レディースデニムパンツコーデ30選【2018春夏】| 30代40代女性ファッション | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.04.30

レディースデニムパンツコーデ30選【2018春夏】| 30代40代女性ファッション

レディース春夏向けデニムパンツコーデを大特集!デニムパンツの春コーデ・夏コーデや、白デニムパンツの着こなしをご紹介します。流行のワイドパンツコーデや、ユニクロ(UNIQLO)のアイテムを使ったコーデもピックアップ。

Tags:

【目次】
デニムパンツの春コーデ
デニムパンツの夏コーデ
白デニムパンツの着こなし

デニムパンツの春コーデ

【1】ユニクロのVネックニット×青デニムパンツ

【1】ユニクロのVネックニット×青デニムパンツ

やわらかなハイゲージニット×セルビッジデニムを、柄スカーフ、シャイニーバッグ、赤い靴で盛って。この遊び心がワンランク上のおしゃれを叶えてくれる。

[Domani4月号 107ページ] ニット『コットンカシミヤVネックセーター』¥1,990・パンツ『ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ』[メンズ商品]¥3,990(UNIQLO) ピアス¥20,000(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店〈エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山〉) 〝マニプリ〟のスカーフ¥18,000・〝ネブローニ〟の靴¥46,000(フラッパーズ) バッグ¥41,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】黒コート×白カーディガン×青デニムパンツ

【2】黒コート×白カーディガン×青デニムパンツ

定番の〝バナリパ〟のトレンチは、ワールドスタンダードよりもさらに長めの日本限定丈。あらゆるボトムの長さやシルエットを受け止めるマキシ丈は、こなれたビジュアルだけではなく実用面でも頼りに。体に優しく沿う素材感や両サイドに入ったスリットで、カジュアルなデニムスタイルにモダンな女らしさが加わる。

[Domani4月号 83ページ] コート[共布ベルト付き]¥25,926(バナナ・リパブリック) カーディガン¥26,000(八木通商〈ルトロワ〉) 〝SERGE de bleu〟のパンツ¥19,800・〝YAHKI〟のバッグ¥26,800(ショールーム セッション) ピアス¥3,200・ネックレス¥2,900(ジューシーロック〈JUICY ROCKOriginal〉) 靴¥35,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

【3】ドットブラウス×水色デニムパンツ

【3】ドットブラウス×水色デニムパンツ

艶のあるとろみ素材のフリルブラウスで、デニムスタイルを絶妙にクラスアップ。

[Domani4月号 77ページ] ブラウス¥21,000(martinique Le Conte梅田〈martinique〉) パンツ¥39,000(ロンハーマン〈リダン〉) ピアス¥3,350(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 時計¥410,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) リング¥11,000(インデアン・クラフト) バッグ¥70,000(H.P.FRANCE〈MELI MELO〉) 靴¥42,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【4】ボーダーカットソー×ワイドデニムパンツ

【4】ボーダーカットソー×ワイドデニムパンツ

体がほどよく泳ぐサイズ感で華奢に見せて、赤の女らしさを後押し。デニムは今っぽく仕上がるワイドシルエット。

[Domani4月号 71ページ] カットソー¥10,000(セント ジェームス代官山店〈セント ジェームス〉) パンツ¥32,000(ebure) 帽子¥4,500(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) バングル¥18,000(ANAYI〈MAISON BOINET〉) バッグ¥20,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥73,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋ラシック店〈アレックス ワグナー〉)

【5】ネイビーニット×水色デニムパンツ

【5】ネイビーニット×水色デニムパンツ

赤白ドットの茶目っ気で、シンプルカジュアルがコケティッシュで遊び心のある表情に変化。

[Domani4月号 70ページ] スカーフ¥10,000(サザビーリーグ〈ユニオンランチ〉) ニット¥28,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) パンツ¥25,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) メガネ¥40,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥95,000(H.P.FRANCE〈MELI MELO〉) 靴¥22,000(ツル バイ マリコ オイカワ)

