イライラする! 夫のムダ使い【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く女の質問箱

2019.08.31

「夫のお小遣いの無駄遣いを発見!どうやめさせる?」【働く女性の質問箱】

夫のムダ使いが目にあまる…。そんなときの対処法は? 節約アドバイザーがお答えします。

Tags:

Q:夫のお小遣いムダ使いにイライラ…。やめさせる方法はある?

答える人/丸山 晴美(節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナー・消費生活アドバイザー)

A:やめさせるより、ふたりの将来設計を

夫のお小遣いなら、自由に使ってもいいではないのでしょうか。自由に使えるからお小遣いなのであって、自分自身に置き換えてみれば、使い道にあれこれ言われるとイヤな気持ちになるかもしれません。

イライラがおさまらないようなら、夫が妻(私)のためにお金を使ってくれないことなのか、それとも貯蓄をしてくれないからなのか。まずそこを考えてみましょう。もし、前者ならふたりで旅行へ行くといった共通の楽しみをもってみる。後者なら、共通口座をつくって決まった金額を先取りで貯めて、残ったお金で家計費やおこづかいを割り振ってみてはいかがでしょうか。

やめさせるのではなく、ふたりで将来の家族の人生設計をする中で、今のお金の使い方が本当に妥当なのかも、話し合ってみるといいと思います。

写真/Shutterstock.com

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナー・消費生活アドバイザー

丸山 晴美(まるやま はるみ)

22歳の時に節約に目覚め、1年で200万円を貯めた経験がメディアに取り上げられ、その後コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザー、宅地建物取扱主任士(登録)、認定心理士、家庭の省エネエキスパート検定合格、調理師などの資格を持ち、食費や通信費など身の回りの節約術やライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなどをテレビやラジオ、雑誌、講演等で行っている。
著書は「簡単!しっかり貯まる お金の基本」(宝島社)、「定年後に必要なお金「新・基本のキ」」(宝島社)など多数。 公式HP「らくらく節約生活。」

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働くアラフォー質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事