Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2017.12.12

40代コーディネート47選【レディース2018】| 女性の最新着こなし術

雑誌Domaniの11月号12月号から、30代40代のレディース向け着こなし術をご紹介。白パンツや黒パンツ、ジーンズ、スカートの今流行りコーデはもちろん、アウターやニット・スーツのおしゃれコーデ、スニーカーを合わせたきれいめカジュアルコーデなど、さまざまなコーディネートをピックアップしました!

Tags:

【目次】
白パンツ・黒パンツの今流行りコーデ
ジーンズ・デニムのきれいめコーデ
スカートの今流行りコーデ
オフィスコーデ(スーツ・ジャケット・シャツ)
スニーカーのきれいめカジュアルコーデ
ハットのおしゃれコーデ

白パンツ・黒パンツの今流行りコーデ

【1】白ワイドパンツ×ベージュコート

【1】

×白ワイドで、襟ファー付きコートを凜々しく振って!キャメル色に映える襟のフォックスファーと大きなパールボタンが、大人にふさわしい上品な甘さ。エレガントにまとめると老けがちなので、ワイドパンツでキレよく。ベージュ×ホワイトの配色でリッチ感もキープ。

[Domani12月号 88ページ] コート¥78,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) ニット¥26,000(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) パンツ¥32,000(アマン〈ベルウィッチ〉) サングラス¥44,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥16,000(アダム エ ロペ〈リバティー ベル フォー アダム エ ロペ〉) 靴¥21,000(モード・エ・ジャコモ〈メダ〉)

【2】白パンツ×ベージュフーデッドコート

【2】

スポーティにもシンプルにも!多様性のある2WAYコートなら活躍度大。アクティブなフーデッドコートも、まろやかなベージュなら優しい印象。インは白でまとめると、女性らしい着こなしになる。実はこのコート、中綿入りのライナーにフードが付いたデザインで、ライナーを外すとコートはノーカラーに変身。さまざまなシーンで活躍させて。

[Domani12月号 172ページ] コート[ライナー付き]¥46,000・ニット¥17,000・パンツ¥19,000・バッグ¥26,000・靴¥19,000(ロートレアモン)

【3】白パンツ×華やかペールブルーコート

【3】

華やかカラーコート。ペールブルーのふわもこ素材が優しげな女らしさを演出!カラーブームのこの秋、まずはペールトーンが取り入れやすい。優しいペールブルーにシャギーの起毛感がアクセント。ノーカラーのすっきりとしたシルエットなので、甘さを抑えた大人っぽい着こなしが可能。白パンツ&ヌーディ小物でまろやかに。

[Domani11月号 113ページ] コート[11月入荷予定]¥72,000(アングローバルショップ 表参道〈テラ〉) カットソー¥23,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) パンツ¥13,889(バナナ・リパブリック) バッグ¥35,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) 靴¥75,000(martinique Le Conte名古屋〈ニナ リッチ〉)

【4】白スキニーパンツ×チェックコート

【4】

チェックコートにパールボタン、この甘辛MIXが粋!ハンサムなグレンチェックに細めの襟とパールのひとつボタンが女っぷりを感じさせる、絶妙な甘辛バランス。パンツにはもちろん、スカートでレディライクに振っても。

[Domani11月号 121ページ] コート¥45,000(マイカアンドディール 恵比寿本店〈マイカアンドディール〉) トップス¥21,000(オンワード樫山〈BEIGE,〉) パンツ¥3,990(UNIQLO) ピアス¥92,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) ブレスレット¥6,800(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥35,000(アルアバイル〈アベニュー67〉) 靴¥21,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【5】白パンツ×サックスブルーチェスターコート

【5】

Theory luxeのサックスブルーチェスターコート。長く着られるカラーコートを探している人におすすめなサックスブルー。知的で美人なたたずまい、街で目を引く華やかさ、どちらもパーフェクト。さわやかなサックスブルーが冬に映えるまろやかで軽やかなペールトーンコーデ。特別なおしゃれさが感じられる寒い季節の淡色コーデ。モカ×オフ白を黒やネイビーで締めずにサックスブルーで優しくなじませて。

[Domani12月号 165ページ] コート¥79,000・パンツ¥29,000(Theory luxe) ニット¥12,000(TONAL) リング¥48,000(ココシュニック) ストール¥19,000(オンワード樫山〈ICB〉) バッグ¥18,000(フラッパーズ〈アンカーズ〉) 靴¥46,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)

