オフィス向けブラウス45選【2020】| 30代40代レディースファッション | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONシャツ・ブラウス

2020.08.20

オフィス向けブラウス45選【2020】| 30代40代レディースファッション

30代・40代のオフィス向けブラウスを厳選!通勤服に使える夏向けの半袖やオフィスカジュアル、定番色の白やベージュのブラウスで上品かつおしゃれな着こなしをご紹介します。

Tags:

【目次】
夏のオフィス向けブラウス
オフィス向けの半袖ブラウス
オフィスカジュアルのブラウス
オフィス向けの白ブラウス
オフィス向けのベージュブラウス
オフィス向けのリボンブラウス

夏のオフィス向けブラウス

【1】夏のオフィス向け白レースブラウス×黒パンツ

【1】夏のオフィス向け白レースブラウス×黒パンツ

レースブラウスで暑い夏のおしゃれに清涼感を添えて。

[Domani2019年8/9月号 143ページ] パンツ¥9,200(エミ ニュウマン新宿店〈エミ ヨガ〉)ジャケット¥23,148(バナナ・リパブリック)ブラウス¥20,000(アルアバイル〈アルアバイル〉)時計¥334,000(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店〈ポアレ〉)バッグ¥40,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈イアクッチ〉)靴¥35,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) インナー/私物

【2】夏のオフィス向け水色ブラウス×白パンツ

【2】夏のオフィス向け水色ブラウス×白パンツ

肌離れがよくさらりと着られるブラウスは、ライトブルーが目にも涼やか。クールな見た目を意識して、今日は×白パンツに。

[Domani2019年8/9月号 142ページ] バッグ¥35,000(T&L〈TOFF&LOADSTONE〉) パンツ¥20,000(エストネーション〈エストネーション〉)ブラウス¥12,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉)ピアス¥11,000(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉) リング¥20,000(UTS PR〈ReFaire〉)リング¥5,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉)靴¥36,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

【3】夏のオフィス向け白レースブラウス×茶色スカート

【3】夏のオフィス向け白レースブラウス×茶色スカート

夏は〝洗えるトップス〟のありがたさが身に沁みる。白×ブラウンの穏やかなカラーリングで落ち着いた印象に。

[Domani2019年8/9月号 140ページ] ブラウス¥20,000(アルアバイル〈アルアバイル〉)スカート¥22,000(セルフォード 新宿ルミネ1店〈CELFORD〉)時計¥37,000(ココシュニック)バッグ¥53,000(ジャンニ キアリーニ 表参道店〈ジャンニ キアリーニ〉)インナー/私物

【4】夏のオフィス向け緑ブラウス×デニムパンツ

【4】夏のオフィス向け緑ブラウス×デニムパンツ

濃いめのピーコックグリーンは、この夏のトレンドカラー。一見難しく見える差し色も、着慣れたインディゴデニムとなら簡単! カジュアル見えしないよう、黒小物で引き締めるのがポイント。

[Domani2019年8/9月号 124ページ] ブラウス¥29,000(wb) パンツ¥18,000(ボウルズ〈ハイク〉) イヤリング¥10,000(MOGA) バッグ¥24,000(アルアバイル〈メゾン・エヌ・アッシュ・パリ〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニヴィオロ 福岡店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【5】夏のオフィス向けテラコッタ色ブラウス×水色スカート

【5】夏のオフィス向けテラコッタ色ブラウス×水色スカート

ふんわりブラウス×タイトスカートで、旬の〝ふわっ・ぴたっ〟バランスを意識。テラコッタ×ターコイズブルーの配色も、情熱的な気分を誘う。

[Domani2018年9月号 110ページ] スカート¥23,000(martinique名古屋〈martinique〉) ブラウス¥15,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ユナイテッドアローズ〉) バッグ¥64,000(カオス表参道〈モダーンウィービング〉) 靴¥78,000(シジェーム ギンザ〈JILSANDER〉)バングル¥5,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ヨキ〉) リング[右手]¥58,000(ショールームセッション〈Hirotaka〉)リング¥26,000(ココシュニック)

【6】夏のオフィス向けカーキブラウス×ネイビーパンツ

【6】夏のオフィス向けカーキブラウス×ネイビーパンツ

カッチリ小物も女らしいデザインを選ぶと真面目になりすぎず◎。カーキのカシュクールデザインのブラウスに、赤いハンドバッグやネイビーのポインテッドトウパンプスで、知的な華やぎを。シックな色使いをすることで、夏のシンプルスタイルにもきちんと感が生まれ、なおかつ凡庸でもない着こなしに。

