ベレー帽のコーデ16選【2020】| 30代40代レディースファッション | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHION帽子

2020.08.03

ベレー帽のコーデ16選【2020】| 30代40代レディースファッション

30代40代レディースファッションのベレー帽のコーデをピックアップ!アラフォーが素敵にかぶるには?定番の黒の季節のおすすめや、ベージュやグレーのベレー帽のコーデをご紹介します。

Tags:

【目次】
春/秋のベレー帽のコーデ
夏のベレー帽のコーデ
冬のベレー帽のコーデ
ベージュのベレー帽のコーデ
グレーのベレー帽のコーデ

春/秋のベレー帽のコーデ

【1】水色シャツ×カーキスカート×黒ベレー帽

【1】水色シャツ×カーキスカート×黒ベレー帽

すそをインしてボリュームを楽しむシンプル+αな着こなし。ブルーとカーキイエローをかけ合わせた配色コーデ。シャツとレースタイトのきれいめ上下ながら、トレンド感のあるセレクトとスポーティな足元で、抜けを感じる今どきなスタイリングが実現。

[Domani2018年3月号 121ページ] Domani別注のシャツ¥21,000(ティッカ) スカート¥23,000(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) チョーカー¥11,000(Jouete) ベレー帽¥5,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥50,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥23,000(HB Showcase 六本木店〈Amb〉)

【2】ベージュジャケット×ベージュニット×白ドットスカート×黒ベレー帽

【2】ベージュジャケット×ベージュニット×白ドットスカート×黒ベレー帽

「仕事、育児、家事に全力のワーママってともすると強く見られがちだと思うんです。だからこそ優しい色合いや柄でかわいらしさを忘れずにいてほしい」という荒木さんの信条が込められたコーデ。ロングジャケットをカーディガン感覚でさらっとはおり、幼くなりがちなドットスカートを引き締めて。ホワイト~ベージュの淡色トーンでまろやかにまとめたコーデ。

[Domani2019年10/11月号 114ページ] ジャケット¥75,000(ebure)ニット¥39,000(サザビーリーグ〈デミリー〉)スカート¥68,000(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE〉)帽子¥7,200(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) バッグ¥146,000・靴¥92,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【3】白ニット×グレーパンツ×黒ベレー帽

【3】白ニット×グレーパンツ×黒ベレー帽

確実に押さえておきたい不動のマスターピースパンツ。抜群のフィット感とはきやすい九分丈が魅力の定番モデル。ほのかな光沢のおかげで、シンプルなトップスを合わせてもさりげなく存在感があるツイード調は、1本あると重宝。

[Domani2018年10月号 105ページ] パンツ¥31,000(スローウエア ジャパン〈インコテックス〉) ニット¥33,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) 帽子¥5,400(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ピアス¥9,723(アビステ) バッグ¥40,000(martinique丸ノ内〈ヴァジック〉) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

【4】黒ブラウス×ベージュパンツ×黒ベレー帽

【4】黒ブラウス×ベージュパンツ×黒ベレー帽

前から見ても横から見てもきれいなワイドシルエットのチノパン。ストレッチと表面に施した微起毛加工のおかげで、シワになりにくいのも高ポイント。休日は、トレンドのドット柄ブラウスを合わせてコケティッシュに。

[Domani2018年4月号 113ページ] パンツ『ハイウエストチノワイドパンツ』¥2,990(UNIQLO) ブラウス¥21,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) 帽子¥4,500(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) イヤリング¥8,500(ビジューラウンジ 新宿髙島屋店〈ビジューラウンジ〉) 靴¥16,500(モード・エ・ジャコモ プレスルーム〈マニュ〉)

【5】赤ボーダーカットソー×デニムパンツ×黒ベレー帽

【5】赤ボーダーカットソー×デニムパンツ×黒ベレー帽

体がほどよく泳ぐサイズ感のストライプシャツで華奢に見せて、女らしさを後押しすることで、白デニムを通勤仕様に。

[Domani2018年4月号 71ページ] カットソー¥10,000(セント ジェームス代官山店〈セント ジェームス〉) パンツ¥32,000(ebure) 帽子¥4,500(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) バングル¥18,000(ANAYI〈MAISON BOINET〉) バッグ¥20,000(フラッパーズ〈マニプリ〉) 靴¥73,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋ラシック店〈アレックス ワグナー〉)