【6】黒パンツ×シンプル黒ウールコート

【6】

知的なムードはスタンドカラーで狙って!正統派な黒のウールコート、この冬はスタンドカラーでストイックに着るのがおすすめ。コートが極シンプルなので、ドローストリングパンツやヘアカーフのバッグ、スリッパ靴といったモードなアイテムを組み合わせると、コーディネートの鮮度が高まる。

[Domani12月号 173ページ] コート¥49,000・ニット¥14,000・パンツ¥19,000・バッグ¥27,000・靴¥19,000(ロートレアモン)

【7】黒パンツ×大人めチェック柄コート

【7】

大人めチェック柄コート。いつものモノトーンが旬のチェック柄で即トラッドに!長めでオーバーサイズのシルエットに大きめのグレンチェックがあしらわれたメンズライクな一枚。白ブラウス×黒パンツのベーシックな着こなしも、これだけでぐっとおしゃれ感がアップ。

[Domani11月号 113ページ] コート¥62,000(フィルム〈ソブ〉) ブラウス¥17,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) パンツ¥80,000(essence of ANAY〈I ALBINO TEODORO〉) ピアス¥72,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) 〝バルダン〟のバッグ¥49,000・〝ネブローニ〟の靴¥41,000(アングローバルショップ 表参道)

【8】黒パンツ×ショート丈グレーコート

【8】

辛口にも甘口にも振れるショート丈で軽やかに!バランスよく、軽快に取り入れるならまずはショート丈を。ベーシックなラウンドネックコートの下半分にラビットファーがあしらわれた、すっきりと大人っぽい一枚。リブタートルニット×クロップドパンツのスタンダードな着こなしも、それだけで鮮度よく。

[Domani11月号 114ページ] コート¥43,000(マイカアンドディール 恵比寿本店〈マイカアンドディール〉) ニット¥11,000・パンツ¥16,000(グランカスケードインク〈GOUT COMMUN〉) ピアス¥58,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥265,000(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉) 靴¥105,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

【9】黒パンツ×カーキベージュのビッグシルエットコート

【9】

重量感あるシルエットだけど一枚仕立てならではの軽さが!HYKEのビッグシルエットコート。カーキベージュの絶妙なニュアンスカラーが一目置かれる存在感を放つ。ウール素材のロング丈&ボリュームそでなのに軽量で、さっとはおればこなれた表情に。インは黒ベースでまとめて配色で奥行きをつくれば、モダンな雰囲気が宿る。

[Domani11月号 127ページ] コート¥68,000(ボウルズ〈ハイク〉) ブラウス¥17,000(アルアバイル) パンツ¥26,000(オンワード樫山〈ジョゼフ〉) ピアス¥12,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ココシュニック オンキッチュ〉) バッグ¥16,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) 靴¥78,000(アダム エ ロペ〈ロシャス〉)

【10】黒スティックパンツ×グレンチェックコート

【10】

華やか小物で着くずしたい、スティックパンツとのきれいめな組み合わせ。トラディショナルなゴム引き素材のシングルコートに、細かいグレンチェックが旬のニュアンスを与えて。白シャツ×スティックパンツでマニッシュにまとめつつ、ニットの肩かけやイエローバッグ、サングラスで遊んで。

[Domani12月号 96ページ] コート¥175,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) シャツ¥19,000(BYMITY) パンツ¥19,000(エポカ ザ ショップ丸の内〈イー・エポカ ザ ショップ〉) ニット¥33,000(FUN Inc〈. VONDEL〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ピアス¥12,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥89,000(アオイ〈ティラ マーチ〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉

ジーンズ・デニムのきれいめコーデ

【1】リジッドデニムのきれいめカジュアル

【1】

ポケットのファーとリジッドデニムで、きれいめカジュアルに楽しむ!イタリアンメイドの上質なアルパカ混素材を最旬のシルエットに落とし込んだ一枚。ポケットのファーが大胆なアクセントになって。鮮やかなオレンジカーディガンを効かせ、リジッドデニムできれいめカジュアルに。

