Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION セットアップコーデ

2023.02.19

【2023年最新】レディーススーツコーデおすすめ25選!選び方やおしゃれに着こなすコツ

 

きちんと感が出るスーツスタイル。プロに聞いたスーツの選び方や30代、40代レディース向けスーツコーデを定番のネイビー・グレー・ベージュ・黒の色別に厳選してお届けします。

Tags:

失敗しないスーツ選びのポイント

■襟つきスーツは一着は持っておくと◯

スーツブランドの「THE SUIT COMPANY」や「WHITE THE SUIT COMPANY」、「UNIVERSAL LANGUAGE」でプレスを務める高さんに、ビジネスシーンで着用するスーツ選びのポイントを聞きました!


「働く女性が1着は持っていたいベーシックなスーツ。職業やシーンによってTPOにマッチするデザインや色合いは異なりますが、比較的だれでも取り入れやすく着やすいのは襟つきスーツでしょう。最近はビジネスシーンでもノーカラーデザイン(襟なしのタイプ)を好む方が増え人気ですが、よりきちんと見えるのはやはり襟つきタイプ。新入社員である20代前半の方は黒やネイビーなど暗色カラーを選ぶ方が多いですが、Domani世代の方はこなれ感も考慮した明るめのグレーがおすすめです。明るすぎると場を選んでしまうので、明るすぎず暗くすぎない程よい明るさというのがポイント。

ジャケットの着丈も長すぎず短すぎない万能な丈に設定しているので、パンツにもスカートにも合います。そしてこちらのスーツ、よく見ると柄にライトブルーの細かいストライプが入っているので、ブラウスや小物とカラーをそろえればコーディネートがしやすいんです。悪目立ちしないピンストライプ柄は様々なビジネスシーンになじみながら、無地より無難になりすぎないので、きちんと感とおしゃれを両立できると思います」(高さん)

■ノーカラージャケットはセットアップが正解

スーツの女性
「万能な襟つきスーツをお持ちの方は、よりセンスを感じるノーカラースーツを新調してもいいでしょう。以前よりもデザインのバリエーションがグッと増え、最近はノーカラーが全アイテムの3〜4割を占めるまでになっています。よりきちんと見えるのは襟つきですが、上下そろいのセットアップで着用すればきちんと見えするので問題ありません。

このスーツはベージュカラーがおしゃれ度アップにひと役。高見えする上質な生地、大人の女性らしい品のいい色味なら無理なくビジネスシーンになじみ、こなれた装いを演出してくれます。素材はウールポリエステルのウォッシャブルタイプ。家庭で洗っても型崩れしにくく、多忙なワーママでもお手入れがしやすく簡単です」(高さん)

▼あわせて読みたい

「ネイビー」きちんと感が出るスーツコーデ

【1】定番ネイビーでも、立体感のあるフォルムでなら、着たときのこなれ感が段違い!

定番ネイビーでも、立体感のあるフォルムでなら、着たときのこなれ感が段違い!

定番ネイビーでも、立体感のあるフォルムでなら、着たときのこなれ感が段違い! ふわっと広がる背中と立体感のある腕のシルエットで、非凡なハレの日コーデが叶います。さらにタイトなパンツと合わせれば、メリハリの良さも抜群!シックなのに存在感のあるおしゃれが簡単にできちゃうんです。

▼あわせて読みたい

【2】ジャケットセットアップは、ダブルブレストデザインと〝+α〟で差をつけて

ジャケットセットアップは、ダブルブレストデザインと〝+α〟で差をつけて

ベーシックな紺ブレザーをハンサムに仕立てたセットアップは、フォーマルからカジュアルまで、どんなシーンのおしゃれにも寄り添ってくれるタイムレスな一着。少し長めの着丈、シャープなラペルとショルダーラインがかっこよさを引き立てます。ボトムは、すとんと落ちるストレートラインが美しいワイドパンツ。ツータック仕様のワイドシルエットが生み出す迫力は、大人の女性だからこそ似合うもの。ドットブラウスやブローチなど、華やぎのある遊び心を加えてモードに着こなして。

▼あわせて読みたい

【3】シャープなデザインと艶のあるネイビーで、清楚かつ高級感のある佇まい

シャープなデザインと艶のあるネイビーで、清楚かつ高級感のある佇まい

女性の体のラインを美しく見せてくれる、計算され尽くしたシルエットのネイビースーツ。艶のある素材のスーツなら、清潔感だけでなく、高級感のある佇まいも叶う。

▼あわせて読みたい

【4】Vカラージャケットならきちんと見えて都会的なスタイルに!

Vカラージャケットならきちんと見えて都会的なスタイルに!