【6】緑トップス×黒デニムパンツ

【6】緑トップス×黒デニムパンツ

さりげないツヤ感と濃いグリーンの相乗効果で、落ち着いた大人の色気を発揮。色落ちブラックデニムで大胆にカジュアルダウンすることで、女らしさをさらに引き立たせて。

[Domani4月号 66ページ] トップス¥21,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) パンツ¥26,000(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン〈シチズンズ・オブ・ヒューマニティ〉) サングラス¥36,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) ブレスレット¥27,223(アビステ) スカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥192,000・靴¥107,000(JIMMY CHOO)

【7】緑トップス×ワイドデニムパンツ

【7】緑トップス×ワイドデニムパンツ

定番化しつつあるワイドデニムの着こなしを、旬の色味でブラッシュアップ。シルクのようなデリケートなツヤ感で、グリーンがもつ優しさや、女らしさを引き出して。

[Domani4月号 64ページ] 〝デミリー ハーツ ロンハーマン〟のカットソー¥14,000・〝ラドロー〟のバッグ¥42,000(ロンハーマン) パンツ¥25,000(ビームス ハウス 丸の内〈シビリア〉) 帽子¥6,800(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ブレスレット¥4,862(アビステ) スカーフ¥7,800(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥54,000(アマン〈ペリーコ〉)

【8】黄色ブラウス×青デニムパンツ

【8】黄色ブラウス×青デニムパンツ

最先端ながらクラシカルな〝グッチ〟のコレクションに合わせた、ヴィンテージのデニムとブラウス。古きよき風合いを味わいつつ、パンプスとソックスの合わせで今っぽさを意識して。落ち着いた気分で、ハズシのコーディネートを楽しむ。それこそが、大人の女性ならではのマインドだと思う。

[Domani4月号 25ページ] バッグ¥174,000・サングラス¥43,000・リング¥71,000・ベルト¥66,000・ソックス¥17,000・パンプス¥91,000(グッチ ジャパン〈グッチ〉) ブラウス¥30,000(Witty vintage) デニム¥55,800(ベルベルジン)

【9】青ストライプシャツ×青デニムパンツ

【9】青ストライプシャツ×青デニムパンツ

ストライプ柄をはじめ、ショルダー部分のボタンやそで口のスリットなど「着るだけでさまになる」工夫が詰まった一枚。

[Domani3月号 103ページ] シャツ¥22,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) パンツ¥25,000(モールド〈チノ〉) ピアス[片耳]¥20,000・バングル¥43,000(ストローラーPR〈マユ〉) バッグ¥187,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥79,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

【10】ボーダートップス×水色デニムパンツ

【10】ボーダートップス×水色デニムパンツ

定番のボーダーに肌見せ要素を味付けして新鮮に。ヘルシーな雰囲気をさらに今っぽく! 

[Domani3月号 36ページ] トップス¥20,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAYI.D〉) デニム¥27,500(Preloved) 〝ヴァンドーム青山〟のネックレス¥92,000・〝ヴァンドームヤマダ〟のリング〈人差し指〉¥270,000・〝ヴァンドーム青山〟のリング〈中指〉¥88,000(ヴァンドーム青山 伊勢丹新宿店) 靴¥46,000(エストネーション〈ペリーコ〉)

デニムパンツの夏コーデ

【1】水色シャツ×青デニムパンツ

【1】白シャツ×青デニムパンツ

〝抜け感シャツ〟の先駆けとも言うべき、こちら。巧みにダーツをとった立体的なシルエットで、そでを通すだけでこなれて見えるのが特徴。10シーズン近くも人気継続中の商品なのに、シルエットを一切変えていないという完成度の高さにも驚き!鎖骨がのぞくネックラインとヒップが隠れるロング丈で、着やせ効果も上々!

