Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.05.25

パンツコーデ45選【夏おすすめ】| 30代40代女性ファッション

夏におすすめのレディースパンツコーデを大特集!人気のワイドパンツを取り入れた夏コーデや、色別(黒・グレー・カーキ・ネイビー・キャメル)パンツコーデをご紹介します。ユニクロ(UNIQLO)、ジーユー(GU)のアイテムを使ったコーデもピックアップ。

Tags:

【目次】
ワイドパンツの夏コーデ
夏におすすめの黒パンツコーデ
夏におすすめのグレーパンツコーデ
夏におすすめのカーキパンツコーデ
夏におすすめのネイビーパンツコーデ
夏におすすめのキャメルパンツコーデ

ワイドパンツの夏コーデ

【1】白タンクトップ×ピンクワイドパンツのアスレジャーコーデ

【1】白タンクトップ×ピンクワイドパンツのアスレジャーコーデ

ジャケットを着ていても、体を鍛えているような健康的でポジティブなイメージを与えるのがスポーツミックスの魅力。適度な肌見せで軽やかに。

[Domani5月号 109ページ] ジャケット¥35,000(フラデリ) タンクトップ¥10,000(Theory) パンツ¥90,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) バングル¥30,000(デューン〈アナザー フェザー〉) リング¥140,000(CADEAUX伊勢丹新宿店〈CADEAUX〉) バッグ¥42,000(UNIT&GUEST〈レベッカミンコフ〉) 靴¥5,500(CHARLES& KEITH)

【2】ユニクロの黒ニット×ギンガムチェックワイドパンツ

【2】ユニクロの黒ニット×ギンガムチェックワイドパンツ

タイトなニットをワイドパンツと合わせて、メリハリを。差し色にもなる鮮やかなグリーンをベルトで差し、春らしいフレッシュな空気を纏って。

[Domani5月号 100ページ] パンツ¥26,000(martinique Le Conte福岡〈マルティニーク〉) ニット¥1,000(UNIQLO) サングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ベルト¥13,000(martinique Le Conte福岡〈メゾン ボワネ〉) イヤリング¥6,500(アダム エロペ〈アレクサンドリン パリ〉) バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥33,000(レリタージュ マルティニーク〈ヴァジック〉)

【3】カーキカットソー×赤ワイドパンツ

【3】カーキカットソー×赤ワイドパンツ

深みのある赤、ウエストのゴールドボタン、きちんと感漂うポリエステルウール、計算されたワイドシルエット…。女らしくはけるツボが満載の赤いパンツ。一見、難易度の高いアイテムだけど、オーラのある大人の女なら大丈夫!色あせたようなカーキのリブカットソーで気負いなく着こなすのがかっこいい。

[Domani5月号 65ページ] カットソー¥12,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈アール ジュビリー〉) パンツ¥23,000(アルアバイル) ピアス¥68,000(ショールーム セッション〈ヒロタカ〉) バッグ[小]¥111,000・[大]¥162,000・大きいバッグに付けたキーチャーム¥29,000・靴¥83,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) ストール¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)

【4】白ブラウス×白カーディガン×白ワイドパンツ

【4】白ブラウス×白カーディガン×白ワイドパンツ

ハイトーンだから叶う大人のスポーティスタイル。リュックが印象的なコーディネートだけど、トップスはカットソーでなくブラウス。このきれいめな選択が、着こなしを大人っぽく見せるかどうかのボーダーラインに。ニットやパンツも白を選びつつ、あえてブラウスとトーンを微妙にずらして。〝白〟の中でつくるグラデーションが、着こなしに陰影を生み出してくれるから。

[Domani8月号 57ページ] ブラウス¥22,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) 肩にかけたカーディガン¥22,000(wb) パンツ¥19,000(プルミエ アロンディスモンNEWoMan 新宿〈プルミエ アロンディスモン〉) サングラス¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥22,000(アガット) バッグ¥6,800(アウトドアプロダクツカスタマーセンター〈アウトドアプロダクツ〉) 靴¥18,000(エヌディーシージャパン〈ラ テナーチェ〉)

【5】ノースリーブ黒カットソー×ストライプワイドパンツ

【5】ノースリーブ黒カットソー×ストライプワイドパンツ

マルチストライプと効果的な黒使いでたっぷりワイドパンツをスマートな印象に。とびきり辛口なモノトーンのパンツスタイル。ボリューム大のワイドパンツはノースリトップスをタックインして華奢見えと腰高を意識。楽ちんオフスタイルとは一線を画す、スパイシィ&モードな週末カジュアルに。