同じネイビーのジャケットでも、深いV開きがシャープなノーカラージャケットを選べば、こんなにシャープな印象。同素材のブラウス&テーパードパンツを合わせれば、きちんと感も十分です。単品使いしやすいようデザインされているため、着回し力も抜群。

▼あわせて読みたい

【5】定番スーツが見違える映えブラウスを効かせて!

「これさえあれば大丈夫!」な、美人見えを約束するネイビーのセットアップ。ジャケットはウエストシェイプのボトムを選ばないコンパクトなつくりで、モデルが着用しているテーパードパンツ以外に、スカートやストレートパンツを合わせてもOK。いつも清潔が保てるマシンウォッシャブルというのも、ワーママにうれしい利点です。無難になりすぎないように、暗色の上下に映えるストライプシャツを華やかに効かせて、他と差のつくジャケパンスタイルに昇華させて。

▼あわせて読みたい

【6】ダークトーンのスーツはボタンレスジャケットを選ぶべし◎

ダークトーンのスーツはボタンレスジャケットを選ぶべし◎

ハリ感のあるリネン混素材で、きちんとシーンはもちろん、カジュアルにも着られるセットアップスーツ。ディテールのそぎ落とされたミニマムさが軽やかな印象へと導きます。ドロップショルダーで心地よく羽織ることができるのも、忙しいワーママ世代にはポイント。リラクシーなラインのパンツもこなれ感抜群!

▼あわせて読みたい

【7】きちんと感プラス、ニットやスカーフでやわらかさを演出!

ネイビースーツの女性
ネイビーのスーツできちんと感や上品さをキープしつつ、カラー小物でミーハー感を注入。真面目なスーツに親しみやすさをひとさじ。

▼あわせて読みたい

「グレー」カッチリ決めたい時のスーツコーデ

【1】キレ味のよいシルエットでハンサムに!

キレ味のよいシルエットでハンサムに!

光沢感のあるウール素材なので、ドライな質感がややマニッシュなボウタイブラウスを女っぽく昇華してくれます。ストレッチが効いているので快適な着心地なのもうれしい!

▼あわせて読みたい

【2】ローファー合わせが今っぽい

黒ブラウス×グレージャケット×グレーパンツ

グレーの淡いトーンでまとめるのもいいけれど、辛口に振るならインナーと小物にブラックを効かせて、キリリと見せて。

▼あわせて読みたい

【3】知的で上品!明るいグレーのセットアップ

白ブラウス×グレージャケット×グレーパンツ

パンツスタイルでもハンサムさをセーブしたいエレガント派には、ノーカラーのセットアップがおすすめ。やさしいグレーカラーも相まってほのかに女性らしさが漂います。合わせるインナー次第でガラリと印象が変わるから、セレモニーの場ではフリル付きブラウスで華やかさを加味して。美脚効果が期待できるクロップドパンツのおかげで、どんなトップスを合わせてもスマートに着こなせます。

▼あわせて読みたい

【4】ダブルボタン&ちょい太パンツで今っぽいスーツスタイルに

ダブルボタン&ちょい太パンツで今っぽいスーツスタイルに

ダブルボタン&ちょい太パンツで今っぽいスーツスタイルに。ベーシックなアイテムながら、ちょっと効かせたワザありデザインがモードな個性をプラス。股上深め×センタープレスなので、ワイドなフォルムもスタイルよく着こなせます。

▼あわせて読みたい

【5】ラッフルブラウスで華やかさを加味

ラッフルブラウスで華やかさを加味

フラップポケットが唯一のアクセントになったノーカラージャケットと、サイドファスナーですっきりと仕立てられた太めのクロップドパンツ。赤みがかったグレーが大人っぽいセットアップを、ラッフルブラウスでフェミニンに昇華して。

▼あわせて読みたい

【6】ニットから白タートルをのぞかせるひと手間が、こなれ感を生む

ニットから白タートルをのぞかせるひと手間が、こなれ感を生む

セットアップをこんな肩ひじ張らないムードで着こなせたら、かなりのおしゃれ上級者。九分丈のパンツと甲浅パンプスでつくる足首の抜け感も、こなれ感をつくる大事なポイント。

▼あわせて読みたい

【7】周りと差が付くカシュクールジャケット

周りと差が付くカシュクールジャケット

ジャケットのウエスト部分にリボンを施し、カシュクールのように仕上げたオリジナリティあふれる一枚。長めの着丈やスリムなラペル、肩の薄いパッドなど、キリっとシャープなディテールが通勤スタイルをかっこよく仕上げてくれます。細身でミニマルなスティックパンツはバックスリット入りで、さりげないセンシュアルさの演出に一役。

