無添加なのにお肌ふっくら【ファンケル】のスキンケアはやっぱりスゴイ! | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY大人の枯れ肌今いまレスキュー

2018.06.16

無添加なのにお肌ふっくら【ファンケル】のスキンケアはやっぱりスゴイ!

WEB Domani 美容ライターの有田千幸です。美しい肌には「保湿がなにより大切」ということは、きっと皆さんもすでにご存知のはず。でも、どんなに保湿を徹底しても、毛穴や乾燥など肌トラブルが後を絶たない! そう嘆く人が世の中には実は多いんですって。悩める女子たちのために、無添加スキンケアの【ファンケル】が今回独自の開発で生み出したのが【モイストリファイン】。わたしも試した目からウロコの新アイテムをご紹介します!

Text:
有田 千幸
Tags:

量より絶対的に大切なのは質! 肌悩みに応じたコラーゲンの摂り入れ方が大切なんです。


加齢
ストレスによって、その合成能力が減少していくコラーゲン。みなさんもきっと二十歳を境にグンっと右肩下がりに落ちていくこんなコラーゲン量のグラフを一度は見たことがあるのではないでしょうか。

炭水化物脂質と共に三大栄養素として人体にとって重要なタンパク質、そのタンパク質の一種であるコラーゲンは、アミノ酸が繋がってできた鎖が3本組み合わさった「3重らせんの構造」をしているのが特徴的。


※ 描いてみました、コラーゲンの3重らせんの構造。ぐるぐるぐるぐる…

そして、このコラーゲンの量が減少すると、みなさんもご存知、シワたるみに繋がるのです。

つまり、コラーゲンを体に補充すれば良いんでしょ? と今思われた方も多いと思いますが、まさにその通り。でもただコラーゲンであればなんでも良い、という訳ではなく、どういうコラーゲンを摂り入れるかということが重要なんです。

実はコラーゲンが関係していたのはシワやたるみだけではなかった!

1980年の創業以来、化粧品に含まれる添加物や紫外線などの外的刺激が肌に与える影響について、細胞やDNAレベルで研究を行ってきたファンケル。そんなファンケルが、今回着目したのが「インナードライ」という肌の複合トラブル。

インナードライとは、「内側からうるおいを作る力が低下した状態」のことで、毛穴の開き、キメの乱れ、乾燥、肌荒れなどがその症状。エイジングケアを必要とし始める前の20代後半から30代に多く見られるのだそう。

そして、このインナードライに立ち向かうべく、今回開発されたのが、うるおいに満ちたふっくらキメの整った肌へ導いてくれるモイストリファイン】


▲ ファンケル モイストリファイン (右) 化粧液 II しっとり (左) 乳液 II しっとり 30mL 1,400円 2018年9月20日発売

このモイストリファインには、ファンケル独自開発の2つの成分「モイストチャージコラーゲン」と「アクティブセラミド」、そしてもう一つ「VPエキス」が配合されていて、とにかくこの3つがスゴイんです。

1. ファンケルの独自成分で肌の外からも内からもうるおいをチャージ!

肌の表面でうるおいを保つ高分子コラーゲンは、熱をかけることで本来の3重らせん構造が徐々に緩んでしまい、抱え込んだうるおいを逃してしまいます。そこでファンケルは、熱をかけない独自製法により、コラーゲンを新鮮な状態のまま原料化。

モイストチャージコラーゲン」と呼ばれるこの独自開発のコラーゲンは、肌表面に素早くうるおいを与え、それを持続させることで肌のやわらかさを実感させてくれる肌の外側からのケアをサポート。


▲ 描いてみました、赤はコラーゲン線維、青はうるおい成分。
[画像右] 熱をかけずに原料化されたファンケル独自開発「モイストチャージコラーゲン」は、うるおいを抱え込む力が強い新鮮で引き締まった状態
[画像左] 熱をかけた一般原料のコラーゲンは、うるおいを抱え込む力が弱い緩んだ状態

また肌の内側からもうるおいを保つために、ファンケル独自のメカニズム成分「アクティブセラミド」を配合。50%がセラミド、20%がコレステロール類から成り立つ肌のうるおいを保つために重要な細胞間脂質に、“うるおいを守る” セラミド “バリア構造を安定化する” コレステロール類の両方でアプローチ、細胞間脂質の「不足分」だけでなく、細胞間脂質の「素」まで補い、うるおいに満たされた美しい角質に導いてくれるんです。

2. コラーゲン線維の破壊を抑制!毛穴の開きには植物エキスで立ち向かう!

