今すぐはじめるアンダーヘアの白髪対策&アソコの粘液力をあげるためにすべきこと | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY聞くに聞けない!?美容ヘッドライン

2018.01.22

今すぐはじめるアンダーヘアの白髪対策&アソコの粘液力をあげるためにすべきこと

女のいちばん大事な場所・デリケートゾーンに、年齢が出るってホント? 顔や髪ばかりをケアしても本当の老化は防げない。なんか変、前と違う、と思ったらケアの始めどき。大切なパーツだからこそ今一度、知識をつけていこう。

Tags:

アラフォーが知っておきたいデリケートゾーンのケア方法

顔と同様、ケアを怠ると歳を重ねるごとにエイジングが進んでしまうデリケートゾーン。膣周りの粘液力は、幸せを感じる力に直結していることを心しつつ、丁寧なケアを今こそスタートさせよう。

VIO脱毛は医療レーザーでグレーヘアが生える前に始めるのが肝!

近年は医療機関でのレーザー脱毛や家庭用のレーザー脱毛器、ブラジリアンワックスなど、選択肢も多様に。「欧米で は脇の毛と同様にアンダーヘアを整えることは、ムレやかゆみ、においの回避という点からすでに常識。特に、Iゾ ーン、Oゾーンの処理は高齢化社会では必須に。アンダーヘアがあるのとないのでは、介護にあたっての快適さも違ってきますからね」と語るのは植物療法士の森田敦子先生。

こういった将来を見据えた理由からも、先生は医療機関でのレーザー脱毛を推奨しています。「今までよりもレーザーの機械も進化し、値段も施術も手軽になってきました。何かあったときには医者にすぐに診てもらえるので医療系がやはり安心です」と、リザクリニック広報佐竹さんも同調。ただし、レーザーは黒い色素に反応するので、 施術するならアンダーヘアに白髪が混じる前に!

リザクリニック 渋谷院
東京都渋谷区神南1-16-3 ブル・ヴァールビル4F 0120-554-568
VIOセット 5回コース ¥98,800(税込)

直接、肌に触れるものはときどきオーガニックにしてみる

現代女性の場合、生理痛や生理不順、重いPMS(月経前症候群)などを我慢するうちに、そのストレスで潤う力が妨げられている可能性も大いに考えられます。「膣周りはデリケートゾーンと呼ばれているとおり、繊細で敏感。特に膣の中は、角質層がないため、触れたもの、塗ったものをダイレクトに吸収してしまいます。膣への影響を最優先に考えると、生理用品はオーガニックコットンでつくられているものがおすすめです」と森田先生。

たとえば、家で過ごす日はオーガニックコットンのショーツや布ナプキンでリラックス、外出時は使い捨てのオーガニックコットンのナプキン、と使い分けることでぐっと取り入れやすくなるはず!

(左)通気性がよく、やわらかく軽やかなオーガニックコットン製。サロン ド ナナデェコール ナナデェコール ライラックショーツ ¥4,200
(中央)スリムで動きやすく、長さ26cmで包み込むオーガニックなナプキン。コスメキッチン ナトラケア ウルトラパッド スーパー(ふつうの日〜多い日用)10個入り¥620
(右)タンザニア産100%オーガニックコットンを使い、日本で製造。優しい肌触りが特徴。パノコトレーディング シシフィーユ サニタリーパッド 多い日用(羽つき)16個入り ¥600

ペットでもアイドルでも…恋する気持ちを忘れないことが大切!

心をマヒさせないことも、忘れないようにしたいことのひとつ。幸せホルモンを分泌する触れあいによる快感とはまた別に、〝好き〟を見つけて愛おしむ、幸せの感受性を高く保つことが必要です。それはなぜ?

「実はフランスの植物療法の教授たちは、幸せの感受性=粘液力、ということを徹底して言っていて、かなり浸透しています。たとえばフランスの女性は、本当に幸せを感じて楽しいときにだけ笑うんです。幸せをつかむ努力の中でも、自分にウソをつかない、ってとても大事なこと。自分が好きなものに対しての感度を高く保ち、ときめく時間を定期的にもつようにしましょう。ペットをかわいがって愛情を注ぐでも、好きなアイドルとのイマジネーションの世界にふける、でもいいんです。魂が喜ぶような機会を増やしましょう」(森田先生)

今回お話をお伺いしたのは植物療法士の森田敦子さん

日本での植物療法の第一人者。客室乗務員時代、アレルギー性喘息を患い植物療法で回復したことから、退職し渡仏。仏の国立大学で植物薬理学を学ぶ。40代で第一子出産。現在は、介護の分野でも精力的に活躍。最新著書『潤うからだ』(ワニブックス)が話題に。

Domani 11月号「HAPPYエイジングは「デリケートゾーン」から」より
撮影/金野圭介 文/いしずか久見子 構成/高橋知代(本誌)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事