Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONシャツ・ブラウス

2021.11.05

黒シャツのレディースコーデ16選!季節別におしゃれを楽しむ着こなしを紹介

30代・40代女性向けの「黒シャツ」を使ったコーディネートをピックアップ!「夏」「春・秋」「冬」の季節ごとのおすすめをご紹介します。

Tags:

黒シャツコーデのポイント

シャツの中でもクールな印象の「黒シャツ」。白シャツも定番ですが、黒を選ぶことで印象にキレが生まれます。 大人女性にぴったりな季節ごとの黒シャツコーデをご紹介します。

【POINT】
・春夏は襟抜きや袖ロールアップでこなれ感を出す
・秋冬はニットにインしたり、アウターと合わせたりレイヤードを工夫する

「春・秋」の黒シャツコーデ

【1】黒シャツ×ニット×ネイビーパンツ

【1】黒シャツ×ニット×xネイビーパンツ

ボーダーをアクセントにした 凜々しいお仕事スタイルが好印象。シャツを少しだけ背抜きに しつつボーダーのざっくりニット を加えることで、シャープな装いが盛り上がる。

▶︎テクいらずでおしゃれ見え。やっぱり頼れるのは黒のセットアップ!

【2】黒シャツ×ベージュスカート

【2】黒シャツ×ベージュスカート

色を抑えた着こなしで落ち着いた雰囲気に。素材感のある小物を合わせることで着こなしに表情を加えて。

▶︎通勤着にもぴったり♡ 「スモーキーピンク」のきれい色でコーデが華やぐ!

【3】ベージュニット×黒シャツ×緑ロングスカート

【3】ベージュニット×黒シャツ×緑ロングスカート

深いグリーンのフレアをレオパード柄でスパイシーに。こっくりとしたモスグリーンのフレアスカートをレオパード柄パンプスで辛口に味付け。定番の黒シャツがドラマティックに見違える、最旬スタイル。

▶︎シンプルなスタイルも足元にあの柄を選べばとことんおしゃれだった!

【4】黒シャツ×茶色ワイドパンツ

【4】黒シャツ×茶色ワイドパンツ

ボリューミーなワイドパンツは引きしまるブラウンで。パンツ以外は、旬のブラウンを引き立てる黒で統一。靴とバッグで上品な遊び心をプラス。

▶︎めっちゃ脚長! ブラウンのワイドパンツの美脚力がすごい!

【5】黒シャツ×グレースカート

【5】黒シャツ×グレースカート

カジュアルな素材でも、シックな色味と女っぽいシルエットならONシーンに最適。後ろにスリットが入ったミディ丈のタイトスカート。ベーシックなシャツをINすることで、きちんと感が増す。

▶︎平成最後の冬、鉄板のコーディネートはこの組み合わせ!

「冬」の黒シャツコーデ

【1】黒コート×黒シャツ×黒スカート

【1】黒コート×黒シャツ×黒スカート

キルティングやウエポを差し大人カジュアルに昇華。中はとろみブラウスと落ち感のあるタイトスカートのシックなコーデ。ベロアのキルティングコートとレオパード柄のウエポで、今旬のカジュアルにシフト。

▶︎「黒95:レオパ5」この割合がたまらなくかわいい♡【明日何着る?】

【2】ベージュコート×黒シャツ×黒パンツ

【2】ベージュコート×黒シャツ×黒パンツ

カシミア100%コートが光沢感のあるセットアップを上質にまとめて。ジャンプスーツのように見えるシャツ×カーゴパンツのセットアップは、端正なチェスターで包み込むことで美人度がアップ。履き口のカッティングがシャープなブーティで、キレ味をプラス。

▶︎【今日のコーデ】定番配色でもどこか新鮮! これがおしゃれワーママの理想

「夏」の黒シャツコーデ

【1】黒シャツ×グレーショートパンツ

【2】黒シャツ×グレーショートパンツ

ハーフパンツを合わせてシャツをラフに着くずせばまた別な表情が楽しめる。

▶︎【猛暑に打ち勝つコーディネート】機能性に優れたコロンビアのショートパンツが使える!

