キュンときた♡2019年あの瞬間をプレイバック!ニュースで振り返る【誰かに話したくなるサンリオの魅力】年末特大号 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEリラックス

2019.12.30

キュンときた♡2019年あの瞬間をプレイバック!ニュースで振り返る【誰かに話したくなるサンリオの魅力】年末特大号

シナモン、プリン、キティにぐでたま…。今年もいろいろなことがありました。週一回の更新を目標に連載している【誰かに話したくなるサンリオの魅力】ですが、サンリオに所属するキャラクターたちの活躍が激しすぎて、ご紹介しきれなかった話題もたくさんあったんです。そこで、年末らしく2019年にとりこぼしまくってしまった面白いニュースをまとめてご紹介したいと思います。

Text:
朝岡真梨
Tags:

サンリオキャラクターたちの2019年とっておきニュースをまとめてみた

あっという間に年の瀬です。今年の春からスタートした連載【誰かに話したくなるサンリオの魅力】では、人気キャラクターのデザイナーさんに誕生秘話をきいたり、キャラクターが大活躍しているイベントの現場に潜入したりと、Domaniでしか読めないとっておきの話題をたくさんご紹介してきました。

しかしながら、サンリオ自体が、450を超えるキャラクターが所属の巨大事務所ということもあり、ネタの取りこぼしが多かったなぁという反省も。「子どものころから大好きでした」と公言したポチャッコのことなんて、初回以来ほとんど触れることすらできずに、年末を迎えております…。暮れってなんか切なくなりますよね。そんなライター・朝岡真梨による超個人的な目線で、2019年のサンリオキャラクターたちのとっておきニュースをまとめてみました。

一瞬も目が離せなかった!サンリオキャラクターたちの令和元年

■有言実行?!シナモンのエイプリルフールの予言

シナモンといえば、以前4月1日のエイプリルフールの日に、「品川紋次郎」として登場してたりとかわいらしいTwitterが人気ですが、今年はどんなつぶやきをしていたか、ご存知でしょうか?

シナモン公式ツイッターより

筆者はてっきり「2047年(笑)シングルデビューですか。また何か言い出していますね」とサラっと流してしまい、これを連載で切り取りそびれたことを半年後に大きく後悔する事件が起きました。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞に輝いたシナモン。しかも、このコスチュームの再現率、高すぎませんか?あれは、ふざけたウソじゃなかったんですね…。本当に失礼しました。サンリオキャラクターとの仕事は、些細な瞬間も見逃せないと気が付かされたニュース。来年以降も注視して取り組まねばと身が引き締まる思いです。

■こぎみゅん「もうサンリオショップで置いてもらえなくなっちゃうかもしれない」問題発生

2019年のサンリオキャラクター大賞で、「ホップステップジャンプ賞」を獲得した「こぎみゅん」といえば、ちょっとしたことで散ってしまう、とてもとても儚い性格のおんなのこ。そんなこぎみゅんはある日、会社から突然の電話があったことを明かしています。

『今度のグッズが売れなかったら、もうサンリオショップで置いてもらえなくなっちゃうかもしれないって言われたみゅん・・』
引用:こぎみゅん公式ツイッターより

今年はLINE LIVEにも挑戦して、てっきり絶好調なのかと思いきや…。競争社会の過酷さは、キャラクター業界でもか…と、感じたシーンでした。

こぎみゅん公式ツイッターより

でも、こぎみゅん、一生懸命宣伝用のチラシを自作してがんばっていたんですよ。

実際、筆者もサンリオ本社の会議室で、たまたま会ったこぎみゅんからチラシを一枚いただきました。手渡し!この儚い瞳に見つめられると、グッズ全部買いたくなっちゃいます。

地道な努力の甲斐もあり、グッズの売れ行きは大盛況だったそう。来年のさらなる活躍にも期待が膨らみますね。

■ポムポムプリンパーティー、実は男子会もやっていた!

原宿でポムポムプリンが女子限定のパーティーを開催していたよという話題は、この連載でもご紹介していますが、実は男子会も開催されていました。

しかも、夜。プリンがジョッキを持っているじゃないか!とツッコミたくなるかわいいイラスト。

どんな様子だったのかサンリオに聞いてみたところ、本当にジョッキで乾杯している写真が送られてきました。サンリオ男子の長谷川康太くんもびっくりな(笑)リアルなプリンファンの男の子たちが大集合。なんだかプリンのテンションも女子会の時とちょっと違って見えます。
でもすごく楽しそう!

■冬至のゆず湯にぐでたま乱入!

