仕事もおしゃれもデキる女は今日も○○を着ている!? | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION瞬間風速的!ファッションニュース

2018.05.15

仕事もおしゃれもデキる女は今日も○○を着ている!?

働くアラフォー女子の定番でありながら、旬の気分を反映して常に進化しているのがジャケット。週3で着る相棒だからこそ、アップデートするだけで全身が今っぽくなるんです!

Tags:

きちんととこなれの両立が、先シーズンから人気続行の理由

この春夏は、まずダブルのジャケットを一枚!

一枚備えているだけで、感度がグッと高まる旬なジャケット。薄手の春夏素材だと野暮ったさがなく、肩がけするだけでサマになる。

左:主張や個性が強すぎない、細かめのチェック柄

昨年の秋から人気続行中のグレンチェック柄。この春夏はチェックの格子がより細かくなっていたり、赤やオレンジなどの差し色ラインが効いていたり、フェミニンなアイテムに合わせやすいジャケットが豊富。くるみボタンも上品な印象づくりにひと役。ジャケット¥40,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉)

中:メタルボタンのアクセントが効いている

アメリカントラディショナルを代表するブランドらしい、正統派のネイビージャケット。ボックスシルエットのかっちりしたビジュアルながら、コットン素材で着心地は快適。本格的なデザインの金ボタンが、伝統ブランドならではの重厚感のある輝きを放つ。ジャケット¥40,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)

右:ダブルブレストでふたつボタンのタイプ

ダブルブレストでありながら主張が強すぎない、ふたつボタン。黒地にグレーのピンストライプが効いたハンサム顔のジャケットは、スカートやワンピースなどのフェミニン系アイテムと合わせて女らしさを盛って。ヒップが隠れる細長シルエットは体型カバーにも効く。ジャケット¥44,000(フィルム〈ソブ〉)

きれい色ワンピースにジャケットを肩かけして、凜としたムードを加えて

長めのワンピースは、アウター選びをつい迷うアイテム。そんなとき、ジャケットをラフに肩かけするという新鮮な選択が、こなれた印象を高めてくれる。元々メンズライクなアイテムのグレンチェックジャケットと、女性らしさを象徴するカラーワンピースの一見相反する掛け合わせが、コーディネートに深い味わいを生む。ジャケット¥68,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋ラシック店〈クチュール ド アダム〉) ワンピース¥28,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥23,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

シルバーボタンがスタイリッシュな女らしさをかき立てる

アラフォー世代は懐かしさも感じる紺ジャケット。カジュアルスタイルを格上げしてくれる、アウターにして主役級の存在感。大人ならプレッピーに傾けすぎずに、インナーのボーダーカットソーを淡いラベンダーにしてやわらかさを加えて。ジャケット¥59,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) カットソー¥11,000(デミルクス ビームス 新宿〈ルミノア×デミルクス ビームス〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) イヤリング¥8,500(アビステ) バッグ¥9,800(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈マルコ ビアンキーニ〉) 靴¥18,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)

ライトなコットン素材のジャケットは、パーカとのレイヤードもしやすい

この春、カジュアルシーンで注目のパーカとのレイヤードというアプローチで、ジャケット×タイトスカートが新鮮に。オレンジのラインが、快活な印象を与える。ジャケット¥78,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) パーカ¥16,000(ドレステリア 京都店〈ドレステリア〉) Tシャツ¥9,000(L’AVENTURE martinique〈ラヴァンチュール マルティニーク〉) スカート¥16,000(アングローバルショップ 表参道〈アングローバルショップ〉) ピアス¥3,500(アビステ) バッグ¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

辛口ジャケットと甘口スカートの絶妙ミックスが、おしゃれ上手な印象

リネンやシルクが混ざったコットン素材で、スタンドカラーの黒ジャケットでも肩ひじを張らずに着られる。かっちり感を出しながらチュールスカートの甘さをカバーしてくれて、仕事後にちょっと華やかな場所で予定ありという日にも最適。ジャケット¥15,400・スカート¥19,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥18,000(デミルクス ビームス 新宿〈ルトロワ〉) イヤリング¥8,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈マージョリーベア〉) バッグ¥37,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) 

Domani2018年4月号『4択です! 春アウター トレンチ・ゆるコート・ジャケット・ブルゾン』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/魚地武大(静物)、倉本GORI(Pygmy Company/人物) スタイリスト/望月律子(kind) ヘア&メーク/シバタロウ(P-cott) モデル/LIZA、加納奈々美 構成/岩附永子


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事