「PayPayキャンペーンに乗ってみたA子さん」に消費生活アドバイザーが「待った!」【キャッシュレス払いなにがいい?】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く女の質問箱

2019.10.17

消費生活アドバイザーが答える!「あなたのPayPay、本当にお得?」【キャッシュレス払いなにがいい?】

10月からのポイント還元制度にともなって、いろんなPayサービスのキャンペーンが花盛り! それ以前から使い始めていたDomani読者A子さんはどれくらい得したのか?

Text:
南 ゆかり(フリーエディター)
Tags:

ヤフーカード所有者ならお得を最大限得られる<PayPay>

2019年の夏ごろから、ますますにぎやかになったPayサービス。いち早く活用しているA子さんの、Pay生活に密着。どれくらい得したのか? そして、これから選ぶべきキャッシュレスの道は? 消費生活アドバイザー丸山晴美さんのアドバイスも必見です。

1か月使いまくって約10%のポイントゲット

「ポイ活(ポイント活動)は、けっこうやってきたほうだと思います。ポイントサイト『ハピタス』を使って、さらに楽天ペイの5%ポイント還元の恩恵にあずかって(2019年9月まで)。でも、Payサービスをあまり積極的に使ってこなかったのは、やっぱりセキュリテイ面が心配だから。セブンペイのこともあったし。だから、新しいPayを使うときは、プライバシーポリシーやセキュリティ対策の説明を必ず読みます」という慎重派のA子さん。

試しに、と友人に誘われてこの夏使ってみたのが、大々的にキャンペーンをしていた<PayPay>。

「コンビニ、出張ホテル代、スーパー、そして友人とのお金のやりとりなど、月に2万円ちょっと使いました。通常は3%のポイントが付与。その上に週1回100円のポイントがついたり、ポイントアップのキャンペーン期間があったりで、結果、1か月で約2,000円ぶんのポイントはもらえましたね(2019年9月時点)」

始めるとき、誘われた友人からは「20回に1回は1,000円相当がもらえるらしい」と言われたそうですが、よくよく見ると、「ヤフーカードを使ってチャージしている人のみが対象」。キャンペーン紹介ページの注意書きに、小さく書いてありました。これ、見落としても仕方ない小ささです。お得度の大きなキャンペーンほど、条件つきのものが多いと心得ておいたほうがいいようですね。

10月にやってきたPay疲れ

その後、10月からはポイント還元の対象店舗でできるだけ買い物をするようにして5%のポイント還元を受けたりしていたけれど…。
「必要なものは貯まったポイントから買い物して。友達との貸し借りや割り勘精算にも使って。それは本当に助かりました。けど、そうしているうち、新しいキャンペーン情報を追いかけるのに、少し疲れている自分に気がついて…」

そのきっかけは、ツイッターなどでも話題になっていた、10月5日の「PayPay感謝デー」(最大20%のポイント還元)に、通信障害で使えなかったこと。そしてもうひとつ、いまだにA子さんのメインバンクである三菱UFJ銀行が使えないということ。

「<PayPay>を始めるときに気づいていたんですが、私のメインバンクの三菱UFJ銀行がチャージに使えないんです。ほかの都市銀行は使えるのに。本当はやりたくなかったけれど、クレジットカードからチャージするようにしました」とD子さん。三菱UFJ銀行が登録できないのはOrigami Payも同じらしいです。

A子さんは慎重派なので、自分で使いすぎに歯止めをかけるよう、クレジットカードからチャージするときは1,000円ずつ。それ以上のものを買うときは、その場でチャージを足して、PayPay残高はあまり残しておかないとのこと。

「もう少し使ってみて、これからも継続するか、これまでずっと使っている電子マネーPASMOでいくか、年内めどに判断しようと思ってます」(A子さん)

消費生活アドバイザー丸山さんからのアドバイス
<楽天派>か<ソフトバンク派>か、どちらか選択を

「A子さんが気づいたように、PayPayですごく得をするのは、ヤフーカード(ヤフーが発行するクレジットカード)を持っている人なんです。その次に優遇されるのが、ソフトバンクのスマホユーザーとYahooプレミアム会員(有料)。つまり、ソフトバンクグループを活用している人には、ものすごくお得なサービスです。

それに対して、もう一方の大きな経済圏が<楽天ペイ>など楽天グループのサービス。すでにこちらでお得を得ている人は、それ以上広げてソフトバンク経済圏に巻き込まれる必要はないと私は思います。ただ、楽天グループよりもソフトバンク・ヤフーのグループのほうがキャンペーンが派手なぶん、よく目立つ。いっとき試してみるのは、いいと思いますが、最終的には<楽天派>か<ソフトバンク派>か、自分に合ったほうに絞るのがいいでしょう」(丸山さん)

●PayPayについて
https://paypay.ne.jp/

南 ゆかり

フリーエディター・ライター。半年にわたって取材・執筆した書籍『真夏も雪の日もかき氷おかわり!』発売中! ほかに書籍『今の私は』(後藤真希・著)、Oggi誌面インタビュー連載「この人に今、これが聞きたい!」「お金に困らない女になる!」などなど。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事