「ふたりめが欲しいけど、育児に非協力的な夫で心配です」【ヒロシです。ワーママの悩みに答えます】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く女の質問箱

2019.11.01

「ふたりめが欲しいけど、育児に非協力的な夫で心配です」【ヒロシです。ワーママの悩みに答えます】

第2子をつくるか悩む相談者に、ヒロシさんは、芸人になるときの覚悟を思い出しながら答えてくれました。

Tags:

<お悩み>夫の協力が少なく、第2子妊娠の覚悟ができない

夫が家事や育児に協力的とは言えず、そして、そんな状況を受けて入れている私に感謝もなく、「もっと子供を外に遊びに連れて行ってあげて」と言われたりします。
そろそろ第2子の妊娠を計画したいのですが…、このままでは自分が大変になるばかり、と悩んでいます。
(34歳・既婚・子あり2歳・人材派遣会社勤務)

<お答え>迷っているということはそこまでの気持ちがないということ


なんでもそうだと思うんですけど、悩んでいるならやめたほうがいいと思います。悩んでいるって言って、行動を起こさない人ってたくさんいるけどみんなそこまでやりたいと思っていないんです。

たとえば僕はお笑いを始めたいと思って始めたけれど、やっぱりリスクは相当ありました。生活していけるだろうか、成功するだろうかって不安だったけれど、やっぱりやりたいと思ったから踏み出しました。

ふたりめがほしかったら、夫がどうであろうと、もっと大変になることがわかっていようと、つくろうとしていると思うんです。ふたりめがほしいっていうのは本当だと思うけど、そこまでの覚悟がないってこと。悩むくらいなら、やめたほうがいいんじゃないかと思います。

取材・文/赤木さと子(スタッフ・オン)

あわせて読みたい
▶︎〝妻〟としての自信がありません。こんな私、0点ですか?

芸人・ソロキャンプYouTuber

ヒロシ

1972年生まれ。熊本県育ち。2000年代初めに「ヒロシです。」のフレーズで始まる自虐ネタで大ブレイク。2015年には日めくり『まいにち、ネガティブ』(自由国民社)が10万部を越える大ヒットに。2015年より、YouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を開設。自身で撮影、編集したソロキャンプ動画をアップし人気に。現在チャンネル登録者数は50万人を突破。2018年12月に『働き方1.9〜君も好きなことだけして生きていける〜』(講談社)を発売。2019年11月1日には新刊『ひとりで生きていく』(廣済堂出版)を発売! レギュラー番組『迷宮グルメ異郷の駅前食堂』(BS朝日・毎週火曜22:00〜)が絶賛放送中!

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事