[Domani12月号 88ページ] コート¥190,000(バーニーズ ニューヨーク カスマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) カーディガン¥29,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉) パンツ¥4,990(ドゥクラッセ) バッグ¥28,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 靴¥28,000(銀座ワシントン銀座本店〈コルソローマ ノーヴェ〉)

【2】ラズベリーピンクコート×デニム

【2】

ラズベリーピンクのモヘア混コクーンコート。華やぎを添えたカジュアルスタイルに自然と気持ちも浮き立って!まとった瞬間に、心までエネルギッシュになるのが、濃ゆいピンクがもつパワー! 女っぷりのいいラズベリーピンクのコートは、デニムにさらっとはおるぐらいの気軽な投入がグッドバランス。モヘア混のヘアリー素材が、目にも暖か。

[Domani12月号 58ページ] コート¥120,000(REYC) ニット¥17,000(オンワード樫山〈BEIGE,〉) パンツ¥24,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ストール¥38,500(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ジョンストンズ×ビューティ&ユース〉) ネックレス¥102,000(ロンハーマン〈ソフィー ブハイ〉) バッグ¥33,000(ドレステリア 銀座店〈アーロン〉) 靴¥5,800(Maison de Beige〈CONVERSE〉)

【3】トレンチコート×デニム

【3】

愛して止まないトレンチコート×デニムを赤のパワーで新しく!ブラウスはしなやかなシルク素材。オレンジに近い赤×ネイビーのストライプ柄が、着るだけでコーディネートにメリハリをつけてくれる。ガサッとした無骨さが魅力のトレンチコートと色落ちデニムに合わせて、ヴィンテージ感のある赤スタイルをものにしたい。

[Domani11月号 42ページ] ブラウス¥38,000(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店〈ベルツ〉) 〝ドゥーズィエム クラス〟のコート¥89,000・〝リッチフィールド〟のパンツ¥27,500(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店) 靴¥41,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈ネブロニ〉) 帽子¥20,000・バッグ¥15,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉)

【4】ライダースジャケット×イエローインナー

【4】

〝決意のひとり暮らし〟を始めて数週間。晴れた休日は、自転車に乗ってご近所スポットを開拓するのが楽しみ。焼きたてパンのにおいに誘われて…素敵なベーカリーカフェを発見♪休日の定番スタイルは、インナーをきれい色にチェンジ。見慣れたアイテムもイエローのフレッシュさで見違える。

[Domani11月号 74ページ] ピアス¥16,000・リング[左]¥28,000(ココシュニック) 時計¥82,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) リング[右]¥63,000(TOMORROWLAND〈CHARLOTTE CHESNAIS〉) バッグ¥55,000(ebure) 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉

【5】ブルーニット×イエローパンプス

【5】

本屋でふと目に入った一冊は、ズバリ『チームワークの心理学』。う~ん、要勉強の分野だ…。チームをまとめる立場になって、コミュニケーション術にも興味が湧いてきた…!ブルーニットとイエローパンプス、ふたつのきれい色で休日のジャケットスタイルにハッピー感を。

[Domani11月号 76ページ] ストール¥62,000(ビームス ハウス 丸の内〈ジョンストンズ〉)リング[右]¥63,000(TOMORROWLAND〈CHARLOTTE CHESNAIS〉)バッグ¥49,000(TOMORROWLAND〈OWENBARRY〉靴¥42,000(ビームスハウス 丸の内〈ネブローニ〉)

【6】オレンジ×ピンクの派手かわいいコーデ

【6】

秋の陽気に誘われて近所の公園をブラリ。「ボール取ってください」とサッカー少年たち。は~い、蹴るよ~!公園の少年たちの目にも思わず留まる、オレンジとピンクを重ねた大人の派手かわいいカラーリング。甘くなりすぎないよう、サングラス、ハラコのバッグ、シルバー靴でパンチを効かせて。

[Domani11月号 78ページ] サングラス¥28,000(フォレストパイン・デザインラボ〈パイン〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈JOHNSTONS〉) バッグ¥55,000(ebure) 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)

【7】タキシードジャケットのフォーマルデニムコーデ

【7】

タキシードジャケットをモダンにこなして週末のレセプションパーティへ!スタイリッシュに決めたいシーンでは×デニムの唯一無二なドレスアップで。なかなかハードルの高い〝デニムでパーティ〟も、タキシードジャケットが一枚あれば余裕!そで口とフロントに大ぶりなパールボタンを用いた一着はアクセいらずで華やぎ、フォーマルと遊び心を兼備。足元はグリーンのベロアパンプスで今どき感を盛り上げて。