[Domani2018年8月号 76ページ] ブラウス¥13,000(フィルム〈ソブ〉) パンツ¥33,000(アパルトモン 神戸店〈ブラゲッタ〉) 手に持ったジャケット¥21,000(TONAL) 眼鏡¥39,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) 〝MARIHA〟のリング[人さし指]¥210,000・〝Hirotaka〟のリング[薬指]¥66,000(ショールーム セッション) バッグ¥345,000(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉) 靴¥44,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【7】ピンクカーディガン×夏のオフィス向けストライプブラウス×グレーパンツ

【7】ピンクカーディガン×夏のオフィス向けストライプブラウス×グレーパンツ

ピンクのカーデを肩かけして優しい女らしさを強調して。ライトグレーの優しさを生かして、差し色も淡いピンクをセレクト。ピンストだって、センタープレスだって、ほの甘にこなせる!のお手本的スタイル。

[Domani2018年8月号 121ページ] Domaniコラボのセットアップ¥7,990(オペーク ドット クリップ) カーディガン¥31,000(アルアバイル〈スローン〉) 時計¥23,000(ピークス〈Rosemont〉) バッグ¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) バッグに付けたスカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥29,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【8】夏のオフィス向けグレーブラウス×ベージュスカート

【8】夏のオフィス向けグレーブラウス×ベージュスカート

胸元に向けて寄せられたギャザーリングの立体感が、U¥10,000のブラウスにお値段以上の着映え力をプラス。なじませトーンで大人っぽくまとめても、ひとくせデザインのおかげで着こなしに更新感が漂う。気張ってないけどおしゃれに見せたい!そんな女心に応えてくれる。

[Domani2018年7月号 55ページ] ブラウス¥9,500(アダストリア〈バンヤードストーム〉) スカート¥10,000(ゲストリスト〈ステートオブマインド〉) バッグ¥24,000(フラッパーズ〈マルシェ〉) 靴¥11,000(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉)

【9】夏のオフィス向け水色ブラウス×青パンツ

【9】夏のオフィス向け水色ブラウス×青パンツ

色×色のテクニックを駆使ブルーなら抵抗なくトライできる。やわらかいライトブルーのブラウスに、あでやかなコバルトブルーのパンツを組み合わせて。つまりはブルーのグラデーションだけど、これならベーシックカラーの延長として着られそう。

[Domani2018年8月号 77ページ] ブラウス¥23,000(カレンソロジー青山〈バレナ×カレンソロジー〉) パンツ¥14,000(ユニバーサルランゲージ たまプラーザ テラス店〈ユニバーサルランゲージ〉) 〝アルアバイル〟のバッグ¥11,000・〝ニナ・リッチ〟の靴¥69,000(アルアバイル) ピアス¥2,720・ネックレス¥3,000・バングル[チェーン]¥5,700(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) [プレーン]¥30,000(インデアン・クラフト) リング[中指]¥8,000・[薬指]¥9,000(アガット)

【10】夏のオフィス向けキャメルブラウス×キャメルパンツ

【10】夏のオフィス向けキャメルブラウス×キャメルパンツ

ネイビーや黒のパンツセットアップはよくあるけれど、キャメルは新鮮。夏の肌に映えるこの色は、白を合わせることでより魅力がアップ。さらっと着るだけでボディラインを上手にカバーするシルエットも◎。

[Domani2017年7月号 127ページ] ブラウス¥11,000・パンツ¥13,000(TONAL) バッグ¥9,990(PLST) 靴¥26,667(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

オフィス向けの半袖ブラウス

【1】オフィス向けの半袖白ブラウス×黄色パンツ

【1】オフィス向けの半袖白ブラウス×黄色パンツ

[Domani2019年8/9月号 59ページ] パンツ¥23,000・ブラウス¥19,000・バッグ¥39,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) 時計¥286,000(ポアレブティック ホテルニューオータニ店〈ポアレ〉) リング¥86,000(イセタンサローネ 東京ミッドタウン〈カラットアー〉) 靴¥36,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)メンズ[右]ジャケット¥55,000・パンツ¥25,000・シャツ¥21,000・ネクタイ¥12,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) 靴/本人私物 [左]ジャケット¥50,000・パンツ¥21,000・シャツ¥21,000・ネクタイ¥12,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) その他/本人私物

