きれいめスイートの「たった5枚」で着回す9days | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションコラム

2019.11.19

きれいめスイートの「たった5枚」で着回す9days

年齢を重ねても母になっても、ブレることのない「甘さファースト」のマインドを大人に落とし込むのがスイート派の身上。きれいめ&コンサバベースだからこそ古く見えないバランスには徹底的にこだわって“今”なムードのリッチな王道コーデに仕上げます。

Tags:

黒木なつみ的きれい目スイートの“たった5枚”

1:「EQUIPMENT」のドットブラウス

甘くてモードなドット柄がスイート向き!
コーディネートしだいで、きちんとからモードまで表情を変えるプリントブラウス。落ち感のあるシルク素材だから、インに差して柄を効かせるスタイリングにも便利。ブラウス¥30,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉)

2:「ANAYI」のカラーパンツ

大好きピンクは顔から遠いボトムでが大人
差し色として、メインカラーとして、ハズせないピンクは顔から遠いパンツで取り入れるのがワーママ 正攻法。セミワイドを足首見えの女っぽレングスで仕立てた絶妙なフォルムが、スイート派にぴったり。パンツ¥23,000(ANAYI)

3:「 LOULOU WILLOUGHBY」のカーディガンジャケット

光沢リボンを編み込んだ地味見えしない紺!
ニット素材のジャケット見えカーデ。ツイーディな素材感がレディシックでありながら、ヘムのラインづかいが程よくスポーティで、幅広いシーンで活躍。カーディガンジャケット¥25,000(アルアバイル<ルル・ウィルビー>)

4:「POLO RALPH LAUREN」のアンサンブルニット

秋のマストハブ定番であり旬なアンサンブル
クラシカルな流れを受けたベーシッックフォルムのアンサンブルはボニーロゴの最愛ブランドからチョイス。存在感のある手持ちボトムと相性のいいコンパクトなサイジングでニットもカーデもヘビロテ必至!ニット¥14,000・カーディガン¥19,000(ラルフ ローレン<ポロ ラルフ ローレン>)

5:「Vince.」のプリーツスカート

かわいいだけとは一線を画すシックな色が◎
ディープウリーンのプリーツは、同色異素材のサテンを用いることで女らしさにモード感をプラス。腰回りはすっきり、すそに向かって波打つフォルウがエレガントな佇まい。スカート¥49,800( Vince 表参道<Vince>)

たった5枚をこんな風に着回す!

ドットとピンクの華やぎ上下でパンツの着こなしを大人の甘さに

週の初めはシャツカラーのブラウスとヒールパンプスできちんと感を表現。ちょっぴり大胆な派手色&プリントの組み合わせだから、グレーのカーデを緩衝材に上品さもしっかりキープ。カーディガン¥19,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)ブラウス¥30,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉)パンツ¥23,000(ANAYI)時計〝アルハンブラ スモールモデル ウォッチ〟[イエローゴールド×ホワイトマザーオブパール×ブラックサテンストラップ]¥795,000・エンゲージメントリング[プラチナ×ダイヤモンド]¥3,775,000※予定価格・リング[ローズゴールド]¥125,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉) バッグ¥279,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉) 靴¥81,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

きれいめ服を小物合わせでラフに振る、母なシーンのカジュアルアレンジ

1枚で着てもサマになるし、羽織りとして着てもかわいい。その着こなしの幅の広さがワードローブの強い味方になってくれる。いつもは甘めにまとめるアイテムをカジュアルに振ってみればまた新たな魅力が。サングラスと〝コンバース〟なじみ深い小物だから自分らしくスイッチできる。カーディガンジャケット¥25,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉)パンツ¥23,000(ANAYI)サングラス¥34,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) スカーフ¥30,000(スローン) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

着こなしテクで脱無難を図るクラシカルなスカートルック

今どきのレイヤードスタイルは正直得意じゃないけれど、シャツ×ニットは昔から大好物。襟とカフスだけちらりとのぞかせるこのテクニックも、ドット柄ならより有効。ひとつひとつはベーシックながらも、遊びゴコロを感じさせるスタイルに。カーディガン¥19,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)ブラウス¥30,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉)スカート¥49,800(Vince 表参道〈Vince〉)リング[ローズゴールド]¥125,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉ピアス[イエローゴールド×ダイヤモンド]¥285,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉) バッグ¥215,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) 靴¥60,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

揺れスカートで甘やかに仕上げる王道コンサバのシックな装い

きちんとボタン留めして着るジャケットは、コンパクトな上半身を生み出し揺れスカートとの相性もバッチリ。小ぶりのチェーンバッグとヒールパンプスで、抜けやゆるさといったテイストとは一線を画す、エレガントな女性像を印象付けて。ツイードライクなニットの素材感や、切り替えになったサテンの質感で、ワンツーコーデながらも奥行きを感じるスタイリングが完成。仕事終わりに急いで学校へ…なんて女から母へのスイッチもスムーズにいくはず。カーディガンジャケット¥25,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉)スカート¥49,800(Vince 表参道〈Vince〉)靴¥81,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)バッグ¥106,000(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉

