Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONシャツ・ブラウス

2021.12.25

白シャツのレディースコーデ16選!おしゃれに着こなすために知っておきたいテクニック

1枚で着たりレイヤードしたりと、さまざまなアレンジを可能にしてくれる「白シャツ」。コーデがどうしてもワンパターンになりがちと悩む方も多いかもしれません。そこで今回は白シャツのおしゃれな着こなしやおすすめコーデをピックアップ!白シャツを選ぶときのポイントも一緒に解説します。

Tags:

【目次】
白シャツの選び方
白シャツをおしゃれに着こなすポイント
白シャツ×パンツコーデ
白シャツ×スカートコーデ
白シャツコーデ【休日スタイル】
白シャツコーデ【通勤スタイル】
白シャツワンピースコーデ

白シャツの選び方

1. サイズ感で選ぶ

【レギュラーサイズ】

一般的に、ビジネスシーンなどジャケットのインナーに白シャツを着るときは、きちんと感を出すために「ジャストサイズ」を選ぶのが推奨されています。肩幅や首周り、バストまわりなど、事前にしっかりサイズの確認をすることが大切です。

【オーバーサイズ】

ジャストサイズの白シャツは便利ですが、最近ではレギュラーシャツよりもビッグシルエットのシャツの方が主流になってきています。

オーバーサイズの白シャツは、ボタンを留め、ボトムにタックインする従来のオフィス向けの着こなしはもちろん、スウェットやニットベストの下に着るなどのレイヤードにも最適です。

また、春夏の季節はTシャツの上にさっと羽織るだけでこなれ感が出るうえ、日焼け対策にもなるので実用的。オーバーサイズの白シャツは1枚あるだけで何通りもの着こなしが可能です。

2. 素材で選ぶ

白シャツは素材によってガラリと印象が変わると言われています。着用するシーンに合わせて素材を選んでみましょう。

【コットン・リネン素材】

リラクシーやナチュラルな雰囲気に。

【テンセル素材・シフォン素材】

女性らしくエレガントな印象に。

3. 襟やデザインで選ぶ

レギュラーカラー

3. 襟やデザインで選ぶ
シャツ エストネーション

シャツの襟の種類でもっとも知られているのが「レギュラーカラー」タイプです。TPO問わず、さまざまなシーンで使えるシャツで、ジャケットとの相性も◎。

ボタンダウンカラー

3. 襟やデザインで選ぶ
襟の先をボタンで留めたデザインの「ボタンダウン」タイプは、きれいめコーデやシックにまとめたいときにおすすめ。

襟立ちがよく、首元がかっちりとして見えます。

オープンカラー

3. 襟やデザインで選ぶ
シャツ GU

オープンカラータイプ(開襟シャツ)はその名の通り、開襟での着用を前提に作られたシャツのこと。

アロハシャツが由来と言われているそうで、首元がスッキリ見え、襟がピンと立っているシャツに比べ、ラフでナチュラルな雰囲気を演出できます。

バンドカラー

3. 襟やデザインで選ぶ
シアーバンドカラーシャツ ナノ・ユニバース

「バンドカラー」タイプは、帯状の布を首元に一周させたような形が特徴的。

首元がスッキリしてクセがなく、丸みのあるデザインにより女性らしさも演出できると人気があります。そのまま着るのはもちろん、レイヤードスタイルでも活躍するアイテムです。

ラウンドカラー

3. 襟やデザインで選ぶ
ラウンドカラーシャツ ZARA

「ラウンドカラー」は、襟の先が丸くなっているタイプで、柔軟さや安心感といった印象を与える形。

クラシカルな雰囲気があるので、レディな印象のファッションにしたいときに取り入れるのがおすすめです。

白シャツをおしゃれに着こなすポイント

ボタンを開けて背ぬきする

ボタンを開けて背ぬきする
白シャツはボタンを外し大胆に開け、背ぬきをするとよりおしゃれに。ノースリーブのニットやストレートパンツの落ち着いたオールグレーに合わせることで、新鮮さが引き立ちます。

レイヤードコーデを楽しむ

きれいめの範囲内で違うアレンジをするなら、白シャツにトレンドのニットベストを重ねるのがおすすめ。引き締めカラーを選べば着ぶくれせず、通勤コーデがグッと垢抜けます。

袖をまくる

袖をまくる
スタンダードな着方でも重たく見えないのは、袖をまくって手首に抜けを出しているから。襟のある白シャツなら、フレアスカートの甘さが中和され、通勤にも適したきれいめスタイルに。

襟と袖をチラ見せ

スウェットから襟と袖をのぞかせる
カジュアルなスウェットから白シャツの襟と袖をパリッとのぞかせる小ワザもおすすめ。黒ニットに近い無地の黒スウェットなら、通勤も射程圏内。スウェットからちらりと見せるだけで、上級のおしゃれムードに仕上がります。

カーデ感覚でラフにはおる

カーデ感覚でラフにはおる
カーデ感覚でラフに羽織れるのも白シャツのいいところ。カーキパンツとコンバースのスニーカーを合わせれば、清潔感あふれるカジュアルスタイルが楽しめます。

