年明けの会議で40代が怖見えしないコーデとは!? | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッション困り人のお悩み…

2018.01.09

年明けの会議で40代が怖見えしないコーデとは!?

ある程度きちんとしなきゃだけど〝きちんとしすぎ〟もなんか浮く…。そんな揺れるドマーニ世代の〝ちょうどいい〟お仕事コーディネートとは? 座談会から導き出したドマーニ世代にジャストな 〝会議の日スタイル〟を発表します!

Tags:

1.チェック柄ジャケットで、知的かつ埋もれない女になる

ジャケット¥52,000(wb) シャツ¥32,000(アマン〈アンスクリア〉) スカート¥39,000(デミルクス ビームス 新宿) ピアス¥45,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) リング¥80,000(ベルシオラ) 時計[フェース]¥35,000・[ベルト] ¥8,000(NOJESS)

トラッドに振りがちなチェックジャケットは、ボウタイシャツやタイトスカートといった女度高めなアイテムを合わせて、あくまでエレガントに。ジャケットの中にシャツを着るのが苦手…という人も、スタンドカラーを選べば、襟回りがもたつかず、今っぽさも上昇。デコルテの開きも気にならないので、会議にぐっと集中できる。

2.ノーカラージャケット×きれい色パンツの親しみやすさで意見を引き出す!

ジャケット¥38, 000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) パンツ¥29,000(Theory) ニット¥20,000(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉) ピアス¥19,000(アガット) リング¥20,000(ココシュニック) 時計¥960,000(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉) 靴¥75,000(バリー 銀座店〈バリー〉)

ノーカラージャケットの中でも、今シーズンは特に、こなれ感漂うダブルブレストがおすすめ。ジャケットの金ボタンが上半身のアクセントになり、淡いピンクのパンツが醸し出す甘さを、ピリッと引き締めてくれる。足元はパテントのツヤが上品なローファー風パンプスでハズして、ジャケパンの生真面目さを回避。

3.華やぎスカーフで視線を引きつけ、会議をコントロール

スカーフ[縦114cm×横48cm]¥64,000(エルメスジャポン〈エルメス〉) ニット¥39,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) パンツ¥24,000(MOGA) ジャケット¥76,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉) 眼鏡¥5,000(ジンズ) ピアス¥22,000 バッグ¥145,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

細長いひし形のスカーフ『ロザンジュ』は、折り畳まずくしゅっと握るだけで、ボリューム調節ができて、とにかく巻きやすい。トップスの色をスカーフの絵柄の中から1色拾うと、スカーフだけ浮き立つことなく、自然になじんでくれる。

4.程ゆるワイドパンツの余裕感で話に説得力をもたせる

パンツ¥46,000(マスターピースショールーム〈サイ〉) ブラウス¥25,000(Theory luxe) コート¥41,667(COS 青山店〈COS〉) ピアス¥110,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) ネックレス¥100,000(ベルシオラ) 時計¥30,000(DKSHジャパン〈リップ〉) バッグ¥170,000(バリー 銀座店〈バリー〉) 靴¥77,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉

ほっこりせず、ハンサムにはけるカーキのチェック柄パンツ。程よい太さとハイウエストデザインが、きちんと感に加え、スタイル美をも叶えてくれる。ロングコートを肩がけしたボリュームのある着こなしには、シャイニーパンプスで足元に抜け感を。

私たちの〝会議の日スタイル〟はこちら!

「ジャケットはそでをたくしあげて着たいので、冬でもインナーは半そで派。〝GU〟のとろみジャケットは、脱いだあと、そで のシワが目立たないので、 プチプラなのにとっても優秀です。きちんと見えるベーシックカラーをベースに、靴でグリーンを差して、明るく親しみやすい印象にしています」(福吉彩子さん・コンサルタント・39歳)

「ロッカーに2~3枚常備しているジャケットの中でも、この〝プラステ〟のノーカラージャケットは、襟の詰まったボウタイブラウスとも相性がよくて大活躍。会議にはダークトーンの服で臨むことが多いので、ライトベージュのジャケットや柄ブラウスで、ほんのり女らしさを加えています」(Domaniメイツ 宮崎佳花さん・商社勤務・31歳)

普段は1枚で着ているニットに、〝ドゥーズィエム クラス〟の付け襟をプラスして、きちんと感を意識しました。色使いがシンプルなので、座りジワがつかないニット素材のワイドパンツで今年らしく。立ち姿にいい意味で迫力がつくので、先輩方の中でも自信をもって発言できます」(宇野泰子さん・メーカー勤務・36歳)

12月号 逆に悩む! 「会議の日」何着てく?より
撮影/野口貴司(San・Drago/モデル)、フカヤマノリユキ(読者)、坂根綾子(静物) スタイリスト/城長さくら(kind) ヘア&メーク/シバタロウ(P-cott) モデル/加納奈々美 レイアウト/Jupe design 撮影協力/株式会社ジンズ 構成/木戸恵子


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事