きれいな配色コーデに大切な2つのこと | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.10.09

きれいな配色コーデに大切な2つのこと

そろそろ大人なんだから本当は好きな服を好きに着てみたいというのが本音。世間の目を気にしすぎた洋服選びくらい、つまらないものはない。おしゃれは本来、自由で楽しいもの。ここで語られるAtoZは本当に自分が好きな洋服だけを大事に着るためのヒントです。

Tags:

【Color×Color/配色】色×色について

 Domaniに出てくるコーディネートは色使いがきれいと、よくほめられます。ありがとうございます、えへへ♪きれいな配色ってどうしたらできるのでしょう。ざっくり回答するなら「効かせるか」「なじませるか」の2択ということです。「効かせる」配色は、つまりコントラストが強い組み合わせ。黒×きれい色が代表的ですね。これはきれい色を今年らしいもの(ちなみにこの秋冬はモーヴピンクとグリーンに注目!)にすればいいので、実践も簡単です。ただし派手な印象なので、小物は洋服に使っている2色に合わせたほうがまとまりやすいです。

 やや難度が高いのは「なじませる」ほう。これは両色のトーンを近くすることで、どちらかの色が突出しないように合わせる方法です。先ほどの「黒×ピンク」を「グレー×ピンク」に変える、と考えると、イメージしやすいでしょうか。全体的に優しい雰囲気になるので大人の女性に人気です。これは、ベースカラーとなるほうも、トーンをやや淡くするとうまくいきやすい。黒やネイビーを避け、 ライトグレーとか、カフェオレベージュとか、オリーブグリーンとか。きれい色もやわらかい色調にすれば、洋服のデザインがシンプルでも気が利いた感じになりますよ。特にこの秋冬の展示会は、どこも色バリエーションが豊富。寒くなるとつい色使いが暗く・重くなりがちだけど、今年は積極的に色を着てみては?

あわせて読みたい
▶︎おしゃれのスイッチは小物で【この先、人生”たった5枚”で生きていくためのAtoZ】

Domani10/11月号 『読む』〝たった5枚〟より
イラスト/そで山かほ子 構成/湯口かおり 再構成/Web Domani編集部

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事