夏のベレー帽のコーデ

【1】ベージュフーディ×オレンジスカート×黒ベレー帽

【1】ベージュフーディ×オレンジスカート×黒ベレー帽

カジュアルなフーディとは真逆の色気のかたまりみたいなピンヒール靴で、コーデを引き締めて。ヌードベージュで色をリンクすると自然と一体感が生まれる。クラシックなワンハンドルバッグやニットベレー帽で、くだけすぎに見せないのがイケ★ママ流。

[Domani2019年6/7月号 130ページ] フーディ¥29,000(ステディ スタディ〈トムウッド〉) Tシャツ¥18,000(ロンハーマン〈セヤ〉) スカート¥46,000(SUPER A MARKET〈MARA HOFFMAN〉)靴[8.5]¥93,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 帽子¥7,900(RHC ロンハーマン〈RHC〉) ピアス¥14,000(DES PRÉS〈SIBILIA〉) バッグ¥406,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)

【2】カーキシャツ×カーキショートパンツのセットアップ×黒ベレー帽

【3】カーキシャツ×カーキショートパンツのセットアップ×黒ベレー帽

持ち前のリラックス感に、肌見せやヒールで女らしさをプラスするのがちょうどいい。

[Domani2019年8/9月号 109ページ] シャツ/¥33,000(マディソンブルー)パンツ¥37,000(マディソンブルー) ビスチェ¥16,000(シック〈タン〉) ベルト¥14,000(マスターピースショールーム〈サイ〉) 帽子¥5,200(CA4LA ショールーム〈カシラ〉) ピアス[右耳]¥28,000・ピアス[左耳]¥6,500(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉) バッグ¥230,000(JIMMY CHOO) 靴¥91,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

冬のベレー帽のコーデ

【1】キャメル色コート×白ブラウス×黒パンツ×黒ベレー帽

【1】キャメル色コート×白ブラウス×黒パンツ×黒ベレー帽

シャープなラインとディテールでスレンダーな印象をモノにする。ひとクセあるコーディネートも、チェスターをはおれば、その普遍性で、バランスよくまとまり自分らしい着こなしに。

[Domani2018年12月号 167ページ] Domaniコラボのコート¥38,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈nano・universe〉) ブラウス(同色のキャミソール付き)¥27,000(ニアー〈ニアー ニッポン〉) パンツ¥28,000(ソルトプラスジャパン) ベレー帽¥18,500(タア トウキョウ〈タア〉) ピアス¥16,000・リング¥15,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥34,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) インナー/私物

【2】黒コート×ボーダーワンピース×黒ベレー帽

【2】黒コート×ボーダーワンピース×黒ベレー帽

パンツのすそをブーツにかぶせてマニッシュに。ボーダー柄ニットワンピースの下は、レギンスパンツにサイドゴアブーツ。ちらりとのぞく足元に、おしゃれを自由に楽しむ上級者感が漂う。

[Domani2018年12月号 162ページ] 靴¥13,000(ルタロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉) コート¥290,000(TOMORROWLAND〈マルティン グラン〉) ワンピース¥38,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) パンツ¥23,000(Theory) 帽子¥5,200(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) 眼鏡¥12,800(コモノ東京〈コモノ〉) バッグ¥63,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

【3】キャメル色コート×黒ブルゾン×黒パンツ×黒ベレー帽

【3】キャメル色コート×黒ブルゾン×黒パンツ×黒ベレー帽

メゾンブランドのコレクションなどで見かける、布はくアウターとダウンのコンビネーション。自分でやっちゃえ! ってことで考えたのが、アウターのそでからインナーダウン(写真は中綿入りブルゾン)をのぞかせるアレンジです。そでの短いアウターを選ぶ分、着こなしがクラシックに、それでいてダウンのスポーティさが全体を軽やかに魅せて… 。簡単なのに、なんだか新鮮。

[Domani2018年12月号 98ページ] ブルゾン¥22,000(エリオポール代官山〈トラディショナル ウェザーウェア〉) コート¥110,000(エストネーション〈エストネーション〉) カットソー¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) パンツ¥26,000(デザインワークス ドゥ・コート銀座店〈デザインワークス〉) 帽子¥5,200(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ピアス¥16,000(H.P.FRANCE〈CLAUDINE VITRY〉) バッグ¥149,000(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉)

