Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLEいい女マナー系

2018.01.06

2018年、デキる女の手帳はどこが違う!?

紙派・デジ派<併用派、が増加中!ツールは違えど働く女性が求めているのは「時間管理」と「タスク管理」!

Tags:

紙もデジも併用派
〜紙とデジの併用で、限られた時間の中で成果を上げたい〜

公私ともに多忙を極めるアラフォー女性が、どんな工夫をしているのか、働く女性にリアルな手帳の中身を公開してもらいました。多様化する手帳とその周辺事情をCatch Up!

[Q&A]
Q: あなたが手帳に求めるものとは?
A: 「時間管理ができればツールにはこだわらない」


そう話す、日本コンベンションサービス(株)国際会議部チームマネージャーの大友眞生さん(41歳)にDomani編集部が取材をしてきました!

マンスリータイプの薄いノートを愛用している大友さん。近年、紙の手帳は社外打ち合わせ時の予定確認やメモに使用している。

「紙の手帳はサブツールなので、個人の予定も記載します。家族のために時間を確保する必要もあり、その調整をするのも手帳の大切な役割。これがないと明日の予定もわからない。必要不可欠ですね」

紙の手帳を使いつつ、デジタルツールを駆使して、利便性を追求。メモもいたってシンプル。
「心がけているのは “できるだけ短く書く” こと。いらなくなったものはすぐ捨てるタイプです。必要最小限の装備で動いています」

[大友さん流手帳の掟]

・手帳は出先での予定確認のサブツールとして
・子供のお迎えなど、夫に依頼したことを必ず並記
・取引先で手帳を開くことが多いので、文字はきちんと丁寧に書く

[2種類をうまく使いこなして時産も]

1:紙の手帳はマンスリータイプ

2:会社の共有スケジューラー

紙の手帳に転記し、スマホにも同期する(時産ポイント

[こだわりポイント]

1:買い物メモはスマホのメモ機能を使う

2:メモスペースには仕事の覚え書き


大友さんの愛用手帳はこちら

Camino」の手帳、会社のPC、スマホを併用

Domani1月号 「時産できる手帳まわりライフ」より
本誌構成時スタッフ:撮影/フカヤマ ノリユキ 構成/谷畑まゆみ


Read Moreおすすめの関連記事