[Domani8月号 49ページ] ベルト付きパンツ¥18,500(ELENDEEK) カットソー(パンツとセットで)¥7,990(PLST) サングラス¥39,000(ミラリ ジャパン〈プラダ〉) バングル¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈メゾン ボネ〉) バッグ¥13,000(ノーブル ルミネ新宿店〈ザ ジャクソンズ〉) 靴¥27,000(フィガロ パリ東京ミッドタウン店〈イル サンドロ オブ カプリ〉)

【6】ノースリーブ青ニット×ストライプワイドパンツ

【6】ノースリーブ青ニット×ストライプワイドパンツ

ブルーと白とストライプ…青空に負けない爽快感は最高!ストライプ柄のワイドクロップドは、トップスを同色でまとめて夏らしさを際立たせて。楽ちんな足元で抜けをつくれば、ほんのりモードに仕上がって。

[Domani8月号 44ページ] ベルト付きパンツ¥12,037・ニット¥7,315(バナナ・リパブリック) ピアス¥28,000(プラージュ 代官山店〈クォーリー〉) 時計¥40,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ラーソンアンドジェニングス〉) バッグ¥46,000・キーリング¥14,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥39,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【7】白シャツ×黄色ワイドパンツ

【7】白シャツ×黄色ワイドパンツ

印象深い濃密なイエローはワイドパンツでキレよく投入。白シャツを合わせたシンプルかつクリーンな装いに、こっくりとしたイエローが一段と際立って。斜めに入ったタックがお腹周りのカバーに◎という、スタイルアップに効くデザインも見逃せない。

[Domani8月号 35ページ] パンツ¥7,990(YECCA VECCA 新宿〈YECCA VECCA〉) シャツ¥19,000(アンタイトル エッセンシャルクルー) チョーカー¥42,000(ショールーム セッション〈マリア ブラック〉) バッグ¥59,000(ハリス代官山店〈ドラゴン〉) 靴¥28,000(銀座ワシントン銀座本店〈ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン〉)

【8】ネイビーブラウス×オレンジワイドパンツ

【8】ネイビーブラウス×オレンジワイドパンツ

オレンジ×ネイビーの強めのコントラストが今季らしい。オレンジのタックパンツは、活き活きと働く女性を象徴するアクティブなアイテム。お互いの色を引き立て合う配色で、小気味のいいお仕事スタイルに。

[Domani8月号 26ページ] パンツ¥39,000(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉) ブラウス¥17,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) ピアス¥1,590(KOE 自由が丘店〈KOE〉) バッグ¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈ケイト・スペード ニューヨーク〉) 靴¥23,000(モード・エ・ジャコモ〈メダ〉)

【9】水色シャツ×ハイウエスト白ワイドパンツ

【9】水色シャツ×ハイウエスト白ワイドパンツ

ファスナーがサイドに付き、ヒップ回りがすっきりしているハイウエストのワイド。とろみ素材のしなやかな揺れが、リッチでお値打ち。

[Domani7月号 59ページ] パンツ¥5,546(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉) シャツ¥9,800(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈ユニバーサルランゲージ〉) バングル[そで側]¥20,000(DES PRÉS 丸の内店〈IRIS 47〉) [手首側]¥15,000(SILVER SPOON) 時計¥30,000(アガット) バッグ¥92,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈エレナ ギゼリーニ〉) スカーフ¥9,000(ANAYI) 靴¥26,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

夏におすすめの黒パンツコーデ

【1】ネイビーレースプルオーバー×デニム黒パンツ

【1】ネイビーレースプルオーバー×デニム黒パンツ

しっとりとした着心地で、ストレッチが効いているので窮屈感もない優秀デニム。エレガントになりがちなレーストップスを、ブラックデニムでカジュアルダウン。

[Domani6月号 48ページ] パンツ¥32,000(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン〈シチズンズ・オブ・ヒューマニティ〉) プルオーバー[キャミソール付き]¥6,400(ケービーエフ プラス ルミネ有楽町店〈KBF+〉) ピアス¥2,990(AG バイ アクアガール〈AG バイ アクアガール〉) ネックレス¥2,130(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥56,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥44,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【2】ベージュブラウス×白カーディガン×黒パンツ

【2】ベージュブラウス×白カーディガン×黒パンツ

やわらかいはき心地で人気の〝マザー〟のブラックスキニーなら、長時間のオフィスワークも楽ちん。胸元のレースアップがフェミニンなベージュブラウスでリラックス感を漂わせて。

