Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION瞬間風速的!大注目アイテム

2018.02.06

この春、40代がぶりっ子痛見えしない!?スカート選びって!?

ふんわりもタイトもとにかくスカートは〝長め〟が主流。バランスが難しいと思われがちな、長めスカートの最新のバランス&スタイリングをご紹介します。

Tags:

大人のおしゃれに欠かせない、ボリューム感のあるふんわりスカート&すっきり細身なタイトスカート。2018年春は、どちらも〝長め〟にするだけで〝今っぽく〟なるんです!

直線的なIシルエットのひざ丈で、女らしくかつハンサムな装い

同色のニットと合わせてセットアップ風に。ノーカラージャケットでお仕事スイッチをON。タイトすぎないストレートシルエットが今季らしいラップ風ニットスカート。カチッとしたジャケットスタイルにもしなやかな色気が宿る。

スカート¥12,000(ロペ) ジャケット¥32,000(ロペ マドモアゼル) ニット¥29,000(ebure) ピアス各¥30,000・バングル¥175,000(カラットアー) リング¥38,000 (ココシュニック) バッグ¥23,000(TOMORROWLAND〈CAROL J〉) 靴¥38,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉)

腰回りはすっきり見せつつ、ゆるやかにたっぷり広がるロングのボリュームで今っぽく!

ドラマティックなボリュームスカートを主役に。マンネリしがちな通勤スタイルを活性化。ノーブルな雰囲気を放つボリュームスカートの着こなし。落ち感のある足首丈なので、自然な広がりがエレガント。おなじみハイゲージニットも新鮮に映る、最旬のきれいめコーデが完成。

スカート¥49,000(アマン〈アンスクリア〉)ニット¥18,000(スタニングルアー 青山店〈STUNNING LURE〉)バングル¥29,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈フィリップ オーディベール〉)リング¥90,000(エナソルーナ 神宮前本店)ストール¥62,000(ハウント代官山/ゲストリスト※ジョンストンズ×ハウント別注〈HAUNT〉) バッグ¥6,990(PLST〈PLST〉) 靴¥78,000(アングローバルショップ 表参道〈プロエンザスクーラー〉)

すっきり感も備えたボリュームが大人のフェミニンスタイルを導く

厚地でハリのある素材感により、自然な広がりがキープされる一枚。タックなしですっきりとしたデザインなので、ニット、シャツ、アウター…どんな合わせでも好バランス。

スカート¥18,000(martinique Le Conteルミネ新宿店〈martinique〉) 〝ジョン スメドレー〟のニット¥30,000・〝フレームワーク〟のスカーフ¥9,800(フレームワーク ルミネ新宿店) リング[人さし指]¥43,000・[中指]¥64,000(エナソルーナ神宮前本店) バッグ¥6,800(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉) 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)

ボリューム感のあるニットを重ねて、ゆる×ゆるのバランスを楽しむ

デザインそでニットとの組み合わせは、同系色のなじませ配色で攻略。レザーのトート&ブーツ合わせがきちんと見えをリード。

スカ ート¥24,000(ANAYI〈ANAYI〉) ニット¥55,000(ドレステリア 銀座店〈M.マーティン〉) リング[薬指]¥30,000・[人さし指]¥27,000 (ココシュニック) ストール¥22,000(アングローバルショップ 表参道〈ニムニムドゥアイ〉) バッグ¥14,800(シップス 有楽町店〈ミロス〉) 靴¥18,800(ハーモニープロダクツ〈アバヴ アンド ビヨンド〉)

とろみブラウス×エコレザースカート。エッジの効いた女らしさこそ大人流

しなやかなエコレザーだからこそ、タック入りのボリューム感も程よく広がる。

スカート¥15,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) シャツ¥52,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) ベルト¥27,000(TOMORROWLAND〈MARYAM NASSIR ZADEH〉) バングル¥39,000(シップス 有楽町店〈ゴッソンズ パリ〉) バッグ¥140,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥34,000(ANAYI〈ANAYI〉)

