ママの頭を悩ませる「手作りグッズ」作りを解消する超シンプルミシン   | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.03.04

ママの頭を悩ませる「手作りグッズ」作りを解消する超シンプルミシン  

Tags:

裁縫が苦手というワーママは少なくない

気が付けば新学期・新生活はすぐそこ。子供が保育園、幼稚園、小学校に進学したり、進級したりする時期になると、ママを悩ませるのが、「子どものためのアイテムの自作」。

「家庭科でも裁縫は苦手……それなのに、息子の保育園はサイズが決められた巾着袋を4~5枚必要でした。これを作った時は、どんな仕事よりも疲れた」(38歳・IT関連会社勤務)

「得意な人はいいけれど、とにかく私は裁縫が大嫌い。手作りしてくれるサービスに私がオーダーしたら、娘から『こんなの使いたくない』と言われました(涙)」(40歳・外資系金融関連会社勤務)

新生活には様々なアイテムが必要

学校や園から、どのようなものを用意するように言われるのでしょうか。

編集部がリサーチすると、保育園は、コップ入れ、荷物バッグ、靴袋、シーツとタオルケットなどを持ち帰る大きな袋が必要のようです。小学校は、レッスンバッグ、給食袋、ランチョンマット、靴袋、体育着入れ、音楽や図工の専科の教室移動のための袋などを用意するように言われるとか。

「娘が好きなキャラクターの袋を買ったら、『キャラクターはウチの学校は使用禁止です』と言われてしまい、結局私が作りました」(36歳・保険会社勤務)

親が作るのが一番無難……かもしれないという現実

新学期のグッズ作り、一番無難なのは、子どもと一緒に布を買い、親が作ることかもしれません。

しかし、裁縫経験が“家庭科程度”の人にとって、学校指定アイテムは、「作るのがめんどくさい・難しい」もの。ミシンがない家庭も多くあります。「ミシンは高いし、使うのが難しく、保管に場所をとる」というイメージがありますが、そうではないものを発見しました。それは、2020年3月下旬発売予定のその名も『子育てにちょうどいいミシン』(1万円・編集部調べ)です。

▲『子育てにちょうどいいミシン』(予定価格1万円)。子育て中の母親だけでなく、父親も積極的に使いたくなるスタイリッシュなデザイン。最新の機能を過不足なく搭載。

専用サイトでレシピを公開

このミシンを開発したのは、1946(昭和21)年創業のアックスヤマザキという大阪にある縫製機器の老舗企業。代表の山﨑 一史氏は「実際に子育て中の女性にインタビューしながらこの製品を開発しました。ミシンをしないママとパパでも『これならちょっとやってみよう』と思えるように、子育てシーンに特化しています。入園や入学準備はもちろん、子どもがいる日常生活に役立ちます」と語ります。

また、この『子育てにちょうどいいミシン』は、QRコードでサイトにアクセスすると、使い方と作り方の動画がアップされているのです。スマホをスマホスタンドに置き、動画を見ながら作れば、簡単にかわいいアイテムが作れるのです。

▲子どもが園や学校に通うと、レッスン袋や巾着袋などが必要になる。作り方は専用サイトから動画で解説。

▲動画でレシピが公開されているものの中には、可愛いスタイも。

このミシンの重量は約 2.1kg、サイズは幅 29.4×奥 11.5×高 26.5cmとコンパクトです。

「空いた時間にサッと取り出して簡単に使えるので、働くパパやママにぴったり。コードレスにもなるのでどこでも場所を選ばず使用可能です。また、子どもは親が自分のために作業をしてくれると感じると、うれしくなり、そばにやってきます。そこも考慮し、極力安全性に考慮した設計をしました」(山﨑代表)

▲別売りの『刺しゅうキット』(価格3000円/税別)を使えば、名前入れもできる。

今までのコンパクトミシンの弱点だった、「重ね縫い」も得意。

「このミシンは、デニム4枚程度なら平縫い(直線的な縫い目)なら、重ね縫いが可能です。お子様が大きくなった時に、学校側から言われる学芸会の衣装作りもストレスなくできるでしょう」(山﨑代表)

夜中に「明日ぞうきんが必要だった」という事態にも対応できる!?

かゆいところに手が届くこのミシンは、山﨑代表の子育て経験が、隅々まで生きているから。

「私の子どもは、妻が新生活のためのアイテムを作るところを楽しそうに見て、それをずっと大切に使っていました。多くのパパとママ、そして子どもたちに手作りアイテムを作る時間の喜びや、作ったものがもたらす幸せを伝えたいと感じて、開発したのです」(山﨑代表)

4月からの新学期。保育園、幼稚園、学校から必要なものは続々とオファーが来る。そして小学生の子どもは夜遅くになって「明日ぞうきんが要るんだった!」などと言いだすことも……。

しかし、ミシンが一台あれば、それらの事態に対応可能なのです。子育て世帯を助けるミシン、ぜひチェックしてみては。

【製品概要】

製品名 :子育てにちょうどいいミシン
価格 :オープン価格(参考価格 1万円/税別)、刺しゅうキット(別売)(3000 円/税別)
発売日 :2020 年 3 月下旬予定 
製品サイズ :幅 29.4×奥 11.5×高 26.5(cm)
製品重量 :約 2.1kg(本体のみ)
●問い合わせ先/株式会社アックスヤマザキ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事