おしゃれの危険領域!?むやみにピンクを選ぶ"おピンクちゃん"はレディ・ババ予備軍かも【絶対なりたくない!コンサ婆さんVSレディ婆】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search

 

FASHION大人のファッションコラム

2019.07.10

おしゃれの危険領域!?むやみにピンクを選ぶ“おピンクちゃん”はレディ・ババ予備軍かも【絶対なりたくない!コンサ婆さんVSレディ婆】

ショッキングピンクのバッグに、ビビッドなピンクのパンプス・・・ついついレディな小物を手に取ってしまうあなたは、レディ・ガガならぬ、レディ婆(レディ・ババ)になりかけている!?毎日使うバッグには特に好みが現れるので、レディ婆度を測るバロメーターになるかも!

好みが出やすいバッグを見れば、あなたの〝レディ婆〟度がわかります!

毎日使うバッグは自分の好きな色やデザインを選びたいですよね。だからこそ、バッグを見るとその人の好みが一目瞭然! 学生時代の初デートに「かわいいね♡」と褒められたテイストのバッグをひざ上にちょこんとのせている人は、レディ婆(レディ・ババ)になっているかもしれませんよ。さらに「小物は色を合わせるのが常識」と思って、いつもバッグと靴の色をそろえている人。一概に間違いとはいえませんが、レディなショッキングピンク色のバッグに、これまたビビッドなピンクのレディな靴を合わせるとコーデの糖度が上がり危険領域に!好みが出やすい小物こそ見直しが必要です。

フェミニン系の人にこそPVCバッグがおすすめ!

「どちらかというと甘い服が好き」という人は、小物をコンサバ系にふるのではなく、PVC素材のバッグのような、コーディネートに抜け感の出る小物を選ぶのがポイント。全身レディに決めすぎるより、小物で違うテイストをポンッと入れるほうがバランスが取りやすいんです。次回はコーディネートの鮮度を上げてくれるPVCバッグをご紹介します。

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

あわせて読みたい
20代のころの〝モテ服〟をいまだに着てる人、レディ婆になってますよ!
甘見えスカートもドライカラーを選べば脱レディ婆!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事