[Domani8月号 101ページ] シャツ¥17,000・パンツ¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) 帽子¥55,000(ボルサリーノ ジャパン〈ボルサリーノ〉) ピアス¥18,000(Jouete) リング[ホワイトゴールド]¥115,000・[ピンクゴールド]¥95,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉) 時計¥790,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥385,000・ストラップ¥66,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥83,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

【2】Tシャツ×ワンピース×水色デニムパンツ

【2】Tシャツ×ワンピース×水色デニムパンツ

近所の夏祭りへ行く道すがら、江の島の仲見世通りのお店で大好きなアイス最中をパクッ。夕暮れどきには、浴衣姿の女のコたちで賑わいそう。浴衣姿の女のコたちを見かけると羨ましく思いつつ、ふらっと気軽に行くにはやっぱりデニムが最適。ロゴTシャツの上にシャツワンピースをはおり、最旬レイヤードに。

[Domani8月号 84ページ] Tシャツ¥7,000(ゲストリスト〈ハピネス〉) パンツ¥23,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) ワンピース[共布ベルト付き]¥25,000(アルアバイル) ブレスレット¥18,000(アパルトモン 青山店〈カミナンド〉)バッグ[トート]¥8,900(エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター〈エル・エル・ビーン〉)靴¥14,800(ROSE BUD 横浜店〈ローズバッド〉)

【3】花柄ブラウス×水色デニムパンツ

【3】花柄ブラウス×水色デニムパンツ

オフショルダーブラウスをラフな休日デニムで満喫。人気継続のオフショルダーブラウスこそ、夏はボタニカル柄を選んで、周囲と差をつけるのがおすすめ。白い肌にも、焼けた肌にも合うチョコレートブラウンの一枚には、明るめのウオッシュドデニムがマッチ。

[Domani8月号 70ページ] ブラウス¥13,000(イトキン カスタマーサービス〈MK ミッシェルクラン〉) パンツ¥18,500(ELENDEEK) ピアス¥21,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) バングル¥90,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) ブレスレット¥42,000・リング¥130,000(エナソルーナ神宮前本店) バッグ¥37,000(FUN Inc.〈BELLMER〉)

【4】黒ニット×スニーカー×黒デニムパンツ

【4】黒ニット×スニーカー×黒デニムパンツ

シアーなニット×デニムのカジュアルな組み合わせに、あえてなめらかな黒レザーのハンサムなスニーカーを。素材の違いでメリハリを利かせ、都会的に仕上げて。

[Domani8月号 61ページ] 靴¥21,000(ストックマン〈ノーネーム〉) 〝エーピー ストゥディオ〟のニット¥18,000・キャミソール¥18,000・〝ラウラ ロンバルディ〟のバングル¥27,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) 〝MACPHEE〟のパンツ¥15,000・〝MAISON BOINET〟のブレスレット¥18,000(TOMORROWLAND) バッグ¥57,000(オスクレン 青山店〈オスクレン〉)

【5】ノースリーブ白ニット×グレーデニムパンツ

【5】ノースリーブ白ニット×白デニムパンツ

グレーデニムを白と合わせて上品なムードに。デニムのラフな印象を、白で知的に仕上げたスタイル。バッグはあえてネイビーをセレクト。黒ではない通な選択が、おしゃれ上級者の貫禄をアピールする。

[Domani8月号 56ページ] ニット¥27,000(Theory luxe) パンツ¥29,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉) リング[7連]¥37,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バングル[ゴールド]¥8,000・[シルバー]¥5,250(アビステ) ストール¥10,000(ショールームセッション〈ne Quittez pas〉) バッグ¥129,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥43,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈バルダン〉)

【6】花柄ワンピース×水色デニムパンツ

【6】花柄ワンピース×水色デニムパンツ

赤の混じった花柄アイテムを身につける。それもひとつの「小さな赤」の効かせ方。流行のフラワープリントは、ダークカラーがベースの、中花~大花柄を選ぶことが、大人の女性が無理なく等身大に着るための、Domani的ルール。小さな赤い花がちらばったとろみワンピースは、ガウンのようにはおるだけでいつものデニムスタイルが特別感のあるものに。

