昭和感漂うレース付きレギンス。タンスの肥やしにもならないので今すぐサヨナラして!【レギンスでコンサ婆さん注意報】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2019.03.21

昭和感漂うレース付きレギンス。タンスの肥やしにもならないので今すぐサヨナラして!【レギンスでコンサ婆さん注意報】

この春、大活躍しそうなレギンス。露出を抑えられるうえ、ワンピースやスカートも適度にカジュアルダウンしてくれるので、ワーママにとって頼れる相棒になりそうですよね。レギンスというと「昔、はいてた」という人も多いと思いますが、今年のレギンスは、昔のそれとは大違い。間違ってもふくらはぎレースはNGです!

Tags:

昭和感漂うレース付きレギンスは捨てて、今年らしいフルレングスを投入して!

レギンスブームと聞いて「昔のレギンスとってあったかも! ラッキー」なんて喜んでいる人は大間違い! 10年前のレギンスは、七分丈やふくらはぎ丈がメインでしたが、今季はフルレングスだらけ。素材もピタピタのスパッツ系ではなく、リブ編みやゆとりのあるスリット入りが主流。ワーママにとってうれしいトレンドだからこそ、コンサ婆さんにならないよう、今っぽくはきこなしたいですよね。

前回の記事▶コンサ婆さんの大好物♡すそレースのレギンスは地元感丸出し!

女らしい柄ワンピをフルレンレギンスでカジュアルに!

軽やかな柄ワンピにレギンスを重ねて今どきに。ほっこり見えがちな柄ワンピも、レギンスのアクティブ感が加わることで都会的に着こなせます。ワンピースをゆるりと着るのもかわいいですが、細ベルトをプラスすれば、腰位置が引き上り、スタイルアップも自在。フルレンレギンスで足首が隠れるぶん、手首は見せて抜け感を出してくださいね。バックやヒールパンプスで黒をちらして、あくまで大人っぽく!

▲レギンス¥9,800(LOUNIE/ルーニィ) バッグ¥5,800(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店<ホワイト>) 靴¥20,000(モード・エ・ジャコモ プレスルーム<メダ>) ワンピース・ベルト/私物

【問い合わせ先】
LOUNIE/ルーニィ 03-4578-3466
ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店 03-3354-2258
モード・エ・ジャコモ プレスルーム  03-5808-7396

イラスト/村澤綾香 撮影/田中麻以 スタイリスト/角田かおる モデル/小林有里 構成/木戸恵子

【あわせて読みたい】
旬のレギンスが台無し!チュニック合わせでコンサ婆さんになってます
コンサ婆さんにならないレギンスコーデ。まずはワンピで実践!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事