この秋着たい新名品シャツが主役のコーデ20選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2018.10.11

この秋着たい新名品シャツが主役のコーデ20選

働く女性の定番とも言えるシャツ。着こなしによって印象変わるからこそ、今っぽいおしゃれをマスターしておきたい。秋の着こなしをまとめてどうぞ♡

Tags:

この秋ご指名買いしたいシャツとそのコーディネート、ブランド別にお見せします!

シャツのもち味であるきちんと感を意識した仕事コーデから、カジュアル気分を満喫できる休日コーデまで。新名品シャツを使った幅広いテイストの着こなしは、どれも必見です!

【目次】
エッセン.ロートレアモンのシャツコーデ
アンティットのシャツコーデ
エイトンのシャツコーデ
ティッカのシャツコーデ
フランクアンドアイリーンのシャツコーデ
フィナモレのシャツコーデ
マディソンブルーのシャツコーデ
ユニオンランチのシャツコーデ
インディビジュアライズド シャツのシャツコーデ
フランネルのシャツコーデ
サイベーシックスのシャツコーデ
バナナ・リパブリックのシャツコーデ
アンティットのシャツコーデ
アッパーハイツのシャツコーデ
セオリーのシャツコーデ
ドレステリアのシャツコーデ

 

エッセン.ロートレアモンのシャツ

1. カシュクールにできる高機能シャツで、色パンツを都会的に
着たのは〝エッセン.ロートレアモン〟

カシュクールの立体フォルムが、お腹まわりを自然とカバーしてくれるところも利点。秋トレンドのコーデュロイパンツは、白シャツの清潔感を借りることできれいめにまとまる。シャツ¥25,000(エッセン.ロートレアモン)パンツ¥17,000(ミミ&ロジャー)Gジャン¥28,000(ボウルズ〈ハイク〉)ピアス¥5,250(アビステ)バングル¥60,000(インデアン・クラフト)バッグ¥24,000(ロードス〈イコット〉)靴¥18,334(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

2. ボトルネックニットをINは、今年挑戦したい新しいシャツの着こなし
着たのは〝エッセン.ロートレアモン〟

〝シャツの下にニット〟という、いつもとは逆の合わせ方をした着こなしが、流行のこの秋。初級編は、中に着るニットとスカートを同色にそろえるのがコツ。シャツ¥25,000(エッセン.ロートレアモン)ニット¥19,000(Theory)スカート¥23,000(martinique Le Conteルミネ新宿店〈マルティニーク〉)ピアス¥20,000(インデアン・クラフト)リング¥8,000(アガット)ストール¥27,000(ショールーム セッション〈VINTAGE SHADES〉)バッグ¥80,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

アンティットのシャツ

3. セットアップにロングテールシャツで、ひとクセを投入
着たのは〝アンティット〟

後ろ身ごろがヒップを覆うほど長い大胆なロングテールも、この秋のシャツトレンド。フロントインすれば、セットアップなどの堅くなりがちな装いもこなれ感たっぷりに。シャツ¥15,000(アンティット)パンツ¥12,037・ジャケット¥21,297(バナナ・リパブリック)眼鏡¥34,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)時計¥50,000(栄光時計〈コーチ〉)スカーフ¥15,000(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)バッグ¥70,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

エイトンのシャツ

4. 襟元、そで口から効かせた〝小さい白〟が着こなしの鍵に
着たのは〝エイトン〟

ハリの強い白シャツとコンパクトなカーディガンの組み合わせが、チェック柄パンツをトラッドに魅せる。シャツ¥39,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)カーディガン¥7,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)パンツ¥26,000(アルアバイル)ピアス¥32,000(アガット)時計¥28,000(DKSHジャパン〈リップ〉)バッグ¥9,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉)靴¥34,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)

5. やんちゃな表情の小物で、ベーシックなシャツスタイルに味つけを
着たのは〝エイトン〟

やや生成りがかった白シャツが、ベージュのチノタイトになじみやすい。カジュアルなキャップも、定番のシャツスタイルを小粋にハズすのに有効。シャツ¥39,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) スカート¥17,000(ボウルズ〈ハイク〉) キャップ¥6,500(アニエスベー〈アニエスベー〉) ピアス¥5,500(アビステ) ベルト¥9,500(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) バングル¥14,000(アガット) リング¥15,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥64,000(八木通商〈ダニエル&ボブ〉) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

ティッカのシャツ

6. 白シャツを主役にしたレディライクなスタイルが今また新鮮!
着たのは〝ティッカ〟

胸元を開けてやや背抜きで着ると、洗練された色気が漂う。シャツ、レーススカートともに質感がしっとりと女っぽく、ワンツーコーデでもレディな雰囲気たっぷり。白シャツとパールネックレスは、いつの時代も鉄板の組み合わせ。シャツ¥21,000(ティッカ)スカート¥48,000(ebure)ピアス¥27,000・リング¥37,000(ココシュニック)2連にしたネックレス¥12,500(アビステ)時計¥92,000(アガット)バッグ¥41,000(CPR TOKYO〈フリン〉)靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