[Domani11月号 92ページ] ジャケット¥69,000(ポール・スミス リミテッド〈ポール・スミス〉) ブラウス¥17,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) パンツ¥18,000(BYMITY) リング¥14,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) バッグ¥130,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ザンケッティー〉) 靴¥80,000(JIMMY CHOO)

【8】深グリーン×デニム

【8】

甘さを抑えた秋めいた深グリーンがカジュアルを一歩上級見せする。そで口のフレア感など、芸の細かさに惹かれる。

[Domani11月号 104ページ] ブラウス¥2,769・パンツ¥6,472(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉) イヤリング¥78,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バングル¥2,600・リング[右手薬指]¥3,100(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) リング[右手人さし指]¥16,000・リング[左手]¥29,000(ココシュニック) スカーフ¥18,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥18,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉) 靴¥7,778(マミアン本店 カスタマーサポート〈マミアン〉) 中に着たキャミソール/私物

【9】チェック柄ジャケット×ニット×デニム

【9】

DRESSTERIORのチェック柄ジャケット。「晩夏に着ていたニット×デニムにはおるだけで秋らしくなるので、本当に助かっています。ジャケット単体で見ると、合わせが難しそうですが、インナーとボトムの色を同系色にするとまとまりがよく、意外と取り入れやすいアイテムでした。着丈が長いメンズ風のつくりなので、手首を見せて女らしく着たいですね」

[Domani11月号 189ページ] ジャケット¥49,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) バッグ¥18,000(アルアバイル) 靴¥39,000(デミルクス ビームス 新宿〈ネブローニ〉) ニット/エストネーション パンツ/リーバイス バングル/エルメス ※以上私物

【10】パープル×深グリーン×デニム

【10】

こっくりとしたパープル×深グリーンがデニムを知的に見せて!カシミア混の上質な素材感と、上のボタンを留めてハイカラーで着てもおしゃれな、表情豊かなデザインに注目。深みのあるパープルニットとボウタイをのぞかせ、どことなくクラシカルな印象に。

[Domani12月号 95ページ] コート¥92,000(レキップ) ニット¥32,000(フレームワーク 自由が丘店〈ヌード〉) シャツ¥15,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) バッグ¥18,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) サングラス¥49,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 靴¥12,777(マミアン本店 カスタマーサポート〈マミアン

スカートの今流行りコーデ

【1】赤×モーブピンクのオフィスコーデ

【1】

赤×モーブピンクで、オフィス街でも目を引くいい女!鮮やかな赤のタイトスカートは、さらりとした質感ではき心地が軽やか。ここはあえてベーシックカラーではなく、旬のモーブピンクのブラウスやパンプスを合わせて。上級者感が香る上、コントラストがつきすぎないので、肌なじみのよい着こなしが完成する。

[Domani11月号 40ページ] スカート¥21,000(martiniqueLe Conte梅田〈martinique〉) ブラウス¥17,000(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉) 手に持ったコート¥37,000(グランカスケードインク〈GOUT COMMUN〉) 時計¥575,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥21,000(ANAYI) 靴¥26,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

【2】ダブルフェースコート×レーススカート

【2】

ダブルフェースのコートが今日の主役!グレーのウールにパステルブルーのレースをかぶせたフェミニンなスカートが、マニッシュな色合わせを女っぽいスタイルに引き戻してくれる。レースにスタッズ付きシューズと「要素」の多いスタイリングが品よくまとまるのはワントーン配色のおかげ。

[Domani11月号 54ページ] コート¥130,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) ブラウス¥29,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) スカート¥66,000(ANAYI) バングル¥13,000(Jouete) バッグ¥153,000・靴¥76,000(JIMMY CHOO)

【3】キャメル色コート×ミモレ丈スカート

【3】

ファーが引き立つキャメル色でドラマティックに楽しむ!手縫いで仕上げられたダブルフェースのロングコート。ポケット部分のリアルファーが大胆かつラグジュアリーなアクセントとなって。〝ウィークエンド マックスマーラ〟らしい美しいキャメル色のトーンが、遠目からでも目を引く女らしさを演出してくれる。

