Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.05.23

夏のきれいめカジュアルコーデ41選【レディース】| 30代40代女性ファッション

夏におすすめのきれいめカジュアルコーデを大特集!着回しのきくスカート・パンツ・トップスの夏カジュアルコーデをご紹介します。カジュアルコーデの定番アイテム、スニーカーを取り入れた夏コーデもまとめました。きれいめカジュアルにピッタリのワンピースコーデもピックアップ。

Tags:

【目次】
スカートのきれいめ夏カジュアルコーデ
パンツのきれいめ夏カジュアルコーデ
スニーカーのきれいめ夏カジュアルコーデ
トップスのきれいめ夏カジュアルコーデ
ワンピースのきれいめ夏カジュアルコーデ

スカートのきれいめ夏カジュアルコーデ

【1】半袖黒ニット×パープルのプリーツスカート

【1】半袖黒ニット×パープルのプリーツスカート

フェミニンなプリーツスカートに、チュールサンダルで抜け感を出して。「美脚効果が期待できる」と人気の、セットバック風ヒール。

[Domani5月号 180ページ] 靴[9]¥33,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉) ニット¥22,000(essence of ANAYI〈LES COYOTES DE PARIS〉) スカート¥14,000(ユニバーサルランゲージ たまプラーザテラス店〈ユニバーサルランゲージ〉) 〝マージョリー ベア〟のイヤリング¥9,500・〝エー・ヴィー・マックス〟のバングル¥5,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) バッグ¥17,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉) キャミソール/スタイリスト私物

【2】ノースリーブ赤ニット×カーキのチノ風スカート

【2】ノースリーブ赤ニット×カーキのチノ風スカート

背中が大胆に開いた、赤のノースリーブニット。カーキのチノ風スカートで色気をかっこよく振り切って。さらに、サックスブルーのジャケットやヘアゴムでマイルドさを少々。

[Domani5月号 64ページ] 〝Theory2.0〟のニット¥16,000・〝Theory〟のジャケット¥42,000(Theory) スカート¥39,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈エリン〉) へアゴム¥5,000(RHC ロンハーマン〈ジェニファー オーレット〉) 〝ザネラート〟のバッグ¥89,000・バッグに付けた〝アルテア〟のスカーフ¥25,000[参考価格](アマン) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【3】白カットソー×ピンクカーディガン×パープルロングスカート

【3】白カットソー×ピンクカーディガン×パープルロングスカート

女らしい色を掛け合わせた甘くも強いスカートスタイル。ボリュームスカート×バレエシューズという王道スタイル。同系色の掛け合わせ配色が、新鮮さと遊び心を醸し出して。暖色メインの配色にはクリーンな白が気持ちのいい抜けに。

[Domani5月号 52ページ] カットソー¥9,000(ドゥロワー 丸の内店〈フーラ〉) スカート¥45,000(マディソンブルー) 手に持ったカーディガン¥4,900(CLEAR IMPRESSION) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) 時計¥85,000(栄光時計〈サントノーレ〉) バッグ¥75,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥24,000(フラッパーズ〈スペルタ〉)

【4】黒カーディガン×水色シャツ×ドットロングスカート

【4】黒カーディガン×水色シャツ×ドットロングスカート

色のコントラストで強めに見えるモノトーン柄は、小ぶりの柄を選ぶと品よく、すっきりと見えるのがポイント。一見、ガーリーなドットスカートは、ノースリーブの肌見せ感とインパクト小物で〝不真面目〟に着くずして、ガールズトークが盛り上がる夜遊びスタイルに。

[Domani5月号 48ページ] スカート¥21,000(INÉD) カーディガン¥23,500(シック〈タン〉) シャツ¥28,000(マディソンブルー) イヤリング¥11,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈イリス47〉) バッグ¥202,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥83,000(シジェーム ギンザ〈ジル サンダー〉)

【5】ネイビープルオーバー×ピンクフレアスカート

【5】ネイビープルオーバー×ピンクフレアスカート

プリーツの幅が途中で切り替わったひとくせデザインが大人顔のスカートが主役。程よくカジュアルなスエット素材のトップスが、気安く話しやすい雰囲気を醸し出して。やや力の抜けたスカートスタイルには、かっちりめの小物を合わせて、オフィスから浮かない緊張感をキープ。