[Domani6月号 49ページ] パンツ¥31,000(サザビーリーグ〈マザー〉) ブラウス¥16,000(アクアガール丸の内〈アクアガール〉) 手持ちのカーディガン¥26,000(エッセン.ロートレアモン) 眼鏡¥43,000(オリバーピープルズ 代官山〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥32,000(ル タロン丸の内店〈オルセット〉) 靴¥16,000(ダイアナ銀座本店〈ダイアナ〉) インナー/私物

【3】カーキシャツ×黒フラット靴×テーパード黒パンツ

【3】カーキシャツ×黒フラット靴×テーパード黒パンツ

とにかく楽チンなウエストゴムパンツも、黒のテーパードシルエットなら見た目はハンサム。アンクルストラップのフラット靴でレディな味つけに。

[Domani6月号 93ページ] パンツ¥37,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 靴¥24,815(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉) シャツ¥25,000(カイタックインターナショナル〈ジミー タヴァニティ〉) ピアス¥22,000(TOMORROWLAND〈LIZZIE FORTUNATO〉) 〝ガブリエラ アーティガス〟のバングル¥34,000・〝ラーソンアンドジェニングス〟の時計¥42,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店) バッグ¥46,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ヴァシック〉)

【4】赤カットソー×GUのワイド黒パンツ

【4】赤カットソー×GUのワイド黒パンツ

「この企画を担当して、とにかく驚愕したのが〝GU〟のクオリティ。今年ははっきりした色がトレンドですが、それをよく捉えていて、発色自体もきれいです。流行のワイドパンツも、色が違うだけで全然違うものに見えるから、2枚買うのもよし。今年だけのトレンドカラーを選んでも、このプライスなら惜しくありませんよね」

[Domani7月号 33ページ] パンツ¥1,990(GU) カットソー¥7,800(ノーリーズ&グッドマン銀座本店〈ノーリーズ〉) ジャケット¥8,241(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) イヤリング¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店〈センスオブプレイス〉) バングル¥32,000(ヴァンドームヤマダ〈スタイルエイティーワン〉) バッグ¥5,900(アンビリオン〈カシュカシュ〉) 靴¥7,990(PLST)

【5】白ブラウス×パンプス×黒パンツ

【5】白ブラウス×パンプス×黒パンツ

「通勤仕様のアイテムを探すなら、〝バナナ・リパブリック〟がオススメ。『安くていい服』ってカジュアル系が多いけれど、ここは比較的きちんと感のあるものがそろっています。中でも今シーズンはトップスに注目。これもお腹まわりをカバーするシルエットが大人向きです。今まで着たことのないデザイン、色に挑戦できるのは、『安くていい服』のいちばんの利点ですよね」

[Domani7月号 33ページ] ブラウス¥6,389(バナナ・リパブリック) パンツ¥8,800(ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ディ スティル〉) ネックレス¥1,690(KOE 自由が丘店〈KOE〉) バングル¥16,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) バッグ¥15,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈ムーニュ〉) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

【6】ベージュブラウス×赤カーディガン×黒パンツ

【6】ベージュブラウス×赤カーディガン×黒パンツ

ゆるシルエットのブラウスをさらり定番のスティックパンツに表情を添えて。細身パンツと合わせるといい「間」が生まれて。

[Domani7月号 124ページ] ブラウス[セットアップ価格]¥13,000(PLST) パンツ¥18,000(ロートレアモン) 肩かけしたカーディガン¥1,990(イマージュ/セシール〈イマージュ〉) ピアス¥35,000(クーゲ自由が丘本店〈クーゲ〉) 眼鏡¥21,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バッグ¥15,000(ショールーム セッション〈Liberty Bell〉) 靴¥25,741(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【7】白Tシャツ×赤スニーカー×黒パンツ

【7】白Tシャツ×赤スニーカー×黒パンツ

女度MAXな色だから、気張らずに身につけたい…、そんなときは〝コンバース〟!オーソドックスなデザインとエネルギッシュな色といった、意外性のある組み合わせを、大人の余裕で、さりげなく履きこなすのが快感。辛口なモノトーンスタイルに合わせれば、カジュアルなスニーカーもキレよく決まる。

[Domani8月号 40ページ] 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) Tシャツ¥11,000(ザ テント代官山店〈マルシャル・テル〉) パンツ¥29,000(Theory luxe) 腰に巻いたブルゾン¥95,000(アルアバイル) サングラス¥47,000(シャネル アイウェア事業部〈シャネル〉) バングル¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店〈センスオブプレイス〉) バッグ¥63,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

