Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
  • トップ
  • アラフォーの “美” はバスタイムで決まる! 香料の聖地【希少なグラースローズ】に癒されて【PR】
 

2018.04.16

アラフォーの “美” はバスタイムで決まる! 香料の聖地【希少なグラースローズ】に癒されて【PR】

PR

1日の疲れや汗を落としてくれるバスタイム、そんな働く女性にとってホッと一息つける空間をより一層楽しませてくれる【ダイアンボヌール】のヘアケアアイテムが先日全国で一斉リリースされました。Domani編集部 美容ライターの有田千幸がその魅力をご紹介します。

Text:
有田 千幸

こだわりが詰まった【ダイアン ボヌール】TRUNK (HOTEL) で開かれたリリースパーティーに行ってきました

 

2018年3月某日、多くのインフルエンサーやモデルたちで賑わいを見せた「ダイアン ボヌール」のリリースパーティー。若い女性から大人の女性まで幅広い年齢層が参加していて、改めて髪の毛に対する女性の高い関心を感じる場となりました。

モデル/タレントのローラさんがイメージモデルをつとめる「モイスト ダイアン」シリーズのプレステージラインとなる「ダイアン ボヌール」、今回リリースされたのは、シャンプー、トリートメント、シグネチャーオイルの3アイテム。

2018年3月15日より全国のドラッグストアやバラエティショップなど約8,000店舗で販売中です。

詳しくはこちら ▶︎ ツヤッとふんわりいい香り♡ 大人のモテ髪をかなえる超こだわりシャンプー【ダイアン ボヌール】誕生!

発売されたばかりのアイテム、その魅力とは?

ダイアンボヌール (左) グラースローズの香り シャンプー・トリートメント 500ml 1,400円 2018年3月15日 発売 (右) オレンジフラワーの香り シャンプー・トリートメント 500ml 1,400円 2018年3月15日 発売

 

今回リリースされたのは「グラースローズ」と「オレンジフラワー」2種類の香り。香料は両方とも「香料の聖地」と呼ばれるフランス・グラース産。グラースは南仏・映画祭の街、カンヌから車で北西1時間くらいのところにあるのどかな町。実はここ、名高いクチュールブランドがこぞって注目している重要な香料の産地なんです。

 

収穫した「ローズ・ド・メイ」を選別し始める職人

 

そんな「聖地」で生産者たちが心を込めて育て上げた植物のパワーが宿った今回の製品は「ファーミングシャンプー」と呼ばれています。ファーミングは「農業」や「耕作」という意味。天候や土壌がもつ自然界のエネルギーを尊重しながら、育まれた天然素材の栽培から調合まで手がけたこだわりのオイルや洗浄成分を詰め込んだシリーズなんです。

グラースのオレンジフラワー畑

 

グラースローズ」は、柔らかく、ハリのある、ナチュラルなまとまり髪へ導いてくれるダメージリペアシリーズ。乾燥によるパサつきや、パーマ・カラーによるダメージ、またはうねりに悩む方にオススメ。髪の深部からダメージを補修し、うるおいで満たしながら、やわらかくハリのある素髪へと導いてくれます。

オレンジフラワー」は、乾燥による広がりを押さえ、まるで光を反射するような自然なツヤ感を与えながら、しなやかでサラサラの指通りへ導いてくれるモイストリラックスシリーズ。洗いながら髪と頭皮のコンディションを整え、美しい髪のための環境へ導いてくれます。

早速、わたしもこのこだわり「ファーミング シャンプー」を使わせていただけることに! うねりが悩みのわたしが選んだのは「グラースローズ」。その使用感は…

今までのダイアンヘアケアアイテムにはない、清々しくて芳醇な【香り】

ローズ・ド・メイ

 

香水の聖地フランス・グラース産の希少な香料を使用、原料から栽培、収穫、抽出、調合まで、職人による手作りにこだわり抜いてつくられたフレグランスは、まさに格別な香り。

「グラースローズ」には、5月に収穫された「ローズ・ド・メイ」を使用。「ローズ・ド・メイ」は希少性が高く、300個の花からわずか1gしか採れない “幻の香り” と言われているそう。また「オレンジフラワー」は優美な白い花を咲かせる植物で、グラースでも由緒あるネロリ精油として抽出され、やわらかく爽やかでありながら高貴さを感じさせるフローラルの香りを漂わせます。