[Domani5月号 45ページ] スカート¥25,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) プルオーバー¥25,000(ボウルズ〈ハイク〉) 眼鏡¥27,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ネックレス¥120,000(アイワ〈carat a〉) バッグ¥50,000(ANAYI) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

【6】ノースリーブ黄色ニット×黄色タイトスカート

【6】ノースリーブ黄色ニット×黄色タイトスカート

おしゃれに映えるニットアップを、休日はリュックでカジュアルダウン。

[Domani8月号 83ページ] ニット・スカート[セット価格]¥12,800(ROSE BUD 横浜店〈ローズ バッド〉) ニット・スカート[セット価格]¥12,800(ROSE BUD 横浜店〈ローズ バッド〉) バッグ¥12,000(アリガインターナショナル〈ケルティ〉)サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)ピアス¥1,200・靴¥14,800(ROSE BUD 横浜店〈ローズバッド〉)バングル¥13,500(フレームワーク ルミネ新宿店〈フィオナ パクストン〉)

【7】白Tシャツ×赤フレアロングスカート

【7】白Tシャツ×赤フレアロングスカート

鮮やかなフレアスカートをロゴTでカジュアルに振って。

[Domani8月号 81ページ] Tシャツ¥7,000(ゲストリスト〈ハピネス〉) スカート[共布ベルト付き]¥16,000(INÉD) ブレスレット¥18,000(アパルトモン 青山店〈カミナンド〉) バッグ¥8,900(エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター〈エル・エル・ビーン〉) 靴¥30,000(フレームワークルミネ新宿店〈バルー パジェス〉) ピアス¥3,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)

パンツのきれいめ夏カジュアルコーデ

【1】ドットブラウス×ベージュパンツ

【1】ドットブラウス×ベージュパンツ

ドットブラウスとライン入りパンツ。少し攻めた組み合わせが、洗練された街には似合う。キャスケットやピンクのバッグで盛り上げて。

[Domani5月号 119ページ] ブラウス[Domaniコラボ]¥14,000・パンツ[Domaniコラボ]¥18,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) 帽子¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ロック アンド コー〉) ネックレス¥239,000・リング¥603,000(TASAK〈I TASAKI by MHT〉) バッグ¥165,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉) 靴¥109,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉)

【2】Vネック白トップス×ピンクパンツ

【2】Vネック白トップス×ピンクパンツ

トップスのVあきと透け感のある素材で、軽やかな装いに。スタイリングは、トップスとパンツのワンツーコーディネートでありながら、ピンクのパンツでこなれて。

[Domani5月号 101ページ] パンツ¥26,000(エストネーション〈エストネーション〉) トップス¥4,620(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉) バッグ¥9,200(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉)

【3】青カーディガン×青ニット×チェックパンツ

【3】青アンサンブルニット×チェックパンツ

マニッシュなチェックパンツに涼しげブルーのアンサンブルが映えて、ハンサムな女らしさが漂う。

[Domani5月号 84ページ] パンツ¥32,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) 半そでニット¥18,000・カーディガン¥22,000(ANAYI) ピアス¥3,500(アビステ) リング¥85,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) ストール¥13,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈マリア-ニ〉) バッグ¥150,000(エストネーション〈ぺラン〉)

【4】緑ジャケット×ネイビーカットソー×ネイビーショートパンツ

【4】緑ジャケット×ネイビーカットソー×ネイビーショートパンツ

鮮やかなグリーンのノーカラージャケットは、シルクポリエステル。レディライクな雰囲気で通勤にもうってつけ。とはいえ、きれいにまとめすぎると老けて見える恐れも…。そこで、ネイビーのリブカットソーとタック入りショートパンツをコーディネート。適度なヘルシーさとカジュアルさが加わり〝都会的ないい女〟へと導いてくれる。