【8】黄色ボーダーTシャツ×ワイド黒パンツ

【8】黄色ボーダーTシャツ×ワイド黒パンツ

イエローボーダーのTシャツでマリンスタイルを今年気分にアップデート。ワントップス×ワンボトムのシンプルな着こなしも、イエローのボーダーならとびきりフレッシュ。コンパクトTなら、注目のセーラーパンツとのバランスも格別。

[Domani8月号 45ページ] Tシャツ¥4,000(プチバトー・カスタマーセンター〈プチバトー〉) パンツ¥16,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈セラー ドアー〉) イヤリング¥5,834(アビステ) サングラス¥25,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バングル¥19,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥130,000(グローブ・トロッター 銀座〈グローブ・トロッター〉)

夏におすすめのグレーパンツコーデ

【1】赤ブラウス×デニムグレーパンツ

【1】赤ブラウス×デニムグレーパンツ

夜のお出かけも張り切りすぎないデニムスタイルで、ステディの余裕を漂わせたいところ。太ももがシュッとしてひざ下がスラリと見えるスリムストレート。スモーキーレッドのオフショルブラウスを合わせると、簡単なコーディネートながら〝気合いが入りすぎてないけど、なんだかおしゃれな彼女〟という雰囲気に。

[Domani6月号 53ページ] パンツ¥24,000(リベット・アンド・ブルー) トップス¥26,000(Theory) ピアス¥50,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉) バングル¥45,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) バッグ¥249,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ・ヴィヴィエ〉) 靴¥106,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【2】白Tシャツ×フラット靴×デニムグレーパンツ

【2】白Tシャツ×フラット靴×デニムグレーパンツ

グレーデニムは…カジュアル感セーブに使えますカジュアルトップスの定番的存在の白T。グレーデニムにすることで、ブルーデニム合わせよりも深みが生まれて大人っぽくキマる。じゃらっと華やかなパールアクセでドレスアップを。

[Domani6月号 55ページ] パンツ¥34,000(エージー ジャパン〈AG〉) Tシャツ¥18,000(コロネット〈エー・エル・シー〉) サングラス¥42,000(リエート〈バートン ぺレイラ〉) ネックレス¥4,500(Soffi tto) チョーカー¥6,900(アンタイトル) バッグ¥14,000(レキップ) 靴¥29,000(ドレステリア 京都店〈ポルセリ〉)

【3】水色トップス×白パンプス×ワイドグレーパンツ

【3】水色トップス×白パンプス×ワイドグレーパンツ

ほんのりマリンテイストに仕上げれば気負わずこなれて見えるパンツスタイルに。忙しい朝、ワントップス×ワンボトムで完成された着こなしに仕上げたい、それはきっとだれしも抱く願望。一枚で絵になるボリュームカットソーと軽やかにはける夏向きワイドパンツの上下は、バランスがいいだけでなく、スタイルアップも叶う最強コンビ。

[Domani6月号 134ページ] トップス¥13,000(LOUNIE/ルーニィ) パンツ¥28,000(オンワード樫山 〈BEIGE‚〉)バッグ¥22,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) ピアス¥7,195・ブレスレット[パール]¥9,528・ブレスレット[レザー]¥4,508・時計¥18,000(アビステ) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【4】ネイビーTシャツ×白ジャケット×グレーパンツ

【4】ネイビーTシャツ×白ジャケット×グレーパンツ

コンパクトで地厚なTシャツは、ビジネスシーンの硬質さに負けない上質感が魅力。グレーや白などの通勤ベーシックカラーと相性のいいネイビーは、合わせを選ばず一枚あると重宝。キラリとしたジュエリーの輝きをポイントにすれば、たちまち女らしさも兼ね備えて。

[Domani7月号 94ページ] Tシャツ¥6,400(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) ジャケット¥32,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLANDcollection〉) パンツ¥27,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) ネックレス¥42,000・ブレスレット¥38,000(ココシュニック) バッグ¥236,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

【5】水色カットソー×グレーパンツ

【5】水色カットソー×グレーパンツ

シンプルなパンツスタイルにブルーの清涼感が発揮される。ビッグサイズのプルオーバーは、肩の力を抜いて着られるのが魅力。そのサイズ感を生かしながら細身の麻混パンツと合わせると、着心地のよさとスタイルアップの両方を欲張れる。

