いい加減にしてほしい、親の干渉【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.07.16

心理カウンセラーが答える!大人になってからの親の干渉、どうする?【働く女性の質問箱】

結婚後も「親が干渉してくる」というご相談に、心理カウンセラーが対処法をアドバイス。考える角度を変えてみるだけで、解決に近づけますよ。

Tags:

Q:結婚後も親が口出ししてきて、正直ウザい!

答える人/吉野 麻衣子(心理カウンセラー)

A:気にかけてくれていることに感謝し、角度を変えて改めて考えてみましょう

「もう、わかっているし、口出ししないで」
「自分の物差しで決めつけないで」
「人の気持ちも知らないで、わかったようなことを言わないで」
って思いますよね。

ついつい言い返してしまい、ケンカになったり、余計にストレスがたまったり。そんなときは、拒絶も否定もしないことです。また、「こういう気持ちで言っているに違いない」と決めつけるのではなく、対話を通して「なぜ、そういうことを言ってきているのか」、しっかり真意を考えた上で結論を出しましょう。単に干渉しているのではなく、真意は「親である自分が死んだ後、あなたにさびしい思いをさせたくない」かもしれないし、「さびしくて一緒に食事の時間をもちたい」のかもしれません。

その上で、気にかけてくれていることに対してお礼を言い、時間をおいて、冷静な状態で視点と視野を広げ、場合によってはプロの意見(婚活・再婚系の話であれば婚活カウンセラー、妊娠・出産であれば産婦人科医、仕事ならキャリアカウンセラー、お金ならファイナンシャルプランナー…)も聞いて考える。決して自分だけの感覚で、しかも怒りに任せて結論を出さないで。その真意の一部でもいいからくみとって、取り入れられるようにしていくことが、よい関係づくりにつながると思います。

写真/Shutterstock.com

心理カウンセラー

吉野 麻衣子(よしの まいこ)

「SMART BRIDAL」代表/婚活心理カウンセラー、モデル/「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた戦略的婚活の可能な結婚相談所を経営。
43歳で14歳年下男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導するかたわら、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、女性の婚活を支援中。
サイト:https://peraichi.com/landing_pages/view/smartbridal/
年下エリートモテ男子との愛され婚をした秘訣ブログ:https://ameblo.jp/smartbridalmaiko/

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事