ストッキングにヒールが苦手!解決策はある?【世直しスタイリストが答える!ストッキング事件簿】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONおしゃれプロ

2020.06.16

ストッキングにヒールが苦手!解決策はある?【世直しスタイリストが答える!ストッキング事件簿】

卒入学式やビジネスパーティといったハレの日にも、いつものフラットシューズ? ヒール靴が苦手な原因はストッキングにあるかもしれません。そんな足元問題を、世直しスタイリスト霜鳥まき子さんに解決してもらいます。

Tags:

卒入学式やお仕事・・・フラットシューズに頼りすぎていませんか?

ワーママにとってフラットシューズは頼れるアイテム。でも、デイリーシーンに限らず、卒入学式のようなハレの日や、大事なお仕事がある日までも「ヒールが苦手だから」と、フラットシューズを履いていませんか? 

ヒールが苦手な理由はストッキングで前滑りしているからかも!

ヒールが苦手な理由は人によってさまざまだと思いますが、ひとつの原因として、ストッキングで前滑りしている可能性があります。足が前に滑ることで、靴の後方が余ってパカパカと足を浮かせながら歩いている方をよく見かけます。確かに、その状態で歩くのは辛すぎますよね。そういう場合は、靴のつま先部分に滑らないインソールを入れるか、土踏まずにインソールを入れて足が滑るのをストップさせる。

もしくは、ストッキング自体の足裏に滑らない素材がついたノンスリップタイプのストッキングを選ぶことをおすすめします。そういった工夫をすれば、苦手なヒールを克服できるかもしれませんよ。フラットシューズ一辺倒になるのではなく、ハレの日などには、ぜひストッキングに合わせて素敵なヒール靴にも挑戦してみてくださいね。

新刊『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の得する黒 損する黒』好評発売中

アラフォー、アラフィフのファッション迷子さんに朗報! 究極の黒アイテムの選び方や、やせ見えする方法、黒を華やかに見せる方法、ブラックフォーマルのマナーや着回し術など、「黒」に関するすべてを詰め込んだ新刊が発売中。知らなきゃ損する黒の着こなし術をたっぷり掲載されているので、ぜひ読んでみてください。

画像ALT
『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の得する黒 損する黒』

霜鳥まき子/著 ¥1,000(小学館)
購入はこちらから!

画像ALT

教えてくれたのは・・・
世直しスタイリスト

霜鳥まき子

パーソナルスタイリスト。青山学院大学英米文学科卒業後、日本航空国際線CAとして10年間務める。海外で経験したパーソナルショッパーという職業に感化され、ファッションを通して女性のライフスタイルに寄り添いたいと思うように。その後、パーソナルスタイリストの創始者、政近準子氏に師事。独立後は、1万人を超える女性のパーソナルスタイリングを行ってきた。伊勢丹 新宿店や銀座三越にて、スタイリングアドバイスやファッションセミナーを多数開催。
株式会社SPSO HP

イラスト/いわたまい 構成/木戸恵子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事