Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION瞬間風速的!大注目アイテム

2018.05.25

【GU】の¥1,990も!今旬ベイカーパンツはこうはく!コーデ6選

フロントに付いた縦型ポケットが特徴的なベイカーパンツが、この春夏、人気急上昇。カーゴよりもスッキリはけて、デニムよりも新鮮なところがおしゃれな人たちにウケているよう。Domani世代なら、色も合わせもベーシックにまとめて、品のよさをキープして着こなすのがオススメ。マンネリに陥りやすい大人の休日カジュアルを、この春夏はベイカーパンツがアップデートしてくれる!

Tags:

ベイカーパンツ × ライダースジャケット

ベイカーパンツは…『GU』
¥1,990

ベイカーパンツといえば、ストレートやテーパードが主流の中、ワイドシルエットが今年らしくて新鮮な一本。ゆったりとしたはき心地でありながら、腰回りはすっきりきれいめ。パンツのべージュとなじみのいい、ブラウンスエードのライダースジャケット&サフランイエローのオープントウパンプスで、洗練度の高い配色に。共布ベルト付きパンツ¥1,990(GU) ジャケット¥42,000・ニット¥15,000(ソルト〈ソルト ブルー〉)サングラス¥45,000(SUNRISE〈カトラー アンド グロス〉) バングル¥75,000(デューン〈アナザー フェザー〉)リング¥50,000(ハルミ ショールーム〈AKIRA NAKA〉)バッグ¥37,000(メゾン イエナ〈アヴリル ゴウ〉) 靴¥49,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ペリーコ〉)

ベイカーパンツ × ストライプTシャツ

ベイカーパンツは…『ADAM ET ROPÉ』
¥15,000

目の詰まったしっかりとした生地感や深めの股上など、正統派のディテールを備えたスタンダードなベイカーパンツ。深いカーキは、ネイビーのボーダーTシャツと好相性。アクセント効果もある赤のちびショルダーやタッセル付きシューズで、大人かわいい印象にまとめて。パンツ¥15,000(アダム エ ロペ)〝ブラクトメント〟のカーディガン¥12,000・〝ジム フレックス〟のTシャツ¥5,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング ルミネ新宿店)ネックレス¥464,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈jessica Biales〉)ベルト¥16,600(シップス 有楽町店〈メゾン ボワネ〉)バッグ¥52,000(CPR TOKYO〈レフラー ランダル〉)靴¥42,000(ミントデザインズ)

ベイカーパンツ × ホワイトトップス

ベイカーパンツは…『CONVERSE TOKYO』
¥16,000

ベイカーパンツの中でも、端正でトライしやすいネイビーブルー。カジュアルな着こなしももちろんハマるけれど、ブルートーン&白のクールな色合わせで、爽やかで知的な印象に仕上げれば、大人にふさわしいきれいめカジュアルが完成。落ち感のあるドロップショルダーのブラウスで、少しドレッシーさを醸すのがポイント。パンツ¥16,000(コンバース トウキョウ 二子玉川〈コンバース トウキョウ〉)ブラウス¥19,000(ギャルリー・ヴィー 丸の内店〈ギャルリー・ヴィー〉)ネックレス¥126,000(マリハ)バングル¥13,000(シップス アトレ恵比寿店〈アデル ビジュー〉)バッグ¥16,000(スティーブン アラン トーキョー〈センシ スタジオ〉) 靴¥46,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈ネブローニ〉)

ベイカーパンツ × リブニットカーディガン

ベイカーパンツは…『THE SHINZONE』
¥19,000

センタープレスの効いた、鮮度満点の真っ白な一本。全体をモノトーンでまとめると、ベイカーパンツのカジュアルな印象をぐっとモダンに一新。コンパクトなリブニットと、リラックス感のあるパンツとのエフォートレスシックなバランスが、女性らしさとおしゃれな雰囲気を漂わせてくれる。パンツ¥19,000(Shinzone ルミネ有楽町〈ザ シンゾーン〉)カーディガン¥38,000(ビームス ハウス 丸の内〈マディソンブルー〉)サングラス¥40,000(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)〝ルーカス ジャック〟のリング¥12,500・〝レフラー ランダル〟のバッグ¥58,000(CPR TOKYO)靴¥73,000(ビオ トープ〈ニナ リッチ〉)

ベイカーパンツ × スウェットパーカ

ベイカーパンツは…『green label relaxing』
¥7,900

シックなダークネイビーのベイカーパンツ。プレーンなデザインで、ちょっぴりマニッシュな印象の一本は、メランジグレーのパーカと王道の組み合わせを。ただし、ヌーディカラーのキャミソールやバレエシューズで少しだけ〝肌見せ〟するのが大人のルール。首もとにスカーフを巻くなど、女性らしさを演出する小物使いも肝。フェミニンなモードを加えて。パンツ¥7,900(ユナイテッドアローズグリーンレーベル リラクシング  ルミネ新宿店〈グリーンレーベル リラクシング〉)パーカ¥15,800(Shinzone ルミネ有楽町〈ザ シンゾーン〉)キャミソール¥12,000(PHEENY)〝イリスフォーセブン〟のイヤリング¥12,000・〝チェンバー〟の靴¥27,000(ビームス ハウス 丸の内)リング¥70,000(ハルミ ショールーム〈AKIRA NAKA〉)スカーフ¥12,000(エストネーション〈マニプリ〉)バッグ¥98,000(アマン〈ザネラート〉)

ベイカーパンツ × ネイビーブレザー

ベイカーパンツは…『nano·universe』
¥9,000

元々ワークウエアから派生しているから、トラッドなアイテムと相性抜群のベイカーパンツ。プレーンなベージュの一本こそ、人気復活の紺ブレとの組み合わせに挑戦するには最適。ただし、かしこまりすぎを避けるため、紺ブレのそではプッシュアップ、パンツのすそはロールアップするのが正解。ミュールや大ぶりのアクセサリーで、休日感を盛り上げて。パンツ¥9,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉)ジャケット¥39,000(Shinzone ルミネ有楽町〈ザ シンゾーン〉)タンクトップ¥7,000(ギャルリー・ヴィー 丸の内店〈ギャルリー・ヴィー〉)イヤリング¥7,000(アダム エ ロペ〈アレクサンドリン パリ〉)ネックレス¥50,000(スティーブン アラン トーキョー〈エスポワール〉)バッグ¥36,000(メゾン イエナ〈ラドロー〉)靴¥55,000(CPR TOKYO〈レフラー ランダル〉)

Domani4月号 『週末は「ベイカーパンツ」で出かけよう』より
本誌取材時スタッフ:撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/安西こずえ ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/中村了太(3rd) モデル/小泉里子(本誌専属) 構成/山田菜見子(husband.) 撮影協力/hocus pocus、walts、INTERMECCANICA


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事