安定の面白さ、安定のわちゃわちゃ感! これこそ松野家!な、アニメ『おそ松さん』第3期放送記念イベントの"超"詳細ルポをお届け♡ | Domani - Part 2

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2020.10.13

安定の面白さ、安定のわちゃわちゃ感! これこそ松野家!な、アニメ『おそ松さん』第3期放送記念イベントの”超”詳細ルポをお届け♡

2020年10月12日よりテレビ東京ほかでスタートするアニメ『おそ松さん』! 第3期放送を記念して、9月25日に開催されたオンラインイベントの様子を超詳細にレポートいたします! ご覧になった方も、そうでない方も、あの楽しさを追体験いたしましょう! そして今期も『おそ松さん』沼にもっともっと浸りましょう♡

Tags:

キャストと一緒におそ松さんの魅力を振り返る!『ふり返り松』

最初のコーナーは、キャストの皆さんが第1期・第2期・映画のおそ松さんを振り返っていく、「おかえり、ふり返り松!」。
『自分のキャラがいちばん輝いていたシーン』というテーマでまず選ばれたのは、第1期の第11話「クリスマスおそ松さん」。チョイスしたのは福山さんで、理由は「それぞれの役目が流動的だった時期で、これがあったおかげで一松のブラックな面が出てくることが増えたし、演技もやりやすくなった」とのこと。「自分の日ごろからの吐き出したい色々な欲求を、吐き出す場所が増えましたね~」と続ける福山さんに、「何言ってんの?」と間髪入れず突っ込む櫻井さん、長男味が深かった!

福山潤,おそ松さん

十四松が輝いていたとして小野さんが選んだのは、第1期第15話「面接」。ひたすら「失礼します!」を連呼するという台本に、「台本を読んだときは、面白くなるのか?と不安だったのですが、現場でやってみるとチョロ松の『言えばやめてくれるんだ』と合わせて、すごく面白くなったんです」と嬉しそうに語る小野さん。「この後の『言えばやめてくれる!!!』もすごく面白かった」という解説に、視聴者側も第1期をもう一度振り返りたくなる欲がむくむくと沸いてきました。

トド松役の入野さんが選んだのは第2期の第7話「おそ松とトド松」から、ふたりが合コンに参加するシーン。アフレコなのに、絵のことを考えられないくらい、トランス状態で収録したと説明。「これもう台本も、絵も見てないですね。横目に見た櫻井さんが笑ってくれてたのが嬉しくて。そんなテンションが、『おそ松さん』の現場には時々ありまして、それがこの回にはたくさん出てますね」と当時のアフレコの裏話を披露してくれました。

入野自由,おそ松さん

『”これぞおそ松さん”と感じたシーン』というテーマに切り替わって、中村さんが選んだのは、第1期第3話の「こぼれ話集」。「一話の中に支離滅裂なことがつまっているんですが、ああ、おそ松さんってこうでいいんだ(ちゃんと成立するんだ)って気づかされた、大事な話数。瞬間的にハハッて笑って、すぐ次の話にいける、いつ見ても新鮮な気持ちで笑える、それがおそ松さんのいいところ」と解説。

「時代劇おそ松さん」や「じょし松さん」を選んだ神谷さんは、舞台装置や性別が変わっても面白さがちゃんと確立するのが『おそ松さん』のいいところ、と説明。「原作『おそ松くん』には与えられてなかった”個性”が”役割”が、『おそ松さん』では定着しているからだと思うんですよね」という、鋭い視点でのコメント。

最後に、おそ松役の櫻井さんが選んだのは、第2期第10話の「アフレコ松さん」。6つ子が”声優”として全裸でアフレコに臨むというストーリーは、放送当時もかなり話題になっていた記憶。「こんなにアフレコ現場を克明に再現したアニメはないんじゃないでしょうか」と笑いながらも、「この作品の悪いところが凝縮されたエピソードです!笑」と冗談を交えつつ、「みんな忘れるな! こういう作品が始まるんだぞ!という気持ちを込めて選びました。ちゃんと心の準備をしてみてね!」とまたまた、第3期への期待を盛り上げてくれました。

キャスト同士の仲の良さが浮き彫りに!『おそ松さんファンが選ぶTOP7』

続いてのコーナーは、『おそ松さんファンが選ぶTOP7』。事前にファンから募集したお題に基づいて作成したランキングの、TOP7を当てるというもの。「好きなサブキャラTOP7」というお題でスタートすると、小野さんがアニメ内のテンションそのままに「聖澤庄之助だ~!」と回答して、早速不正解に。

そこからなぜか不正解の答えが連投され、トト子役の遠藤さんにいたっては、「これって外れてもいいんですよね?」というルール無視な発言も(笑)。「ちょっとみんな!まずは当てようよ!」と冷静に方向性を修正する神谷さんによって、「エスパーにゃんこ」(2位)が当てられ、「十四松の彼女」や「高橋のぞみ」(えいがのおそ松さんからのキャラクター)など正解が続きます。

神谷浩史,おそ松さん

ですが、第1位と予想した「実松さん」は第6位にランクイン。「ちょっと順位が中途半端なんだよ!」と演じている小野さんがみんなに責められ、「何で俺に言うんだよ!」とごもっともな反応を返します。
その間、福山さんはなぜか早押しボタンを押してしまい、「あ、体重かけたらボタンが反応してしまいました」とさらっと流すという、なんともカオスな展開に。

最終的に、なかなか順位を当てることができなかったキャスト陣。「視聴者の気持ちと演者の気持ちが大きくずれていることが判明しましたね~」と身も蓋もないコメントでまとめられていました(笑)。

遠藤綾,おそ松さん

次のお題は、『6つ子のクズ台詞TOP7』。過去のおそ松さんより、もう一度聞きたい”クズ台詞”をランキング。こちらも最初は正解を狙って回答していたキャスト陣ですが、「好きだからもう一回聞きたい」と、だんだん『クズ台詞のリクエスト大会』に。当たり前ではありますがさすがプロ、キャラのスイッチが瞬時に入り、なんの気負いもなく絶妙なクズ台詞が飛び交う姿に感動する流れでした。クズ台詞の1位となった、「あ~まだ甘えていた~い!勝手にごはん出てきて勝手に洗濯されてる日々を過ごした~い! あ~何もやりたくない! やだぁ! やだぁ!」というおそ松のセリフは、トト子役の遠藤さんver.で読み上げられるという、ファン的にはこれまた「ごちそうさまです」な展開も嬉しかったですね。

次ページ>キャストと6つ子の仲の良さに萌え♡

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事