黒パンツコーデ26選【2018冬】| 30代40代レディース特集 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION春夏秋冬着こなしまとめ

2018.02.15

黒パンツコーデ26選【2018冬】| 30代40代レディース特集

冬に役立つ黒パンツの最新着こなし術をご紹介。コートやジャケットなどアウターとの組み合わせはもちろん、ワイドパンツやスキニーパンツ、パンツスーツスタイルなどもピックアップ!ユニクロのパンツや、黒パンツに合う靴の色もまとめました。

Tags:

【目次】
冬のおすすめ黒パンツコーデ
黒パンツのオフィスコーデ
ユニクロのオフィスコーデ
黒のストライプパンツ
黒のパンツに合う靴の色

冬のおすすめ黒パンツコーデ

【1】ノーカラーツイードコート×カットソー×黒パンツ

【1】ノーカラーツイードコート×カットソー×黒パンツ

表情豊かなロングコートが辛口カジュアルをエレガントにまとめあげて。白、黒、ベージュの糸に光沢感のあるオレンジの糸が混じった、ファンシーツイードがほかにない印象。ロング丈でも軽やかに着こなせ、ONにもOFFにも活躍。

[Domani2018年10月号 76ページ] コート¥98,000(TOMORROWLAND〈トゥモローランド コレクション〉) カットソー¥5,500(PLST〈upper hights〉) パンツ¥18,000(エストネーション) 帽子¥18,500(TAH tokyo〈TAH〉) サングラス¥4,800(フォーティーン ショールーム〈パラフィナ〉) バッグ¥88,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥140,000(リエート〈サントーニ〉)

【2】ショート丈コート×タートルニット×黒クロップドパンツ

【1】ショート丈コート×タートルニット×クロップドパンツ

辛口にも甘口にも振れるショート丈で軽やかに!バランスよく、軽快に取り入れるならまずはショート丈を。ベーシックなラウンドネックコートの下半分にラビットファーがあしらわれた、すっきりと大人っぽい一枚。リブタートルニット×クロップドパンツのスタンダードな着こなしも、それだけで鮮度よく。

[Domani11月号 114ページ] コート¥43,000(マイカアンドディール 恵比寿本店〈マイカアンドディール〉) ニット¥11,000・パンツ¥16,000(グランカスケードインク〈GOUT COMMUN〉) ピアス¥58,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) バッグ¥265,000(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉) 靴¥105,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

【3】ネイビーコート×チェックの黒ワイドパンツ

【2】ネイビーコート×チェックワイドパンツ

トレンチ風デザインをしなやかな素材でエレガントに!〝ドッピオ・アプリービレ〟と呼ばれる、職人の特殊な手縫い法で仕上げたダブルフェースのコート。上質なアンゴラ混ウール素材は、ロング丈でも軽やか。しなやかに揺れるシルエットが優雅な表情を生み出す。ブロックチェックのパンツでトラッドな雰囲気を盛り上げ、ハンサムな大人の女性を演出して。

[Domani11月号 124ページ] 〝エス マックスマーラ〟のコート[共布ベルト付き]¥157,000・シャツ¥32,000・パンツ¥53,000・〝マックスマーラ〟のバッグ¥90,000・靴¥60,000(マックスマーラ ジャパン)ピアス¥50,000(ココシュニック)

【4】カーキベージュコート×黒パンツ

【3】カーキベージュコート×黒パンツ

重量感あるシルエットだけど一枚仕立てならではの軽さが!HYKEのビッグシルエットコート。カーキベージュの絶妙なニュアンスカラーが一目置かれる存在感を放つ。ウール素材のロング丈&ボリュームそでなのに軽量で、さっとはおればこなれた表情に。インは黒ベースでまとめて配色で奥行きをつくれば、モダンな雰囲気が宿る。

[Domani11月号 127ページ] コート¥68,000(ボウルズ〈ハイク〉) ブラウス¥17,000(アルアバイル) パンツ¥26,000(オンワード樫山〈ジョゼフ〉) ピアス¥12,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ココシュニック オンキッチュ〉) バッグ¥16,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) 靴¥78,000(アダム エ ロペ〈ロシャス〉)