【2】オフィス向けの半袖白ブラウス×黄色パンツ

【2】オフィス向けの半袖白ブラウス×黄色パンツ

靴もパンツも同じトーンでまとめること。これが、きれい色を多用しても大人っぽく仕上がるポイント。

[Domani2019年6/7月号 122ページ] 靴¥22,000(フラッパーズ〈カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ〉)ブラウス¥24,000(アングローバル〈イレーヴ〉) パンツ¥19,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) イヤリング¥158,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バングル¥22,000(ハウント代官山〈アニー〉) バッグ¥79,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)

【3】オフィス向けの半袖ネイビーブラウス×白パンツ

【3】オフィス向けの半袖ネイビーブラウス×白パンツ

モードな勢いをトッピングオフィスで支持されるフェミニンなパンツスタイル。昼はクライアントとの打ち合わせできちんと見せたい、夜は会食があるから華やぎも欲しい、そんな日にぴったりのスタイル。

[Domani2019年6/7月号 86ページ] 靴[1]¥86,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)ブラウス¥15,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) パンツ¥29,000( FUN Inc. 〈THE IRON〉) ピアス¥14,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バングル¥4,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥64,000(アマン〈エレメ〉)

【4】オフィス向けの半袖ベージュブラウス×ベージュパンツ

【4】オフィス向けの半袖ベージュブラウス×ベージュパンツ

淡いブルーのアイテムとの配色がかわいい。

[Domani2018年9月号 58ページ] ブラウス¥14,000・パンツ¥16,000・ジャケット¥26,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) 時計¥12,000(エイチエムエスウォッチストア 表参道〈オリビア・バートン〉) バッグ¥18,000(T&L〈トフ アンド ロードストーン〉) スカーフ¥28,000/参考価格(アマン〈アルテア〉) 靴¥40,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

【5】オフィス向けの半袖白ブラウス×カーキスカート

【6】オフィス向けの半袖白ブラウス×カーキスカート

トレンチ風のフロントディテールは、今季のスカートトレンドのひとつ。太ベルトのハイウエストデザインで。

[Domani2018年7月号 74ページ] スカート[共布ベルト付き]¥6,500(ケービーエフ プラス ルミネ有楽町店〈KBF+〉) ブラウス¥13,000(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉) ブレスレット¥7,457(アビステ) バッグ¥19,000(フラッパーズ〈メゾン ヴァンサン〉) バッグに巻いたスカーフ¥30,000(essence of ANAYI〈SLOANE〉) 靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

【6】オフィス向けの半袖黒ブラウス×キャメルパンツ

【7】オフィス向けの半袖黒ブラウス×キャメルパンツ

甘めトップスとのワンツーコーデもハイウエストデザインならキレも今っぽさもUP!ボトムのベルトのデザインや、ブラウスのフロントギャザーが効いて、無地同士でも立体感たっぷりの着こなし。ゴールドのアクセサリーで、初秋の香りをプラス。すそすぼまりのパンツのシルエットを、甲深パンプスのボリューム感で受け止めて。

[Domani2018年9月号 75ページ] パンツ[共布ベルト付き]¥21,000・〝ペリーコ〟の靴¥48,000(アルアバイル) ブラウス¥19,000(martinique Le Conte梅田〈マルティニーク〉) イヤリング¥9,000(ドロワット・ロートレアモン〈アレックサンドリーヌ パリ〉) バングル¥4,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥46,000(FUN Inc.〈BELLMER〉)

【7】オフィス向けの半袖黒ブラウス×白の花柄パンツ

【8】オフィス向けの半袖黒ブラウス×白の花柄パンツ

柄ビギナーも気負わずはける控えめボタニカルを投入。ハーブの花のような繊細なモチーフをグレイッシュな色でプリント。優しげな柄使いのパンツは、ボトルネックのブラウスですっきりと仕上げるのが正解。グリーンのシューズで足元だけ色を加えて、ボトムの柄をさりげなく際立てて。