【2】黒シャツ×茶色スカート

【3】黒シャツ×茶色スカート

フレアスカート合わせならぐっと女っぽい印象に。小物まで上品にまとめてきちんと感を高めて。

▶︎うだるような暑さの日にはリネンシャツが大活躍

【3】黒シャツ×デニムパンツ

【4】黒シャツ×デニムパンツ

頑張らなくて女らしい西海岸風のリラックスムードに。彼はボタンを全留めすることの多いシャツ。デニムに合わせるならデコルテをのぞかせるバランスで、ヘルシーな女らしさを表現して。

▶︎「そのシャツ素敵、どこの?」「えっ!夫から借りたの?」実はメンズシャツですが、美人見え確実です♡

【5】黒シャツ×グレースカート

【5】黒シャツ×グレースカート

出動頻度の高いスキッパーシャツに「黒」という新しい選択肢を!王道のスタイリングも、シャツに黒を選ぶことでとたんに印象にキレが生まれる。ブラック×グレーのクールな配色で、甘さが抑えられた大人のフェミニンスタイルに。ここ数年トレンドが続いているレーススカートは、流行であることに安心してそのままはき続けがち。きちんと見直して、丈長めのものにアップデートを。

▶︎甘さ控えめな大人のフェミニンコーデは色使いが決め手!【アラフォー的今日のコーデ】

【6】黒シャツ×青スカート

【6】黒シャツ×青スカート

王道のコンビスタイルもメリハリシルエットで女らしさアップ。Domani読者が大好きな、シャツ&レースタイトの着こなしを、シルエットでアップデート。シャツをリネンのビッグシルエットにすることで、大人の余裕が生まれる。

▶︎シャツ&レーススカートの鉄板コーデの脱マンネリ法【今、着たいコーデ】

【7】黒シャツ×ボタニカル柄スカート

【7】黒シャツ×ボタニカル柄スカート

どこかクールな雰囲気のある、寒色でまとめたボタニカル柄のジャカードスカート。黒シャツのスマートな印象を崩すことなく、女っぷりのよさも手に入れられるのがうれしい。

▶︎¥5,900!【センスオブプレイス】の柄スカートが優秀すぎる!【明日のコーデ】

【8】黒の水玉シャツ×デニムパンツ

【8】黒の水玉シャツ×デニムパンツ

ランダムなドットのパターンと、とろみのある素材使いが、ほんのり甘い印象を漂わせるオープンカラーのシャツ。ボーイッシュな太めストレートのカットオフデニムに合わせて、休日らしいリラックス感を演出して。

▶︎休日デニムスタイル、ただただボーイッシュになっていませんか??【アラフォー的今日のコーデ】

【9】黒シャツ×白スカート

【8】黒シャツ×白スカート

大きなトレンドのひとつでもあるチャイナデザイン。インパクトの強いアイテムだけど、しなやかなとろみシャツなら女っぽくきれいめに着られて取り入れやすい! リラクシーなシルエットなのにほっこり見えず、すっきりと着ることのできる絶妙なゆるフォルムも◎。ハリのあるニットスカートの上にさらっと着るだけで、今どき感のある装いが完成します。 つるんと肌離れのいい素材だから、暑い夏も快適。前を開けて軽い羽織りとして活用するのもオススメです!ニュアンスを帯びたブラックで大人っぽく。

▶︎シャツブランド「ハッシュニュアンス」が叶える、一枚で着映えるデザインシャツ!

【10】黒シャツ×白スカート

【9】黒シャツ×白スカート

初秋までシックに着られる黒シャツですが、盛夏の最中も快適に着回せます! ブラックデニムのマキシスカートで、程よくモードにまとめて。

▶︎【今すぐポチ買いしたい!】今っぽく“こなれ見え”したいなら「ノーク」のシンプルシャツが♡

甘くも辛くも活躍する黒シャツ

黒シャツコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか?シャープな印象が強いの黒シャツも、ちょっとした工夫で着こなしの幅を広げてくれます。 ぜひ、黒シャツをコーデに取り入れてみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事