[Domani8月号 43ページ] ワンピース¥49,000・キャミソール¥15,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈フィガロ パリ〉) パンツ¥23,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) チョーカー¥6,500(フィルム〈ザ・キャットウィスカーズ〉) バッグ¥28,000(ANAYI) 靴¥1,850(ドウシシャ お客様相談室〈ハワイアナス〉)

【7】ネイビーVネックブラウス×ダメージデニムパンツ

【7】ネイビーVネックブラウス×ダメージデニムパンツ

ブラウスの絶妙な肌見せ具合とユルさが休日のデニムスタイルに女っぷりを加味。きれいめな上半身がデニム向き。

[Domani7月号 125ページ] ブラウス[セットアップ価格]¥13,000(PLST) デニム¥5,450・手に持ったキャップ¥1,250(ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス〈ベルシュカ〉) 時計¥9,500(カシオ計算機 お客様相談室〈BABY-G〉) ブレスレット¥20,000(クーゲ自由が丘本店〈クーゲ〉) バッグ¥13,000(ショールーム セッション〈ne Quittez pas〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【8】青カーディガン×白ポロシャツ×ワイドデニムパンツ

【8】青カーディガン×白ポロシャツ×ワイドデニムパンツ

リニューアルした「WILD MAGIC」で大学時代のバイト仲間とBBQ。あ、あのテントかな?デニムスタイルで、心までアクティブに開放!

[Domani7月号 79ページ] パンツ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) カーディガン¥12,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) ポロシャツ¥1,990(UNIQLO) サングラス¥31,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥29,000(ココシュニック) バングル¥5,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ディーパグルナニ〉) スカーフ¥16,000(メゾン イエナ〈アルコラージュ〉) バッグ¥20,000(アングローバルショップ 表参道〈カタルジ〉) 靴¥25,000(ピシェ アバハウス アトレ恵比寿店〈ペリーコサニー〉)

【9】白ブラウス×デニムパンツの休日コーデ

【9】白ブラウス×デニムパンの休日コーデ

ひざのクラッシュとすその切りっぱなしが、ちょうどいいカジュアル感の細身ストレート。そでのデザインが効いたぺザント風ブラウスをふわっと合わせ、カゴバッグで休日感を高めて。

[Domani6月号 61ページ] 〝R13〟のパンツ¥46,000・〝ジェニファー フィッシャー〟のピアス¥28,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) ブラウス¥21,000(アングローバルショップ 表参道〈アングローバルショップ〉) ブレスレット¥85,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥42,000(ドレステリア 京都店〈ヴァンヌリード ヴェレンヌ〉) スカーフ¥9,000(スティーブン アラントーキョー〈グラルナー・トゥーリクリー〉) 〝プラウド メアリー〟の靴¥27,000・〝ハット アタック〟の帽子¥19,800(RHC ロンハーマン)

【10】白Tシャツ×スニーカー×黒デニムパンツ

【10】白Tシャツ×スニーカー×黒デニムパンツ

肩落ちロゴT&ひざのクラッシュで大人の遊び心をちらつかせて。

[Domani6月号 56ページ] パンツ¥31,000(エージー ジャパン〈AG〉) Tシャツ¥6,500(ゲストリスト〈ハピネス〉) スエット¥3,900(フィラカスタマーセンター〈フィラ〉) ブレスレット[レザー]¥14,000(ノーブル ルミネ新宿店〈メゾン ボワネ〉) [チェーン]¥9,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) サングラス¥23,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バッグ¥9,800・靴¥7,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

白デニムパンツの着こなし

【1】白ブラウス×ユニクロの白デニムパンツ

【1】白ブラウス×ユニクロの白デニムパンツ

〝女性らしくはけるボーイフレンドジーンズ〟がコンセプトの白デニムは、ボディラインを拾わない、絶妙なストレートシルエットが自慢。さらに深めの股上がヒップをすっぽり包み込むので、白でも膨張せず、すっきりはけるのがうれしい。白いスキッパーブラウスを合わせて、トレンド感の香る着こなしに。