今年は“ラッキーシンボル”としてデジタルコンテンツにもなっていたぐでたまですが、お風呂屋さんとの「ぐでたま×極楽湯・RAKU SPAコラボキャンペーン」も絶好調。冬至の時期である2019年12月20日(金)~12月22日(日)には、RAKU SPA 1010 神田、RAKU SPA 鶴見、極楽湯千葉稲毛店、極楽湯豊橋店、極楽湯津店、極楽湯宮崎店が行われていました。

いったいどういう状況なのかと思いきや、お風呂にあふれるぐでたまの絵力、強烈ですね。

オリジナルデザイン ハンドタオル 400円(税抜) は、お一人様2枚までという購入制限も。開催店舗合計1000枚の限定発売だそうなので、ご縁があればまだ買えるかも?!ぜひチェックしてみてください。

■キティちゃん、ハリウッド映画化の脚本家が決定

サンリオの押しも押されぬ大エース・キティちゃん。今年もお仕事にも恋にも全力投球。そのキャリアウーマンっぷりに磨きがかかっていました。
ハリウッド映画化のニュースは、なかなか情報が出てこないのですが、『ワイルド・スピード』のスピンオフ作品などの脚本家としても注目を集めている「ノウン・ユニバース」の共同設立者リンジー・ビア氏が脚本に決定したそう。公開時期や詳しい内容が発表されたら、ぜひともすぐにこの連載でご紹介できるように、サンリオサイドにも強めにお願いしておこうと思います。

■大人のためのコラボレーション企画「ドラえもん×ハローキティ」

また目前に迫った2020年を楽しく過ごすためのアイテムのひとつにチェックしておきたいのが、ドラえもんとハローキティのコラボレーションシリーズ。

ともに日本を代表するキャラクターとして、大活躍の2人のコラボは今回で4回目!仲良く遊んでいるデザインにもご注目ください。

親子で使いたくなるリバーシブルクッション(3,080円)や子どもの学習机の上におきたいかわいいペンスタンドチェスト(1,760円)など、日常使いに便利なグッズがクリスマス明けの2019年12月26日から登場しています。

なかでも筆者のイチオシはこれ!

3色ボールペン&シャープペン(990円)。ドラちゃんの鈴にキティちゃんのリボンはあしらわれたキュンとくるアイテムです。
子どものころを思い出しながら、大人もわくわくできるラインアップなので、サンリオ直営店や百貨店のサンリオコーナーへ、ファミリーでおでかけされたときにはぜひチェックしてみてください。

子どもの時に好きだったサンリオキャラクターって、大人になっても気になる存在

2019年、皆様にとってはどのような一年だったでしょうか?また気になるサンリオキャラクターはいましたか?

ちょっと個人的なお話になりますが、筆者は、今年、実家の部屋を整理していたら、中学生のころ、塾に行くときに使用していた古いバッグを見つけました。リュックにもなるし、ショルダーにもできて、使い勝手がすごくよくて気に入っていたんですよね。目にするまで存在すら忘れていたバッグですが、これ「ザ ボードビルデュオ」というサンリオキャラクターのグッズだったんですよ。

覚えていますか?「ザ ボードビルデュオ」を。クールなこのツーショットを。

バッグのなかからは、「ザ ボードビルデュオ」のペンやノートが出てくるし…
「あれ、もしかして私は『ザ ボードビルデュオ』が好きだったの?」と過去の自分に問いかけてみても、ぜんぜん答えが見つからない…。このままポチャッコが好きということにしておくべきなのか、大変むつかしい問題を抱えております。
サンリオキャラクターのグッズって、長い歳月が過ぎ去っても、こんなにもハートを刺激するものなのですね。あれからずっと「ザ ボードビルデュオ」のことが気になって仕方ありません。

というわけで、みんなの思い出のなかにいるあの懐かしいキャラクターのことも、そして最新のイベントやホットなグッズの話題も、おもしろい情報を追いかけ続けます。

■クロミがココカラファインの社長室にいるワケも年明けに!

それでは、皆様、寒さ厳しくなってまいりましたが、お風邪などひかれませんように。風邪といえば、筆者も日ごろから近所のドラッグストア「ココカラファイン」には大変お世話になっているわけですが、あろうことか、クロミ様がココカラ本社を訪問されて応接室で堂々とおくつろぎになられていたお話は、またお正月明けにでもゆっくりご紹介したいと思います。
どうぞよいお年をお迎えください。

過去の記事は「サンリオキャラクターたちの知られざる素顔を覗き見!?【誰かに話したくなるサンリオの魅力まとめ】」にまとまっておりますので、ぜひチェックしてみてください。

(C)’73,’76,’79,’83,’88,’89,’96,’01,’05,’17,’19 SANRIO (C)’13,’19 SANRIO S/D·G (C)’15,’19 SANRIO S/F·G 著作(株)サンリオ (C)LDH ASIA (C)Fujiko-Pro

text

朝岡真梨

世界50か国200都市を超える海外旅行の経験をもとに、各地のグルメや観光スポットの魅力を紹介している。最新のIT機器に関する取材も多く、女性目線からの分析が得意。キャラクターや英語にも明るく、コピーライティングの分野では他業種に関わっている。 旅行先ですったもんだした体験や主婦業をラクして乗り切るヒントを綴っている「遊んでばかりのスナフキン」が人気。 Instagram:@yans_publisher  Twitter:@Yans_Publisher 

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事