〝ROPÉ〟のチーフデザイナー・津川愛子さんの愛すべき時計、見せてください! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人がアガるハイブランド

2018.09.03

〝ROPÉ〟のチーフデザイナー・津川愛子さんの愛すべき時計、見せてください!

働き方もさまざまなDomani世代の女性。〝ROPÉ〟のチーフデザイナー・津川愛子さんが愛用している時計への思いを語ってもらいました。

Tags:

〝ROPÉ〟のチーフデザイナー・津川愛子さんは、グッチとカルティエの時計を愛用

 

ROPÉデザイナー

津川愛子さん

〝ROPÉ〟のチーフデザイナー。働く女性に寄り添い、丁寧に洋服を生み出すセンスには、ファッション業界内にもファンが多い。またデザインチームをまとめる管理職として、女性チームのマネジメントの面でも活躍している。

どんな時計をするかで、常に仕事に新鮮に向き合える

「今はスマホでなんでもできてしまう時代。仕事も、コミュニケーションも。もちろん時間だってわかるし、それで足りてしまうのですが、そんなスマホを中心とした生活にどこか飽きてしまって。逆にアナログなものに心惹かれていて、また時計をちゃんとつけるようになりました。 現在、主につけているのはこの2本です。普段使いはもっぱら〝グッチ〞のアンティーク。会社の先輩からいただいたものなのですが、Tシャツにも、モード感のある服にも合う。アクセサリーやジュエリーとの重ねづけをするときもケンカしないので、気負わずに日常的に使えますね。 一方で、『タンク』は特別な日につけるもの。特別といってもパーティとかではなく、自分の中での〝勝負の日〞。この時計には、だいたい白シャツを合わせます。ベーシックなシャツにメンズウォッチをつけると、なぜか雑念が入らず、すっと仕事に向き合える。験担ぎのようなものかもしれませんが、時計でスイッチを切り替えています」

右:GUCCI(グッチ) バングルウォッチ

「この時計のもつ、〝グッチ〟らしい女っぽさがすごく今の気分。特にバックルのビットデザインがお気に入りです。色味も、新しい時計ではなかなか見かけないようなこっくりとしたゴールドで、これが自分のつくった服にも不思議とすごく合うんです」

左:CARTIER(カルティエ) タンク バスキュラント

「メンズ時計で、30歳くらいのときにヴィンテージショップで出合ったもの。フェースが反転するのですが、その機能というか、使う人への心使いが愛しくて。自分のものづくりの姿勢と共通する部分を感じます。この時計をする日は、時計を中心に服を選びますね」

Domani2018年7月号『気分で選ぶ「My Second Watch」』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/長友善行(人物)、五十嵐 洋(静物) スタイリスト/三好 彩 ヘア/小田代 裕(mod’s hair) メーク/佐々木貞江 撮影協力/AWABEES、UTUWA 構成/西道倫子、永川大祐(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事