[Domani4月号 106ページ] パンツ『ハイライズボーイフレンドフィットジーンズ』¥2,990(UNIQLO) ブラウス¥29,000(アマン〈アンスクリア〉) バッグ¥14,800(フラッパーズ〈メゾン ヴァンサン〉) 手に持ったサングラス¥21,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) 靴¥14,800(ウォッシュ 二子玉川ライズ店〈ステファノ ガンバ〉)

【2】カーキシャツワンピース×白ワイドデニムパンツ

【2】カーキシャツワンピース×白ワイドデニムパンツ

ロングシャツと太めデニムが休日らしいゆるっと感。柄ベルトとペタンコサンダルで楽しく。

[Domani6月号 60ページ] パンツ¥31,000(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン〈シチズンズ・オブ・ヒューマニティ〉) 〝アルアバイル〟のシャツ¥32,000・〝マウロ・デ・バーリ〟の靴¥15,000(アルアバイル) ベルト¥2,686(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) 〝ジャネッサ レオーネ〟の帽子¥23,000・〝ザ ジャクソンズ〟のバッグ¥17,000(ノーブル ルミネ新宿店) バングル¥18,000(martinique丸ノ内〈フィリップオーディベール〉)

【3】ボーダーカットソー×白ワイドデニムパンツ

【3】ボーダーカットソー×白ワイドデニムパンツ

インパクトが強い黒白ボーダーは、ホワイトデニムでさわやかに。ワイドでも腰周りはすっきりしているから、ボリュームトップスとも好バランス。

[Domani6月号 59ページ] パンツ¥29,000(サザビーリーグ〈マザー〉) カットソー¥9,800(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) バングル¥16,000(essence of ANAY〈I PHILIPPE AUDIBERT〉) 帽子¥11,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) 〝クリーチャーズ オブ コンフォート〟のバッグ¥75,000・〝アクアズーラ〟の靴¥78,000(ノーブル ルミネ新宿店)

【4】ロングカーディガン×スニーカー×白デニムパンツ

【4】ロングカーディガン×スニーカー×白デニムパンツ

白・ピンク・ベージュのまろやかトリコロールが、表情までも穏やかに見せてくれる。色香を潜めたデコルテと少しやんちゃな足元。こんなミックス方法も、アクティブなデニムデートの日だからこそ楽しめる。

[Domani6月号 51ページ] 〝ヘルシー〟のパンツ¥14,000・〝メゾン・ボワネ〟のブレスレット¥16,800(アルアバイル) カーディガン¥27,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) キャミソール¥5,500(アストラット 青山店〈アストラット〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥20,000(TOMORROWLAND〈FAY ANDRADA〉) バッグ¥103,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) 靴¥8,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【5】グレージャケット×ボーダーニット×白デニムパンツ

【5】グレージャケット×ボーダーニット×白デニムパンツ

長めのノーカラージャケットが、ボーダー×ホワイトデニムをキレよく昇華。グレー&シルバー小物でトーンを統一。

[Domani6月号 45ページ] パンツ¥17,000(JET Roppongi〈ジェット ロサンゼルス〉) ジャケット¥59,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ニット¥14,000(オンワード樫山〈23区〉) ピアス¥3,900(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ネックレス¥16,000(アングローバルショップ 表参道〈フィリップ オーディベール〉) バッグ¥14,000(エス.アイ.エム〈ガム ジャンニ・キアリーニ デザイン〉) 靴¥39,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【6】ネイビージャケット×黄色シャツ×白デニムパンツ

