Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2022.04.05

色々試してたどり着いたのは〝ayame(アヤメ)〟の分離型吸水サニタリーショーツ

プチプラからお値段のはるものまで、もはや吸水ショーツ戦国時代といいほど激化している昨今。正直、情報量が多すぎて何がいいのかわからなくなってしまいますよね。そこで、最近気になったのが専用のエコナップパッドを着用する”ayame(アヤメ)〟の分離型吸水サニタリーショーツです。

Text:
川口ゆかり
Tags:

これが生理用!? まるで普通のショーツをはいているかのよう!

1960年代、日本で紙ナプキンが発売されると同時に、サニタリーショーツを開発した〝タカギ〟。そんな老舗メーカーから2021年、デビューした〝ayame(アヤメ)〟の分離型吸水サニタリーショーツが快適すぎる!と話題なんです。

ショーツの制作は熟練した〝タカギ〟の職人によるもの

心地良さを追求したパターンとデザインで締め付けがなく、体に優しい吸水サニタリーショーツは、品質管理が行き届いた自社工場で一枚一枚ていねいに縫製されたMADE IN JAPAN。ひと足早く使っていた友人に「オーガニックコットンだから、履き心地が気持ちいいの! 冷えも軽減され、生理痛が和らいだような感覚がある(あくまで個人的な意見)」とおすすめされ、さっそく試してみることに。

生理ど真ん中ではなく、生理前後の期間に使うことにしました

というのも、生理が始まる前って、そろそろかなと思ってナプキンをつけるものの、意外と開始日がズレてナプキンが無駄になりますよね? そんな時、この吸水ショーツで過ごせたら、ナプキンのゴミも減らせるし、経済的にもハッピーではないかと思って。

よくあるショーツ一体型の吸水ショーツとは違い、ショーツについたスマートポケットにタカギ実用新案特許済み商材の布ナプキン「エコナップ(R)」パッドを内蔵するという分離型! しかも、わずか3mmのオリジナル4層パッドは蒸れにくく、漏れにくい、優れものなんです。

マチ部分には抗菌防臭加工を施した機能素材が使われており、ぬれ戻りを軽減したり、消臭繊維が気になるニオイの軽減もしてくれるんだとか。

使ってみて驚いたのは、ストレスフリーな履き心地

▲ayame 吸水サニタリーショーツ レース 各3,850円 エコナップ(R)パッド 1枚1,320円・2枚2,420円(3月18日発売)

吸水ショーツといえば、つるんとした水着のような素材が一般的ですが、このサニタリーショーツはオーガニックコットンでできており、生地がとにかくやわらかい。まるで普段のショーツをはいているかのよう! しっかりと包み込んでくれる安心感もあります。布ナプキンの取り替えに最初こそ戸惑いましたが、リモートワークが中心になっている今はまったく問題なし。

ブルーデイもおしゃれに自分らしく

何より、シンプルなデザインが多い吸水ショーツのなかで、フロントからバックにかけて上質なサイドレースをあしらった女らしいデザインは、気分がアガる! ぴったりしたボトムスにも響きずらいので、お仕事シーンでも頼りになりますよね。

初めて吸水ショーツを、ということであれば、履き心地もデザインも優秀な〝ayame(アヤメ)〟の分離型吸水ショーツを強くおすすめしたいです。

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題

 

 

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事