細見え&美人見えするものだけ!ゆるタイトスカート11選 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION瞬間風速的!ファッションニュース

2018.05.09

細見え&美人見えするものだけ!ゆるタイトスカート11選

この春夏はゆるめのタイトスカートが気になる!ステディブランド&ショップからかっこいいスカートだけセレクション。

Tags:

コンサバなイメージを一新する、いい女っぽい「ゆるタイト」が使える!

幾何学レースのタイトがジャケットスタイルを今どきに

すとんとしたゆるめタイトに、幾何学模様のレースがさわやかさを演出。ドライなリネンジャケットで、肩の力が抜けたきれいめスタイルに。スカート¥17,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ジャケット¥145,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) カットソー¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) 時計¥28,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) バングル¥25,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈アリアナ ブッサード〉) バッグ¥46,000(アマン〈ペリーコ バッグ〉) スカーフ¥24,000(エストネーション〈キンロック〉) 靴¥13,000(スティーブン アラン トーキョー〈SPRING COURT〉)

「ゆるタイト」は最旬デザインでアップデート

ブラウス×タイトは旬を押さえて高感度に

普遍的でありながら少しずつ進化しているタイトスカート。この春夏の特徴はややゆとりのあるすとんとしたシルエットで、ふくらはぎ~くるぶしまでのロング丈。ラップ型、飾りボタン、ウエストリボンなどの最旬デザインで鮮度のよい着こなしにして。

【Select Point】
□コンシャスでなく、ゆとりのあるストレート
□ハイウエスト&ロング丈は必ずキープ
□リネンやサテン、リボン付きなど特徴のあるものを

切りっぱなしのツイードを中央で合わせたフレッシュなデザイン。ピンクのそでコンブラウスやレースアップのパンプスなど、トレンドを品よく取り入れて。〝BALLSEY〟のスカート¥23,000・〝TOMORROWLAND〟のベルト¥14,000(TOMORROWLAND) ブラウス¥27,000(アングローバルショップ 表参道〈08サーカス〉) バングル¥7,000(ココシュニックオンキッチュ 有楽町マルイ店〈エー・ヴィー・マックス〉) リング[右手]¥62,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉) リング[左手]¥32,000(ココシュニック〈ココシュニック〉) バッグ¥98,000(アマン〈ザネラート〉) スカーフ¥15,000(アルアバイル〈バウム・アンド・ヘルガーデン〉) 靴¥35,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)


左:【SACRA】飾りボタンとラップ型がトレンド感と体型カバーを兼ねている、一挙両得のデザイン。硬めのチノ素材なので、程よくカジュアル。スカート¥23,000(インターリブ〈SACRA〉)
右:【ELIN】トレンドをフェミニンに昇華する〝エリン〟らしい、落ち着いたイエロー×太めリボンのデザイン。シャカッとしたドライな素材感も新鮮。スカート¥33,000(アダム エ ロペ〈エリン〉)


左:【HÉLIOPÔLE】ラップ型のロングタイトも、リネンならリラックス感あふれて大人っぽい。きちんとしたジャケットなども程よくこなしてくれ、優秀。スカート¥27,000(エリオポール代官山〈エリオポール〉)
右:【BALLSEY】ツイードのタイト=エレガントなイメージを一新する、オレンジやピンク、イエローなどの糸が織り込まれたカジュアル感あふれるデザイン。スカート¥26,000(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉


左:【FRAY I.D】タイトのきちんと感はキープしつつ、切りっぱなしのすそや、ずらしたようなアシメトリーがこなれた印象。丈は長めなので大人っぽい。スカート¥21,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉)
右:【FRAMeWORK】トップスだとかわいくなりがちなギンガムチェックは、タイトスカートで大人っぽく取り入れて。シンプルなので使い勝手もよし。スカート¥16,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉)


左:【YLÈVE】太めのグログランテープを結ぶとウエスト周りにニュアンスが生まれる、気の利いたおしゃれなデザイン。ドライなシアサッカー地なので軽やか。スカート¥28,000(アングローバル〈イレーヴ〉)
右:【DES PRÉS】シルバーの折り返しやアシメトリーのラップなど、グレーのリネンをモダンに昇華。シンプルな着こなしもどことなくモード感が漂って。スカート¥24,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)


【Whim Gazette】大きめのダブルポケットやマキシ丈などの今旬デザインを、つるんとしたブラウンのサテンが華やかに魅せて。スカート¥15,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉)

Domani2018年4月号『Domani的大人のスカート33』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/土山大輔(TRON/人物)、坂根綾子(静物) スタイリスト/亀 恭子 ヘア&メーク/シバタロウ(P-cott) モデル/絵美里 撮影協力/BLUE BLUE YOKOHAMA 構成/松崎のぞみ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事