Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONおしゃれプロ

2022.03.22

どうしてこんなに心が躍るのか!【TSURU By MARIKO OIKAWA】の5cmヒールパンプス【Domani編集部のこれ好きトーク】

Domani編集部エディターが「これ欲しい!」「これが好き!」を心のままに伝えるエディター連載。今回はエディターOFUKUが無条件に好き!が止まらない【TSURU By MARIKO OIKAWA】の5cmヒールパンプスを紹介します。

Tags:

スニーカーに頼り慣れてしまった足元に、春の新風を吹き込むピンクのメッシュ!

無条件に心躍るアイテムって誰にでもあると思うんです。使い勝手とか、コスパとかそっちのけで、とにかくハートを持って行かれてしまう、偏愛アイテムというものが。

私にとって、それは「デコラティブなパンプス」なのですが、中でも“ツル バイ マリコ オイカワ”の靴は打率がとにかく高い。9割くらい。
思い返せば“ツル バイ マリコ オイカワ”に初めてであったのはもう15年くらい前のこと…。当時CanCamの新入社員だった私は、個性的なブランド名に興味を引かれ、そこからお姫様気分になれるキュートでリッチなデザインの虜になったのでした。

年を重ね、もう30代も後半になれど、その「かわいい好き」は健在。今でも”ツル”の靴を見るとトキメキゲージが満タンとなるのです。

▲パンプス¥25,300/TSURU By MARIKO OIKAWA

この春の本命は、イチゴ牛乳みたいなピンクと軽やかな気分を盛り上げるメッシュ素材とが、チアフルな一足。ピンクってネイビーにもグレーにも合う、万能カラーだと思うのです。着飽きたシンプルな黒パンツもたちまち新鮮顔になること間違いナシ。とはいえ、スニーカーと5本指ソックスに慣れきってしまった私の両足は、この美しい靴に足を入れるだけの復活を遂げることができるのでしょうか…? さてさて、乞うご期待です(だれも期待してない)。

画像ALT
Domani編集部デスク OFUKU 

ファッションデスク。クリーム大福くらい甘いといわれるコンサバな顔立ちゆえ、着る物はなるべくシンプルを心がけている。根っこはロマンティック好き。サブカルと猫とオンラインサロン担当。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事