全員彼女がいます!「ゴロピカドン」担当デザイナーが語るやんちゃな3兄弟の秘話【誰かに話したくなるサンリオの魅力】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEリラックス

2020.06.23

全員彼女がいます!「ゴロピカドン」担当デザイナーが語るやんちゃな3兄弟の秘話【誰かに話したくなるサンリオの魅力】

1982年にカミナリの国で生まれた、雨が嫌いな、やんちゃな3つ子たち「ゴロピカドン」の魅力に迫ります。ワーママ世代にとっては懐かしい存在ですね。今回は「ゴロピカドン」担当のデザイナーさんを独占取材し、誕生のヒストリーや懐かしいグッズのお話を伺いました。

Text:
朝岡真梨
Tags:

実は雨嫌い!カミナリの日に、ふと思い出すゴロピカドン

ついに今年も本格的に梅雨入りです。昭和生まれの筆者は、カミナリ様のイメージは完全に「ゴロピカドン」。屋内の安全な場所にいる限り、不用意にカミナリを恐れずにいられるのは、このかわいくってやんちゃな3つ子の兄弟の影響が大きかったような気がしています。

しかし肝心の本人たちは、実は雨が苦手。「まるもふびより」のモップくんや「ぽこぽん日記」のぽこぽんも、ゴロピカドンのビビりっぷりに、ビックリしていますね。サンリオキャラクターの設定ってつくづく奥が深いです!

■ゴロピカドンにノーベル賞を狙っているコがいる!

そんなゴロピカドンがデビューしたのは1982年。細かいキャラクターの設定って大人になるとぼやぼやっとしてくる部分がいっぱいです。 例えば、長男は発明好きで、ノーベル賞を狙っている超真面目な優等生なのですが、そもそもどのコが長男か、パッと思い出せますか? 今回は、ゴロピカドンの担当デザイナーさんに、私たちの懐かしい記憶を呼び起こしてくれるようなお話を詳しく伺ってみました。

懐かしキャラクター「ゴロピカドン」の担当デザイナーさん独占インタビュー

■ゴロピカドンが生まれたときのお話を教えてください。

「ゴロピカドンは、もともと“ボツキャラ”として眠っていたものを『いちご新聞』に載せたところ、たくさんの読者の陳情がよせられたことによってデビューが決定したというサクセスストーリーがあります。ゴロ、ピカ、ドンという名前も、いちご新聞の読者たち(通称:いちごメイト)に募集してつけられました。」

■ゴロ、ピカ、ドンの3きょうだいを紹介してください。

「カミナリの国でうまれた3きょうだいで、グリーンの髪の長男・ドンは、真面目な優等生、ブルーの髪の次男・ゴロはひょうきんないたずらっこ、ピンクの髪の末っ子・ピカは引っ込み思案の優しい子。みんなの心をカミナリの電気で明るくするために地上にやってきました。」

■ゴロピカドンの知られざるトリビアを教えてください。

「実は、3きょうだいにはそれぞれガールフレンドがいるのです!!」

「ゴロにはそばかすのかわいいアイちゃん、ピカにはスポーツ大好き少女のラブちゃん、ドンにはリボンをつけたオシャレなユウちゃん。3人揃って、アイ、ラブ、ユウというかわいいカミナリガールズなのです。」

■話題になったゴロピカドンのグッズを教えてください。

「誕生当時はたくさんのグッズがあったゴロピカドン。現在、商品はあまり作られていないという状況ですが、2010年にサンリオ50周年を記念して発売した『POP’n days シリーズ』で、タキシードサム、チアリーチャムと共に登場。」

「また2016年に発売されたキャラクターMIXデザインの『80年代ファンシーPOPシリーズ』にも登場し、話題になりました。」

■ゴロピカドンのデザインの注目ポイントは?

「きょうだいで色が決まっていますのであまり色を大きく変えることもしませんが、最近のグッズは誕生当時よりすこし淡く優しい色味のパステルトーンが好まれているようです。」

■デザイナーさんお気に入りのゴロピカドンのグッズを教えてください。

「サンリオに入社したときからずっと使っていたゴロピカドンのゴミ箱です。最近はあまり見ない大きな缶のタイプですが、私たちは仕事柄、紙のゴミが多く、このタイプのゴミ箱をそれぞれの机の横に置いていました。」

 

あわせて読みたい
▶︎サンリオキャラクターたちの知られざる素顔を覗き見!?【誰かに話したくなるサンリオの魅力まとめ】

PROFILE

ゴロピカドン

誕生日はかみなり歴53年14月25日。8才。カミナリの国で生まれた、雨が嫌いな、やんちゃな3つ子の兄弟。サンダースクールに通っている。青い髪のゴロは次男。ひょうきんで食いしん坊。ピンクの髪のピカは末っ子。甘えん坊でひっこみ思案だけど、カミナリだいこが得意。動物と話ができる。緑の髪のドンは長男。まじめで、きちょうめん。発明好きで、ノーベル賞をねらっている。
(C)’76,’79,’81,’82,’84,’86,’17,’20 SANRIO 著作(株)サンリオ

text

朝岡真梨

世界50か国200都市を超える海外旅行の経験をもとに、各地のグルメや観光スポットの魅力を紹介している。最新のIT機器に関する取材も多く、女性目線からの分析が得意。キャラクターや英語にも明るく、コピーライティングの分野では他業種に関わっている。 旅行先ですったもんだした体験や主婦業をラクして乗り切るヒントを綴っている「遊んでばかりのスナフキン」が人気。 Instagram:@yans_publisher  Twitter:@Yans_Publisher 

 

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事