白シャツ×パンツコーデ

【1】白シャツ×ニットベスト×黒パンツ

白シャツ×ニットベスト×黒パンツ
着こなしが難しそうなニットベストも、白シャツと合わせることでグッと大人っぽく。

ベストの裾からシャツをチラッと見せることでメリハリが生まれ、バランスもアップ。シャツのハリ感が、ほっこりしがちなニットをシャキっと見せてくれる効果も。

【2】白シャツ×黒コート×黒パンツ

白シャツ×黒コート×黒パンツ
白シャツに、ブラックショート丈のキルティングアウターを合わせたコーデ。シャツの裾や袖をアウターからチラ見せすれば、華やかさも十分。ボトムはハンサムなワイドパンツで仕上げて。

【3】白シャツ×デニムパンツ

白シャツ×デニム
ゆったりとしたフォルム・丈感、細めのバンドカラーの白シャツ。定番のデニムパンツとのコーデも今っぽくアップデート可能。通勤スタイルはもちろん、シンプルな休日スタイルも自然とサマになるのが嬉しい。

【4】白シャツ×ベージュロングカーディガン×グレーパンツ

白シャツ×ベージュロングカーディガン×グレーパンツ
メンズっぽい着こなしながら、色と素材で甘さを取り入れて女っぽく見せるスタイル。白シャツ、グレーパンツ、ベージュのロングカーディガンを重ねれば、まろやかベージュグラデの完成。

白シャツ×スカートコーデ

【1】白シャツ×ネイビージャケット×カーキスカート

白シャツ×ネイビージャケット×カーキスカート
白シャツにジャケット、カーキのスカートを組み合わせたコーデ。一見控えめなながら、小物で抜けたエッジを効かせたテクニックがチラリ。クセありバッグとコンバースのシューズがこなれ要素に。

【2】白シャツ×黒白チェックプリーツスカート

白シャツ×黒白チェックプリーツスカート
オーバーサイズの白シャツでクリーンな印象に見せたモノトーンコーデ。サイドゴアブーツで重さを足せば、旬な装いが完成。

【3】白シャツ×カーキタイトスカート

白シャツ×カーキスカート
やや生成りがかった白シャツなら、カーキのチノタイトにしっくりなじむ。カジュアルなキャップも、定番のシャツスタイルを小粋にハズすのに効果的。

【4】白シャツ×ベージュロングスカート

白シャツ×ベージュスカート
ほのかな光沢のあるチノクロス、グリーン寄りのベージュ、ムダのないシンプルなデザイン、さりげないフレアシルエット…。大人カジュアルのツボを押さえたスカートが、白シャツを小粋に演出してくれる。かごバッグやレースパンプスなど、軽やかな小物で抜け感を加えて。

白シャツコーデ【休日スタイル】

【1】白シャツ×デニムパンツ×白パンプス

白シャツ×デニム
白シャツに定番のデニムを合わせるだけでおしゃれ着こなしに。オーバーサイズの白シャツは、細身のスキニーデニムを合わせて、シャツの裾を少しだけボトムスにインすることでだらしなく見えない。

【2】白シャツ×黒クロップドパンツ

白シャツ×黒クロップドパンツ
オーバーサイズの白シャツと、くるぶしの抜けがおしゃれな黒クロップドパンツの組み合わせ。白シャツをさらっと合わせただけのリラックスタイルでも軽やか。

【3】白シャツ×水色カーディガン×チェック柄パンツ

白シャツ×水色カーディガン×チェック柄パンツ

カーディガンのブルーやパンプスのピンクを、白シャツとチェックパンツでトラッドに振ったコーディネート。黒白キャメルのような正統派配色でなく、淡いトーンを重ねてどことなくトラッドなニュアンスにするのがおしゃれポイント。

白シャツコーデ【通勤スタイル】

【1】白シャツ×ベージュセットアップ

白シャツ×ベージュセットアップ
レングスが長めのジャケットと、シャープなノーカラーが今年らしいベージュセットアップと白シャツのお仕事コーデ。大人っぽいこっくりベージュとノーカラーデザインで洗練感のある雰囲気に。

【2】白シャツ×ライトカラージャケット×ネイビークロップドパンツ

白シャツ×ライトカラージャケット×ネイビークロップドパンツ
洗練されたシンプル感が楽しめる、ライトカラージャケットとの重ねワザ。旬のディテールに更新するだけで、白シャツ×ジャケットが一気に新鮮に。上に目線がいく分、ボトムはネイビークロップドでクリーンに。

【3】白シャツ×黒パンツ

白シャツ×黒パンツ
▲武田るなさん(マナー講師・38歳)

前後差のあるオーバーサイズの白シャツは、メリハリがあり着やせしてして見えるのがメリット。リッチ感あるとろみ素材のパンツで今っぽくまとめて。

白シャツワンピースコーデ

【1】白シャツワンピース×ベージュニットパンツ

白シャツワンピース×ベージュニットパンツ
白シャツワンピースと、裾がフレア型になったニットパンツのレイヤードスタイル。首元や手首の肌を出せば軽やかな着こなしが可能。仕上げに締め色のバッグをたすきがけすれば、視線が上がり足長効果も。

【1】白シャツワンピース×ベージュニット×ベージュプリーツスカート

白シャツワンピース×ベージュニット×ベージュスカート
白シャツワンピの上からベルトでウエストマーク。おしゃれの現役感が出せるちょっとしたテクニック。ボリューミィになりがちなシャツワンピには、太いベルトが効果的。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事