Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY美容

2022.03.15

1543年から続く老舗薬局の目薬で、サヨナラ疲れ目!【Domani編集部のこれ好きトーク】

Domani編集部エディターが「これ欲しい!」「これが好き!」を心のままに伝えるエディター連載。今回はWEB担当のAYANOが老舗薬局の目薬をプッシュ!

Tags:

疲れ目に悩むエディターが愛してやまない目薬

目が疲れることが多くなってきました。「お肌の曲がり角」なんてのはとっくの昔に経験済みで、「体にガタがきた」なんてのも徐々に理解しはじめているけれど、ここにきて「目が疲れる」とは、いささかダメージが大きい。毎日何時間もスマホやPCの画面を見ているのだから、まぁ仕方ないと思っていた矢先、友達のwebエディターにおすすめしてもらったのが、1543年から続く老舗薬局・笠原十兵衛薬局の「雲切目薬」。

▲雲切目薬α 15ml ¥1,320(税込)[家伝薬 雲切目薬] ※笠原十兵衛薬局のHPから購入。

創業当時は軟膏を水に溶かして点眼していたらしく、改良を重ねて、今の形になったとか。生薬(オウバク)配合の透き通った黄色の液を、コンタクトを取った目に2~3滴ほど点眼。すると、じゅんじゅわ〜と生薬が目の奥まで行き渡るのを感じるのです。起床したら、雲が晴れるようなすっきり感。昨日までの疲れはどこへやら。スマホやPC画面を見る時間の長い人には、是非お試しいただきたい逸品です。

笠原十兵衛薬局

あわせて読みたい
▶︎美しいピンクに惚れ惚れしたフェンディの溺愛バッグ【Domani編集部のこれ好きトーク】
▶︎幻すぎて見つけたら即買い!「ファミマの靴下わかくさ色」【Domani編集部のこれ好きトーク】

画像ALT
Domani編集部 WEB担当 AYANO

ファッションメディアに携わることジュウウン年。お笑いと韓国カルチャーを語る時は少しだけ早口になります。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事