[Domani2017年8月号 69ページ] パンツ¥16,000(マイストラーダ〈マイストラーダ〉) ブラウス¥18,000(UN3D.) 手に持ったカーディガン¥32,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) ベルト¥8,800(LOUNIE〈ルーニィ〉) ピアス¥38,000(エナソルーナ神宮前本店) バングル¥23,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) リング¥12,000(セシル・エ・ジャンヌ伊勢丹新宿店〈セシル・エ・ジャンヌ〉) バッグ¥129,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ザンケッティー〉) 靴¥27,000(ゼア ニュウマン新宿店〈ファビオ ルスコーニ〉)

オフィスカジュアルのブラウス

【1】黒ジャケット×オフィスカジュアルの白ブラウス×白パンツ

【1】黒ジャケット×オフィスカジュアルの白ブラウス×白パンツ

『04きれいめ スポーティ Style』黒のノーカラージャケットとロゴブラウスのモードさを カジュアルな白デニムでアクティブに !きちんと感もありつつ、どこかラフで動きやすい着こなしがオフィスワークの定番。ジャ ケット×デニムには、モノトーン柄ブラウスの茶目っ気でトレンドの空気感を漂わせたい。

[Domani2020年6/7月号 54ページ] ジャケット¥28,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉) ブラウス¥24,000(ヴェルメイユ バー イエナ 青山店〈ヴェルメイユ バー イエナ〉) パンツ¥30,000(シチンズ・オブ・ヒューマニティ) 時計¥671,000(ロンジン) ピアス¥48,000・ブレスレット¥54,000・リング¥200,000(ステディ スタディ〈トムウッド〉) バッグ¥21,000(ノーブル 六本木ヒルズ店〈ビー〉)

【2】オフィスカジュアルの黄色ブラウス×茶色スカート

【2】オフィスカジュアルの黄色ブラウス×茶色スカート

この対比バランスでおしゃれを格上げ。存在感のある一足が、ブラウス×タイトスカートの装いを盛り上げてくれる。肌なじみのいい色だから、フラットでもすらっと脚長に。

[Domani2019年6/7月号 87ページ] 靴[1]¥86,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)ブラウス¥22,000(アルアバイル) スカート¥24,000(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェビームス〉) ピアス¥30,000(アガット〈ミキノラ〉) バッグ¥240,000(バリー 銀座店〈バリー〉)

【3】グレージャケット×オフィスカジュアルのピンクブラウス×茶色パンツ

【3】グレージャケット×オフィスカジュアルのピンクブラウス×茶色パンツ

ハンサムなダブルジャケットはライトグレーなど明るめの色で軽やかに楽しむのが簡単。ペールピンクのボウタイブラウスでクラシカルな女らしさを漂わせて。

[Domani2018年9月号 121ページ] ジャケット¥135,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉) ブラウス¥22,000(Theory) パンツ¥19,000(styling/ 表参道ヒルズ店〈ケイ シラハタ〉) ピアス¥42,000(カオス表参道〈フェイアンドレア〉)

【4】オフィスカジュアルのテラコッタ色ブラウス×ネイビーパンツ

【4】オフィスカジュアルのテラコッタ色ブラウス×ネイビーパンツ

無難なコーディネートになりがちなネイビーパンツは、テラコッタブラウスで秋らしく昇華。

[Domani2018年9月号 113ページ] パンツ¥7,990(PLST) ブラウス¥15,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ユナイテッドアローズ〉) ベルト¥15,000(アルアバイル〈アンボイス〉) バッグ¥24,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) 靴¥36,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) リング¥135,000(aiwa 〈カラットアー〉)

【5】キャメルジャケット×オフィスカジュアルの白ブラウス×黒パンツ

【5】キャメルジャケット×オフィスカジュアルの白ブラウス×黒パンツ

通勤服に遊び心とモード感を生む、ジャケットのそで口レイヤード。襟ぐりも手首も、〝抜かない〟のが今の潮流。インナーに長めカフスのブラウスを合わせて、手元のボリュームをアクセントに。全身を白・黒・キャメルの3色にまとめてリッチ感も演出。

[Domani2018年9月号 76ページ] ジャケット¥36,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) ブラウス¥56,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) パンツ¥34,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) 眼鏡¥43,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥8,750(アビステ) バッグ¥30,000(エストネーション〈ロリステラ〉) 靴¥35,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