[Domani5月号 63ページ] ジャケット¥48,000(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND collection〉) カットソー¥6,000(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店〈ルージュ・ヴィフ〉) パンツ¥26,000(ANAYI) ネックレス¥19,000(ココシュニック) ベルト¥22,000[参考価格](アマン〈アンボワーズ〉) バッグ¥29,000(フラッパーズ〈アロン〉)

【5】白シャツ×黒スニーカー×グレーパンツ

【5】白シャツ×黒スニーカー×グレーパンツ

重量感あるフォルムでマニッシュな辛さを注入。厚めの白ソールがコントラストを生み出し、カジュアルすぎない都会的な表情に。ベーシックなシャツ×センタープレスパンツをこなれた印象にブラッシュアップ。

[Domani8月号 65ページ] 靴¥39,000(JEANPAULKNOTT 青山店〈JEANPAULKNOTT〉) シャツ¥13,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) タンクトップ¥1,200(ヘインズブランズ ジャパン〈ヘインズ〉) パンツ¥15,800(ホリデイ〈HOLIDAY×Dickies〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) チョーカー¥6,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈ソニア レーン〉) ブレスレット[5連]¥90,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥18,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉)

【6】ノースリーブ黒カットソー×ストライプワイドパンツ

【6】ノースリーブ黒カットソー×ストライプワイドパンツ

マルチストライプと効果的な黒使いでたっぷりワイドパンツをスマートな印象に。とびきり辛口なモノトーンのパンツスタイル。ボリューム大のワイドパンツはノースリトップスをタックインして華奢見えと腰高を意識。楽ちんオフスタイルとは一線を画す、スパイシィ&モードな週末カジュアルに。

[Domani8月号 49ページ] ベルト付きパンツ¥18,500(ELENDEEK) カットソー(パンツとセットで)¥7,990(PLST) サングラス¥39,000(ミラリ ジャパン〈プラダ〉) バングル¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈メゾン ボネ〉) バッグ¥13,000(ノーブル ルミネ新宿店〈ザ ジャクソンズ〉) 靴¥27,000(フィガロ パリ東京ミッドタウン店〈イル サンドロ オブ カプリ〉)

【7】白ジャケット×ボーダートップス×ピンクパンツ

【7】白ジャケット×ボーダートップス×ピンクパンツ

美シルエットでリネン混と、プライス以上の実力を発揮してくれる〝プラステ〟のジャケット。ボーダートップス×ピンクパンツのカジュアルな着こなしをきちんとまとめて。

[Domani7月号 60ページ] ジャケット¥13,000(PLST) カットソー¥7,800(アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート1店〈オーシバル〉) パンツ[店舗限定]¥28,000(Theory) ピアス¥25,000・バングル[細]¥29,000・リング[薬指]¥48,000・[小指]¥20,000(ココシュニック) バングル[太]¥13,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥140,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈エムツーマレティエ〉) 靴¥46,000(シップス ディセントルーム ルミネ新宿店〈レペット〉)

【8】ベージュブラウス×黒スキニーデニムパンツ

【8】ベージュブラウス×黒スキニーデニムパンツ

やわらかいはき心地で人気の〝マザー〟のブラックスキニーなら、長時間のオフィスワークも楽ちん。胸元のレースアップがフェミニンなベージュブラウスでリラックス感を漂わせて。

[Domani6月号 49ページ] パンツ¥31,000(サザビーリーグ〈マザー〉) ブラウス¥16,000(アクアガール丸の内〈アクアガール〉) 手持ちのカーディガン¥26,000(エッセン.ロートレアモン) 眼鏡¥43,000(オリバーピープルズ 代官山〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥32,000(ル タロン丸の内店〈オルセット〉) 靴¥16,000(ダイアナ銀座本店〈ダイアナ〉) インナー/私物

【9】スモーキーピンクのブラウス×デニムパンツ

【9】スモーキーピンクのブラウス×デニムパンツ

なめらかな生地感とステッチが目立たない、オフィス向けのブルーデニム。スモーキーピンクのブラウスにカーディガンを肩掛けし、ブルーデニムとカーキサンダルでシックに落ち着かせて。

