【梅雨髪対策】翌朝寝グセがつかない! 時短も叶う夜の完璧ヘアドライ | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.05.29

【梅雨髪対策】翌朝寝グセがつかない! 時短も叶う夜の完璧ヘアドライ

髪を乾かすのはとてもとても面倒ですが、夜にきちんと乾かしておけば翌朝が楽ちん! このベースをきちんとやっておくことで、時短はもちろん、梅雨のうねり髪対策にもつながります。

Tags:

洗ったらすぐに乾かす! ダメージレスで寝グセもつかない髪の乾かし方をマスターしよう

髪を洗うのはいいけれど、乾かすのが面倒で自然乾燥してしまったり、濡れたまま寝る…ということは誰しも経験があるはず。特に育児中で時間がとれなかったり、仕事でドロドロに疲れていたりするとヘアドライはつい後回しにしがち。ですが髪を洗った後に乾かさないでおくと、頭皮に雑菌が繁殖してかゆみや臭いなどのトラブルを引き起こし(洗濯物を濡れたまま放置しておくと臭くなるのと同じ)…、髪内部の水分が過剰に蒸発してパサパサし(顔にシートマスクを長時間つけすぎて肌がさらに乾燥してしまうイメージ)…、髪同士の摩擦で髪が傷み…、ヘアカラーの退色が速くなり…といいことはなし! 夜にきちんと髪を保湿して乾かしておくと、翌朝髪がまとまって梅雨の日でもスタイリングが楽ちん。洗髪後はできるだけ時間を置かず、スピーディに乾かすことが大切です。

ワンピース¥9,790(オンワード樫山〈23区〉)

【1】ドライ時間短縮のためにしっかりタオルドライ


これはとっても大事なプロセス! ドライヤーの熱を当てる時間が長くなるとダメージの原因になるため、タオルドライで頭皮と髪の水分をしっかり拭き取っておく。濡れた髪は乾いている髪より強度がないので、ゴシゴシこすらず、まずは頭皮の水分をタオルに染み込ませるように。髪の中間〜毛先はタオルで挟んでトントンしながら水分をオフ。吸水力のあるタオルを使うと簡単にできる。
Tシャツ¥7,000(ノーク〈ノーク バイ ザ ライン〉) タオル私物

■おすすめアイテム

▲MTG リファヘアドライタオル グレー ¥1,980
吸水力と摩擦の少なさを併せもち、タオルドライ時の髪と頭皮へのダメージを軽減。ドライ時間を圧倒的に短くする。地厚でふわりとした触り心地は、毎日使っても感激モノ。

▲ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク ¥1,100
人気の「美容師さんが考えた」シリーズ。極細のマイクロファイバー繊維を1本1本細かくして繊維密度を高め、吸水率をアップ。髪や肌に引っかかりのないカットパイル仕上げで、髪への負担が少ない。

【2】洗い流さないトリートメントできちんと保湿

乾燥から髪を守るため、洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)は必ずつけること。特に、夜の間に有効成分がじっくり浸透しつつ髪をコートしてくれるナイト用トリートメントがおすすめ。まずはパサつきがちな毛先からなじませて中間へ。ベタつき防止のため、根元にはつけないこと。

■おすすめアイテム

▲ケラスターゼ オレオ リラックス マジック ナイト セラム 90ml ¥6,380
髪を熱から保護して成分が夜にじっくり浸透。摩擦から髪を守り、広がりや寝グセを抑え、なめらかでまとまりのよい髪に導く。髪に広げやすいエマルジョンタイプ。

▲イヴ・ロシェ 洗いながさないデイ&ナイトヘアトリートメント 150ml ¥1,650
ダメージを補修する有機ホホバオイル、地肌や髪を土台から整える有機アガベ、成分の浸透を助けるココナッツオイルなどを配合し、髪をしっとり落ち着かせる。濡れた髪にも乾いた髪にも使える。

【3】軽くとかしてからドライヤーで乾かす

とかす
目の粗いブラシやコームで軽くとかして、毛流れを整える。濡れている髪はもろいので、使うブラシは必ず粗歯のもので! 目が細かいと髪が引っかかり、それを無理にとかそうとして髪がのびたり切れてしまうこともあるのでご注意を。髪をとかさずにぐちゃぐちゃのままドライヤーをしても、乾くのに時間がかかるだけでなく仕上がりもきれいにならない。

トップの根元をドライ。乾かし方の基本は「風を振りながら」

毛先からでなく根元から乾かすことが、速く美しく乾かすことの鉄則。トップの髪を持ち上げて、根元にドライヤーの温風を当てて乾かす。ドライヤーは強風で、1か所に熱がこもらないよう送風口を振りながら乾かして(熱くなったら自動的に送風温度が下がるものや、低温タイプのドライヤーは振らなくてもOK)。

耳の後ろや後頭部の根元をドライ次に、髪が密集している耳の後ろや後頭部(特に襟足)の根元を乾かす。手を入れながら根元に温風が当たるようにして、よく乾かしておく。乾き切っていないとうねりの原因にもなるので、しっかりと。

表面を乾かす。温風→冷風の順に!
手ぐしを通しながら、上から温風を当て乾かす。毛先までしっかり乾かしつつも、パサパサにはならないように加減を。最後は冷風を根元にも当て、こもっている熱を冷ます。また、髪に手を入れながら冷風を当ててヒヤッとする場合は根元が乾ききっていない証拠なので、乾かせていない見極めもできる。根元が乾いて髪全体の熱も下がったら、クッションブラシで軽くとかして終了。

■おすすめアイテム

▲シャープ プラズマクラスタードレープフロードライヤー
IB-WX2-W ¥36,000(編集部調べ)
美容師さんが2台のドライヤーを使って髪を乾かすテクにヒントを得た独自方式で、乾燥時間を短縮。髪の表面温度が上がりすぎないよう送風温度がコントロールされ、熱ダメージを抑制。アプリとの連動で自分好みのドライモードの設定にカスタマイズできる。

▲テスコム Nobby by TESCOM プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー
NIB3001-K ¥19,580(編集部調べ)
サロンのブローをリアルに再現できるハイパワーなファンとモーターを採用。大風量で根元からスピードドライができる。付属の“ケアドライフード”を使えば、ドライヤーを左右に振らなくても髪にムラなく温風を当てることが可能に。

完全に乾かしてから寝れば、本当に翌朝が手間いらずで感動すること間違いありません!ここまでしっかりできない場合は、とにかくタオルドライ+根元だけを乾かす、のルールだけはルーティンに。時短を叶えるためには、アイテムの選び方もポイントです。

●この特集に使用した商品の価格はすべて、本体(税込)価格です。

【問い合わせ先】
イヴ・ロシェ
MTG リファ
ケラスターゼ
シャープ
テスコム
ハホニコ ハッピーライフ事業部

撮影/白木 努(PEACE MONKEY/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/鈴木海希子 スタイリスト/峰岸彩織 モデル/近藤千尋 構成/斉藤裕子

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事