フランクアンドアイリーンのシャツ

7. テイストをミックスさせることで、簡単な着こなしに奥行きが
着たのは〝フランクアンドアイリーン〟

温かみのあるコットンフランネルのチェックシャツと、女っぽいスリット入りロングスカート。表情の異なるアイテムのかけ合わせが、着映えの素に。シャツ¥32,000(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)スカート¥39,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉)サングラス¥44,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)イヤリング¥8,000(アビステ)バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥26,000(ロードス〈イコット〉) 靴¥5,546(ザラ・ジャパン〈ザラ〉)

8. チェックシャツとロゴTのカジュアルなレイヤードは、同色でヘルシーに傾けて
着たのは〝フランクアンドアイリーン〟

軽いはおりが欲しくなる晩夏~初秋に、こなれたムードを出せるくたっとしたシャツが活躍。アイテム自体はカジュアルでも、配色を抑えることでアラフォー世代らしい落ち着いた印象に。シャツ¥32,000(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)Tシャツ¥4,900(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉)パンツ¥16,000(ピーチ〈ミューニック ヒデュン ジェム〉)ピアス¥6,500(サイクロ)ブレスレット¥6,150(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥43,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥45,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉)

フィナモレのシャツ

9. 中にタンクトップを入れたレイヤードが、シンプルに差をつける
着たのは〝フィナモレ〟

大きく開けた胸元や無造作風なすそのINで、〝シャツ上手〟な印象に。小物の色で遊ぶことも、白シャツを使ったシンプルな装いの楽しみ方。シャツ¥32,000/参考価格(アマン〈フィナモレ〉)タンクトップ¥8,000(エストネーション〈フィル オー〉)パンツ¥2,990(UNIQLO)ピアス¥22,000(NOJESS)ネックレス¥30,000(ココシュニック)バッグ[大]¥39,000(サザビーリーグ〈ステート オブ エスケープ〉)〝MAISON BOINET〟のバッグ[小]¥60,000・〝CITRUS〟のストール¥17,000(essense of ANAYI)靴¥13,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

マディソンブルーのシャツ

10. 優しい配色で攻略するシャツスタイルは、だれからも好印象
着たのは〝マディソンブルー〟

優しい着心地のメリノウールシャツに、ドレープが効いたロングカーディガンの軽やかなレイヤードが初秋らしい。シャツ¥42,000(マディソンブルー)カーディガン¥3,990(オットージャパン〈ファビア〉)パンツ¥26,000(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)イヤリング¥13,800(セシル・エ・ジャンヌ)ネックレス¥20,000(ココシュニック)時計¥35,000(DKSHジャパン〈リップ〉)リング¥12,500(CPR TOKYO〈ルーカス ジック〉)バッグ¥39,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

ユニオンランチのシャツ

11. モードな香りのドルマンシャツで、パンツスタイルを半歩先へ
着たのは〝ユニオンランチ〟

ヒップを覆うロングシャツ×細身のタックパンツは、スタイルアップを叶える鉄板の組み合わせ。シンプルなワンツーコーデだからこそ、シャツの程よいモード感がスパイスに。シャツ¥21,000(サザビーリーグ〈ユニオンランチ〉)パンツ¥22,000(ANAYI)サングラス¥36,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)ピアス¥18,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈アニーカ イニズ〉)バッグ¥30,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)靴¥13,889(バナナ・リパブリック)

インディビジュアライズド シャツのシャツ

12. ショートパンツには、メンズシャツ特有のタフな雰囲気がお似合い
着たのは〝インディビジュアライズド シャツ〟

細かいチェック柄が、カジュアルスタイルを大人に見せる。イエローを、着こなしを盛り上げるアクセントにして。シャツ¥25,000(メイデン・カンパニー〈インディビジュアライズド シャツ〉)パンツ¥10,186(バナナ・リパブリック)カーディガン¥19,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)ピアス¥12,000(アビステ)バングル¥62,000(ロードス〈ザ ボーイスカウツ〉)バッグ¥55,000(FUN Inc.〈BELLMER〉)靴下¥800(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉)靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

フランネルのシャツ

13. 洗いざらし風シャツで、デニムスタイルを  ウエスタン調に盛って
着たのは〝フランネル〟

秋色のブリックブラウンに好相性なのは、ノンウォッシュのリジットデニム。ハードになりすぎないように、フラットシューズで力を抜いて。シャツ¥19,000(BLOOM&BRANCH AOYAMA〈フランネル〉)カットソー¥16,000(アパルトモン 青山店〈ニリ ロタン〉)パンツ¥18,500(ショールーム セッション〈SERGE de bleu〉)帽子¥46,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉)イヤリング¥2,850(ロードス〈M.G.B.〉)バングル¥37,000(アガット)リング¥6,300(サイクロ)バッグ¥17,000(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ガム ジャンニ キアリーニ デザイン〉)靴¥43,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉)