[Domani6月号 47ページ] パンツ¥19,000(カイタックインターナショナル〈マリベル ジーン〉) ブラウス¥15,000(アンタイトル) カーディガン¥16,000(メゾン イエナ〈イエナ〉) ピアス¥18,000(NOJESS) バングル¥19,000(アングローバルショップ 表参道〈チャン ルー〉) バッグ¥63,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥33,000(ショールーム セッション〈EXTRAORDINARY JANE〉)

スニーカーのきれいめ夏カジュアルコーデ

【1】白Tシャツ×ピンクパンツ×白スニーカー

【1】白Tシャツ×ピンクパンツ×白スニーカー

とろみのある光沢素材とピンクの相乗効果で、女らしさを最大に引き出して。ロゴTを軸に、スニーカー&バッグを白で統一してクリーンな印象をキープ。キャップのスポーティな味つけも今季らしい。

[Domani5月号 61ページ] パンツ¥7,900・帽子¥2,900(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) カーディガン¥30,000(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉) Tシャツ¥10,000(メゾン イエナ〈ザ ニューハウス〉) 時計¥28,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) リング¥3,200(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) バッグ¥178,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&Mデヴィッドソン〉) 靴¥15,000(ショールーム セッション〈Sissi〉)

【2】グレータンクトップ×キャメルロングスカート×黒スニーカー

【2】グレータンクトップ×キャメルロングスカート×黒スニーカー

モードっぽさが香るマットな質感の黒レザースニーカー。流行中のロングスカートも、足元をスニーカーにすると休日らしい軽快さが宿ります。〝ニューバランス〟のスポーティなデザインをコーディネートのアクセントに。黒レザーならハズしすぎず、大人っぽさも兼備できる。

[Domani8月号 65ページ] 靴¥13,800(エミ ニュウマン新宿店〈ニューバランス〉) タンクトップ¥8,000(ドメニコアンドサビオ) スカート¥20,000(フレームワーク 自由が丘店〈ラミ〉) ネックレス¥38,000(H.P.FRANCE〈WOUTERS&HENDRIX〉) バングル¥8,000(アビステ) バッグ¥75,000(beautiful people 青山店〈beautiful people〉)

【3】グレーニット×花柄タイトスカート×黒スニーカー

【3】グレーニット×花柄タイトスカート×黒スニーカー

華やかなタイトスカートを黒キャンバススニーカーでアーバンサーフ気分に。ベーシックな〝VANS〟の『オーセンティック』。肩ひじ張らないラフさで、カラフルなタイトスカートをデイリー仕様にシフト。

[Domani8月号 65ページ] 靴¥4,500(VANS JAPAN〈VANS〉) ニット¥20,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) 肩に巻いたニット¥14,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) スカート¥16,000(シュガー・マトリックス〈イチエ〉) バングル¥5,250(アビステ) リング¥19,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈イマイ〉) バッグ¥12,000(オットダム銀座店〈オットダム〉)

【4】黒ニット×青ワイドパンツ×黒スニーカー

【4】黒ニット×青ワイドパンツ×黒スニーカー

ハイテク系スニーカーのひとクセが、今どきな着こなしへ導く。パリジェンヌをイメージしたコンパクトニット×ワイドパンツ。スポーティな黒スニーカーで、あえてハズすのが今夏っぽい。

[Domani8月号 64ページ] 靴¥13,000(ナイキ カスタマーサービス〈ナイキ スポーツウェア〉) ニット¥30,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) パンツ¥34,000(beautiful people 青山店〈beautiful people〉) 帽子¥25,000(GALERIE VIE 丸の内店〈CLYDE〉) ピアス¥8,556・ブレスレット¥8,167(アビステ) 時計[本体]¥15,000・[ストラップ]¥4,000(メーカーズ ウォッチ ノット) バッグ¥135,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

【5】白トップス×黒ショートパンツ×白スニーカー

【5】白トップス×黒ショートパンツ×白スニーカー

パンチング素材の白スニーカーでスポーティな味付けを。スポーティな白のパンチングスニーカー。ショートパンツも辛口小物で、子供っぽさを回避して。

[Domani8月号 63ページ] 靴¥13,800(丸大〈ポニー〉) トップス¥11,000(ゲストリスト〈ルミノア〉) パンツ¥35,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 帽子¥38,500(ウィム ガゼット 丸の内店〈JANESSA LEONE〉) ベルト¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈メゾン ボワネ〉) ピアス¥8,750(アビステ) バッグ¥98,000(八木通商〈ジェローム ドレフュス〉)

