骨格<ストレートタイプ>のTシャツコーディネートはちょっときれいめに着こなすのが正解! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONおすすめワードローブ

2021.06.08

骨格<ストレートタイプ>のTシャツコーディネートはちょっときれいめに着こなすのが正解!

これまで3タイプの骨格ごとにそれぞれ似合うTシャツをご紹介してきましたが、今回からはそのTシャツを使ったおすすめのスタイリングを解説! まずは<ストレートタイプ>が似合うVネックを使ったコーディネート術について、PBCIエグゼクティブビューティーカラー & スタイルアナリスト®として活躍する海保麻里子先生に伺います。

Tags:

グラマラスな体型の<ストレートタイプ>が似合う「VネックT」を使ったコーディネートとは?

これまで<ストレート><ウェーブ><ナチュラル>の3体型別に似合う白Tシャツについて解説してきましたが、今回からは骨格に合う白Tシャツを使ったコーディネートについても紹介していきます。今回は3タイプの中でいちばんグラマーな体型の<ストレートタイプ>が似合うコーディネートについて解説! 今回もお話を伺うのは、PBCIエグゼクティブビューティーカラー & スタイルアナリスト®として活躍する海保麻里子先生です。

【ストレート体型の方に似合う白Tシャツの解説はこちら↓】

ストレートタイプは「張りのあるタイトスカート」やきれいめの「センタープレスのパンツ」と合わせたコーディネートがおすすめ! 

▲ Tシャツ¥1,500(コエ 渋谷店<コエ>) パンツ¥14,300(アンクレイヴ) イヤリング¥6,050・バングル¥4,950(ジューシーロック<JUICY ROCK Original>) バッグ¥16,940(シップス 有楽町店<シップス>) 靴¥47,300(ビームス 公式オンラインショップ<ネブローニ×デミルクス ビームス>)

きれいめでかっちりしたテイストが似合うストレートタイプ。写真のようなセンタープレスのパンツを合わせることで、縦に長くすらっとしたラインを強調することができるので、すっきりとした着こなしに。また、スカートを合わせるなら張りのあるタイトスカートが◎。ウエスト位置はパンツもスカートもジャストウエストで履くとバランスよく見えます。Tシャツスタイルでもきれいめ感を意識してコーディネートするのがポイント。

張りのあるコットンや化繊素材を味方にシンプルでベーシックなアイテムをチョイス!

ボトムは肉感を拾わない張りのあるコットンまたは厚手の化繊素材で、きちんと感が出るよう意識してアイテムを選択!

オールホワイトで清潔感のある知的な女性に!

オール・ホワイトのスタイリングで清潔感と清涼感のある真夏のスタイルが完成! さらに、どこかに黒い小物を投入すると全体が引き締まって見えます。ストレートタイプの人は、バッグを角ばった「直線」で構成されたデザインのものにするのがおすすめ。靴もきれいめのサンダルやシンプルなスニーカーなどすっきりとしたタイプをセレクトしましょう。

【海保先生に質問】もしクローゼットに首の詰まったTシャツしかなかったらどうする!?

海保先生:グラマラスなボディのストレートタイプさんは、コーディネートを考えるうえで常に引き算スタイルが基本。もしネックラインが詰まっていたら、みぞおちくらいの長さのネックレスをプラスしてVラインをつくります。これにより縦のラインが強調され首も長く見えるうえ、着痩せ効果もばっちり。Tシャツが大きめシルエットの場合は裾をウエストインして、極力ダボっとした印象にならないよう調整してみてください。また、ボトムスや靴、バッグや小物で全体のバランスを整える工夫を。

ストレートタイプはバストまわりや腰まわりをすっきり見せるのがスタイルアップのポイント。そのためボトムは張りのある素材でタックやギャザーがはいっていないシンプルなデザインをぜひセレクトしてください。ぐっと着痩せして見えるはずです。靴はコンバースのオールスターなどシンプルなスニーカーか、直線的なラインのポインテッドトゥのサンダル。バッグもケリーバックのような直線で構成された中くらいのサイズがとてもお似合いになりますよ。

<ストレートタイプ>Tシャツコーディネートの要点をおさらい!

✔️ シンプルできちんと感のあるファッションがよく似合う
✔️ 肉感を拾わない張りのあるコットンや化繊素材がおすすめ
✔️ ボトムはタイトスカートやセンタープレスのパンツできれいめにまとめる
✔️ 靴はコンバースやオールスターなどのシンプルなスニーカー、もしくはポインテッドトゥのサンダル
✔️ バッグは直線的なデザインが◎。大きすぎずコンパクト過ぎない中くらいのサイズが最適

撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物)、寺山恵子(静物) スタイリスト/角田かおる ヘア&メイク/深瀬介志(Sui) モデル/福吉彩子(Domanist) 構成/望月琴海

画像ALT

監修

海保 麻里子 先生

株式会社パーソナルビューティーカラー研究所
サロン・ド・ルミエール 代表取締役
PBCIエグゼクティブビューティーカラー&スタイルアナリスト®
ルミエール・アカデミー代表
骨格スタイル協会認定講師

東京・南青山でサロン及びスクール事業を展開。パーソナルカラー&骨格診断を切り口にしたメイク、ファッションのトータルコーディネートが「劇的にきれいになる! 」と評判を呼び、サロンには全国はもとより海外からも多くの女性が来店。これまでに14,000人以上のコンサルティングを実施する。また、一流ブランドや有名百貨店においてVIP向けのカラー診断イベントを多数手がけ、企業研修や講演活動も幅広く展開。近年はパーソナルカラー理論を応用した商品企画やコンテンツ監修、大手文具メーカーとのコラボレーションなどプロデュース業でも注目を集める。その他、メディア取材多数。著書「今まで着ていた服がなんだか急に似合わなくなってきた」(サンマーク出版)も好評発売中。教育事業でも指導実績は4,500名を超え、ルミエール・アカデミー代表として後進の育成にも力を注いでいる。
▶︎サロン・ド・ルミエール
▶︎ルミエール・アカデミー
▶︎ブログ
▶︎インスタグラム

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事