[Domani11月号 115ページ] コート¥159,000(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉) シャツ¥15,000(マイカアンドディール 恵比寿本店〈マイカアンドディール〉) スカート[共布ベルト付き]¥18,000(Liesse) サングラス¥49,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈バニー オプティカルズ バイ オリバーピープルズ〉) ピアス¥48,000・ネックレス¥60,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) バッグ¥46,112(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉) 靴¥18,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉)

【4】グレンチェックコート×スエードスカート

【4】

オーバーサイズをラフにはおり、女前なかっこよさを狙って!ダブルボタンでオーバーサイズのメンズ感が今っぽい、グレンチェックのコート。しっとりとした上質ウールが品よく映え、なだらかなドロップショルダーが気張らないリラックス感を演出。スエードスカートでリッチに仕上げて。

[Domani11月号 116ページ] コート[共布ベルト付き]¥82,000(MOGA) シャツ¥22,000(タトラス ジャパン〈シーグリーン〉) スカート¥66,000(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)ピアス¥3,170(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥185,000・靴¥66,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) タイツ¥1,300(タビオ〈タビオ〉)

【5】大胆ポケットファー付きコート

【5】

真面目になりすぎないのは、ポケットのファーのおかげ!ポケットのファーが大胆なポイントでありながら、身幅が細めにつくられた端正なシルエットなので、ベーシックコート代わりにも。黒に近いネイビーだから、落ち着いた華やぎが魅力。

[Domani11月号 119ページ] コート[共布ベルトつき]¥55,000(FRAYI.D ルミネ新宿2店〈 FRAY I.D 〉) シャツ¥15,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) スカート¥12,000(トランスコンチネンツ 銀座ベルビア店〈トランスコンチネンツ〉) ピアス¥15,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉) バッグ¥123,000(アマン〈ザネラート〉) タイツ¥1,200(タビオ〈タビオ〉) 靴¥22,500(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉)

【6】キャメル素材コート×赤ロング丈スカート

【6】

縦長に配したシャープな襟ならビッグシルエットも美人顔!まとった瞬間に感じるなめらかな起毛感は、キャメル(ラクダ)素材ならでは。ウールやカシミアと違う、光沢や軽さを堪能したい。身ごろがたっぷりあるのに美人に着こなせるコクーンシルエットも秀逸。流行のロング丈のふんわりスカートもバランスよく。

[Domani11月号 125ページ] コート¥190,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ブラウス¥39,000(ADORE) スカート[六本木ヒルズ限定]¥22,000(フィルム〈ソブ〉) ピアス¥62,000(ショールーム セッション〈MARIHA〉) バッグ¥140,000(JIMMY CHOO) 靴¥92,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

【7】深グリーンコート×マゼンダピンクスカート

【7】

実は相性抜群の×マゼンタピンクとなら、レトロモダンが加速!最旬のゆったりとした肩落ちデザインが取り入れられた、ダブルフェースのトレンチ型。ライナー付きなので冬までしっかりと着られる万能さもうれしい。強めのマゼンタピンクのロングタイトスカートと、レトロシックにまとめて。

[Domani12月号 94ページ] コート¥58,000(ルシェルブルーカスタマーサービス〈ルシェルブルー〉) ブラウス¥17,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) スカート¥18,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) ネックレス¥11,000(Jouete) バッグ¥83,000(H.P.FRANCE〈MELIMELO〉) 靴¥16,000(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉)

【8】イエローコート×ネイビースカート

【8】

心躍るイエローを主役にまとうきれいめスタイル。カラーコートが話題の今シーズン。ライムイエローなら、街で映えつつも、意外と合うものが幅広い。体を包み込むドロップショルダーのシルエットも、一枚着るだけで決まるポイントに。白のボウブラウス&ネイビーのスカートという王道の着こなしが、コートの存在でグッと今っぽく。

[Domani12月号 173ページ] コート¥42,000・ブラウス¥17,000・スカート¥16,000・バッグ¥26,000(ロートレアモン)

【9】チェスターコート×白タイトスカート

【9】

軽やかにはおればエレガントな表情に!脱カジュアルな着こなしが楽しめるモードな印象のチェスターコート。シックで大人な着こなしの仕上げに。

[Domani12月号 42ページ] コート¥54,000・ブラウス¥19,000・スカート¥19,000・バッグ¥29,000・靴¥27,000(オンワード樫山〈ICB〉) ピアス/スタイリスト私物

