Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHIONファッションおまとめドマーニア

2018.03.19

知らなきゃヤバい。大人女子が押さえるべき春の流行15のトピックス

トレンドに踊らされるのではなく、トレンドを選びとりたい―。「通勤が楽しくなりそう」「休日に着たい!」そんな大人の女が知っておくべきトレンドだけ、ぎゅぎゅっと濃縮。気分のアガる明るい春を楽しむべく、ぜひ注目のキーワードをチェックして。

Tags:

春、コレを着なきゃ始まらない!なトレンドキーワードをご紹介

01.〝チェック柄〟は、春も引き続き人気です!

秋冬に人気を博したチェック柄。その勢いは、春もまだまだ止まりません!特に注目したいのが「ジャケット×パンツ」のように〝セットアップ〟で取り入れる方法。肌なじみのいいグレンチェックなら、肩の力の抜けた理想の着こなしに仕上がります。

さりげなくラベンダーが入った、グレンチェックが愛らしい。白スニーカーやクリアバッグで「真面目に着ない」のが、今っぽさのポイント。ジャケット¥45,000・パンツ¥23,000(フレームワーク 自由が丘店〈マチュール フレームワーク〉) カットソー¥7,500(1LDK AOYAMA HOTEL〈マイ〉) ピアス¥22,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) 時計¥63,000(栄光時計〈サントノーレ〉) バッグ[ポーチ付き]¥27,000(DES PRÉS 丸の内店〈アーロン〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) 靴¥51,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

 

02.色とりどりの今季。大人の女には〝パワーグリーン〟がいいらしい♥

手持ちの服に合わせるだけで、コーディネートが断然フレッシュ!とにかく、この春はカラーが豊富! なかでも大人の女におすすめなのが、発色のいいグリーンです。手持ちの服に合わせるだけでコーディネートが断然フレッシュになるうえ、意外と肌色を選ばないのも魅力的。ここはあえて、×色小物などでちょっと攻めるのが気分です。

コンサバティブなイメージの強かったツインニットも、こんなチアフルなグリーンを選べばぐっと新しく。黒いフレアスカートを合わせたら、ブルーのバッグをななめがけ。アイテムはベーシックでも色で遊べば、ワンランク上のコーディネートが完成する。カーディガン¥31,000・ニット¥25,000(スローン) スカート¥35,000(エンフォルド) バングル¥16,000(GALERIE VIE 丸の内店〈キャス〉) バッグ¥44,000(ショールーム セッション〈OAD NEW YORK〉)

03.みんな大好き〝マリン〟は、ちょっとリッチに、が合言葉

華やかさを加えて、いつもよりリッチに振るのがこの春のトレンド。金ボタンジャケットやボーダーなど、永遠に好きなマリンアイテム。カラーパンツやチェーンバッグなどで華やかさを加えて、いつもよりリッチに振るのがこの春のトレンド。大人にちょうどいいテンションです。

金ボタンジャケットも黒を選ぶと、ぐっとシックに。ジャケット¥52,000(レリタージュ マルティニーク) カットソー¥11,000(アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店〈ルミノワ×ロッソ〉) パンツ¥42,000(エストネーション〈コート〉) メガネ¥26,000(ブルース〈ヴォン〉) バッグ[小]¥160,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉) [大]¥79,000(ステディ スタディ〈リュニフォーム〉)

04.女っぽい〝サファリ〟で、通勤スタイルをブラッシュアップ!

女っぷりよく着こなすサファリルックがアップカミング。メリハリの利いたシルエットや大胆な肌見せで、女っぷりよく着こなすサファリルックがアップカミング。色調をドライにすれば、さばけた色気が漂います。「かっこよくて女らしい」って、もしかしたら最強かも!?

ジャケットを脱ぐと背中にドキッ♥ ヘルシーな肌見せでギャップを狙って

ジャケット¥39,000(ロンハーマン) カットソー¥22,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈アンスクリア〉) スカート¥55,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) サングラス¥46,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥24,000・ブレスレット¥23,000(アガット) バッグ¥172,000(JIMMYCHOO) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

05.かぶればキマる! 〝プルオーバーシャツ〟がマストハブ!

