着こなしをあか抜けさせるためのポイント、ビフォーアフター実例 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHIONそこは“おしゃれプロに聞け!”

2018.08.15

着こなしをあか抜けさせるためのポイント、ビフォーアフター実例

夏の白なんてあたりまえ、でもだからこそ白使いがうまい人ほどシンプル上手に。逆転の発想の配色バランスや、小さく効果的に効かせるなど、もう一度白を見直そう。

Tags:

ワントーンスタイルはーー「白」を小さく効かせる

スカーフとバッグ、2点の白でカーキに軽やかな抜け感が

簡単で効果絶大なのが、ワントーンの着こなしの仕上げの小物を白にしてみること。小ぶりな白をリフレイン使いすることで、上下同色系の着こなしにリズムとしゃれっ気が加わる。スカーフ¥15,000(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉)バッグ¥283,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)カットソー¥1,500(UNIQLO)スカート¥36,000(Theory luxe)サングラス¥26,000(プロポデザイン〈プロポ〉)バングル¥340,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)

Before → Afterで実践! ワントーンスタイルは、小さい白であか抜ける

ダークな配色でつくるワントーンスタイルをこなれて見せるのは、ポイント使いする白。白を確信犯的に差すことで、重たい印象になりがちな着こなしに抜けやキレが加わって、シンプルでも脱・地味が叶います。

Before

After

[One-tone × White 01]ベルトと靴で、白を2点盛り

面積が小さい白は、1点よりも2点ぐらいが効果的です。バッグと靴だとそろいすぎ。ベルトと靴という王道すぎない選択で、こじゃれた大人の雰囲気に。スカートスタイルやワンピースにも応用できそう。

白ベルトでするウエストマークには引き締め効果があり、スタイルアップにもつながる。ダークグレーに小さい白が映えて、パンツスタイルに気どらない女らしさが加わる。Before/シャツ¥24,000(Theory)パンツ¥15,000(カイタックインターナショナル〈モナーム〉)イヤリング¥11,000(アルアバイル〈ドミニク・ドゥネーブ・パリス〉)サングラス¥53,000(DITA 青山本店〈トムブラウン アイウェア〉)バッグ¥75,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉)靴/私物 After/ベルト¥12,000(ANAYI)靴¥17,000(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ステファノ ガンバ〉)その他/Beforeと同じ

Before

After

[One-tone × White 02]白カーディガンを着ないで〝かける〟

視線を上に誘導させつつレフ板効果がある「顔回りの白」は、アラフォー世代こそ利用するべき。着るだけではない白カーディガンの活用法をマスターすることで、夏シンプルがもう一歩洗練されます。

濃淡グレーのあっさりしがちなワントーンスタイルは、白カーディガンの肩がけによって、顔回りに自然な華やぎが。カーディガンのそで口を軽くロールアップしたりと、あくまでも無造作風に肩がけするのがおしゃれに見せるコツ。Before/Tシャツ¥5,500(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム〈アッセンブリー レーベル〉)ベルト付きパンツ¥21,000(プルミエ アロンディスモン)イヤリング¥9,000(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉)バングル¥17,000(タトラス&ストラダ エスト青山店〈フィリップ オーディベール〉)バッグ¥38,000(ショールーム セッション〈Athena New York〉)靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) After/カーディガン¥26,000(八木通商〈ルトロワ〉)その他/Beforeと同じ

Before

After

[One-tone × White 03]白タンクトップをすそからちらり

わずかな面積の白でも白ベルトと同じような効果があり、着こなしにコントラストが生まれます。堅い印象になりがちな夏のワントーンにこそ、小さい白がまぶしく映えます。

すそからのぞいた白のタンクトップが、カーキワントーンの地味さを上手に緩和する。Before/ニット¥19,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ハウント〉)パンツ¥13,000(BLUE WALL〈SETTO〉)ネックレス¥16,000(カレンソロジー青山)時計¥20,000(エイチエムエスウォッチストア 表参道〈ウィリアムエル 1985〉)バッグに付けたスカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)バッグ¥14,000(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ミロス〉)靴¥32,000(銀座ワシントン銀座本店〈ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン〉) After/タンクトップ¥1,290(アメリカンホリック プレスルーム〈アメリカンホリック〉)その他/Beforeと同じ

Before

After

[One-tone × White 04]トレンドのドット柄は「小さい白」に有効

流行中のドットは、小さい白効果でキュートな印象へと導いてくれる、夏シンプルに使える柄。シックなネイビーベースだから、カジュアルスタイルでも都会的にまとまります。

無難な印象のネイビーのパンツスタイルが、ドット柄だと今どきにあか抜ける。靴で白をリフレインさせると、明度が上がって足取りまで軽くなりそう。Before/ニット¥18,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)ピアス¥12,000(ガス ビジュー青山〈ガス ビジュー〉)ブレスレット¥18,000(essence of ANAYI〈MAISON BOINET〉)バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)パンツ・靴/私物 After/パンツ¥12,038(バナナ・リパブリック)靴¥7,000(PLST〈コンバース〉)その他/Beforeと同じ

Before

After

[One-tone × White 05]白バッグを斜めがけする

夏にはきたいマキシ丈スカートを使ったワントーンは、間延びする危険も…。全身ののっぺり感をあえて遮断するように、白バッグを斜めにかける小ワザを使って、キレ味をプラスして。

実はこれ、本企画担当スタイリスト・三好さんが撮影現場で使うワザ。バッグの斜めがけによってラフなムードが加わり、印象まで親しみやすく。きれいめな巾着タイプのショルダーバッグが、大人のこなれカジュアルにちょうどいい。Before/ニット¥9,800(LOUNIE/ルーニィ)スカート¥33,000(ミュラー オブ ヨシオクボ)イヤリング¥6,000(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店〈ユナイテッド トウキョウ〉)靴¥31,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)バッグ/私物 After/バッグ¥32,000(ANAYI)その他/Beforeと同じ

Domani2018年8月号『「白」を制する者が夏を制す!』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/水田 学(NOSTY) スタイリスト/三好 彩 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/中村了太(3rd) モデル/小泉里子(本誌専属)、Nao 撮影協力/デロンギ 表参道、京橋エドグラン 構成/岩附永子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事