失敗しない!夏のワンピースコーデ【ウサギ恭子さんVSカメ恭子さんの着こなし対決】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONおしゃれプロ

2020.07.17

失敗しない!夏のワンピースコーデ【ウサギ恭子さんVSカメ恭子さんの着こなし対決】

パッと華やかに見える反面、甘見えしたり着回しが効かないこともあるワンピース。そんな一枚サマワンピの着こなしを、人気スタイリスト亀 恭子さんにALL私服で教えてもらいました!

Tags:

華やぎワンピをこなれて見せるには?

合わせる小物によっては甘く見えがちなワンピース。一枚でサマになる反面、着こなしに幅が出ないのも悩みのひとつですよね。そんな華やかワンピの着こなしを、ウサギ恭子さんとカメ恭子さんのコーディネートを比較しながら考えていきましょう!

ウサギ恭子さんVSカメ恭子さんとは・・・

あまり深く考えずコーディネートをパパッと決めてしまうウサギ恭子さんと、大人だからこその着こなしや自分らしさをじっくり考えてスタイリングする亀(カメ)恭子さん。そんな、昔話『ウサギとカメ』に出てくる登場人物のようなふたりの着こなしから、アラサー、アラフォーに相応しい服装について考えます。

【ウサギ恭子さんの場合】レディな小物を合わせて女らしく!?

それ自体が女らしいパフスリーブワンピースに、白の華奢サンダルやレディなカゴバッグ、かわいらしいカンカン帽を合わせたスタイル。単体で見るとどれも素敵ではありますが、組み合わせて使うと幼く見えがち。

【亀 恭子さんの場合】シックなモノトーンスタイルのはおりとしてワンピを活用

さりげなくアイラインでレッドをリフレイン

フロントが全開きするワンピースをあえてはおりとして活用した亀 恭子さん。「レディな雰囲気を楽しみつつ、モノトーンのデニムスタイルと組み合わせることで、甘すぎない大人な着こなしを目ざしました。パフスリーブやドラマティックに広がるすそに女らしさがある分、サングラスやすっきりまとめた髪で辛さを加えてバランスよく。さりげなく赤いアイラインを引くなど、メークにも変化をつけてみました」(亀さん)ワンピース/エポカ ザ ショップ カットソー/throw パンツ/the new house ネックレス/マリハ バッグ/vasic 靴/porselli

レディなワンピースには、華奢な小物よりもカジュアルな小物や辛口アイテムをプラスするほうがこなれて見えるようです。ワンピースをはおりとして使うテクニックもマネしたいですね!

(イラスト/いわたまい 取材・文/木戸恵子)

〈あわせて読みたい〉
老け見え・ケバ見えしない!柄シャツの着こなしのコツは?【ウサギ恭子VSカメ恭子の着こなし対決】
知ってる?大人気のニットパンツを夏におしゃれに着る方法【ウサギ恭子VSカメ恭子の着こなし対決】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事