[Domani8月号 32ページ] カットソー¥13,000(LOUNIE/ルーニィ) パンツ¥20,000(モロコバー 六本木ヒルズ店〈モロコバー〉) ネックレス¥125,000(カラットアー) ブレスレット¥13,000(チャン ルー ジャパン ショールーム〈チャン ルー〉) バッグ¥72,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥15,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【6】黄色レースブラウス×グレーパンツ

【6】黄色レースブラウス×グレーパンツ

夏の日差しの下鮮やかさがグッと増すイエローレース。内側は、肌当たりがさらっとしたカットソー素材で快適な着心地。イエローとレースが相まって、華やかさは十分。ライトグレーのタックパンツでクールダウンさせることで、通勤にふさわしいきちんと感を添えて。レースアップシューズでメンズライクに傾けた足元で、軽快さにも拍車をかけて。

[Domani8月号 34ページ] ブラウス¥20,000(ANAYI) パンツ¥7,990(PLST) バッグ¥62,000(FUN Inc.〈BELLMER〉) 靴¥32,000(ハイブリッジ インターナショナル〈MAURICE manufacture〉)

【7】ノースリーブ白ニット×デニムグレーパンツ

【7】ノースリーブ白ニット×デニムグレーパンツ

グレーデニムを白と合わせて上品なムードに。デニムのラフな印象を、白で知的に仕上げたスタイル。バッグはあえてネイビーをセレクト。黒ではない通な選択が、おしゃれ上級者の貫禄をアピールする。

[Domani8月号 56ページ] ニット¥27,000(Theory luxe) パンツ¥29,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉) リング[7連]¥37,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バングル[ゴールド]¥8,000・[シルバー]¥5,250(アビステ) ストール¥10,000(ショールームセッション〈ne Quittez pas〉) バッグ¥129,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥43,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈バルダン〉)

【8】白シャツ×タンクトップ×グレーパンツ

【8】白シャツ×タンクトップ×グレーパンツ

重量感あるフォルムでマニッシュな辛さを注入。厚めの白ソールがコントラストを生み出し、カジュアルすぎない都会的な表情に。ベーシックなシャツ×センタープレスパンツをこなれた印象にブラッシュアップ。

[Domani8月号 65ページ] 靴¥39,000(JEANPAULKNOTT 青山店〈JEANPAULKNOTT〉) シャツ¥13,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) タンクトップ¥1,200(ヘインズブランズ ジャパン〈ヘインズ〉) パンツ¥15,800(ホリデイ〈HOLIDAY×Dickies〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) チョーカー¥6,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈ソニア レーン〉) ブレスレット[5連]¥90,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥18,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉)

夏におすすめのカーキパンツコーデ

【1】白ジャケット×白カットソー×カーキパンツ

【1】白ジャケット×白カットソー×カーキパンツ

Domani世代の鉄板コンビ〝ジャケパン〟。それは安い服でも叶うけど、あまりにきちんと着すぎると、「いい服」には見えないことも。たとえばバッグをリュックにしてみて。こなれたムードを少し加えることで、着こなし全体に無理がなくなり、洗練度が高まるから。

[Domani7月号 31ページ] ジャケット¥4,999(H&M カスタマーサービス〈H&M〉) カットソー¥2,500(PLST) パンツ¥3,686(無印良品 池袋西武〈無印良品〉) めがね¥3,200(キャセリーニ) ピアス¥20,000(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店〈エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山〉) 時計¥24,000(ダニエル・ウェリントン 原宿〈ダニエル・ウェリントン〉) バッグ¥19,500(CPRTOKYO〈フリン〉) 靴¥28,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】ベージュアウター×白Tシャツ×カーキパンツ

【2】ベージュアウター×白Tシャツ×カーキパンツ

「プチプラは、素材や縫製が信頼できるものを選ぶので、自然とブランドは限られます。その中でも数本もっているパンツがこれで、テーパード気味なシルエットが女っぽく、お気に入り。いくら流行に挑戦しやすくても、手持ち服に合わないプチプラ服は、結局着なくなるので買いません」

[Domani7月号 35ページ] パンツ¥7,315(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) 共布ベルト付きアウター¥28,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) Tシャツ¥10,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉) 靴¥15,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) ネックレス/ジェム キングダム バングル/J NELSON バッグ/フェンディ バッグに付けたスカーフ/エルメス※以上私物