【5】チェックコート×白シャツ×黒パンツ

【4】チェックコート×白シャツ×黒パンツ

華やか小物で着くずしたい、スティックパンツとのきれいめな組み合わせ。トラディショナルなゴム引き素材のシングルコートに、細かいグレンチェックが旬のニュアンスを与えて。白シャツ×スティックパンツでマニッシュにまとめつつ、ニットの肩かけやイエローバッグ、サングラスで遊んで。

[Domani12月号 96ページ] コート¥175,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) シャツ¥19,000(BYMITY) パンツ¥19,000(エポカ ザ ショップ丸の内〈イー・エポカ ザ ショップ〉) ニット¥33,000(FUN Inc〈. VONDEL〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ピアス¥12,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥89,000(アオイ〈ティラ マーチ〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉

【6】白コート×ボーダートップス×黒パンツ

【5】白コート×ボーダートップス×パンツ

トレンドのムートンライクなジャージー素材で、女性らしさを表現したひざ丈コート。ポイントは一見フードのように見える立ち上がった襟。前を開けても閉じても単なるノーカラーとは違うおしゃれなムードに。ダークになりがちな冬の着こなしを軽やかに仕上げてくれるオフ白に加え、大人にこなせるカジュアルなディテールにも注目して。大胆なモノトーンでフレンチシックにまとめた着こなし。カジュアルな素材感のコートは、気の利いたディテールが辛口に引き締めてくれる。

[Domani12月号 166ページ] コート¥45,000(イプセ) ネックレス¥38,000(自由が丘クーゲ) ニット¥26,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) パンツ¥24,000(BOSCH〈B ability〉) バッグ¥27,000(ティースクエア プレスルーム〈モダルー〉) 靴¥25,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【7】黒コート×黒パンツのシンプルコーデ

【6】黒コート×パンツのシンプルコーデ

知的なムードはスタンドカラーで狙って!正統派な黒のウールコート、この冬はスタンドカラーでストイックに着るのがおすすめ。コートが極シンプルなので、ドローストリングパンツやヘアカーフのバッグ、スリッパ靴といったモードなアイテムを組み合わせると、コーディネートの鮮度が高まる。

[Domani12月号 173ページ] コート¥49,000・ニット¥14,000・パンツ¥19,000・バッグ¥27,000・靴¥19,000(ロートレアモン)

【8】レザーバック×黒パンツの通勤スタイル

【7】レザーバック×パンツの通勤スタイル

ONSTYLEの日は辛口なキャリアスタイルにバッグで女っぽいスパイスを加えて!間口の内側に付いたハンドル部分を引き上げると、くたっとした台形型のハンドバッグに。上質なシュリンクレザーが使うほどになじんでいき、シンプルな通勤スタイルをたちまちこなれさせる存在に。深みのあるプラムは、日常使いにちょうどいいツヤ感を生んでくれる差し色として最適。

[Domani12月号 176ページ] バッグ『エルヴィ』[H24×W41×D10]¥38,000(スタジオアタオ〈アタオ〉) コート¥59,000(金万〈ラプレ〉) ブラウス¥11,000・パンツ¥13,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈ユニバーサルランゲージ〉) ピアス¥9,000(Jouete) 時計¥65,000(栄光時計〈モバード〉) 靴¥21,000(モード・エ・ジャコモ〈メダ〉)

【9】チェックコート×黒ワイドパンツ

【8】チェックコート×ワイドパンツ

『チェックコートは「おじさんっぽくなりそう」というのが最大の悩み。解決の鍵となるは、シャイニーな質感やとろみの素材MIX、そして仕上げの小物で女らしさを足して、大人の品をキープすること。』コートをいかしてハンサムに。赤バッグの差し色でメンズライクな着こなしに女らしさをプラス。サイドラインパンツで、シンプルなだけに終わらないスポーティな遊びを利かせて。チェック柄になじむさりげないライン使いなら上品。

[Domani2月号 104ページ] コート¥89,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)ニット¥12,800(I.T.’S. international) パンツ¥28,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) 手に持ったサングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥49,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈バルダン〉) 靴¥33,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【10】コート×ロングカーディガン×シャツ×黒パンツ