【6】オフィスカジュアルの白ブラウス×白パンツ

【7】オフィスカジュアルの白ブラウス×白パンツ

変形ストライプの織り柄が、表情豊かなノーカラーのシフォンシャツ。肌の透け感も長めのカフスも、ほかにない存在感で、この価格でも華やかなシーンで活躍してくれる。とろみのあるトップスに、ライン入りのスポーティなボトムを合わせ、逆のテイストを重ねることで、着こなしをモードなベクトルにシフト。

[Domani2018年7月号 53ページ] ブラウス¥5,999(H&M カスタマーサービス〈H&M〉) パンツ¥5,547(ザラ・ジャパン〈ザラ〉) ピアス¥22,000(NOJESS) バッグ¥20,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

【7】白ジャケット×オフィスカジュアル白ブラウス×ネイビースカート

【8】白ジャケット×オフィスカジュアル白ブラウス×ネイビースカート

きちんと感がありながらもあか抜けて見えるポイントはノーカラー。ジャケットスタイルも、リネンの素材感でコンサバすぎず、親しみやすい印象に。

[Domani2018年6月号 83ページ] ジャケット¥29,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) ブラウス¥18,000(アルアバイル) スカート¥19,000(エストネーション〈エストネーション〉) イヤリング¥32,000(マユ ア トリエ〈マユ〉)バッグ¥165,000(アングローバルショップ〈J&M デヴィッドソン〉)

【8】オフィスカジュアルのネイビーブラウス×ネイビースカート

【9】オフィスカジュアルのネイビーブラウス×ネイビースカート

特別な日に着たいドレスアップ度の高いスタイル。セットアップにすると、女性らしいシルエットがいっそう際立つ。ブラウスとスカート、どちらもデザインの完成度が高いので、小物は最小限に。深いボルドーのバッグが、セットアップのダークなネイビーとあいまって、シックな華やぎをもたらしてくれる。足元はフラットで、がんばりすぎないテンションに。

[Domani2018年9月号 49ページ] ブラウス¥33,000・スカート¥39,000(ストローラーPR〈ラシュモン〉) イヤリング¥9,800(ステラハリウッド) バッグ¥128,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥43,500(ティースクエア プレスルーム〈ロートレショーズ〉)

【9】オフィスカジュアルのグレーブラウス×黒パンツ

【10】オフィスカジュアルのグレーブラウス×黒パンツ

絶対的に信頼度が高いブラック&ホワイトは、中間色のグレーを投入して、コントラストをまろやかにすることで、地味見えを回避。ベーシックなアイテム合わせが品よくまとまりすぎないよう、足元はおじ靴でハズして。

[Domani2018年7月号 49ページ] ブラウス¥7,429(スタイルデリ) パンツ¥9,900(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈グリーンレーベル リラクシング〉) ベルト¥790(GU) バングル¥26,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) バッグ¥80,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥19,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈カミナンド〉)

オフィス向けの白ブラウス

【1】オフィス向けの白ブラウス×紫スカート

【1】オフィス向けの白ブラウス×紫スカート

甘さを抑えることで、後輩とは差をつけて。

[Domani2019年8/9月号 60ページ] ブラウス¥19,000・スカート¥21,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ピアス¥11,000(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉) バッグ¥89,000(アマン〈ザネラート〉) 靴¥29,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) メンズ/ジャケット¥55,000・パンツ¥25,000・シャツ¥21,000・ネクタイ¥10,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) 靴/本人私物

【2】オフィス向けの白ブラウス×黒スカート

【2】オフィス向けの白ブラウス×黒スカート

モノトーンスリッパなら、ブラウス×フレアスカートのきれいめお出かけスタイルにもしっくり。甲がシースルー素材だからレオパード柄でも優しげな印象で履ける一足。

[Domani2019年6/7月号 120ページ] 靴¥18,000( F.E.N. 〈プリティ・バレリーナ〉) ブラウス¥14,000・スカート¥18,000(アッシュ・スタンダードアトレ恵比寿店〈アッシュ・スタンダード〉) バッグ¥59,000(ANAYI)

【3】青カーディガン×オフィス向けの白ブラウス×ストライプ白パンツ

【3】青カーディガン×オフィス向けの白ブラウス×ストライプ白パンツ

オーソドックスなカーディガンはウエストにデザインのあるパンツ合わせで更新!使いやすい反面、普通っぽさも強いカーディガン。ハイウエストのものと合わせ、全体のバランスを変えるだけで今っぽく。トップスとボトムの色を分断しないことで、今年らしい腰位置高めのデザインのよさが際立って。