【3】ボーダーカットソー×ショートカーキパンツ

【3】ボーダーカットソー×ショートカーキパンツ

ショーパンとボーダーのボーイな着こなしは堂々とした大きな歩幅がよく似合う。ベースが白地で取り入れやすいオレンジボーダーのカットソーを、ファティーグショーツでアクティブにコーディネート。厚底サンダルでトレンド感とスタイリッシュさを盛り込めば子どもっぽさとは無縁の、大人のオフシーンにぴったりなヘルシーさ。

[Domani8月号 47ページ] カットソー¥9,000(プチバトー・カスタマーセンター〈プチバトー〉) パンツ¥11,800(ビショップ〈DANTON〉) サングラス¥24,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) ピアス¥80,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥15,800(&.NOSTALGIA) 靴¥31,000(FURLAJAPAN〈FURLA〉)

【4】ノースリーブ黄色ニット×白スニーカー×カーキパンツ

【4】ノーズリーブ黄色ニット×白スニーカー×カーキパンツ

お気に入りのスパークリングワインを持参して、友人宅でのBBQへ。水遊びしてる子供たちも楽しそう!BBQでは自然体のおしゃれを楽しんで。ベイカーパンツにイエローニットでアクティブに。

[Domani8月号 80ページ] ニット・スカート[セット価格]¥12,800(ROSE BUD 横浜店〈ローズ バッド〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ブレスレット¥10,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ナカモル〉) 靴¥6,500(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

【5】ボーダーニット×カーキパンツ

【5】ボーダーニット×カーキパンツ

走ったりしゃがんだりする日はワークパンツがベスト。キャップ&ボーダーニットでスポーティに振って。

[Domani8月号 82ページ] パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) ニット¥12,000(アンタイトル) 帽子¥6,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ピアス¥3,200(ジューシーロック〈JUICYROCK Original〉) ネックレス¥38,000(アガット) バッグ¥8,000(ユナイト ナイン〈A TWO PIPE PROBLEM LETTERPRESS〉) 靴¥15,500(アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店〈ミント アンド ローズ〉)

【6】フリル青ブラウス×ワイドカーキパンツ

【6】フリル青ブラウス×ワイドカーキパンツ

一枚でサマになるそで口フリルのトップスは大人の甘さがちょうどいい。うだるような暑さが続くと、おしゃれのテンションも下がりがち。だからこそ、レイヤードせずとも華やいで見える、そでラッフルの程甘トップスが威力を発揮して。素材は肌離れがよい清涼感のある夏向きのもの。透けにくさにもこだわっているので、オフィスでも安心。

[Domani8月号 140ページ] ブラウス¥13,000(ロートレアモン) パンツ¥28,000(オンワード樫山〈BEIGE‚〉) 時計¥25,000(ピークス〈Rosemont〉) ピアス¥2,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥22,000(レガロ)

【7】赤ブラウス×赤キャミソール×カーキパンツ

【7】赤ブラウス×赤キャミソール×カーキパンツ

「赤を重ねる」という新発想。色のトーンの差や、シルクコットンリブ×シルクという質感の違いによって、自然な奥行きが。ほのかな艶のあるカーキパンツでデイリーに。

[Domani5月号 64ページ] ブラウス¥28,000(FUN Inc.〈フォンデル〉) キャミソール¥16,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) バッグ¥38,000(トリッペン・チーバ二子玉川ライズS.C.店〈チーバ〉) 時計¥28,000(H.P.FRANCE〈インデュナ〉) バングル¥8,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ナカモル〉)

【8】GUの黒ブラウス×カーキパンツ

【8】GUの黒ブラウス×カーキパンツ

こなれ感のある襟抜きデザインの黒ブラウス。白レザー小物で抜けをつくるとよりシックに。

[Domani5月号 139ページ] ブラウス「フロントタックプルオーバー」¥1,490(GU) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) バッグ¥52,000(FURLAJAPAN〈FURLA〉) ストール¥4,500(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈アーバンリサーチ〉) 靴¥54,000(アマン〈ペリーコ〉) ブレスレット¥5,000(アビステ)

夏におすすめのネイビーパンツコーデ

【1】GUの水色オフショルブラウス×ネイビーパンツ

【1】水色オフショルブラウス×ネイビーパンツ

新しいトレンドに、つい躊躇してしまうDomani世代。「私に似合う?」それを確かめたいときこそ「安くていい服」の出番。オフショルブラウス、リボンベルトパンツ…。アクセサリーを控えめにすれば、大人でも十分着こなせる。