【6】半袖黒ニット×デニムパンツ×黒スニーカー

【6】半袖黒ニット×デニムパンツ×黒スニーカー

シアーなニット×デニムのカジュアルな組み合わせに、あえてなめらかな黒レザーのハンサムなスニーカーを。素材の違いでメリハリを利かせ、都会的に仕上げて。

[Domani8月号 61ページ] 靴¥21,000(ストックマン〈ノーネーム〉) 〝エーピー ストゥディオ〟のニット¥18,000・キャミソール¥18,000・〝ラウラ ロンバルディ〟のバングル¥27,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) 〝MACPHEE〟のパンツ¥15,000・〝MAISON BOINET〟のブレスレット¥18,000(TOMORROWLAND) バッグ¥57,000(オスクレン 青山店〈オスクレン〉)

【7】白ワンピース×白スニーカーのカジュアルコーデ

【7】白ワンピース×白スニーカー

白のレースレススニーカーでヘルシーに。

[Domani8月号 60ページ] 靴¥44,000(Theory luxe〈ICEBERG〉) ワンピース¥29,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) 肩に巻いたカットソー¥25,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥21,000・バングル[ゴールド]¥29,000・リング[右手/人さし指]¥19,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) バングル[柄]¥42,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈カー&ロウ〉) リング[右手/中指]¥26,000(H.P.FRANCE〈SERGETHORAVAL〉) リング[左手]¥11,000(ストローラーPR〈マユ〉) バッグ¥14,000(レキップ)

【8】白Tシャツ×黒パンツ×コンバースの赤スニーカー

【8】白Tシャツ×黒パンツ×コンバースの赤スニーカー

女度MAXな色だから、気張らずに身につけたい…、そんなときは〝コンバース〟!オーソドックスなデザインとエネルギッシュな色といった、意外性のある組み合わせを、大人の余裕で、さりげなく履きこなすのが快感。辛口なモノトーンスタイルに合わせれば、カジュアルなスニーカーもキレよく決まる。

[Domani8月号 40ページ] 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) Tシャツ¥11,000(ザ テント代官山店〈マルシャル・テル〉) パンツ¥29,000(Theory luxe) 腰に巻いたブルゾン¥95,000(アルアバイル) サングラス¥47,000(シャネル アイウェア事業部〈シャネル〉) バングル¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店〈センスオブプレイス〉) バッグ¥63,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

トップスのきれいめ夏カジュアルコーデ

【1】ベージュフレアスカート×半袖赤トップス

【1】ベージュフレアスカート×半袖赤トップス

赤のブラウスを、ベージュアイテムで大人っぽくまとめて。ウエストに太ベルトを巻いて、フィット&フレアのメリハリあるシルエットに。

[Domani5月号 95ページ] トップス¥24,000(ビームス ハウス 丸の内〈フォンデル〉) スカート¥5,547(無印良品 池袋西武) 帽子¥14,800(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ベルト¥11,000(ビームス ハウス 丸の内〈マニプリ〉) ピアス¥11,500(アダム エ ロペ〈ラウラ ロンバルディ〉) 〝アロン〟のバッグ¥32,000(フラッパーズ) 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

【2】ピンククロップドパンツ×ドットブラウス

【2】ピンククロップドパンツ×ドットブラウス

肩開きのドットブラウスは、それだけでフェミニンな印象。濃厚なピンクパープルのクロップドパンツで”女っぽい毒”を効かせて、大人のモード感を狙う。

[Domani5月号 85ページ] ブラウス¥21,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) パンツ¥26,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) ピアス¥23,000・バングル¥30,000(アガット) リング¥22,000(ココシュニック) バッグ¥52,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥30,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【3】ブラウンパンツ×ノースリーブ黄色ブラウス