【6】ネイビージャケット×黄色シャツ×白デニムパンツ

男前なダブルジャケットに合わせるボトムは、デニムがベスト。カラーシャツを効かせ、ホワイトデニムでクリーンに。

[Domani6月号 45ページ] パンツ¥13,000(カイタックインターナショナル〈モナーム〉) ジャケット¥47,000(アンタイトル エッセンシャルクルー) シャツ¥18,000(アンタイトル) サングラス¥35,000(オリバーピープルズ 代官山〈オリバーピープルズ〉) ベルト¥8,000(アングローバルショップ 表参道〈スタメラ〉) バッグ¥15,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) 靴¥29,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【7】ノーカラージャケット×ピンクカットソー×白デニムパンツ

【7】ノーカラージャケット×ピンクカットソー×白デニムパンツ

清潔感がありつつ着こなしをカジュアルダウンするホワイトデニムは、ツイードジャケットと好マッチ。スモーキーピンクのカットソーでまろやかにつなげて。

[Domani6月号 45ページ] パンツ¥11,000(アルアバイル〈ドミンゴ〉) ジャケット¥66,000(ANAYI) カットソー¥8,900(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ピアス¥3,600・バングル¥2,900(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥39,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) 靴¥70,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店〈ミッシェル ヴィヴィアン〉)

【8】白ジャケット×黒ニット×白デニムパンツ

【8】白ジャケット×黒ニット×白デニムパンツ

ホワイトデニムのすその切りっぱなしや、リネンジャケットのくしゅっと感が、いつもの通勤スタイルをグッと垢抜けさせて。

[Domani6月号 44ページ] パンツ¥14,000(ゲストリスト〈ヘルシー〉) ジャケット¥27,000(アナディス〈ルクスルフト〉) ニット¥8,000(Luftrobe) 眼鏡¥31,000(オリバーピープルズ 代官山〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥22,000(ココシュニック) ネックレス¥2,900・バングル¥2,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグに巻いたスカーフ¥8,800(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥22,963(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【9】ストライプブラウス×白デニムパンツ

【9】ストライプブラウス×白デニムパンツ

デニムのカジュアルさと白の品のよさ。どちらも欲ばれるのが、ホワイトデニムのいいところ。クラシックなボウタイブラウスと組み合わせても、どこか新鮮な印象に。足元はTストラップサンダルでデニムからのぞく足首を強調して、ほんのり色っぽく。このカリフォルニア発のデニムブランド〝カレント エリオット〟の白クロップドは、ゆるめシルエット&ストレッチ入りのやわらかなデニム地。なのにきちんと見えるから、だれでも着こなしやすい。

[Domani6月号 39ページ] デニム¥24,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉) ブラウス¥38,000(アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店〈バイ マレーネ ビルガー〉) ピアス¥32,000(デミルクス ビームス 新宿〈ファリス〉) ベルト¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈メゾン ボネ〉) 時計¥38,000(H.P.FRANCE〈induna〉) バッグ¥149,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥126,000(JIMMY CHOO)

【10】黒ジャケット×黒ニット×白デニムパンツ

【10】黒ジャケット×黒ニット×白デニムパンツ

働く女の定番〝ジャケパン〟にもマッチするのが、白クロップドデニム。きちんと見えるのに親近感もある、理想のお仕事スタイルが可能に。この〝フォードミルズ×リー〟のコラボデニムは毎シーズン、型を更新しているので、鮮度の高いデニムが見つかる。ヒップを包み込むハイライズ、程よくゆるめのストレートシルエット、ハリのあるデニム地…。丸みを帯びた大人のボディラインを優しくカバーしてくれる今年の白クロップドは、一度はいたらやみつき! 

[Domani6月号 37ページ] デニム¥19,000(アングローバルショップ 表参道〈フォードミルズ×リー〉) ジャケット¥65,000(サザビーリーグ〈ユニオンランチ〉) ニット¥20,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) バッグ[小]¥378,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) [大]¥34,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) 〝IOSSELLIANI〟のピアス¥29,000・〝induna〟の時計¥33,000(H.P.FRANCE) 靴¥83,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事