[Domani7月号 29ページ] ブラウス¥1,490(GU) ベルト付きパンツ¥8,300(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) ピアス¥2,500(DRWCYS) バッグ¥66,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) バッグに付けたスカーフ¥2,300(ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈ディ スティル〉) 時計¥43,000(アガット) 靴¥44,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

【2】黒プルオーバー×ボーダーカーディガン×ワイドネイビーパンツ

【2】黒プルオーバー×ボーダーカーディガン×ワイドネイビーパンツ

落ち着いた雰囲気ではけるダークネイビーのパンツは、さりげなく光沢のある素材。フロントに並ぶのは、マットな質感の金ボタン。こういう素材やディテールへのこだわりが、〝モニーク〟が信頼できるブランドである理由。

[Domani7月号 36ページ] カーディガン¥6,500・プルオーバー¥6,900・パンツ¥8,900(Monique) 時計¥28,000(アガット) バッグ¥63,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) バッグに付けたスカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【3】赤カットソー×ネイビーパンツのオフィスコーデ

【3】赤カットソー×ネイビーパンツのオフィスコーデ

顔のすぐ近くにくるゆえ、うっかりすると悪目立ちしてしまう赤トップス。こんなとろみ素材のシンプルな一枚なら、優しげ&エレガントな印象に。ネイビーパンツと白バッグに合わせて、〝大人のトリコロール〟をつくって。

[Domani7月号 46ページ] カットソー¥3,990(PLST) パンツ¥33,000(Theory luxe) いすに掛けたジャケット¥44,000(Theory) ピアス¥60,000・ブレスレット¥123,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) メガネ¥39,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) 時計¥22,000(ダニエル・ウェリントン 原宿〈ダニエル・ウェリントン〉) バッグ¥35,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈フリーン〉)

【4】ブラウンTシャツ×ワイドネイビーパンツ

【4】ブラウンTシャツ×ワイドネイビーパンツ

トップス、ボトムともに程よいゆとりが夏にうれしい、ブラウンTシャツ×ネイビーワイドパンツのスタイル。ダークカラーに軽さをプラスするのは、クリーンな白小物。肩の力が抜けたTシャツスタイルなら、ブレイクタイムにも自然な笑顔がこぼれて。

[Domani7月号 96ページ] Tシャツ¥15,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) パンツ¥18,000(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館〈ユナイテッドアローズ〉) メガネ¥28,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ブレスレット¥10,000(アングローバルショップ 表参道〈フィリップ オーディベール〉) バッグ¥210,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【5】黒タンクトップ×エスニック柄ネイビーパンツ

【5】黒タンクトップ×エスニック柄ネイビーパンツ

モードな雰囲気を醸す鮮度高めのイージーパンツ。大胆な柄とシックな配色が、モード感を漂わせるワイドパンツは、ウエストゴムのイージーデザイン。シワが気にならないとろみ素材で、着心地も快適だから、旅のワードローブにもうってつけ。黒のトップスに合わせるだけで決まる優秀選手。

[Domani8月号 71ページ] パンツ¥15,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) タンクトップ¥8,500(ロペ〈ロペ〉) 腰に巻いたジャケット¥13,800(Denime ルミネマン渋谷店〈Denime〉) ピアス[片耳]各¥36,000・リング¥90,000(カラットアー) バッグ¥33,000(muller of yoshiokubo) 靴¥19,000(ジェオックス ジャパン〈ジェオックス〉)

【6】緑ジャケット×ネイビーカットソー×ショートネイビーパンツ

【6】緑ジャケット×ネイビーカットソー×ショートネイビーパンツ

鮮やかなグリーンのノーカラージャケットは、シルクポリエステル。レディライクな雰囲気で通勤にもうってつけ。とはいえ、きれいにまとめすぎると老けて見える恐れも…。そこで、ネイビーのリブカットソーとタック入りショートパンツをコーディネート。適度なヘルシーさとカジュアルさが加わり〝都会的ないい女〟へと導いてくれる。

[Domani5月号 63ページ] ジャケット¥48,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) カットソー¥6,000(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店〈ルージュ・ヴィフ〉) パンツ¥26,000(ANAYI) ネックレス¥19,000(ココシュニック) ベルト¥22,000[参考価格](アマン〈アンボワーズ〉) バッグ¥29,000(フラッパーズ〈アロン〉)