【9】コート×ロングカーディガン×シャツの暖かコーデ

狭間のカーデで真冬のシャツも颯爽と。きちんと働く日の「シャツ&パン」コーデも、ライナー代わりのロングカーデと実はあったかなパンツ合わせで寒さ知らず。

[Domani2月号 106ページ] コート¥32,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) カーディガン¥54,000(MOGA) パンツ¥17,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) グローブ[タッチパネル対応]¥13,000・シャツ¥15,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) イヤリング¥27,000(ココシュニック) 靴¥18,500(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉) タイツ¥900(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)

【11】キャメルのジャケット×レザーの黒パンツ

【4】キャメルのジャケット×レザーパンツ

パイソン柄のとんがりトウとレザー調パンツで女前に攻める!パイソン柄とVカットが辛口なとんがりトウ。黒レザーの細身パンツとともに、キャメルのダブルジャケットを凜々しく仕上げて。

[Domani1月号 87ページ] 靴¥34,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) ジャケット¥59,000(Theory) タンクトップ¥9,000(Theory luxe) カーディガン¥20,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) パンツ¥67,000(styling/新宿ルミネ1店〈ケイ シラハタ〉) ブレスレット¥19,000(プルミエ アロンディスモン〈MAISON BOINET〉) バッグ¥18,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉)

黒パンツのオフィスコーデ

【1】グレーのゆったりニット×黒パンツ

【1】グレーのゆったりニット×黒パンツ

ふとした仕草も繊細に見せるやわらかな素材感とMIXカラー。ソフトなグレーをベースに、ピンク&ブルーの糸をMIX。フェミニンになりがちな風合いも、造形的なゆったりシルエットでモードに見せるデザインは〝エンフォルド〟の真骨頂。

[Domani2018年11月号 146ページ] ニット¥37,000(エンフォルド) パンツ¥23,000(エストネーション〈エストネーション〉) メガネ¥31,000(SUNRISE〈Persol〉) 〝ヴィオリナ〟のピアス¥22,000・〝バーニーズ ニューヨーク〟の時計¥30,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター) リング¥4,000・テーブルに置いたストール¥27,000(ユナイテッドアローズ 新宿店〈ユナイテッドアローズ〉) バッグ¥64,000(martinique丸ノ内〈elleme〉)

【2】水色カーディガン×ボーダートップス×黒パンツ

【1】水色カーディガン×ボーダートップス×パンツ

内勤日のボーダーコーデは、きれい色で盛っておこう!社内作業で完結する日は、ボーダートップスだって上手に活用。差色のカーディガンやバッグと色をリンクさせたスカーフを首元に添えたら、品のいいオフィスカジュアルが完成!

[Domani11月号 75ページ] スカーフ¥6,800(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉) 時計¥100,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉) バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉)

【3】ピンクコート×青トップス×黒パンツ

【2】ピンクコート×青トップス×パンツ

ここ一番の勝負日は、きれい色を大胆にミックスした配色コーデで、周りをハッとさせたい。ピンク×ブルーを主役に、ボトムや小物を黒でピリッとまとめて、凜々しく華やかな理想の女性像を体現。

[Domani11月号 81ページ] スカーフ¥11,000(アルアバイル〈マニプリ〉) ピアス[片耳の価格]¥48,000(カラットアー) バッグ¥60,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈katespade new york〉)

【4】ベージュコート×黒パンツの通勤スタイル

【3】ベージュコート×パンツの通勤スタイル

チャーミングな小さめバッグで、見た目も心も軽快に。〝ヴァレクストラ〟のアイコンバッグ『トリエンナーレ』は、スマートに持てるミニサイズ&白をチョイス。さらに、イエローの編み込みレザーストラップでキャッチーにアレンジすれば、街で目を引く通勤スタイルに。

[Domani1月号 58ページ] バッグ『トリエンナーレ ミニ』[縦20×横25×マチ12㎝]¥283,000・ストラップ¥66,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) コート¥93,000(ebure) ブラウス[ボウタイ付き]¥8,241(バナナ・リパブリック) パンツ¥36,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) リング[2連]¥8,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) 靴¥8,800(ル タロン 有楽町店〈ル タロン〉)