オフィスコーデ(スーツ・ジャケット・シャツ)

【1】定番ジャケパンスタイル×品格小物

【1】

「昨日と一転、ジャケパンスタイルでいざ、本番。肩に力が入りすぎない、私なりのフォーマルです。靴や時計など、体になじんだ品格小物をチョイスして、デイリーとは一線を画すきちんと感に仕上げます」

[Domani12月号 107ページ] ジャケット¥15,000(PLST)ブラウス¥8,990(PLST) パンツ¥8,990(PLST)時計/カルティエ ブレスレット/ノーブランドバッグ¥16,000(PLST〈Pelletteria Veneta〉) 靴/プラダ

【2】チェック柄ジャケット×ボウタイブラウス

【2】

チェック柄ジャケットで知的かつ埋もれない女になる!テーラードの緊張感と、流れを読む感度のよさを両立させるチェック柄なら、ダークカラーがあふれる会議室の中で適度な存在感を発揮。グレンチェックは男性のスーツにも使用される柄なので、目上の方に対しても失礼にならず、後輩からは、その〝わかってる感〟で高評価を得られるはず!トラッドに振りがちなチェックジャケットは、ボウタイシャツやタイトスカートといった女度高めなアイテムを合わせて、あくまでエレガントに。ジャケットの中にシャツを着るのが苦手…という人も、スタンドカラーを選べば、襟回りがもたつかず、今っぽさも上昇。デコルテの開きも気にならないので、会議にぐっと集中できる。

[Domani12月号 117ページ] ジャケット¥52,000(wb) シャツ¥32,000(アマン〈アンスクリア〉) スカート¥39,000(デミルクス ビームス 新宿) ピアス¥45,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) リング¥80,000(ベルシオラ) 時計[フェース]¥35,000・[ベルト]¥8,000(NOJESS)

【3】スーツ×白シャツ×赤スエードバッグ

【3】

ディレクターたるもの、コンペの勝率UPのためにはプレゼンスキルも磨かなきゃ!気合いを入れて社外セミナーに!いろいろな業種の人が参加するセミナーの場。スーツのセットアップに、インナーは白シャツにしてキリッと臨みたい。ただのスーツスタイルで終わらせたくないから、赤いスエードバッグをポイントに、華やかな秋らしさを香らせて。

[Domani11月号 78ページ] ストール¥55,000(エストネーション〈ファリエロ サルティ〉) リンバングル¥17,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉)靴¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈katespade new york〉

【4】グレースーツ×ネイビーニット

【4】

スーチングでマニッシュに着るグレーのテーラードで週初めのミーティングをスマートにこなす!きちんとBUT脱生真面目にこなすグレーのスーツは月曜日の制服。ジャケット×パンツのセットアップを気負いなくこなせるのは、「ジャケ慣れ」しているハンサム系だからこそ。淡いグレーの上下に、ニットと時計と足元に差した濃淡のブルーで知性と清潔感を盛り込めば、男勝りとは一線を画す、抑えたツヤ感が際立ってくる。

[Domani11月号 90ページ] ジャケット¥66,000・パンツ¥32,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉) ニット¥19,000(ADORE) 時計¥350,000(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥236,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴¥95,000(セルジオ ロッシ カ

【5】金ボタンネイビージャケット

【5】

「きちんと&クリーンに」朝イチで大事なミーティングにはやっぱりジャケパン!旬ジャケットがベーシックを予定調和で終わらせない!ジャケット+シャツ+カーディガン+九分丈パンツという超スタンダードな組み合わせも、ネイビーの金ボタンジャケットならたちまち鮮度がアップ。通勤に必要なきちんと感はキープしつつ、洒脱なコーディネートが完成する。

[Domani12月号 65ページ] ジャケット¥47,000(アルアバイル)シャツ¥18,000(ボウルズ〈ハイク〉) カーディガン¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) パンツ¥29,500(アンタイトル エッセンシャルクルー) 時計¥245,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉) バッグ¥283,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥73,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

【6】旬のチェック柄ジャケット

【6】

ミーティングを大急ぎで終わらせて、会社近くで夫と待ち合わせ。実は本日、結婚記念日(照)。夫婦水入らずでお祝いを!「しょっぱなからプライベートすぎる予定でごめんなさい! インスタを遡ったところ、去年は夢の国へ行っていたようですが、今年は仕事。ジャケットは、きちんと見えと旬を叶える、働く女性にうれしい流行。思いきり活用しています。耳元のパールと赤リップで、気どりのないディナーへ」