【3】ブラウンパンツ×ノースリーブ黄色ブラウス

オレンジ寄りのイエローと透け感のある軽やかな素材が、大人の肌を明るく演出してくれるブラウス。フロントには控えめなフリルが、丈を長くとったバックにはプリーツがたっぷり施され、ほんのりモードな空気がにじむ。乾いた大地のようなブラウンのリネンスーツに合わせ、あくまでさらりと、が今どきイエローの着こなしルール。

[Domani5月号 66ページ] ブラウス¥43,000(ユナイテッドアローズ 新宿店〈ウエムロ ムネノリ〉) パンツ¥40,000・手に持ったジャケット¥60,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉) バッグ¥205,000(JIMMY CHOO) 靴¥141,000[オーダー価格](ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

【4】白ジャケット×ベージュフレアスカート×ベージュニット

【4】白ジャケット×ベージュフレアスカート×ベージュニット

ドラマティックなシルエットのベージュスカートが大人の余裕を演出。タックがたっぷりと入ったイレギュラーヘムのスカートは、ボリュームのあるロングシルエットで、それ一枚で自信にあふれた立ち姿に。白ジャケットできちんと感をプラスしたら、クルーネックニットや肌見せサンダルでカジュアルさをトッピング。

[Domani5月号 47ページ] ニット¥13,000・ジャケット¥35,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) スカート¥46,000(ebure) ネックレス¥18,000(goldie H.P.FRANCE〈MEDECINE DOUCE〉) 時計¥38,000(H.P.FRANCE〈INDUNA〉) バッグ¥150,000・靴¥107,000(JIMMY CHOO)

【5】ネイビータイトスカート×ピンクニットポロシャツ

【5】ネイビータイトスカート×ピンクニットポロシャツ

女っぷりの高いネイビーのスカートを、顔まわりのピンクで柔和に。カジュアルなニットポロと、透け感が色っぽいひざ下タイト。違うテイストをMIXさせることで生まれるこなれ感を楽しんで。バッグに巻いたスカーフにもピンクを効かせて、大人の女性らしいこだわりをアピール。

[Domani5月号 45ページ] ニット¥21,000(スローン) スカート¥24,000(アングローバルショップ 表参道〈バウム ウンド ヘルガーデン〉) 手に持ったジャケット¥24,000(INDIVI) バッグ¥110,000(アマン〈ザネラート〉) バッグに巻いたスカーフ¥16,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥25,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【6】ベージュワイドパンツ×花柄ブラウス

【6】ベージュワイドパンツ×花柄ブラウス

上質なシルク素材が叶えるアーバンライクなフォークロア。カジュアルに見えがちなエスニック調の柄とデザインのブラウスは、高級感のあるシルク素材をチョイス。ハリのあるコットンのセンタープレス入りワイドパンツとの組み合わせで、ちょっぴり緊張感をプラス。モダンに仕上げるのが今季流。

[Domani8月号 67ページ] ブラウス¥53,000(コロネット〈エー・エル・シー〉) タンクトップ¥2,600(CLEAR IMPRESSION) パンツ¥25,000(インターリブ〈サクラ〉) イヤリング¥36,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) リング¥9,000(ヴイエー ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店〈ヴイエー ヴァンドーム青山〉) バッグ¥70,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

【7】ピンクプリーツスカート×デニムジャケット×白Tシャツ

【7】ピンクプリーツスカート×デニムパンツ×白Tシャツ

白Tを着る甘さよりもカッコよさを意識したいスカートの着こなしに、白Tが欠かせない。

[Domani7月号 126ページ] Tシャツ[白黒2枚セット]¥9,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) スカート¥15,000(TONAL) ネックレス¥38,000(クーゲ自由が丘本店〈クーゲ〉) Gジャン¥4,550(ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス〈ベルシュカ〉) リュック¥6,800(アウトドアプロダクツカスタマーセンター〈アウトドアプロダクツ〉) サングラス¥23,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) 靴¥7,778(マミアン本店 カスタマーサポート〈マミアン〉)

