膝が丸見えの危険!卒入学式に着るタイトスカートは椅子に座ってまず試着【世直しスタイリスト霜鳥まき子がダメ服に喝】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONおしゃれプロ

2020.02.23

膝が丸見えの危険!卒入学式に着るタイトスカートは椅子に座ってまず試着【世直しスタイリスト霜鳥まき子がダメ服に喝】

子どもの卒入学式に着て行く服選びに頭を悩まされている方も多いよう。新調する場合も、数年前の服を再利用する場合も気をつけたいのがスカートの丈。特に注意したいタイトスカートの選び方を、人気パーソナルスタイリスト霜鳥まき子さんに聞きました。

Tags:

タイトスカートは必ず椅子に座って試着を!

タイトスカートの場合、丈が短いとフレアスカートよりも肌の露出がかなり目立ち、「ずいぶん短いスカートをはいているな」と思われてしまいます。立っていればそこまで目立たなくても、椅子に座るとより短くなるので、大切なイベントで恥をかいてしまうことも。この写真のスカートも、立っていればひざ上くらいですが、椅子に座ると太ももが見えるくらい短くなってしまいます。ですから試着するときは、必ず椅子に座って、座ったときにどう見えるかを確認してみてください。

霜鳥まき子

ブラウスとスカートの色次第で脚の露出が目立つことも・・・

スカートの丈に加え、注目したいのがブラウスとスカートの色。インナーとボトムの色が大きく違うと、ウエストラインで上下がパッキリ分かれるため、上半身がコンパクトに見えます。目線が上がるという意味ではスタイルアップに役立つ気もしますが、上半身がコンパクトになると、余計に脚が目立ち、肌の露出が際立ちます。そのため、短めのスカートをはくときは、インナーとスカートの色にも気をつけてください。次回は、卒入学式のようなフォーマルなシーンにふさわしいスカート丈についてご説明します。

新刊『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の得する黒 損する黒』好評発売中

アラフォー、アラフィフのファッション迷子さんに朗報! 究極の黒アイテムの選び方や、やせ見えする方法、黒を華やかに見せる方法、ブラックフォーマルのマナーや着回し術など、「黒」に関するすべてを詰め込んだ新刊が発売中。知らなきゃ損する黒の着こなし術をたっぷり掲載されているので、ぜひ読んでみてください。

画像ALT
『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の得する黒 損する黒』

霜鳥まき子/著 ¥1,000(小学館)
購入はこちらから!

霜鳥まき子

教えてくれたのは・・・
世直しスタイリスト

霜鳥まき子

パーソナルスタイリスト。青山学院大学英米文学科卒業後、日本航空国際線CAとして10年間務める。海外で経験したパーソナルショッパーという職業に感化され、ファッションを通して女性のライフスタイルに寄り添いたいと思うように。その後、パーソナルスタイリストの創始者、政近準子氏に師事。独立後は、1万人を超える女性のパーソナルスタイリングを行ってきた。伊勢丹 新宿店や銀座三越にて、スタイリングアドバイスやファッションセミナーを多数開催。
株式会社SPSO HP

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事