[Domani12月号 98ページ] ジャケット¥15,000・パンツ¥8,990(PLST) Tシャツ/PLST サングラス/セリーヌ 時計/カルティエ ベルト/エルメス バッグ/イブ・サンローラン 靴/セルジオ ロッシ ブレスレット・ピアス/ノーブランド

スニーカーのきれいめカジュアルコーデ

【1】赤ウールニット×ネイビーウールパンツ×スニーカー

【1】

〝プレッピー〟に着る赤!赤だから叶う肩の力が抜けていてキャッチーなスタイル。着心地がよくてフレッシュな発色の赤ウールニット、ネイビーのウールパンツ、カシミアのチェックストール…。〝上質さ〟をちりばめて、ワンランク上のカジュアルに。存在感のあるジュエリーや眼鏡もいい引き締め役。

[Domani11月号 41ページ] ニット¥33,000(FUN Inc.〈VONDEL〉) シャツ¥20,000(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)パンツ¥38,000(ebure) 眼鏡¥27,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) ブレスレット[太]¥168,000・[細]¥398,000・リング¥74,000(hum 伊勢丹新宿本店〈hum〉) 靴¥7,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈コンバース〉)

【2】ジャケットスタイル×白スニーカー

【2】

ジャケットスタイルをくすみカラーでアンニュイに仕上げるのが「今」の気分!使っている色数は多いものの、トーンを黄みにそろえることで全体がまとまった雰囲気に。胸元のロゴと、白スニーカーで色も力も抜いて。

[Domani11月号 62ページ] ジャケット¥43,000・パンツ¥31,000(オンワード樫山 お客様相談室〈BEIGE〉) カットソー¥6,000(BYMITY) ネックレス¥24,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) バッグ¥242,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥22,000(ハイブリッジ ショーケース 六本木店〈Amb〉)

【3】ノーカラーVジャケット×テーラードパンツ×スニーカー

【3】

内側に暖かい空気をキープする〝中空糸〟を使った「ウォームリザーブ」シリーズ。〝PLST〟らしいキレイめアイテムでありながら着心地はほわっと暖か。そんな才色兼備さがこれからの季節に頼もしい。スマート見えして、機能面が充実。こんな賢いアイテムを、キャリア女性の相棒に!右/ノーカラーVジャケットとストライプのテーパードパンツが、ウォームリザーブシリーズ。女性のボディラインがより美しく見えるようにシルエットも微修正され、スタイルアップ面でも期待大。

[Domani11月号 106ページ] ジャケット¥15,000・パンツ¥8,990・カットソー¥2,500(PLST) メガネ¥33,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥2,100(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ブレスレット¥7,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) ベルト¥5,800(ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ザ・スーツカンパニー〉) バッグ¥26,000(T&L〈TOFF&LOADSTONE〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【4】スタイリッシュアウター×スニーカー

【4】

スニーカーで仕上げれば休日スタイルにも。シンプルでスタイリッシュなアウターは、合わせるアイテムを選ばない懐の深さが魅力。スニーカーで抜け感をつくった、スポーティな着こなしにもしっかりマッチ。

[Domani12月号 42ページ] コート¥54,000・ブラウス¥19,000・パンツ¥19,000・バッグ¥36,000(オンワード樫山〈ICB〉) 靴・ピアス/スタイリスト私物

【5】ライダース×スティックパンツ×スニーカー

【5】

WEBメディアの撮影&取材DAY。担当が顔なじみのカメラマンと仲よしのライターさんで、終始笑いが止まらない…。「取材を受ける日は、媒体や企画に合わせてセルフスタイリングします。味付けしだいで表情が変わる黒のスティックパンツを、今日はライダースと〝コンバース〟で男の子っぽくアレンジ。トートバッグも色あせてきちゃっていますが(笑)、実は黒。夫と娘からの母の日のプレゼントです」

[Domani12月号 101ページ] ジャケット/アッパーハイツ 時計/ダニエル・ウェリントン バッグ/L.L.ビーン ストール/マニプリ 靴/コンバース /パンツ¥8,990(PLST) Tシャツ/PLST

