最強のイメージ戦略とは「先端をきれいにしておく」ことである | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.10.05

最強のイメージ戦略とは「先端をきれいにしておく」ことである

そろそろ大人なんだから本当は好きな服を好きに着てみたいというのが本音。世間の目を気にしすぎた洋服選びくらい、つまらないものはない。おしゃれは本来、自由で楽しいもの。ここで語られるAtoZは本当に自分が好きな洋服だけを大事に着るためのヒントです。

Tags:

【Top/トップ】先端をきれいにしておく

 「美しい女性」というのは、顔立ちやスタイルのよさのことだけではないと、みんな知っています。特に年齢を重ねていくこれからは「清潔感」がキーワードに。どんなに美人でも清潔感のない人はダメ。シワシワの服を着ていたり、ヒールやトウが擦れた靴を履いている人を見かけると、残念な気持ちになりますよね。

 それと同じで、自分自身のお手入れの際には、顔やボディと同じくらい「先端」も気にかけてください。毛先、手先、つま先…。〝先っぽ〟がきれいな人は、自分にきちんと手をかけている、ていねいな生き方をしている人と思われます。うまくいけば「この人は、ライフスタイルすべてが上質に違いない」…と、(たとえそうでなくても)周囲が勝手に勘違いしてくれる可能性も。イメージ戦略成功です。よっしゃ!

 パーマやカラーリングでダメージを受けた毛先をこまめにカットする、ネイルサロンに行く余裕がないなら、ハンドクリームに加えてネイルオイルを使うだけでも手元の清潔感は全然違います。ささくれた指先って悲しい。足もそう。かかとだけでなく、こちらも爪のケアを忘れずに。以前、ヨガスタジオでレッスン待ちをしてたら、女性たちのかっさかさの素足が並んでいるのを見て驚いたことがあります。美を磨く場所なのに。その中に、ネイルサロンでケアしているに違いない女性がひとり。もうツヤツヤで、彼女の足だけ輝いて見えましたよー、まじで。

あわせて読みたい
▶︎いつまでもきれいでいたいなら、ときにはプロに任せたケアを【この先、人生”たった5枚”で生きていくためのAtoZ】

Domani10/11月号 『読む』〝たった5枚〟より
イラスト/そで山かほ子 構成/湯口かおり 再構成/Web Domani編集部

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事