マスク生活の間にやりたい美容No.1 !? アラフォーのシミ取り記 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY美容

2021.02.02

マスク生活の間にやりたい美容No.1 !? アラフォーのシミ取り記

鏡を見るたびに気になっていたシミをいよいよなんとかしたい!そう思い立ち、美容皮膚科の門を叩いてシミ治療を始めたアラフォーの体験記をお届けします。

Tags:

肝斑にはレーザーは当てられない!?

周りの人でも「マスクをしている期間だからこそ、今まで気になっていたシミを取りたい!」と言っている人が多いのですが、多分に漏れず私もその一人。元々ソバカスがあり、それも気になっていたのですが、産後どんどん目立つようになってきた頬のあたりのシミや耳横の大きめのシミなど…あちこちのシミに悩んでいました。

「美容皮膚科タカミクリニック」の門を叩いたのは昨年11月。「シミ=レーザーでチャチャっと消せちゃうもの」と楽観的に考えていたのですが、事前にアレコレシミ治療について調べたところ「肝斑にはレーザーは当てられない」という事実。そして、調べれば調べるほど私の頬のシミは肝斑なんじゃないかという左右対称モヤモヤしたシミ。「いや、でももしかしたら肝斑じゃないかもしれないし、スーッとレーザーで消せるかもしれない」と思っていたら、美容皮膚科医・山屋先生にカウンセリングしていただいた結果もやはり肝斑+老人性色素斑(名前にインパクトがありますね…)でした。肝斑は中長期的に治療をして5〜6回で1クール、最低でも半年はみていくんだそう。

そんな中、気になるシミの中でも特に大きめで気になっていた部分(写真下参照。赤で囲んだシミの隣はホクロです)は老人性色素斑のみで肝斑からも少し離れているためレーザー治療が可能とのこと。肝斑治療ももちろん進めたいけれど、まずは!!にっくきシミをなくしたいので治療をすることに。

シミのレーザー治療とは?

「Qスイッチルビーレーザー」という黒い色素に反応する波長のレーザー光を照射し、シミの原因であるメラニンを破壊しシミを消していくというもの。

シミ,肝斑治療,レーザー治療

本当に一瞬なのですが、バチンという刺激(ゴムで弾かれたような感覚)がありましたが、我慢できない痛みではありません。正直「これでシミがなくなるの?」と疑問に思うくらい。その後はテープを貼って保護し過ごします。そう、このテープが通常だと気になるポイントなのです!

私のシミの位置はマスクでも多少隠しにくい位置ではありますが、それでも下の写真のようにほぼ目立ちません。

シミ,肝斑治療,レーザー治療

レーザー照射後の自宅でのケアは?

施術後、自宅ではかさぶたが取れるまでは炎症止めの軟膏プラステープでケア。そうこうすること数日…かさぶたができてきました。

シミ,肝斑治療,レーザー治療

かさぶたが自然にはがれる(←ここ重要です!擦ったりしないようにとのことでした)まで、日々せっせとケアをしていきます。ズボラ代表のような私ですが、このケアに関してはしっかりと続けました。また、先生からうかがったスキンケア方法もしっかりと意識。そのスキンケア方法は以下の通りです。

・大前提として肌は絶対にこすらない!(摩擦によるシワ、シミ対策)
・クレンジングや洗顔は時間をかければいいわけでない。1分以内に留める(摩擦対策)
・洗顔料はしっかり泡だてて肌にのせてプッシュする感覚で
・化粧水や乳液も押し込む感覚で。コットンは使わず手でケア
・朝は日焼け止めまでをスキンケアの一連の流れとする

 

大前提として摩擦によるシワ、シミ対策のためにも肌は絶対にこすらない!

