街で二度見される美人!がこの春絶対着てるものって!? | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションおまとめドマーニア

2018.04.22

街で二度見される美人!がこの春絶対着てるものって!?

フェミニンだけど甘すぎない。女っぽいのにサバけた雰囲気。目ざしたいのは、そういう女性。ボリュームたっぷり、丈も長めでドラマティックなシルエットは、ドマーニ世代にこそふさわしい。春いちばんは、スカートから始めましょ。

Tags:

おしゃれで美人なアラフォーは、この春、みんなパンツ派からスカート派に!

長らく続いたパンツのブームを吹き飛ばす勢いで、この春は目新しい形のスカートが流行の真ん中に。色、形、素材、どこかにひとくせエッジの立った、生き生きとしたデザインが豊作。気持ちも着こなしも新鮮にしてくれる一枚が、春のときめきを連れてくる! スカート¥18,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) ブラウス¥35,000(ゲストリスト〈ラシュモン〉) 〝ソフィ ブハイ〟のリング[シルバー/3本セット]¥60,000・〝アリアナ ブッサード〟のリング[ゴールド]¥23,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) バッグ¥358,000(モワナ メゾン GINZA SIX〈モワナ〉) サングラス¥21,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) 靴¥93,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

はくだけで足取りが軽くなる高揚感。長めAラインでかっこよく!


腰周りにはふくらみをもたさず、すそに向かって直線的に広がった長め丈。この春の〝Itスカート〟は、色や素材はシンプルだけど、思いきったシルエットで、はくと自信にあふれて見える。センターにボタンの並んだ一枚は、力の抜けたリネン素材が今っぽい。ダークカラーでまとめれば、大人の女性らしいシックな雰囲気に。スカート¥58,000(ebure) ニット¥25,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) ジャケット¥37,000(essence of ANAYI〈CATHRINE HAMMEL〉) イヤリング¥11,000(エリオポール銀座〈ドミニク ドゥネーヴ〉) バッグ¥64,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥73,000(エストネーション〈プロエンザ スクーラー〉)

遠目から見ても惹きつけられる華やかさ。派手めプリントでかっこよく!

大人になるとついベーシックな色やパターンを選びがちだけど、今年の春は、存在感のある柄に挑戦したい。赤と黒のコントラストが強いオーバーチェックは、子供っぽく転ばない程度の茶目っ気が。ブルゾンやスニーカーといった、スポーティな着こなしが、ぐっと映える、アイキャッチーなパワーに満ちて。スカート¥27,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) ブルゾン¥32,000(ティッカ) カットソー¥12,000(ドレステリア 博多店〈リダン〉) バッグ[ショルダー]¥48,000(アルアバイル〈メゾン ボワネ〉) バッグ[トート]¥169,000(TOMORROWLAND〈スマイソン〉) 靴¥33,000(ティースクエア プレスルーム〈ナショナル スタンダード〉)

立っているだけでサマになる。揺れすそデザインでかっこよく!


ランダムにカッティングされていたり、深めにスリットが入っていたりと、イレギュラーなすそのスカートは、それ一枚でモードさが漂う。複雑なすその動きが周囲の視線を集めて、「なんだか素敵」と思わせる立ち姿に。この黒スカートは、両サイドのスリットとサテンのパイピングがドレッシー。甘めのドットブラウスもシックに受け止めてくれる。スカート¥39,000(エストネーション〈コルピエロ フォー エストネーション〉) ブラウス¥22,000(UTS PR〈ジェーン スミス〉) 手に持ったジャケット¥53,000(TOMORROWLAND〈エムマルタン〉) めがね¥7,000(ジンズ〈JINS〉) バッグ¥231,000・靴¥105,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

動きに合わせてドラマティックに揺れる。光沢プリーツでかっこよく!


今年のプリーツスカートは、ひざ下のロングレングスと、重厚感のある生地使いで、モダンでかっこいいアイテムに進化。カーキ×ブラウンのアーシーな配色の力で、女らしさをサバけた雰囲気にもっていって。スカート¥38,000(ボウルズ〈ハイク〉) ジャケット¥32,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) カットソー¥23,000(アダム エ ロペ〈エリン〉) 〝ココシュニック オンキッチュ〟のイヤリング¥10,000・〝メリッサ マッカーサー〟のバングル¥16,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) サングラス¥28,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バッグ¥325,000・バッグのフロントポケット¥150,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥88,000(JIMMY CHOO)

ふとした姿が女っぽく美しく。ハイウエストタイトでかっこよく!


通勤スタイルに不可欠なタイトスカートは「タイトすぎない」ものが旬。無理のないⅠラインシルエットで、強さの抜けた女らしさに。ハイウエストかつ腰位置にデザインの入った一枚は、スタイルUP効果も。渋めのテラコッタカラーで、パウダーピンクのニットを大人顔に着こなして。スカート¥31,000(ティースクエア プレスルーム〈テラ〉) ニット¥48,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) イヤーカフ¥36,000(ショールーム セッション〈ヒロタカ〉) スカーフ¥11,000(TOMORROWLAND〈トン デ レヴ〉) バッグ¥165,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉) 靴¥69,000(エレメントルール〈ニナ リッチ〉)

気どってないのにスペシャルに装える。ニット素材でかっこよく!


地厚なニット素材の、カジュアルなフレアスカートも豊作。本来エレガントな立ち位置のスカートが、力の抜けた雰囲気にシフト。ノースリーブとマキシスカートを合わせた、リラックス感漂うコーディネートは、白のもつ清潔さと緊張感で、凜としたムードに。スカート¥50,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) コート¥110,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈R13〉) ニット¥13,000(アルアバイル) ネックレス¥84,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ソフィー ブハイ〉) バングル¥76,000(ロンハーマン〈ロンハーマン ジュエリー〉) バッグに巻いたスカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥144,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

Domani2018年4月号『この春、「スカートをかっこよく!」が気分です』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/三好 彩 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/中村了太(3rd) モデル/小泉里子(本誌専属) 撮影協力/ultra super new gallery、Zoff、GLITCH COFFEE&ROASTERS 構成/福本絵里香(本誌)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事