このモイストリファイン、いくつかある複合トラブルの中で今回取り分け着目したのが「毛穴の開き」。クリアでなめらかな理想肌の妨げになるぽっかり毛穴は、なんとかキュッと引き締めたい!

そもそもなぜ毛穴が開くのかということを研究したところ、原因はこのご時世もはや避けることのできない紫外線やブルーライトが関係しているということが判明。そしてこれら外的刺激によって、皮脂分泌をコントロールする「皮脂腺コントローラー」が増加しすぎると、コラーゲン線維を破壊してしまうんですって。そして太い丈夫なコラーゲン線維のおかげで引き締まっていた毛穴は、どんどん開き、そのうちだら〜んとぽっかり穴に。

そこで、皮脂腺コントローラーの増加を抑え、炎症を制御する成分としてビタミンPを含有する植物エキスである「VPエキス」をモイストリファインに配合、コラーゲン線維の維持を可能にしました。

● 少量でのび広がるとろみのテクスチャーは長時間うるおいをキープ!


▲ 左が化粧液 (3振り分)、右が乳液 (2プッシュ分)。

化粧液は容器を逆さにし3回ほど振ると100円玉くらいの量が出てきます (画像左)。たっぷり首まで伸ばしたい場合は4回ほど振るのがちょうど良いかも。小鼻のあたりや目もとの気になる小ジワ、そして髪の毛の生え際までていねいに指先、そして手のひらのあたたかさを使いながら伸ばしていき、美容成分をしっかり肌に浸透させます。その後、2プッシュほどの乳液 (画像右) を同じくていねいに顔全体に広げ、うるおいを閉じ込めます。

使い続けることで、引き締まりキメの整ったなめらかな肌に! 鮮度を保ち、効果的なお手入れができるよう開封後は60日以内に使い切ってくださいね!

● 11年ぶりにパッケージをリニューアル! 自然に配慮した、シンプルで開封しやすい設計

元々、とてもわかりやすくシンプルな容器に定評のあるファンケルですが、今回は化粧液の容器にテープ式を採用、初めての人でも開封しやすく、そしてさらにわかりやすくなりました!

 
▲ 新しくなった化粧液の容器。一目でわかるつまみテープをクルッと引っ張り、カチッとフタを閉めるだけ。


▲ 乳液は、中蓋を外し、その上から外蓋をカチッとするだけ。

そして、環境によりやさしいバイオPETを新たに採用することで、容器に使用するプラスチックの量を従来の2/3までに削減 (なんと化粧液約350万本分)! また年間約300tものCO2の削減を可能にしました。

● 手のひらサイズで、持ち運びも便利!

化粧液と乳液、両方とも同時に片手で包み込めるほどのコンパクトさは、旅行などのトラベル用にもとっても便利。会社帰りに寄る、最近流行りのホットヨガにも持って行きたくなるサイズ、わたしは早速ポーチに忍ばせています。

今回わたしが試したなめらかなしっとりタイプの他に、みずみずしいさっぱりタイプも発売予定。ご自分の肌に合わせてお選びいただけます。

「なにを試しても肌がイマイチ」、「毛穴の開きをどうにかしたい!」、そう悩まれている方に是非試して欲しいファンケルモイストリファイン、発売開始は2018年9月20日です。

▼ あわせて読みたい記事
クタクタな夜、飲み会のあと、この1本で完全無敵のスキンケア
イチジクがストレス解消に! 疲れたときにオフィスでスッキリする方法

ファンケル

画像ALT

ビジュアルエディター

有田 千幸

1983年生まれ。外資系航空会社CA、建築設計事務所秘書・プレスを経て、34歳にして脱OL。元会社員ならではの実用目線で、読んでくださる皆さまのお役に立てる情報をお届けしたいと思います! chiyuki_arita


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事