ということを肝に銘じました。摩擦は肌の敵なんだそう。つい汚れがよく落ちそうだからとゴシゴシしたり必要以上に時間をかけたりしていたことは逆効果だったと…。そして、日焼け止めに関しては「家の中にいるだけだから」「洗濯物を干す一瞬だから」と日焼け止めを塗っていない状態でよく行動していましたが、まさにそういうことが〝チリツモ〟となって今のシミなどに繋がっているんだなと反省しました。

通院中に山屋先生がおっしゃていた非常に印象的な発言があります。それが、「みなさんよく、シミはすぐ消せると思われがちですが、長く放っておいたシミを一瞬で消そうなんて甘いです!」ということ。おっしゃる通りです…。そして、「朝のスキンケアは日焼け止めまでと思ってください」と。ベースに日焼け止め成分が入っているからOKではなく、日焼け止めをしっかり塗ったのちにベースが鉄則とのこと。ちなみに私はその解釈で日焼け止めを塗らずベースのみで今までやってきました。

話が少々横道に逸れましたが、テープを貼って過ごすこと10日ほど…、お風呂上がりにある変化に気付きました。

シミ,肝斑治療,レーザー治療

かさぶたがない!剥がれ落ちたようです。とはいえ赤み(これは新しい肌の生成によるものだそうです)があるので、テープは貼らずとも、処方されたレチノイン酸ゲルとハイドロキノン配合のクリームを塗って引き続きケアを続けます。また、処方のゲルとクリームは治療部分に塗って様子を見ながら他のシミが気になる箇所にも塗っていいとのことだったので、鼻のソバカスにも塗りました。

レーザー治療から約1ヶ月後の肌は…

シミ,肝斑治療,レーザー治療

ない!!!!!!!シミがない!「シミが消えた」とはまさにこのことでしょう。経過を並べてみたところ…。

シミ,肝斑治療,レーザー治療

きれいさっぱり消えました。感動です。今のところマスクを外して人に会うことはほとんどないのですが、シミがあった部分を見せた友人に「本当にないね…印象が全然違うわ…」と言われ小躍りしました。

そして、このシミ治療を行ったことでもうひとついいことがありました。それは、今さらすぎることなのですがスキンケアの方法を見直したことで、肌のコンディションがアップしたこと。「こすらない」「保湿はしっかり」「とにかく日焼け止め」という原則を守って日々過ごしたところ、本当に少しずつではありますが、気になっていた毛穴も目立たなくなってきたような…。まさにきちんとしたケアをすれば「肌はこたえてくれる」ということを実感したアラフォーの今、実感したのでした。

そして、肌のコンディションをよりアップするために「タカミ式メソフェイシャル」も施術。これは、皮膚に微弱な電気を与えることで、今まで困難といわれていたヒアルロン酸などの高分子美容成分を、痛みを伴わず肌の深部に導入できるというもの。美白や肌のハリ、シワの改善効果があるんだそう。私はシミのためにも色素沈着の改善、メラニン抑制の「トラネキサム酸」とマスク生活が続いているので保湿・バリア機能強化のための「リピジュア」をオプションで追加。

シミ,肝斑治療,レーザー治療
シミ,肝斑治療,レーザー治療▲黄色いですが大丈夫ですか…と不安になるなかれ。オリジナル導入材をここから肌の深部まで浸透させていきます。

特殊な電気パルスを利用して、細胞膜に小さな隙間(エレクトロポレース)を一時的に作り、成分を導入するというもの。電気を流されているので、口の中がなんともいえない不思議な感覚に。気持ち良すぎて気づいたら寝ていました…。終了後は2トーンくらい肌が明るくなっていて(あくまでも主観ですが)感動!

今回、大きめのシミを取ったことで、鏡を見るたびに「ああ、シミ嫌だな」と思い続けていた鬱蒼とした気持ちがなくなり、とても晴れやかな気持ちに。肝斑はメラノサイトの活性化を阻害し、肝斑の発生・悪化を防ぐ内服薬を飲みながら、長いスパンで向き合いながら治療をしていこうと思います。

▶︎美容皮膚科 タカミクリニック

こちらの記事もたくさん読まれています

シミを取りたい!そもそもシミができる原因って?美容皮膚科医にアレコレ聞きました

 

山屋雅美

美容皮膚科医

山屋 雅美

美容皮膚科医。エイジング悩みに対する治療を主に担当し、迅速な診断、施術を行う。特にシミ治療、スレッドリフトによるたるみ治療では多くの指名を受ける。

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事