▼あわせて読みたい

「ベージュ」柔らかい雰囲気が出るスーツコーデ

【1】真面目すぎないボクシーな今どきシルエット

真面目すぎないボクシーな今どきシルエット

トラッドムードが漂うポロニットをインナーに。シャツやクルーニットとは一味違う、鮮度の高い通勤スタイルが完成。

▼あわせて読みたい

【2】大人っぽいこっくりベージュとノーカラーデザインで、洗練感たっぷりに♡

大人っぽいこっくりベージュとノーカラーデザインで、洗練感たっぷりに♡
定番は白シャツ。大人っぽいこっくりベージュのノーカラーデザインと白シャツで、洗練感たっぷりに。

▼あわせて読みたい

【3】ベージュスーツ×白カットソー×柄パンプス

ベージュスーツ×白カットソー×柄パンプス
ベージュのスーツに柄パンプスでアクセントをつけたコーディネート。ジャストなサイズ感が上品さを後押し。

▼あわせて読みたい

【4】ジャケットは長め、ワイドパンツはウエストにポイントがあるデザインをセレクト

黒ニット×ベージュジャケット×ベージュワイドパンツ

大人になったら単なる真面目に終わらないスーツ選びを! 太ももにかかる長さのジャケットに、ウエストにポイントのあるワイドパンツと、仕事に余裕のある大人だからこそできるセレクト。インナーは着慣れたアイテムでデイリーに着地。

▼あわせて読みたい

【5】ノーカラージャケット&スカーフ使いでこなれたコンサバ感を

ベージュスーツ×ネイビーニット
ノーカラージャケットとスカートのセットアップは、セレモニーでも使える上品さ。合わせを黒で統一すると、キレのよい着こなしに。

▼あわせて読みたい

【6】ガチガチに着すぎず、ボーダーや白小物で抜け感を出すのがポイント!

ベージュスーツ×ボーダーニット
腰回りにたっぷり入ったタックで、ボリュームがありながらもスタイルカバーができるパンツスーツ。ツヤのあるベージュの上下は、ボーダーや白小物で抜け感を出し、肩ひじ張らず着こなすのがちょうどいい。

▼あわせて読みたい

「黒」スタイリッシュな印象のスーツコーデ

【1】スーツのインナーは顔映りのいい色を選んで

ボクシーなダブルジャケットでしゃれ感を

今どき感のあるボクシーなダブルジャケットでしゃれ感を出しつつ、着こなし全体が堅苦しく見えてしまわないように、インナーは顔映りのいい白を選ぶのが正解。とろみのあるソフトな素材感のブラウスだから、印象もどこか優しくまろやかに。ただかっこいいだけではない、好感度の高い知的な女らしさを狙いたい。

▼あわせて読みたい

【2】ベーシックなのにサマになる絶妙シルエット

黒のジャケット&パンツコーデの女性

ジャパンメイドの上質な生地で仕立てた黒ジャケットに、首詰まりの白ブラウス、コクーンシルエットのパンツを組み合わせたモード感漂うセレモニースタイル。ジャケットは余計な装飾を削ぎ落としたシンプル設計で、コンパクトすぎず、オーバーサイズすぎない絶妙なサイジング、ストレッチ素材の着心地も抜群です。パンツはTシャツ1枚でもサマ見えする構築的なフォルムながら、シワになりにくいところも優秀!

▼あわせて読みたい

【3】どこかに「女らしさ」を加えるのが着こなしのルール

どこかに「女らしさ」を加えるのが着こなしのルール

 パンツスーツもエレガントな印象に。肩がかっちりとした黒ジャケットは、どこかに女らしさを加えるのが着こなしのルール。ヌーディなベージュのシャツ仕立てニットで軽さを出し、Vカットのパンプスで肌の抜け感を大切に。パンツスーツでかっこよく決めた日こそ女らしさを忘れない。それこそが、Domani世代のおしゃれの腕の見せどころ。

▼あわせて読みたい

【4】モノトーンスタイルを無難に見せない、着映え力のある黒で小気味よく!

モノトーンスタイルを無難に見せない、着映え力のある黒で小気味よく!

モノトーンスタイルを無難に見せない着映え力のある黒で小気味よく! ストイックな黒アイテムをちりばめたモードみを帯びたスタイルでお出かけ。ロングタイトスカートにストラップのヒール靴で、いつもより女っぷりよくテンションをあげて。

スーツの色を変えるだけでも印象も大きく変わりますよね。いつものスーツもインナーや小物使いでさまざまな雰囲気になります。シーンに合わせてコーディネートに変化をつけて

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!