ミキモトがパリ万博に出品したマスターピースを知っていますか? | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION働く私の“心にしみる”ブランド

2018.01.25

ミキモトがパリ万博に出品したマスターピースを知っていますか?

世界で初めて真珠の養殖に成功してから125周年を迎えるミキモト。パリ万博に出品した、あのデザインが蘇りました!

Tags:

大人なら本物を…。そんな気持ちを満たしてくれるブランドのひとつがミキモト。

125周年の歴史を記念したジュエリー

ミキモトは今年、創業者・御木本幸吉が1893年に世界で初めて真珠の養殖に成功してから125周年を迎えます。

その長い歴史に欠かせないジュエリーが、1937年のパリ万博に出品された帯留「矢車」。細工の美しさやアールデコ様式のデザイン、多機能性など、宝飾史に名を残す逸品であり、ミキモトを象徴するマスターピースです。

そして今年、「矢車」を現代の視点でデザインした、新しい「YAGURUMA」が誕生しました。

ペンダント[アコヤ真珠・ダイアモンド・七宝 WGK18]¥640,000(税抜)

ペンダント[アコヤ真珠・ダイアモンド・七宝 YGK18]¥610,000(税抜)

ブランドの原点であるアコヤ真珠が輝く、一生もののデザイン。「YAGURUMA」で、125年にわたるミキモトの歴史を感じてみて。

ミキモト


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事