この春「シャツ=プルオーバー」が常識に。ボタンをいくつ開けるとか、襟を抜くor抜かないとか、細かいことを気にする必要なく着こなしが完成するから、忙しいDomani世代にうってつけです。

ストライプ柄をはじめ、ショルダー部分のボタンやそで口のスリットなど「着るだけでさまになる」工夫が詰まった一枚。シャツ¥22,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) パンツ¥25,000(モールド〈チノ〉) ピアス[片耳]¥20,000・バングル¥43,000(ストローラーPR〈マユ〉) バッグ¥187,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥79,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

06.大ぶり〝地金アクセサリー〟をがつんと! が新鮮です

今選ぶなら、大ぶりの地金系がイチ推し。通勤スタイルをアップデートしたいとき、アクセサリーを替えてみるのも効果的。今選ぶなら、大ぶりの地金系がイチ推しです。着こなしのアクセントになりつつ、切れ味のいい仕上がりに。

ゴールド×シルバー。異なるカラーのコンビネーションが、旬の空気感を醸し出すピアス。図形を組み合わせたジオメトリックなシルエットと大ぶりのサイズ感が、顔周りを洒脱に演出する。まずはシンプルなトップスに合わせて、ピアスの存在感を楽しみたい。ピアス¥38,000(エストネーション〈アンコモン マターズ〉) コート¥26,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) カットソー¥9,800(Maison de Beige)

07.春の「IT スカート」は〝長めフレア〟に決定!

買い足すなら、ウエスト周りはフィットしつつ、すそに向かって自然に広がるフレアシルエット。スカート気分がぐっと盛り上がりそうなこの春。まず買い足すなら、ウエスト周りはフィットしつつ、すそに向かって自然に広がるフレアシルエットを。さらに、ふくらはぎが隠れる〝長め丈〟も絶対です。品よく女っぽくキマるだけでなく、ちゃっかり体型カバーできる点も見逃せません♥

麻×ナイロンで表情豊かなテクスチャーのベージュフレア。ヒールも似合うけれど、キャッチーな柄のフラットパンプスでひとひねりすると素敵。〝マチュール フレームワーク〟のスカート¥21,000/予定価格・〝SOPHIE BUHAI〟のバングル¥106,000(フレームワーク 自由が丘店) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ニット¥24,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) イヤリング¥9,000(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉) バッグ¥183,000(JIMMY CHOO) 靴¥97,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ・ブラニク〉)

08.働く女の相棒〝ジャケット〟は、おじさんぽく、が正解です

「なんの気なし」にはおれる、ビッグジャケットが台頭中!小粋なおじさんのように、「なんの気なし」にはおれる――麻or麻っぽい素材の、ビッグジャケットが台頭中! その素材感ゆえ、シワすらいい味に見えるから、春の通勤がますますラクちん&ハッピーになりそうです。

ジャケット右/ネイビーならではのノーブルさと軽やかな素材感のバランスが絶妙。¥38,000(エストネーション〈エストネーション〉) 左/かなり薄手なのでシャツ感覚ではおれる。¥30,000(アルアバイル)

09.この春は〝通勤バッグ〟だってカラフルに!

空前のカラーブームに乗って、きれい色に更新してはいかが?通勤バッグもベーシックカラー→きれい色に更新してはいかが? プレーンなデザインならきちんと感はキープしつつ、通勤スタイルを華やかに押し上げてくれます。

バッグ 上/「いいことありそう」なハッピーイエロー。[33×25.5×14]¥240,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) スカーフ¥16,000(スローン) 下/爽快感をもたらすブルー。[26×34×13]¥60,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 

10.大人の春の抜け感は〝透ける足元〟で叶います!