【6】ライダース×白パンツ×スニーカー

【6】

「圧倒的なかっこよさやメンズっぽさ…ライダースにしか出せない味が私は大好き。六本木の本社と青山のプレスルームを行き来する日はやっぱりスニーカー。たくさんの資料を〝L.L.ビーン〟に詰め込んで」

[Domani12月号 105ページ] ニット¥5,990(PLST)ジャケット/アッパーハイツ バッグ/L.L.ビーンストール/マニプリ靴/コンバース パンツ¥8,990(PLST)

【7】ロングワンピ×ロングコート×スニーカー

【7】

道の駅に寄りながらゆっくり帰路に!「カジュアル度の高いレイヤードスタイルは休日ならではの着こなし。ロングワンピ×ロングコートのバランスも、リラックス感が高く、オフシーンによくします」

[Domani12月号 105ページ] コート¥22,000(PLST)〝アルモー リュクス〟のニット¥16,000ワンピース/エリンストール/ジョンストンズ サングラス/レイバン バッグ/L.L.ビーン 靴/コンバース

【8】ボーダートップス×ワンピ×スニーカー

【9】

とにかく疲れる展示会の設営には動きやすい足元と脚が隠れるワンピで。「展示会の前日は、バタバタせわしなく動き回るのが常。力仕事は男性に任せるけれど(笑)、スニーカーは欠かせません。快適さを重視しているとはいえ、〝エリン〟のワンピはモードっぽさが特徴。ただ着るだけでサマになります」

[Domani12月号 107ページ] 〝アルモー リュクス〟のニット¥16,000 ワンピース/エリン時計/ダニエル・ウェリントン 靴/コンバース ブレスレット/ノーブランド

ハットのおしゃれコーデ

【1】大人顔ポンチョ×ハット

【1】

黒&白で潔く、辛口に着る穏やかなミルクティーベージュ。ヌーディなベージュの色味とゆったりフォルムが余裕を感じさせる、大人顔のポンチョ。ミルキーな色合いがマイルドな印象なので、モノトーンをインに挟み、キリッと都会的に着たい。

[Domani11月号 152ページ] コート¥132,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) ニット¥13,000(muller of yoshiokubo) パンツ¥8,990(PLST) 帽子¥48,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈クライド〉) ピアス¥29,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) グローブ¥10,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈デミ クラブ〉) バッグ¥180,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈モロウ パリ〉)

【2】ストール×スニーカー×ハット

【2】

大判ストールは“ジョンストンズ„のブランド別注柄で差をつける!ストールをふわりとはおるだけでダークな装いがチャーミングにこの時期欠かせないストール。まわりと被りにくい別注柄やカラーを選んで、感度の高さをアピールして。

[Domani12月号 129ページ] パンツ¥13,000(ゲストリスト〈ヘルシー〉) ストール¥62,000(レリタージュ マルティニーク〈ジョンストンズ〉) ブルゾン¥39,000(レリアン〈ランバン オン ブルー〉) 帽子¥28,000(アパルトモン 青山店〈ジャネッサ レオーネ〉) バッグ¥43,000(FUN Inc〈. BELLMER〉) 靴¥22,000(ウォッシュ たまプラーザ テラス店〈エーエムビー〉)

【3】ニット×ウールスカート×ハット

【3】

ローファー調のスリッパ靴ならちょっぴり真面目顔!ベージュスエードを選べばスリッパ靴もモードすぎないややタイトなウールスカートは、フロントのプリーツデザインで歩きやすさをしっかりとキープ。

[Domani12月号 131ページ] スカート¥38,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) 靴[1]¥26,000(ファビオ ルスコーニ有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉) ニット¥14,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) 帽子¥23,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈SENSI STUDIO〉) リング¥11,000(ADER.bijoux) バッグ¥109,000(アマン〈ザネラート〉)

【4】Vネックニット×スカート×ハット

【4】

ルーズシルエットと深Vが導く気負いのない女らしさ!体が泳ぐビッグシルエットと深めのVネックで、女っぷりがたちまちUP!

[Domani12月号 111ページ] ニット¥36,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) スカート¥14,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈ブラクトメント〉) 帽子¥29,000(SUPERIOR CLOSET〈FERRUCCIO VECCHI〉) ネックレス¥58,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥38,000(ANAYI)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事