かっちりお仕事モードな一日はジャケット×パンツのハンサムガールで

クライアントとのミーティングには、パンツをベースにした辛口スタイリングでデキるっぽさを強調。ジャケットはそでを通さず肩がけで。こなれた印象づくりはもちろんのこと、ひじから先の華奢な部分の肌見せをかなえる効果的なテクニック。パンツとブーツを重ねたモードな足元だから、上半身に抜けをつくり、繊細な女らしさをキープして。カーディガンジャケット¥25,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉)ニット¥14,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)パンツ¥23,000(ANAYI)靴¥60,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)眼鏡¥31,000※9月中旬以降展開予定(ケリング アイウエア ジャパン〈ステラ マッカートニー〉) バッグ¥45,000・手帳カバー¥13,000(T&L〈TOFF & LOADSTONE〉)

シンプル服をキャンバスに見立ててリッチ小物の存在感を存分に堪能

近隣エリアで働く元同僚たちと、丸の内でランチ会。気の置けないメンバーとはいえ会うのは久々。そんな日の着こなしこそ悩んでしまうものだけど、シンプルなトップスにMYアイコンな時計とジュエリーで密かに格上げ!フューシャピンクのパンツはインパクト絶大で、ただはくだけで着こなしが引き締まる頼れる一本。無理に背伸びもしたくない、チャラついて見られたくもない胸の内をスッとさせてくれる装いに。 カーディガン¥19,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)パンツ¥23,000(ANAYI)時計〝アルハンブラ スモールモデル ウォッチ〟[イエローゴールド×ホワイトマザーオブパール×ブラックサテンストラップ]¥795,000・エンゲージメントリング[プラチナ×ダイヤモンド]¥3,775,000※予定価格・リング[ローズゴールド]¥125,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉)スカーフ¥30,000(スローン)バッグ¥215,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

ビターな配色をスイート派に引き寄せるとろみ素材の女っぷりスタイリング

久しぶりの夫婦水入らずのデートなら、スイート派的には若干辛口な、現役感漂うコーデがちょうどいい。ゆらんと、とろんと、つやんとした、女性ならではの素材を重ね、甘い色を織り交ぜなくともしなやかなオーラを表現。パテント&とんがりトウならフラットでもほっこりせず、エッジィな持ち味になるのも計算のうち。クロスボディであしらう長いフリンジのショルダーバッグは、感度のよさをアピールする、絶好のアクセント! ブラウス¥30,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉)スカート¥49,800(Vince 表参道〈Vince〉)サングラス¥34,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)靴¥24,000(ウォッシュ ルミネ横浜店〈ファビオ ルスコーニ〉)

スイートはの真骨頂的着こなしは大人の余裕でエレガンスに導いて

アコーディオンプリーツのサテンスカートは、ラップ風の重ねデザインで、ランダムな女らしい動きを生み出す雄弁なアイテム。きちんと感のあるアンサンブル合わせでも、無難に終わらずドラマティックな佇まい。ニットのすそはアウトで着て、あえてウエストマークをしないのがリッチ感を生むポイント。一方アンサンブルのカーデは、センターをずらしてマント風に肩を覆うことで知性を感じるフェミニンさを引き立たせる。ニット¥14,000・カーディガン¥19,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)スカート¥49,800(Vince 表参道〈Vince〉)ピアス[イエローゴールド×ダイヤモンド]¥285,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉)バッグ¥343,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)

鮮やかピンクをスポーティーに着こなすリッチカジュアルなパンツのおしゃれ

たとえば実家のファミリーと銀座で待ち合わせしてディナーへ、そんなシチュエーションには女らしさよりもヘルシーな着こなしがマッチ。ゆとりの少ない半そでニットはTシャツ気分で着こなせるから、パンツに合わせれば程よくスポーティでカジュアルにもアレンジ可能。カーディガンはそでだけ前に垂らすオーセンティックなスタイルで。いい妻、いい母、いい娘…狙いどおりのキャラクターになりきりたい。ニット¥14,000・カーディガン¥19,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)パンツ¥23,000(ANAYI)時計〝アルハンブラ スモールモデル ウォッチ〟[イエローゴールド×ホワイトマザーオブパール×ブラックサテンストラップ]¥795,000・エンゲージメントリング[プラチナ×ダイヤモンド]¥3,775,000※予定価格・リング[ローズゴールド]¥125,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉) 靴¥81,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)バッグ¥117,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

Domani10月号 4人のワー/ママの〝たった5枚〟の秋はこうなる!Par t5 黒木なつみ的 きれいめスイートの〝たった5枚〟 より
本誌撮影時スタッフ: 撮影/三瓶康友(人物)、坂根綾子(静物) スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/MAK(I LINX) モデル/黒木なつみ 構成/西道倫子 再構成/Web Domani編集部

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事