トレンチコートの正統派な装いをレディに寄せる白フレアスカート

ロング丈のトレンチコートとスカートを、ほぼ同じレングスにすることで、ベーシックながら印象的な着こなしに。

スカート¥42,000(ebure) コート¥85,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥28,000(エストネーション〈エストネーション〉) ピアス¥7,800(アダム エ ロペ〈ケネス ジェイ レーン〉) バングル¥19,000(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉) リング¥15,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈シンパシー オブ ソウル〉) バッグ¥56,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥35,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

カジュアルなチノ素材でなら、ボリュームフレアも程よい甘さに

〝チノ素材=カジュアル〟の印象を打ち消す、エレガントな仕上がりのふんわりスカート。落ち着いたベージュの色味を生かし、白ニットやグレージュのブルゾンで、ドライなかっこよさを導く。

スカート¥61,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈upper hights〉) ニット¥12,000(ロンハーマン〈ウォーレン スコット フォー RHC〉) バッグ¥9,800(TIARA〈La piece〉) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

華やかなレースタイトこそ、ほっこりニットでステディな表情

アラフォー的きれいめスタイルに欠かせないレースタイト。なじみ深いアイテムだからこそ、今っぽいそでコンニットでブラッシュアップ。

スカート¥15,000(ロペ マドモアゼル) ニット¥24,000(Liesse) ピアス¥36,000(ココシュニック) リング¥130,000(エナソルーナ神宮前本店) バッグ¥130,000(メゾン イエナ〈ザン チェッティ〉) 靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

ポンチ素材のシンプルなスカートは、万能かつ鮮度の高さが自慢

ひざ下長め丈のタイトスカートは、下半身を細く&長く見せてくれるスタイルアップ効果もあり。渋めのグリーンが落ち着いたおしゃれ感を放ち、トレンドの水玉ブラウス合わせも浮かずに取り入れられる。

スカート¥18,000(ebure) ブラウス¥15,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈ジャーナル スタンダード〉) バッグ¥65,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥69,000(アマン〈ペリーコ〉)

上品な艶のあるネイビータイトは、通勤シーンにふさわしい華やぎ

きれいめ通勤の定番・ネイビースカートは、長めのIシルエットにトライ。存在感のあるイエローのロングコートにも負けない貫禄が備わって。

スカート¥39,000(アマン〈アンスクリア〉) コート¥165,000(ビオトープ〈マディソンブルー〉) カットソー¥9,000(シップス 有楽町店〈シップス〉) ピアス各¥48,000(カラットアー) リ ング[人さし指]¥30,000・[中指]¥48,000(ココシュニック)〝アベニュー セッサンタセッテ〟のバッグ¥39,500・〝マニプリ〟のスカーフ¥11,000(エストネーション) 靴¥20,000(ANAYI〈ANAYI〉)

ほんのりと肌が透けるメッシュスカート。抜け感のあるオールブラックが完成

ワントーンスタイルに重宝するメッシュスカート。目が細かいので透けすぎる心配なし。こうして素材で遊ぶのも、今季のスカート選びの楽しみのひとつ。

スカート¥24,000(styling/ 新宿ルミネ1店〈kei shirahata〉) ジャケット¥39,000(JET ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ニューヨーク〉) ニット¥26,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) メガネ¥27,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈モスコット〉) ピアス¥9, 500(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈シーウォージー〉) リング¥3,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈a.v.マックス〉) バッグ¥159,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥18,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉)

イエローが効いた千鳥格子のタイトスカート。真面目すぎないエレガンスこそが今の気分

冬のビッグトレンドとして欠かせないチェック柄。ともすればカジュアルな印象にも見えるので、女っぽいタイトスカートで取り入れるのが正解。クラシカルなボリュームブラウスとの組み合わせで、知的さも備えた通勤ルックが新鮮。

スカート¥23,000(アルアバイル〈アルアバイル〉) ブラウス¥27,000(styling/ 新宿ルミネ1店〈kei shirahata〉) ピアス¥12,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈シャーロット ルベック〉) バッグ¥8,300(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)

※この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Domani2018年1月号 スカートは“長め”に買い替えるだけで今っぽく より
撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/亀 恭子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle management)モデル/小濱なつき 構成/松井美雪


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事