【8】デニムパンツ×白ブラウス

【8】デニムパンツ×白ブラウス

ひざのクラッシュとすその切りっぱなしが、ちょうどいいカジュアル感の細身ストレート。そでのデザインが効いたぺザント風ブラウスをふわっと合わせ、カゴバッグで休日感を高めて。

[Domani6月号 61ページ] 〝R13〟のパンツ¥46,000・〝ジェニファー フィッシャー〟のピアス¥28,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) ブラウス¥21,000(アングローバルショップ 表参道〈アングローバルショップ〉) ブレスレット¥85,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥42,000(ドレステリア 京都店〈ヴァンヌリード ヴェレンヌ〉) スカーフ¥9,000(スティーブン アラントーキョー〈グラルナー・トゥーリクリー〉) 〝プラウド メアリー〟の靴¥27,000・〝ハット アタック〟の帽子¥19,800(RHC ロンハーマン)

【9】黒デニムパンツ×ネイビーレーストップス

【9】黒デニムパンツ×ネイビーレーストップス

しっとりとした着心地で、ストレッチが効いているので窮屈感もない優秀デニム。エレガントになりがちなレーストップスを、ブラックデニムでカジュアルダウン。

[Domani6月号 48ページ] パンツ¥32,000(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン〈シチズンズ・オブ・ヒューマニティ〉) プルオーバー[キャミソール付き]¥6,400(ケービーエフ プラス ルミネ有楽町店〈KBF+〉) ピアス¥2,990(AG バイ アクアガール〈AG バイ アクアガール〉) ネックレス¥2,130(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥56,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥44,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

ワンピースのきれいめ夏カジュアルコーデ

【1】Aライン白ワンピースのカジュアルコーデ

【1】Aライン白ワンピースのカジュアルコーデ

一枚で着たいミディ丈のAラインワンピース。太ベルトやサークルバッグなど、トレンド小物で味付けをするのも楽しい。そでとすそのほつれディテール、背中のV開きなど、さりげないデザイン性に惹かれる。

[Domani5月号 161ページ] 〝アット ドーン フォー ロンハーマン〟のワンピース¥30,000・〝ケイト ヤング フォー トゥーラ〟のサングラス¥47,000(ロンハーマン) ピアス¥14,000(アングローバルショップ 表参道〈アデル〉) ベルト¥32,000(アマン〈アンボワーズ〉) バングル¥18,000(essenceof ANAYI〈メゾン ボワネ〉) バッグ¥18,000(アルアバイル〈メゾン・エヌ・エイチ・パリス〉) 靴¥55,000(カレンソロジー新宿〈ビスコンティ・ドゥ・ロー〉)

【2】ロングカーディガン×ブラウンワンピース

【2】ロングカーディガン×ブラウンワンピース

ともするとDomani世代には懐かしく感じられるティアードデザインが、再び注目トレンドに。程よいフェミニン感が出せるところがうれしい。褪せたブラウンのリネンワンピースとサンドベージュのロングカーディガンの、絶妙グラデーションが都会的。

[Domani5月号 160ページ] ワンピース¥39,000(ロンハーマン〈シーピー シェイズ フォー ロンハーマン〉) カーディガン¥39,000(Theory) バングル¥100,000(カオス表参道〈アフター シェイブ クラブ〉) バッグ¥49,000(ブランドニュース〈メアリ オル ターナ〉)

【3】グリーンワンピースのカジュアルコーデ

【3】グリーンワンピースのカジュアルコーデ

今季は、リラックス感のあるリネン素材のワンピースが豊富。初夏に向けて人気が高まりつつあるグリーンは、ビビッドすぎないくすみトーンが着やすい。

[Domani5月号 159ページ] ワンピース[4月末発売予定]¥30,000(ツル バイ マリコオイカワ) 頭に巻いたスカーフ¥11,000(アングローバルショップ 表参道〈マニプリ〉) 〝ディーパ・グルナーニ〟のピアス¥8,000・〝センシ・スタジオ〟のバッグ¥23,000(アルアバイル)