【5】ジャケット×タートルニット×黒スキニーパンツ

【4】ジャケット×タートルニット×黒スキニーパンツ

モノトーンの組み合わせで黒スキニーを品よくこなして。デニムの中でも女らしさのあるブラックスキニーには、チェック柄のダブルジャケットでハンサムな表情をプラスして。この冬は、インナーにタートルニットを合わせる組み合わせも旬。襟元をきちんと折り返して着ると、知的に見えつつモードな印象も加わり、洗練度が高まる。

[Domani1月号 76ページ] デニム¥24,000(ディーゼル ジャパン〈ディーゼル〉) ジャケット¥40,000(DES PRES 丸の内店〈DES PRES〉) ニット¥9,200(レリアン〈ランバン オン ブルー〉) メガネ¥37,000(ミラリ ジャパン〈プラダ〉) 時計¥345,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) リング¥30,000(ココシュニック) バッグ¥128,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥74,000(JIMMY CHOO)

【6】黒パンツスーツスタイル

【5】パンツスーツスタイル

いろいろな業種の人が参加するセミナーの場。スーツのセットアップに、インナーは白シャツにしてキリッと臨みたい。ただのスーツスタイルで終わらせたくないから、赤いスエードバッグをポイントに、華やかさを香らせて。

[Domani11月号 78ページ] ストール¥55,000(エストネーション〈ファリエロ サルティ〉) リンバングル¥17,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) バッグ¥63,000(アマン〈ペリーコ〉)靴¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈katespade new york〉)

ユニクロのオフィスコーデ

ニット×黄色シャツ×黒パンツ

【1】ニット×黄色シャツ×黒パンツ

豊富なカラーバリエも〝ユニクロ〟の魅力。オフィスコーデには旬の色を効かせて!

[Domani2018年11月号 141ページ] 〝UNIQLO〟のニット¥2,990・〝UniqloU〟のシャツ[一部店舗のみ販売]¥3,990・〝UNIQLO〟のパンツ¥2,990・〝UNIQLO〟の靴¥2,990(UNIQLO)

黒のストライプパンツ

【1】テーラードジャケット×黒ストライプパンツ

【1】テーラードジャケット×ストライプパンツ

パーティなどのおめかしシーンは、辛口パンツスタイルが定番。華やかな席でも張り切りすぎず、ほんの少しの背伸びを意識!「かっちりとした雰囲気は守りたいので、テーラードジャケットやピンストライプパンツで、盛装感を高めて。ピアスとバングルは、長年愛用している〝セリーヌ〟。アクセサリー写真の右上、シルバーのバングルは結婚式でも着用したほどのお気に入り。どんな着こなしにも、シャープでエレガントな雰囲気を添えてくれます」

[Domani11月号 194ページ] コート/ALEXANDER WANG シャツ/Vintage パンツ/ESCADA ピアス・バングル・靴/CELINE バッグ/FLYNN

【2】ノーカラージャケット×黒ストライプパンツ

【2】ノーカラージャケット×ストライプパンツ

内側に暖かい空気をキープする〝中空糸〟を使った「ウォームリザーブ」シリーズ。〝PLST〟らしいキレイめアイテムでありながら着心地はほわっと暖か。そんな才色兼備さがこれからの季節に頼もしい。スマート見えして、機能面が充実。こんな賢いアイテムを、キャリア女性の相棒に!左/ウォームリザーブのワイドパンツは、ゴワつかずなめらかなはき心地がうれしい。深グリーンなどこっくりとした色のトップスを合わせて、コントラスト強めの着こなしに。

右のコーデ/[Domani11月号 106ページ] パンツ¥8,990・カーディガン¥6,990(PLST) チョーカー¥2,800・バングル[太]¥5,700・[細]¥3,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ベルト¥2,990[一部店舗のみ販売](UNIQLO) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) バッグ¥20,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉) 靴¥26,000(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店〈フォビオ ルスコーニ〉)

