昭和生まれがやりがち!「写真撮影でピース」をするのはオバサンだけ!?【知らぬ間に!うっかりコンサ婆さん】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.02.29

昭和生まれがやりがち!「写真撮影でピース」をするのはオバサンだけ!?【知らぬ間に!うっかりコンサ婆さん】

「ハイ、チーズ」のかけ声に合わせて顔の横でピースサイン。どの写真を見てもピースしているのが、昭和生まれの特徴です!

Tags:

写真を撮るとき反射的にピースをしちゃうのが、昭和生まれの特徴⁉

照れ隠しなのか、体に染みついた条件反射なのか、写真撮影となると必ず顔の横でピースサインをする人いますよね? ピースサインが悪いわけではありませんが、若い世代から見ると少し古く臭く見えるよう(Domani編集部の平成生まれのアルバイト全員一致で「ピースはしませんね」という厳しい意見。とほほ)。そんなピースおばさんに共通しているのが、顔の横で少し控えめにピースをする仕草。指と指の感覚が狭い、もしくは指と指がくっついちゃっているのが大きな特徴です。写真を見直して、自分が毎回ピースをしていないか、どんなピースをしているか、ぜひチェックしてみてください。 意外とやっちゃてるかもしれませんよ! 日本ではよく見る仕草ですが、海外ではどのように受け止められるのか、渡英経験のあるマナーコンサルタント、西出ひろ子さんに教えていただきました。

海外ではピースサインが侮辱の意味を差すことも!

海外でピースサインは侮辱などの意味になる場合がありますから、おばさんっぽく見える云々の前に、海外旅行先の記念撮影で気軽にピースはしないほうがよいともいえます。現代はSNS投稿などで、世界中の人が見る可能性があるからです。ピースサインをして写真には写らないように意識するのがマナーになってきています。通常のピースを裏返して手の甲が相手に見えるようにする〝裏ピース〟も同様なので注意してくださいね」(西出さん)

画像ALT

マナーコンサルタント

西出ひろ子

参議院議員秘書を経て政治経済ジャーナリストの秘書を経験。その後 マナー講師として独立渡英し海外で起業した経験もあるため、グローバルな視点からマナーをわかりやすく解説している。その実績や成果は、テレビや雑誌などでもマナー界のカリスマとして多数紹介されれおり、「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)や「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日)などのドキュメンタリー番組でも紹介された。基本のマナーとそこに気くばりを加えたワンランク上のマナーを紹介した新刊、『さりげないのに品がある気くばり美人のきほん』が好評発売中!
『さりげないのに品がある気くばり美人のきほん』購入はこちらから
西出ひろ子マナーサロンHP

 

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

あわせて読みたい
お上品ではあるけど・・・その笑い方なんか昔っぽい!【無意識コンサ婆さん注意報】
スーパーの袋を両手持ち! やりがちだけどそれおばさんっぽいかも⁉【無意識コンサ婆さん注意報】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事