[Domani2018年9月号 77ページ] カーディガン¥16,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) ブラウス¥22,000(Theory) 共布ベルト付きパンツ¥19,000(ロペ) イヤリング¥11,500(アビステ) ブレスレット¥6,150(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥63,000(エストネーション〈エゼフィ〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【4】グレージャケット×オフィス向けの白ブラウス×白パンツ

【4】グレージャケット×オフィス向けの白ブラウス×白パンツ

〝THEベーシック〟な白パンツをスクエアトウの靴でこなれさせて。きちんとシーンのレギュラーアイテム、白クロップド。きれいめジャケットと合わせると「普通」のスタイリングで終わりがちだけど、そこに、つま先が四角いシルエットの靴を選ぶだけで、着こなしが瞬時に今っぽく。

[Domani2018年9月号 75ページ] パンツ¥19,000・ジャケット¥34,000(アンタイトル) ブラウス¥9,800(グランカスケードインク〈GOUTCOMMUN〉) ピアス¥83,000・ブレスレット¥138,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥14,000(オデット エ オディール 新宿店〈ウンベルト ファリーナ〉) 靴¥30,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【5】オフィス向けの白ブラウス×ピンクパンツ

【7】オフィス向けの白ブラウス×ピンクパンツ

「シンプルなものほど値段が出るので、コスパ服はディテールのあるものや色柄ものを選びます。ドレープが女らしい〝ミラ オーウェン〟のブラウスを、カラーパンツでシャープに着たいです」

[Domani2018年7月号 63ページ] 城長さくらさんのコーディネート ブラウス¥7,400(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) パンツ¥29,000(essence of ANAYI〈BERWICH〉) ジャケット¥36,000(アルアバイル) ピアス¥9,000(ジュエルチェンジズ 新宿店〈ソコ〉) サングラス¥39,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥2,028(ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス〈ベルシュカ〉) スカーフ¥12,000(ANAYI) 靴¥17,500(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉)

【6】オフィス向けの白ブラウス×黒デニムパンツ

【8】オフィス向けの白ブラウス×黒デニムパンツ

「〝ザラ〟のブラックデニムは約¥6,000。程よくゆとりのある太さがちょうどいいんです。デザインヘムやライン入りなど、今年らしいデザインもたくさんあるので、ショップでアレコレ迷うのも、また楽しくて。今日は、パリッとしたストライプシャツできれいめにまとめつつ、靴やスカーフの色で遊んでみました」

[Domani2018年7月号 60ページ] ナオさんのコーディネート パンツ/ザラ ブラウス/ジョンリンクス バッグ/ポティオール スカーフ/ヴィンテージ 靴/デヴィッドボーシェル リング/ドゥーズィエム クラス ※以上私物

【7】オフィス向けの白ブラウス×グレーパンツ

【9】オフィス向けの白ブラウス×グレーパンツ

アイシーで涼やかなシンプルに、足元で差し色を。旬の大ぶりイヤリングも、コンサバ軸なら上品に映える。

[Domani2018年6月号 86ページ] ブラウス¥18,000(アルアバイル) パンツ¥31,000(デミルクス ビームス 新宿〈インコテックス〉) バングル¥12,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥37,000(アングローバルショップ 表参道〈ヴァシック〉) イヤリング¥32,000(マユ アトリエ〈マユ〉) 靴¥24,000(フラッパーズ〈スペルタ〉)

【8】オフィス向けの白ブラウス×黄色スカート

【10】オフィス向けの白ブラウス×黄色スカート

堅くなりすぎずに、でも品よく見せたいから、とろみブラウス×フレアスカートの軽やかなフェミニンで。明るいまろやか配色で、好感度もよりUP。

[Domani2018年6月号 84ページ] ブラウス¥18,000(アルアバイル) スカート¥13,8000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) ネックレス¥75,000(ヴァンドームヤマダ〈ヴァンドーム青山〉) バッグ¥30,000(アルアバイル〈アヴェニュー67〉) 靴¥32,000(エストネーション〈エストネーション〉) 傘¥12,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉)

