本棚の中で眠るという魅惑の世界。冬のおこもり自分時間は【BOOKANDBEDTOKYO】がおすすめ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

WOMENリラックス

2019.12.26

本棚の中で眠るという魅惑の世界。冬のおこもり自分時間は【BOOKANDBEDTOKYO】がおすすめ

いよいよ寒くなってきて、コートや手袋が手放せなくなってきたこの頃…。そんな寒い日には、暖かい室内でベッドに寝転がりながらゆっくり読書するのも最高ですよね。今回は、ワーママのおひとりさま時間にぴったりの“泊まれる本屋”についてご紹介します。

Tags:

“泊まれる本屋”BOOKANDBEDTOKYOって?

突然ですが、本がたくさんあるところってなぜか落ち着きませんか? 図書館や大きな本屋さんでたくさんの本に囲まれていると、不思議と落ち着いた気持ちになってだんだん眠くなってきたりも…。かくいう私もまさにその一人。実家にある本の数はかれこれ2,000冊強という無類の本好きな母に育てられたせいか、本のたくさん集まる場所は私にとってさながらパワースポット。読んだことのないたくさんの本に囲まれると、あれもこれも読みたいとワクワクしてしまいます。

そんな私が“泊まれる本屋”があると知ったのは数年前。“本棚の中で眠る”という、それこそ夢のようなコンセプトのこのホステルの名はBOOKANDBEDTOKYO。東京都内・関西・福岡と全国に数店をかまえるこちらは、1泊3000円台〜とコスパも抜群なんです!(土日祝日等は変動あり)

今回お邪魔したのは池袋本店ですが、場所は駅から徒歩3分ほどの駅ビルの中。まさかこんなところに…?と最初は疑う方もいらっしゃるかもしれませんが、フロントで手続きを済ませてカードキー片手に扉をあけると、中は別世界…!

見渡す限り、本、本、本!!!天井や照明にいたるまで、あらゆるところが本で埋め尽くされています。

そして、本棚の中にポツリポツリと開いているこちらが本日のお宿。中はこんな感じで、まさに自分だけの空間…♡決して広くはないけれど、秘密基地のような雰囲気についついテンションが上がります。金庫もついているので貴重品はしっかりしまい込んで身軽になったら、念願の読書タイム!

自分が予約した部屋以外はすべて共有なので、お客さんはそれぞれ自分の好きな場所のソファに腰をおろし(寝転んでももちろんOK!)、思い思いに好きな本を読みふけることが出来ます。置いてある本のジャンルも実にさまざま。話題の新書が置いてある横にマンガやお洒落な洋雑誌が並んでいたりと、気になる本を宝探し感覚でじっくり探すのもまた楽しみ!

シャワールームもあるので、ささっとシャワーを浴びたらまたひたすら読書、読書、読書!少し疲れてきたら、ふらりと町へ繰り出して気分転換。最低限の荷物だけ持ってぷらぷらと夜の街を散歩しつつ、夕食をとったらスタバでコーヒーを買ってまた戻って。好きなだけ読みたい本を読めるのはもちろん、好きな時に・好きなことを・好きなだけ出来るこの幸せといったら…!!そんな時間、普段はなかなか取れないお母さんがほとんどですよね。久しぶりに本当に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

結局、その晩は部屋の中に持ち込んだ雑誌を読みつつ寝落ち。目覚めた次の日の朝は、これまた食べたいものを気ままにつまみつつ昨日読みきれなかった本の続きを。遅めの時間にゆっくりチェックアウトした頃には、また明日からも頑張ろうとしっかりパワーチャージ完了です!

泊まりが難しくても、時間制でデイタイムの利用も可能なこちらの“泊まれる本屋”さん。貴重なおひとりさまタイムを十二分に楽しみたい時、思いっきり自分だけの時間を堪能したい時…、ぜひ気軽に試してみてください!

画像ALT

Domanist

杉本 緑

アパレル勤務・1児(女児)の母。洋服への愛が高じてアパレル業界へ飛び込み、某アパレル会社で企画、生産に携わる。舞台や落語などの芸術鑑賞で自らの感性を刺激。娘との日常を描いたユニークなイラストもSNSで発信中。
IG:https://www.instagram.com/green_sgmt/

画像ALT

Domanist

杉山迪子

1児(女児)の母。病理医、乳腺外科医として働く女医。仕事と育児はもちろん、ファッション、人柄もバランス感覚を大切にしている。趣味は娘と旅行に行くこと。おいしい肉と日本酒が大好き。
IG:https://www.instagram.com/michiko_612/

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事