。

首元や手の甲には”ALLIE”をベタ塗りし、水に入ったあとはスプレータイプの日焼け止め(サンカット パーフェクトUV スプレー / スーパーウォータープルーフ)を顔や足元にシューっと重ね塗り。手軽に重ねられるので、スプレータイプの日焼け止めはレジャーにとてもおすすめです!

3. ヘアメイクについて

髪の毛はハーフアップをしたあとひとつ結びにして、後れ毛を出し、形を整えて何とかそれなりに(笑)。メイクはアイラインやマスカラなどはウォータープルーフのものを使いました。浜辺ではずっと”アシーナニューヨーク”の深めハットをかぶり、顔への直射日光を回避!

4. 気を抜いて失敗した反省ポイントとは

できることはしたつもりですが、「もっと気をつければよかった…」という反省ポイントは、足首から脚の甲にかけてが手薄だったこと。何度かスプレータイプの日焼け止めを重ね塗りしましたが、スパッツを脱いだあとに日焼けしてしまい、うっすら靴下を履いたような見た目に…。悲しいことにいまだ消えません(泣)。

海は日陰がなく、”焼かない派”にはなかなかハードルが高いですが、今回は足元以外は日焼けなし!念願のサーフィンにも挑戦できて大満足でした!

夏休みは終わりましたが、海外リゾートなどでぜひ参考にしてみてくださいね!

大井奈津子

Domanist

大井奈津子

バッグの企画やデザイン、ブランドのディレクションなどを手がけるアパレル会社を経営。小柄なため、Sサイズコーデの研究に余念がない。ハイキングが好きという意外な一面も。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事