オフィス向けのベージュブラウス

【1】オフィス向けのベージュブラウス×緑スカート

【1】オフィス向けのベージュブラウス×緑スカート

ドライベージュ×グリーンにシャーベットブルーで添える辛口な女らしさが印象的。いつもならベージュパンプスを合わせるこのスタイル。きれい色投入で鮮度高く春めいて。

[Domani2019年6/7月号 85ページ] 靴4.5]¥69,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)ブラウス¥22,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) スカート¥21,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) ピアス¥11,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バングル¥24,000(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉) バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【2】水色ジャケット×オフィス向けのベージュブラウス×水色パンツ

【2】水色ジャケット×オフィス向けのベージュブラウス×水色パンツ

ベージュ×ミントグリーンでおしゃれに。

[Domani2019年8/9月号 65ページ] 〝エストネーション〟のブラウス¥16,000・〝オーラリー〟の手に持ったジャケット¥48,000・パンツ¥30,000(エストネーション) ネックレス¥8,000(アビステ) バングル¥7,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉)メンズ[右]〝エストネーション〟のジャケット¥58,000・パンツ¥25,000・シャツ¥14,000・〝アット ヴァンヌッチ〟のネクタイ¥31,000(エストネーション) [左]〝エストネーション〟のジャケット¥39,000・パンツ¥19,000・シャツ¥15,000・〝アット ヴァンヌッチ〟のネクタイ¥33,000(エストネーション) その他/本人私物

【3】オフィス向けのベージュブラウス×ベージュスカート

【3】オフィス向けのベージュブラウス×ベージュスカート

女らしいまろやかなベージュのワントーン。美しいとろみブラウスと、凹凸感のあるスカート、異なるテクスチャーをミックスして装いに奥行きを出せば、地味なだけで終わらない。ブラウンベルトでウエストマークして、さらにスタイルUPを目ざして。

[Domani2018年9月号 62ページ] ブラウス¥13,000・スカート¥14,000・バッグ¥18,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) サングラス¥64,000(DITA 青山本店〈トムブラウン アイウェア〉) ベルト¥12,000/参考価格(アマン〈アンボワーズ〉) 靴¥32,000(銀座ワシントン銀座本店〈ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン〉)

【4】オフィス向けのベージュブラウス×白パンツ

【4】オフィス向けのベージュブラウス×白パンツ

配色が織りなすまろやかさがパンツスタイルの好感度を上げる。白トップスにベージュパンツという夏の仕事スタイルは、定番ながらややマンネリ感があり。そこで上下の配色を逆転させてみると…、途端に新鮮な印象に!面積の大きなワイドパンツは真っ白すぎないクリーミーな色味を選ぶことで、女性らしいやわらかさが出る。

[Domani2018年8月号 64ページ] パンツ¥37,000 (essence of ANAYI〈LES COYOTES DE PARIS〉) ブラウス[スカートとのセットアップ]¥13,000(PLST) ネックレス¥50,000(カオス表参道) 時計¥17,000(コモノ東京〈コモノ〉) バッグ[小]¥28,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) [大]¥17,000(カレンソロジー青山〈トーマス メイソン〉) 靴¥95,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

【5】ネイビージャケット×オフィス向けのベージュブラウス×ネイビースカート

【5】ネイビージャケット×オフィス向けのベージュブラウス×ネイビースカート

紺ジャケをはおってスーツ風の着こなしを実践。ネイビーのスカートに手持ちの紺ジャケを合わせれば、きちんと度も増し増し。白感覚で着られるベージュブラウスは、インナーとしても大活躍間違いナシ。

[Domani2018年8月号 117ページ] Domaniコラボのブラウス¥12,000・スカート¥14,000(TONAL) ジャケット¥49,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ハウント〉) スカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 眼鏡¥31,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 時計¥28,000(ピークス〈Rosemont〉) バッグ¥24,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉)

オフィス向けのリボンブラウス

【1】オフィス向けの白リボンブラウス×黒パンツ

【1】オフィス向けの白リボンブラウス×黒パンツ

モノトーンに映えるカラーバッグが スタンダードなONスタイルを盛り上げる。子どもと自分の準備にいつも以上に時間がかかってしまった !  そんな慌ただしい朝のワ ンツーコーデも、モノトーンなら難なく自然にかっこよくまとまるのがうれしい。グリー ンのバッグをさわやかなアクセントに。