【4】黒コート×ベージュシャツ×キャメル色パンツ×黒ベレー帽

【4】黒コート×ベージュシャツ×キャメル色パンツ×黒ベレー帽

ロング丈でかっこよさを放ちながらもルーズに見えない細身シルエットが上品。ひざ下あたりから入ったスリット効果で、黒のロング丈でも脚さばきがよく軽やかな印象。

[Domani2018年12月号 53ページ] コート¥39,000・イヤリング¥8,000(シティ ニュウマン新宿店〈シティ〉) シャツ¥13,000(ロペ マドモアゼル) パンツ¥27,000(Theory) 帽子¥37,000(エストネーション〈ジジ バリス ミリナリー〉) ベルト¥14,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉) ネックレス¥7,500(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店〈ユナイテッド トウキョウ〉) バッグ¥216,000・靴¥99,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

ベージュのベレー帽のコーデ

【1】黒コート×黒ニット×黒パンツ×ベージュベレー帽

【1】黒コート×黒ニット×黒パンツ×ベージュベレー帽

冬ならではの小物を効かせブラックコーデに遊びを入れて。ヌーディなベレー帽とパンプスで抜けを出し、レオパード柄のファー付きグローブで冬ならではの味付けを。

[Domani2020年2/3月号 125ページ] コート¥30,000(ゲストリスト〈ステートオブマインド〉) ニット¥32,000(スローン) パンツ¥21,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) 帽子¥5,200(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ネックレス¥11,782(アビステ) グローブ¥19,00(0 essence of ANAY〈I GALA GLOVES〉) バッグ¥148,000(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉) 靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】黒ロングカーディガン×黒ニット×ベージュスカート×ベージュのベレー帽

【2】黒ロングカーディガン×黒ニット×ベージュスカート×ベージュのベレー帽

休日カジュアルは、力を入れすぎず若づくりに見えないさじ加減が、好印象につながる。プリーツスカートを主役に、トップス&靴は黒でまとめてシックに。

[Domani2017年6月号 102ページ] スカート¥34,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈フィガロ パリ〉) カーディガン¥35,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) ニット¥25,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) 帽子¥12,000(アルアバイル〈ラ・メゾン・ド・リリス〉) 時計¥52,000(アガット〈agete〉) バッグ¥53,000(TOMORROWLAND〈NICO GIANI〉)靴¥25,000(ロペ〈Sante borella〉)

グレーのベレー帽のコーデ

【1】茶色コート×黒ニット×グレーパンツ×グレーのベレー帽

【1】茶色コート×黒ニット×グレーパンツ×グレーのベレー帽

重ための冬コーデに軽やかな抜けをもたらす。バランスが難しいクロップドパンツやロングアウターと相性のいいショートブーツ。サイドゴアやラバーソールがカジュアル感をプラスして。ベレー帽を合わせることで視線を上にしてバランスよく。

[Domani2019年12/1月号 122ページ] 靴[7]¥99,000・バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉) コート¥170,000(マディソンブルー) ニット¥40,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) パンツ¥39,000(ブルーバード ブルバード) 帽子¥5,200(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉)

【2】ネイビーシャツ×ベージュニット×ネイビーパンツ×グレーのベレー帽

【2】ネイビーシャツ×ベージュニット×ネイビーパンツ×グレーのベレー帽

そのままでも十分おしゃれなコーデュロイのセットアップですが、シャツをバサッとはおり、インナーを重ねると一層ひねりの利いた今旬スタイルに。簡単にできる白インナーはもちろん、顔映りのいいベージュのニットでなじませつつレイヤードしてもおしゃれ。落ち着きすぎないよう、ゴールドのサンダルや赤バッグで明度を上げ、女らしく仕上げて。

[Domani2019年10/11月号 107ページ] シャツ¥18,000・パンツ¥16,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉)ニット¥54,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)帽子¥12,000(デミルクス ビームス 新宿〈キジマ タカユキ〉) バッグ¥45,000(アマン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥11,000(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉

【3】ベージュコート×グレーニット×グレースカート×グレーのベレー帽

【3】ベージュコート×グレーニット×グレースカート×グレーのベレー帽

帽子から靴まで同色でつなげ、縦ラインを強調。グレーのもつノーブルな印象で、レトロなベージュジャケットがまた新鮮に。タイトなシルエットに、大きめサイズのジャケットをラフにはおったら、女性らしいカーヴィさが強調されたようで、なんだかうれしい。

[Domani2018年11月号 85ページ] ジャケット¥68,000(ebure) ニット¥9,800(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) スカート¥6,900(グランカスケードインク〈グー コミューン〉) 帽子¥6,300(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ネックレス¥14,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈キャッス〉) 靴¥18,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) バッグ¥38,000(essence of ANAYI〈AVENUE67〉)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事