【4】白シャツワンピースの休日コーデ

【4】白シャツワンピースのカジュアルコーデ

行きつけのカフェで休日ランチ。オーバーサイズのシャツワンピースにストローハットで休日気分を高めて。海の見えるテラスにいるだけで、仕事に追われる平日の慌ただしさがリセットされるよう。ベルトでキュッとウエストマークし、あえてゆるっと着たいオーバーサイズのシャツワンピース。ストローハットでカジュアルに味付けし、大人ならではのラフな休日スタイルに。

[Domani8月号 77ページ] ワンピース[共布ベルト付き]¥25,000(アルアバイル) 帽子¥25,000(アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店〈ジャネッサ レオン〉) ピアス¥3,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ネックレス¥16,000(アガット) バッグ¥149,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウェンディニコル〉)

【5】花柄シャツワンピース×白ロングワンピース

【5】花柄シャツワンピース×白ロングワンピース

ネイビーのシャツワンピースはコートのように軽やかにはおって。ネイビー×ホワイトの涼しげな配色で仕上げることで、花柄なのに大人っぽい印象を放つシャツワンピース。透け感のある素材は、リブニットのマキシワンピースにはおる夏のアウターにぴったり。スタイリッシュなロングレイヤードの着こなしが、今っぽさ満点。

[Domani8月号 66ページ] シャツワンピース¥27,500(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉) 中に着た〝エム マーティン〟のワンピース¥49,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店) ピアス¥1,202(H&M カスタマーサービス〈H&M〉) バッグ¥37,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) バッグに付けたスカーフ¥13,000(アルアバイル〈アルアバイル〉) 靴¥35,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

【6】黒スエットワンピースのエスニックな着こなし

【6】黒スエットワンピースのエスニックな着こなし

コントラストが強く、難しい印象の色合わせでも、「小さな赤」なら好相性。こんな、赤い刺しゅうが部分的に入ったスエットワンピースなら、リラックス感の中にも女っぽさが潜んだ、大人ムードのカジュアルがかなう。ほんのりエスニックな雰囲気の刺しゅう柄に、ハンモックバッグを合わせれば、夏になるとTRYしたくなる、ボヘミアン欲求が満たされて。

[Domani8月号 42ページ] ワンピース¥16,000(ビームス 新丸の内〈レイ ビームス〉) バッグ¥59,000(アパルトモン 青山店〈キャラバーナ〉) 靴¥16,000(アマン〈マウロ・デ・バーリ〉)

【7】カーキブルゾン×ノースリーブ茶ワンピース

【7】カーキブルゾン×ノースリーブ茶ワンピース

大人の成熟した女性が着てこそ映える、コクのある赤茶のリブ編みワンピース。コットンジャージー素材なので、真夏でも心地よく着こなせる。ピンクのかごクラッチやモダンなパールジュエリーを添え、ラフなだけでない上級なおしゃれに。

[Domani7月号 114ページ] ワンピース¥24,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) ブルゾン¥52,000(マディソンブルー ヘッドストア〈マディソンブルー〉) ピアス¥300,000・ネックレス[パール]¥53,000・[チェーン]¥150,000・ブレスレット[太]¥250,000・[細]¥125,000・リング[右手/人さし指]¥208,000・[右手/中指]¥136,000・[左手]¥200,000(hum JINGUMAE atelier&shop〈hum〉) バッグ¥28,000(エストネーション〈セルプイ マリー〉) 靴¥26,000(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉)

【8】ノースリーブ青ロングワンピースのカジュアルコーデ

【8】ノースリーブ青ロングワンピースのカジュアルコーデ

ハリ感のある素材と構築的なボリュームシルエットが美しいロングワンピース。まとうだけで、パッと明るく涼やかになるビビッドブルーは、気持ちが解放される夏の休日だからこそ着たくなる一枚。

[Domani7月号 112ページ] ワンピース¥67,000(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) ピアス¥26,000(ビームス ハウス ウィメン 銀座〈ファリス〉) バングル[細]¥13,000(DES PRÉS 丸の内店〈JENNY BIRD〉) バングル[太]¥4,000・帽子¥7,000・バッグ¥10,500(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店〈ルージュ・ヴィフ ラクレ〉) 靴¥22,000(メゾン イエナ〈ツル バイ マリコ オイカワ〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事