14. 秋カラーとして大注目のブラウンを、さわやかな白で和らげて
着たのは〝フランネル〟

シャツのゆるっとしたサイズ感と、ラップ風デザインスカートのタイトなライン。合わせることによって生まれるメリハリシルエットが、今どきのバランスを生む。シャツ¥19,000(BLOOM&BRANCH AOYAMA〈フランネル〉)スカート¥26,000(någonstans)ストール¥20,000/参考価格(アマン〈アルテア〉)イヤリング¥11,000(NOJESS)ブレスレット¥8,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥30,000(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジャンニ キアリーニ〉)靴¥22,963(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

サイベーシックスのシャツ

15. 知的さがあふれる、ネイビーのワントーンスタイル
着たのは〝サイベーシックス〟

上下の色をあえてそろえたワントーンの着こなしが旬。第1ボタンを開けてスカーフを挟んだりと、今年のシャツスタイルは首元のおしゃれを充実させたい。シャツ¥18,000(マスターピースショールーム〈サイベーシックス〉)パンツ¥28,000(ebure)イヤリング¥10,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈イリス47〉)スカーフ¥7,800(LOUNIE/ルーニィ)バッグ¥54,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)靴¥30,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

バナナ・リパブリックのシャツ

16. 初秋に活躍するのは〝軽はおり〟としても使えるシャツ
着たのは〝バナナ・リパブリック〟

リゾート風のマシキワンピースの上からはおってさらにベルトでウエストマークすることで、着こなしの完成度が高まる。シャツ¥10,186(バナナ・リパブリック)ワンピース¥77,000(アパルトモン 青山店〈ロイド フォード〉)イヤリング¥19,800(セシル・エ・ジャンヌ)チョーカー¥42,000(デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店〈マリア ブラック〉)ベルト¥15,000/参考価格(アマン〈アンボワーズ〉)バングル¥6,500(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥7,398(ザラ・ジャパン〈ザラ〉)靴¥35,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

アンティットのシャツ

17. 秋カジュアルに欠かせない、シャツとスエットの最旬レイヤード
着たのは〝アンティット〟

首元とそで口からちらりと、でも確信犯的にのぞかせたパジャマストライプ柄のシャツ。小気味いいアクセントとなって、ゆるっとカジュアルなコーディネートに〝抜かりない〟しゃれっ気が加わる。シャツ¥15,000(アンティット)スエット¥41,000(マディソンブルー)スカート¥34,000(ANAYI)ピアス¥6,000(ロードス〈シーズマーラ〉)時計¥15,000(DKSHジャパン〈タイメックス〉)バッグ¥11,800(キャセリーニ〈ル・ベルニ〉)靴¥32,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)

アッパーハイツのシャツ

18. ウールシャツの温もりのある風合いで、初秋気分に
着たのは〝アッパーハイツ〟

この秋気になる、ブラウン~ベージュのグラデーション配色。胸元のきれいな開きが、女っぽさを高める。シャツ¥23,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)スカート¥9,200(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)ネックレス¥21,150(サイクロ)バングル¥25,000(NOJESS)バッグ¥22,800(ショールーム セッション〈YAHKI〉)靴¥22,038(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

セオリーのシャツ

19. 一枚サマのロングシャツは、パンツでドレスアップしたい日にも最適
着たのは〝セオリー〟

タキシードからインスパイアされたというシャツは、そのメンズライクな雰囲気を生かして、細身の黒パンツを合わせてシンプルに着こなしたい。タイは結ばずにそのまま垂らすとカジュアルな印象に。シャツ[共布タイ付き]¥24,000(Theory)パンツ¥19,000(LOUNIE/ルーニィ)イヤリング¥18,000(Jouete)リング¥2,700(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥46,500/参考価格(CPR TOKYO〈ルル ギネス〉)

ドレステリアのシャツ

20. 優しげな印象のボトムとなじませながら、大人めにチェックを攻略
着たのは〝ドレステリア〟

ブリティッシュチェックのシャツは、第1ボタンやそで口のボタンをしっかり留めて、クラシカルな気分で着こなして。シャツ[共布タイ付き]¥22,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉)レザーブルゾン¥43,000(ロートレアモン)パンツ¥30,000(ebure)ネックレス¥2,900(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)ブレスレット¥28,000(ロードス〈ザ ボーイスカウツ〉)リング¥34,000(ココシュニック)バッグ¥38,000(CPR TOKYO〈フリン〉)靴¥18,334(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

Domani2018年9月号『ベーシックだからこそ買い替えたい! シャツの新名品と着こなし20』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/坂根綾子(静物)、江原英二(Astro/人物) スタイリスト/城長さくら(kind) ヘア&メーク/シバタロウ(P-cott) モデル/小濱なつき、葛岡 碧 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事