メッシュを部分的にあしらったパンプスが、大ヒットの予感。控えめに素足がのぞく感じがなんだか色っぽく♥ また、生真面目に転びがちな通勤スタイルに、春らしい抜け感が生まれるのも、気分がアガります。

靴上/[0.5]¥26,000(アングローバルショップ 表参道〈カミング アトラクションズ〉) 下/[5.5]¥30,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

11.スタイルアップもお手のもの!〝カシュクールシャツ〟復活です

ウエスト位置を高く、細く見せてくれる大人の味方。着物のように前で身ごろを打ち合わせて着る、カシュクールシャツ。大復活を遂げた今季は、リボンベルトなどでウエストマークできるデザインが主流。ウエスト位置を高く、細く見せてくれる大人の味方です。

細かいギンガムチェックやハリのある素材、ドルマンスリーブ…。カジュアルに着られるのが◎。シャツ¥15,500(アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店〈アッシュ・スタンダード〉)

12.黒ベースの〝ヴィンテージフラワー〟が、大人の女にちょうどいい

パリジェンヌ気分でトライできる、甘くない〝花柄〟。アラフォーに朗報です! この春の花柄は〝甘くない〟!んです。 黒ベースでヴィンテージ感の香るプリントが多く、大人がシックに着られそうなんです。しなやかな素材にこだわって、パリジェンヌ気分でトライしてみて。

透け感のある生地と繊細な花柄が大人向き。ワンピース¥35,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈アルディ ノアール〉)

13.歩きやすくて、かわいくて♥〝バレエシューズ〟の人気が再燃中

ポイントは、カラフルな色味を選ぶこと!久々にきてます、バレエシューズ! ポイントはカラフルな色味を選ぶこと。よりコケティッシュなムードが強まり〝目が離せない〟女に…! もちろん履き心地も抜群、実はハイスペックなアイテムなんです。

靴 上/赤いサテン地が、ドラマティックな足元を演出。[0]¥24,000(フラッパーズ〈スペルタ〉) 下/やわらかなスエードで、吸い付くような履き心地。[0]¥14,800(ドゥエ パッシ ペル ウォッシュルミネ横浜店〈ステファノ ガンバ〉)

14.小物で〝ナチュラルマインド〟が今っぽい!

「自然のパワー」も今季、見逃せないキーワードです。ナチュラルな素材や柄は小物で取り入れると、ほっこりしすぎず、ちょうどいいテンションに。ベーシックな着こなしにさらりと、がベストアンサーです。

ネックレス¥13,000・バングル¥9,000(GALERIE VIE 丸の内店〈キャス〉) スカーフ¥7,800(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴[5.5]¥12,000(ル タロン 丸の内店〈ル タロン グリーズ〉) バッグ[19×29×15]¥98,000(アマン〈ザネラート〉)

15.都会的に着こなす〝アスレジャー〟で、週末はラクしておしゃれに!

スポーティなアイテムを普段着に取り入れた〝アスレジャー〟が、いよいよ本格的なブームに。女っぽさやリュクス感をキーに、あくまで都会的に落とし込むのが成功ルール。快適さとおしゃれのワクワク感、もう、どっちもゆずらなくていいんです!

コート¥63,000・レギンス¥16,000(ebure) スエット¥12,778(ワークノットワーク アーバンリサーチ キッテ丸の内店〈ワークノットワーク〉) スカート¥8,500(ココ ディール) ネックレス¥6,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥49,000(ANAYI〈メゾンボアネ〉) 靴¥14,800(シシ)

スポーティなブルゾンを長くしたようなコートは、光沢のある素材も相まって程よいエレガントさが。おしゃれプロの間でも話題のレギンスを重ねて、引き締め感とモードっぽさをプラス。

Domani2018年3月号『働くアラフォーに関係ある、春の流行だけ15』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/生田昌士(まきうらオフィス) スタイリスト/三好 彩 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小濱なつき、ナオ 構成/今村紗代子
※文中[ ]内の数字は、バッグは縦×横×マチのサイズ、靴はヒールの高さを表し、単位はcmです(編集部調べ)。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事