香水のボトルを思わせる癒しの【パッケージ】

香水を思わせる透明感のあるパッケージ、やさしい薄ピンクはバスルームに置いておくだけで心身ともに癒してくれます。ポンプ式なので、分量も調整し易く、セミロングのわたしはたっぷり3プッシュ使っています。

洗い上がり、髪の毛に触れた瞬間わかるそのうるおい【効果】

頭皮までしっかりと濡らした後、シャンプーを髪の毛全体に馴染ませます。しっかり泡立つよう、ショートヘアは2プッシュ、ロングヘアの人は4プッシュほどがオススメ。空気・水分・シャンプーを一緒に混ぜるようにマッサージしながらふわっと泡立てる内に、グラースローズの芳醇な香りがバスルームを満たします。心地良いこの香りが身近なシャンプーで体験できると思うと、なんだかいつまでも泡で遊んでいたくなります。

シャンプーのあとは、できるだけ水分をきってからトリートメントをつけると仕上がり感がよりアップ。すぐには洗い流さず、数分置いておくだけでも、次の日の香りの持ちに差が出ます。ベッドの中でふわっと香るグラースローズは1日の気分を癒してくれ、心地よい使い心地です。

使い続けることで、光を反射するような自然なツヤ感と乾燥による広がりを抑えてくれ、しなやかでサラサラの指通りを実感することができる「ファーミング シャンプー」です。

99.7% オーガニックオイル! リッチな香りとうるおいで全身をケア

ダイアンボヌール (左) グラースローズの香り シグネチャーオイル 100ml 1,990円 2018年3月15日 発売 (右) オレンジフラワーの香り シグネチャーオイル 100ml 1,990円 2018年3月15日 発売

 

高品質なオーガニックオイルを99.7%も使用し、自然の恵みを存分に生かしたこちらのシグネチャーオイルも「グラースローズ」と「オレンジフラワー」の2種展開。髪の毛にはもちろん、顔にもボディにも使えるサラッとのびやかなテクスチャー。しっかりとした保湿感ながらもベタつくことない軽やかな仕上がりは、これから季節も活躍してくれそう!

シグネチャーオイルでなれる話題の「濡れ髪」ってなに!?

お風呂上がりの濡れた髪を見て、そのしっとりしたツヤっぽさが「あら、我ながら色っぽいわ」と感じたことはありませんか?

その質感こそが今キレイ女子の間で人気の「濡れ髪」スタイル。今っぽい無造作なふんわり感が色気を醸し出し「モテ髪」とも呼ばれているそう。今まではワックスやムースに頼ることの多かったスタイリング、サラッとしたシグネチャーオイルを使うことでベタつきを防ぎ、ツヤのあるエイジレスな仕上がりに。

わたしのようなセミロングの場合、4〜5滴ほどの使用量がオススメ。手のひらに広げ、毛先から根元に向け揉み込んでいきます。ペッタリしないように、根元に付け過ぎないのがポイント。髪のダメージが特に気になる人は、お風呂上がりのケアにも取り入れても良いですね。

シャンプー&トリートメント同様、自然原料にこだわってできているこちらのシグネチャーオイル、ダメージを気にすることなく毎日使えるのは嬉しい限り。髪の毛が細くなったり、白髪が出始めたり、髪の毛のエイジングも徐々に進行するアラフォー世代、髪を美しく保つためにも、1日中髪の毛に付けているスタイリング剤には特にこだわりを持ちたいですね。

ちなみに手に残ったオイルは、そのまま馴染ませればハンドケアやネイルケアにも使えるんです。わたしは最近特に心がけている首まわりに。顔にもボディにも使えるオーガニックオイルがこのお値段で手に入るだなんてとてもお得ですね!

昔から「女の命」とも言われている髪の毛、この先も末長く付き合っていくためにも、しっかり自分で使うものを選んでいきたいヘアケアアイテムです。

 

協力/ネイチャーラボ
ダイアンボヌール(Diane Bonheur)
ダイアンボヌール 公式インスタグラム

構成/有田 千幸