黒のパンツに合う靴の色

【1】白のピンヒール

【1】白のピンヒール

フランスの少年を思わせるシネマティックな着こなし。ドレスアップ=フォーマルとは限らない。ドットブラウス、マリンキャップ…エスプリの利いたアイテムも、黒なら十分特別感が。気心知れた友人とのパーティなら、このくらい遊び心をもって。

[Domani12月号 50ページ] タイ付きブラウス¥22,000(ナラ カミーチェ青山本店〈ナラ カミーチェ〉) パンツ¥23,000(ノーブル ルミネ新宿店〈ノーブル〉) 帽子¥7,800(アルアバイル〈ラ・メゾン・ド・リリス〉) ピアス[ホワイトゴールド]¥325,000・ブレスレット[ホワイトゴールド]各¥720,000・[イエローゴールド]¥685,000・[ピンクゴールド×ダイヤモンド]¥2,800,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉) バッグ¥125,000(ドゥロワー 丸の内店〈ウォルター ステイガー〉) 靴¥116,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

【2】ブルーのパンプス

【2】ブルーのパンプス

シンプルな黒パンツも、きれい色のデザインブラウスを合わせれば、華のあるフォーマル仕様に。

[Domani11月号 76ページ] ブレスレット¥12,000(ジャーナル スタンダード レサージュ青山店〈メゾン ボワネ〉) バッグ¥46,000(ビームス ハウス 丸の内〈ペリーコ〉) 靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

【3】ピンクのパンプス

【3】ピンクのパンプス

「昨日と一転、ジャケパンスタイルでいざ、本番。肩に力が入りすぎない、私なりのフォーマルです。靴や時計など、体になじんだ品格小物をチョイスして、デイリーとは一線を画すきちんと感に仕上げます」

[Domani12月号 107ページ] ジャケット¥15,000(PLST)ブラウス¥8,990(PLST) パンツ¥8,990(PLST) 時計/カルティエ ブレスレット/ノーブランド バッグ¥16,000(PLST〈Pelletteria Veneta〉) 靴/プラダ

【4】パープルのパンプス

【4】パープルのパンプス

思わず触れたくなる、アンゴラのふわっとニットを主役に。パープルのパンプスで、大人のシック配色を完成。

左のコーデ/[Domani12月号 132ページ] ニット¥22,000(エストネーション) 靴[5]¥18,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉) パンツ¥32,000(ハウント代官山〈ハウント〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥9,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) ブレスレット[2重巻き]¥19,000(ドレステリア 銀座店〈ユアソル〉) リング¥25,000(ADER.bijoux) バッグ¥32,000(レリタージュ マルティニーク〈リトル リフナー〉)

【5】フラットシューズ

【5】フラットシューズ×ベロアパンツ

シルバーのトウ、ベロア、ファーと華やかなディテールで女っぷりよく。トウとヒールの艶やかなシルバーがコーディネートをリッチに格上げする、使い勝手のいい黒のとんがりトウ。トレンドのベロアパンツやふわもこニットのそでのファーで、オールブラックを華やかに着こなして。

[Domani1月号 89ページ] 靴¥20,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈FABIO RUSCONI〉) パンツ¥26,000(BOSCH〈Bability〉) ニット¥48,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) イヤリング¥6,000(アビステ) 時計¥770,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥82,000(FURLAJAPAN〈FURLA〉)

【6】黒スニーカー

【6】ハイネックニット×スニーカー×黒パンツ

白カットソーでベルトのようにウエストマーク。ニットに白カットソーをちらりとのぞかせて。スニーカーのひもやソールでも、さりげなく白を取り入れて。

[Domani1月号 115ページ] 〝エーケーワン バイエッフェ ビームス〟のニット¥27,000・〝イリスフォーセブン〟のイヤリング¥12,000(デミルクス ビームス 新宿) カットソー¥4,900(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) パンツ¥80,000(essenceof ANAY〈I ALBINO TEODORO〉) バングル¥2,400(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) バッグ¥19,800(アクアガール丸の内〈イーストパック×ニュウニュウ×アクアガール〉) 靴¥9,500(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事