夏におすすめのキャメルパンツコーデ

【1】ノースリーブ黒ブラウス×キャメルパンツ

【1】ノースリーブ黒ブラウス×キャメルパンツ

「昔、アルバイトしていた過去があるくらい〝Gap〟は好きです(笑)。ここはアメリカのカジュアルブランドらしい、大らかさやタフさが魅力。だからチノパンやデニム、オックスフォードシャツといった〝THE〟なアイテムが、やっぱり上手ですよね。ただし、コーディネートするときは、ラフにしすぎるとリッチに見えないので、トップスにはノースリーブブラウスといった、少し華のあるものを選ぶようにしています。すると大人の女性らしい、気負いのない、飾らないおしゃれが楽しめるんです」

[Domani7月号 32ページ] パンツ¥7,315(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) ブラウス¥5,463(バナナ・リパブリック) ピアス/ミリアムハスケル バッグ/ノーブランド 靴/ジャンヴィト・ロッシ※以上私物

【2】ギンガムチェックシャツ×ユニクロのキャメルパンツ

【2】ギンガムチェックシャツ×ユニクロのキャメルパンツ

「〝無印良品〟は、全体的に素材と価格のバランスが良心的。ただ、個人的にはハンサムな女性に似合うイメージが。私とはキャラが違うと思っていたのですが、たっぷりしたこのシャツは、着るだけでサマになる立体的なフォルムが好みでした。ギンガムチェックも夏らしくてヘルシー」

[Domani7月号 33ページ] シャツ¥2,769(無印良品 池袋西武〈無印良品〉) パンツ¥2,990(UNIQLO) イヤリング[右]¥18,000・[左]¥11,000/ともに片耳価格(ヴァンドームヤマダ〈スタイルエイティーワン〉) バングル[上]¥11,000(フラッパーズ〈アロン〉) [下]¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店〈センスオブプレイス〉) サングラス¥22,000(S&J〈リエティ〉) 靴¥21,000(ツル バイ マリコ オイカワ) バッグ/ロエベ※私物

【3】グレーTシャツ×青ニット×キャメルパンツ

【3】グレーTシャツ×青ニット×キャメルパンツ

軽快な表情のライトグレーTシャツには、リラックスムードのドロストパンツや鮮やかなロイヤルブルーのニットなど、ちょっぴり〝お気楽〟なアイテムとの相性GOOD。夏限定の通勤スタイルを楽しみたい。

[Domani7月号 98ページ] Tシャツ¥10,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) 肩にかけたニット¥27,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) パンツ¥29,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ネックレス¥40,000(ココシュニック) バングル¥14,000(Maison de Beige〈MAISON BOINET〉) バッグ¥14,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) 靴¥22,000(Essay ラゾーナ川崎店〈ファビオルスコーニ〉)

【4】キャメルブラウス×ワイドキャメルパンツ

【4】ベージュブラウス×ワイドキャメルパンツ

鎖骨がきれいに見える、スクエアネックのぺプラムブラウス。上品なキャメルのセットアップなら、キマリすぎない、優しい雰囲気が漂う。

[Domani7月号 109ページ] ブラウス¥12,000・パンツ¥14,000(TIARA) ピアス¥6,000(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ロバート リー モーリス〉) ネックレス¥138,000(ヴァンドームヤマダ〈ヴァンドーム青山〉) バングル¥29,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) リング¥98,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉) バッグ¥62,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

【5】キャメルブラウス×テーパードキャメルパンツ

【5】キャメルブラウス×テーパードキャメルパンツ

ネイビーや黒のパンツセットアップはよくあるけれど、キャメルは新鮮。夏の肌に映えるこの色は、白を合わせることでより魅力がアップ。さらっと着るだけでボディラインを上手にカバーするシルエットも◎。

[Domani7月号 127ページ] ブラウス¥11,000・パンツ¥13,000(TONAL) バッグ¥9,990(PLST) 靴¥26,667(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【6】黒トップス×白スニーカー×キャメルパンツ

【6】黒トップス×白スニーカー×キャメルパンツ

足首がのぞくテーパードシルエットには大きな一歩とビッグスマイルがよく似合う。程よいゆとりとすそすぼまりシルエットのパンツは、幅広いトップスに対応。ウエストゴムのうえ、手洗いにも対応するすぐれモノ。

[Domani7月号 127ページ] パンツ¥13,000・トップス¥12,000(TONAL) ピアス¥35,000・バングル¥12,000(クーゲ自由が丘本店〈クーゲ〉) 時計¥12,000(カシオ計算機 お客様相談室〈G-SHOCK〉) バッグ¥6,990(PLST) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事