[Domani2020年6/7月号 46ページ] ブラウス¥29,000(THIRD MAGAZINE) パンツ¥32,000(Theory) 靴¥92,000(JIMMY CHOO) メガネ¥29,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) ピアス¥32,000(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉) リング¥42,000(ショールーム セッション〈マリハ〉) 時計¥286,000(ロンジン) バッグ¥486,000(モワナ伊勢丹新宿ブティック〈モワナ〉) バッグに付けたスカーフ¥13,000(アルアバイル〈エネス〉)

【2】黒ジャケット×オフィス向けの白リボンブラウス×ベージュスカート

【2】黒ジャケット×オフィス向けの白リボンブラウス×ベージュスカート

マニッシュな黒のダブルテーラードジャケットを、とろみブラウスとや わらかなスエードタイトスカートで女っぷりよく味つけ。かっちりとし た真面目な印象のアイテム合わせだから、ブラウスの襟元を少し開け、 ボウタイをサラリとラフに垂らすことで抜け感を意識して。ゴールドの アクセサリーで華やぎをプラス。

[Domani2020年6/7月号 43ページ] ジャケット¥48,000(Theory) ブラウス¥29,000(THIRD MAGAZINE) スカート¥35,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) ピアス¥26,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) リング¥12,000(アー・ペー・セー カスタマーサービス〈アー・ ペー・セー〉) バッグ¥98,000(エストネーション〈ワンドラー〉)

【3】オフィス向けの白リボンブラウス×黒スカート

【3】オフィス向けの白リボンブラウス×黒スカート

『05きれいめ ハンサム Style』黒のフレアスカートでつくるクラシカルな装いは あえて色は差さず、どこまでもシックに。白シャツよりも軽やかで優美な白ブラウスに、ふんわりと美しく広がるフレアスカート。 午後に母としての予定が控えている日は、きちんと感の中にいつもより少しだけフェミニ ンさを意識したスカートスタイルで。だけど、色使いは小物まで潔くモノトーンに徹する ことで、辛口マインドな自分らしさも忘れずに。

[Domani2020年6/7月号 47ページ] ブラウス¥29,000(THIRD MAGAZINE) スカート¥26,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) バッグ¥209,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) ピアス¥49,000(martinique Le Conteルミネ有楽町店〈ソフィーブハイ〉) リング¥30,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈アグメス〉) 靴 ¥91,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

【4】オフィス向けの水色リボンブラウス×チェックパンツ

【4】オフィス向けの水色リボンブラウス×チェックパンツ

ほっそりしたフォルムはクロップドパンツでつくるきれいめコーデとも好相性。撮影立ち会いの日は、アクティブに動けるようスニーカーで。リッチ感のある白レザーだから、大人っぽさをキープできる。

[Domani2019年6/7月号 88ページ] 靴¥69,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)ブラウス¥17,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈イウエン マトフ〉) パンツ¥30,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) ピアス¥21,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウルスタイル〉) ブレスレット¥17,000(マユ アトリエ〈マユ〉) バッグ¥27,000(T&L〈TOFF&LOADSTONE〉)

【5】オフィス向けのピンクリボンブラウス×白パンツ

【5】オフィス向けのピンクリボンブラウス×白パンツ

オフホワイトの太めコーデュロイパンツをペールピンクのとろみブラウスできれいめに昇華。まろやかな淡色トーンがエレガントに着映えて。

[Domani2018年9月号 122ページ] パンツ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) ブラウス¥26,000(ビームス ハウス 丸の内〈アイロン〉) ピアス¥9,200(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈セレフィナ〉) バッグ¥44,000(ブルーベル・ジャパン〈ラカスター パリ〉)

【6】オフィス向けの茶色リボンブラウス×黄色スカート

【6】オフィス向けの茶色リボンブラウス×黄色スカート

フロントのカシュクールデザインやウエストのリボンなど、フェミニンなディテールのリネン混ブラウス。そのイメージのままに、シアー感のあるスカートを合わせて、大人の甘さが漂うコーディネートに。ブラウントーンでまとめた配色が、全体に上質感を演出。

[Domani2018年7月号 54ページ] ブラウス¥13,800(シティ ニュウマン新宿店〈シティ〉) スカート¥4,500(アダストリア〈ブリスポイント〉) ネックレス¥21,000(アダム エ ロペ〈ラウラ ロンバルディ〉) バッグ¥89,000(アマン〈ザネラート〉) 靴¥13,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事